久しぶりのチステ

テーマ:
 アルゼンチンで仕入れたニューチステだ。
そんなにニューじゃないのもあるが。

 初チステのひとに説明しよう。
スペイン語圏では、ジョークや小咄のことをこう呼ぶ。

 軽~く毒が盛られているものもあるが、どうぞ召し上がれ。



◆天国に着いたばかりのアルゼンチン人が、壁に掛かっている無数の時計を発見。
「どうして、全部違う時間を指しているの?」と、気付いた点を聞いてみた。
「一つ一つの時計が、それぞれ違う国を象徴しているのだ。
その国の政府が嘘をつくたびに、時計が5分進むのだ」
「なぜ、アルゼンチンの時計がないの?」
「あぁ... あれは神様の部屋で、扇風機代わりに使用されている」

◆そろそろ寝ようか、という老夫婦。
鏡を見ながら、奥さんがこう言った。
「ダーリン... 私ってもうホントにババァだね。
シワだらけだし、乳はお腹の辺りまで垂れてるし、脚も腕もぶにょぶにょ。
お尻だって、もう重力に逆らえないわ」
振り返り、旦那に向かって話し続ける。
「もの凄く気が滅入るわ。私の何かいいところを言ってちょうだい」
少し考え、旦那がこう言った。
「ハニー、そんなに全てが悪いワケじゃないよ。
少なくとも視力は全く衰えてないじゃないか」

◆ある精神科の病院にて。
「先生、何故か僕はみんなに無視されています。
それを改善しようと思い、相談にきました」
「ハイ、次!」

◆「ママ、今日の夕食なに?」
「ウンコとフライドポテトよ」
「えぇ~っ!またフライドポテト?」

◆「墓泥棒と考古学者の違いは?」
「最初に墓を見つけ、中身を持ち出した方が「墓泥棒」。
そこに残った物でガマンしている人が「考古学者」だ」



 本日はここまで。
本来チステがそうであるように、言いっぱなしで終わらせておく。
ツッコミは各自で愉しむように。
                    つづく
AD

べし

テーマ:
 今、アルゼンチンにいる。帰省中だ。
こっちにきてみると、日本人にとって馴染みのないことが
よくあることを再認識する。

 基本的にアルゼンチンのことだが、アルゼンンチン以外の
海外旅行でも役立つかもしれないからいくつか書いておこう。


●空港にいる人たちの“優しさ”は基本的に拒否。
「カバン持ちましょうか」「荷物を車に載せましょうか」
などの言葉は、対価としてのお金を要求してくるので、ノー。
荷物がホントに多くて自分で運べないとき以外は利用しなくてもよい。
ちょっとしかあげないと、「少なすぎる」と文句を言うことも彼らは
忘れない。

●空港以外でも、頼んでもいない“親切”に要注意。
物凄い確率で、明るく純粋なヤツにたまたま出会わない限り、
狙っている。

●レストランなどでは、チップを支払う。
観光客向けのサービス料を予めとるようなところ以外では、
料金の10パーセント前後を目安に払うのがベスト。
(チップをもらおうとしているので、サービスは悪くない)

●時間は、あってないようなもの。
何かをアレンジするときは、自分のストレスを軽減させる
ためにも、本当の希望時間の少なくとも30分前に設定する。
そうすると、望みに近い時間にスタートさせることができる。
(設定時間に一人目が現れる。15分遅れは遅刻ではない)

●↑だから、バスや電車も“大体”の時間でしか運行されてない。

●トイレットペーパーは流さない。
うっかり流しそうになるが、水溶性ではないので、×。
流すと、つまる原因になる。

●偽札をつかまない。
これは現地の一般人にとっても見分けるのは安易ではない。
(あきらかに偽物だと判るぺらっぺらのものもあるが)
一度自分の手元にきたら、破棄するしかない。知らずにどこかで
使おうとしても、レジのひとが念入りにチェックし、見抜く。
ただの紙切れだ。

●歩行者優先が実行されていない。
車の流れが途切れるのを待ってから渡る。
そうじゃないと、本当に轢かれる。

●忘れ物をしない。
直後に取りに行っても、絶対にない。
忘れていなくても“なくなる”ことがあるので、常に手許に。


 つまり、常にまわりに警戒することを忘れない、ということだ。
犯罪が増えているとはいえ、日本ほど安全なところは珍しい
と思うべし。更に、日本人は狙われていると思うべし。

                    つづく
AD