感謝

 オジーが辞めることになったあと、ブログに書き込もうと
思い、書き始めること数回。感謝することが多過ぎて話が全く
まとまらないので、アップすること0回。

 書きたかったことは、

            オジー、ありがとう。
           そしてベト、ありがとう。

 以上。

                    つづく
AD
 コリンチャンスから顔の小ちゃいレフティがやってきた。
落ち着いた感じの、いいヤツっぽい印象だ。

 「登録名は“ジウ”がいい? それとも“ジル”?」と聞くと、
「“L”の音は無いんだよね? だったら、“ジウ”の方が似てるかな?」
と言った。

 そう、どっちも間違いではないのだ。
また、どちらも本来の音とは違うのだ。
カタカナでどう表記するのか、という違いだ(※注1)。

 ブラジルのポルトガル語では、母音が続かない“L”の音は、“ウ”の発音に
(同じではないが)近い。ちなみに、母音が続く“R”の音は“H”に近い。
また、同じブラジルでも、南の方は“R”や“L”の発音が強くて、北へ行く程
ゆるくなる。

 “Ronaldo” を一番近いカタカナで書いてみる。
南の方では“ロナルド”。北上するにつれ、“ロナウド”、“ホナウド”と
変化していく。

 という訳で、“Gil”が登録されたら、正式名称は“ジウ”となる。
しかしシトン(※注2)は、「“ジル(Jiru)”と呼ぶ」と企んでいる。

                    つづく


※注1:日本語をローマ字で表記する場合も、完璧には表現できない。

※注2:“シトン”は、“シタウン”でも間違いではない。
AD
 以前、外国語を勉強している方々へのアドバイスを書いた。
今回は、「ちょっと話すことができればいいなぁ...」と思ってるひとへ。

 一番大事なのは、コミュニケーションをとりたいという気持ちだ。
通訳のオレが言うのも何だが、最悪、ゼスチャーだけで何とかなるものだ
(ゼスチャーも国によって意味が変わったりするので、少し気を付けなければ
ならないが)。

 しかし、やはりちょっとは話してみたい。
そのためには、単語を知らなければ始まらない。
和○辞書を開いて知りたい言葉を探したり、○和辞書を眺めるだけで
単語を少しは覚えられる。その単語を並べると、ちょいと話せるひとになる。
しかし、辞書メインで覚えようとするのは退屈だし、結局カタコトだ。

 歌や映画を活用するのをおススメする。
オレも若いころ、好きなメロディーの曲があると、辞書を片手に自分で
訳したものだ。これである程度の文法や言い回しが身につく。
自分で調べる、ここがポイント。

 映画は、DVDが便利だ。
一度、日本語字幕で観ておいて内容を理解する。
次に、○語字幕にする。台詞と字幕にはその性質上、多少の違いはあるが、
楽しみながら学ぶいい方法だ。

 あとは、接すること。
覚えたい言語に接する時間が長ければ長い程、染み込む。

 好きこそものの上手なれ。
ある言語に興味を持つのには、「その言語を話す国が魅力的である」、
「一度旅行して気に入り、次回は自分で話せるようになりたい」
「道具として身に付けておきたい」など、様々な理由があるだろうが、
上達のスピードが一番速いのが、「その言語を話すひとが魅力的である」、
これであろう。

 何とか会話しようとし、一所懸命覚えようとするのである。
自ずと接する時間も長くなり、一緒にDVDを観たりする機会も。
しかし気が付けば、恋に落ちていて、映画の内容はもはやどうでもよい。
というより、ドキドキと高鳴る鼓動が妨げになり、映画に集中できない。
そして気持ちが伝わり、両思いに。付き合っていくうちに文化の違いなども
みることができる。だが、それによりちょっとした擦れ違いが生じたりする。

 もうダメだ...
そう感じ始めたころ、「でも、やっぱり君が好きだ!」「...私もあなたじゃ
なきゃ...」「ゴメン...」「私の方こそ...」お互いをもっと知る努力をすると仲直り。
雨降って地固まる。一石五鳥ぐらいにも思えるが、必死になり過ぎるとまわりが
見えなくなるので、注意しよう(あっ、相手が同郷の場合も全く同じだ...)。

 以上、羽生通訳の「聞いて!ラブラブ♡恋の相談コーナー」でした。






 「実は、故郷にフィアンセがいて、帰らなきゃいけない」
幸せの絶頂でこう聞かされ、愕然とする。果たして自分に帰国を止められる
度量があるのか。

 不甲斐なさを嘆く。

 空港へ見送りに行った帰り、いつかちゃんと観ることができなかったDVDを
レンタルしてみる。あれ?おかしいな... 画面が滲んで字幕が見えやしない。
ははは... でも、聞き取れるので字幕はもういらない...

                    つづく

     ーーーーー 本日のチステ ーーーーー
 
 これから難易度を上げようと思っておりましたが、「分からない」との
コメントが増えるという現象を見て、一時休止致します。

 ーーーーー前回のチステへの正しいツッコミーーーーー

■アルゼンチンでもか!
(典型的なチステ・マチスタ(男尊女卑ジョーク)である)


※注:本文の後半はフィクションである。ホントにホントにフィクションである。
  (↑ヨメが読むかも知れないので)
AD