たらればですぅ

テーマ:
 仕事が終わり、家へと向かう。
本屋か。そういえば最近、あまりマンガを読んでいないな。
ちょいと寄ってみよう。そう思い、久しぶりにコミックコーナーへ。
浦沢直樹の焦らしマンガのひとつ「プルートウ」3巻と、星野之宣の
新作があったので買った。楽しみだ。

 マンションの正面玄関に鍵を差し込み、開ける。
郵便物のチェック。相変わらずチラシだらけだ。
幼稚園からの手紙もあった。

 お魚くわえたどら猫 追っかけて
エレベーターの呼び出しボタンを押す。
 はだしでかけてく 陽気なサザエさん
封筒を見つめながら口笛。
 みんなが笑ってる お日さまも笑ってる
何故か、「サザエさん」のテーマだ。
 ル~ルル ルルッル~
「こんにちは」

 ハッと手紙から目を離すと、マンションの住人が眼前の箱から
目を伏せがちに降りてきた。「あっ、こんにちは...」

 しまったぁ~!
キーも音量も高目だったぞ。

 「口笛を吹いていた兄ちゃん」ならまだマシだが、
「ノリノリでサザエさんのテーマを口笛で吹いていた変なひと」
と思われている可能性大...


 口笛さえ吹いていなければ...
こんなことがあってもめげるな、オレ。
しかし、家のドアをくぐって、カチャッと閉めるまでは公共スペース。
「ふっ」と気を抜かないようにしろ、オレ。

                    つづく
AD

ぺこり

テーマ:
 ふふっ♡
今日はラッキー(仮名。犬)のお散歩。
こんな日はミヨちゃん(仮名)、頑張って歩いちゃう。

 信号が青になった。渡ろう。
ここを左に折れて、っと。散歩、散歩、散歩っぽっと♪
あっ、信号が赤だ。ここは車の交通量が多いからラッキー(仮名。犬)を
ミヨちゃん(仮名)が抱っこして信号待ち...

 プップー!
ん?誰? ... 誰?
笑顔で手を振ってるよ... とりあえず挨拶しとけ。
ぺこり。「どーもー」。   誰だ?

 まあ、いいや。
信号が青になった。渡ろう。
しかし、誰だろう?

******************************

 この前、娘と公園で遊んだあとの帰り道でのこと。
ある交差点に差しかかったとき、犬を散歩中の女性と同じ
タイミング&歩行スピードで200メートルほど歩いた。

 おんぶしていた娘を次の交差点で一旦降ろし、肩車。
そのとき、プップー! ん?誰?... あっ、T倉森さんだ。
笑顔で手を振ってるよ... 面倒臭いが挨拶しとこう。
ん? 犬を抱いた隣の女性がぺこりとしてるよ...
知り合いか? こんなこともあるんだ。

 あとで、T倉森さんと話をしていると、
「間にいた女性が何故か手を振っていたよね」
と言われた。

 こんなこともあるんだ。

******************************

 あの場面では、少なくとも三人の人間が、
「 しかし、誰だろう?」と思うという、不思議な瞬間だった。

 日常の中のアンジャッシュ的体験。

                     つづく
AD