1 | 2 次ページ >> ▼ /
2005年08月31日 21時43分52秒

宇宙からの

テーマ:にっき

ケータイの着信履歴に知らない数字の羅列。

852から始まる11桁の数字。

違和感たっぷり。

というか、誰?


朝起きて、夢かと思ってもう一度確認したけど

夢ではなかったみたい。

調べてみると852は香港の国番号。

きっと香港に住む友人だろう。

少し前までは海外からの着信は

「通知不可能」と表示されていたのだけど。


着信は0から始まる番号というのがあたりまえすぎて

この番号には相当混乱した。

漫画にあるような、宇宙からの交信みたいな・・・。

(おおげさ。)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年08月26日 22時25分54秒

館長の熱意

テーマ:こんな本を読んだ

『町立図書館をつくった!』 白根 一夫 著


行ってみたいと思える図書館がまたひとつ増えた。
島根県にある斐川町立図書館 である。


ゼロから図書館を作るというのは想像しただけでも大変だ。
この本には斐川町立図書館が出来るまでが順を追って書かれている。
そして図書館ができて少したった頃の様子も。
これを読むと司書というものの必要性がよくわかる。
図書館に職員がいる、それだけではいけないのだ。
そして図書館というものは利用する人と一緒に
成長していくものなのかもしれないとも思う。


この本を読んでうらやましいと思ったのは学校との連携である。

幸い私が育った町には図書館があったが、
記憶をたどってみると、中学校の図書室は普段は鍵がかけられ、
とても自由に利用できるような場所ではなかった。
斐川町のようにもし中学校に司書がいたら、

もっと世界が広がっていたのではないかと今更ながら思った。


この斐川町立図書館は、町長の公約によって作られたそうだ。
もし私が図書館のない町に住んでいたら、
図書館を作るという公約を掲げる候補者には
それだけで投票してしまいそうだ。

白根 一夫
町立図書館をつくった!―島根県斐川町での実践から
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年08月25日 18時55分39秒

ほのぼの図書館

テーマ:こんな本を読んだ

『れんげ野原のまんなかで』 森谷 明子 著


ぜひ、続編を書いてほしい。
シリーズ物にしてもらいたい。
これが、読み終えて一番最初に出てきた感想だ。
図書館好きにはたまらない1冊。


田舎のあまり大きくない市立図書館でおこる「事件」を
新人司書の目を通して書いた連作短編。
東京創元社のミステリフロンティアのシリーズだが
ミステリーという割には、全体にほのぼのとした
空気が漂っていたように思える。
きっと街自体ものんびりしたところなんだろうなと思った。


ところでこの本を読んだ人はどんな感想を

もっているのだろうと検索してみると、
図書館好きな人にはおおむね好評の様子。
やっぱりと思うと同時に「図書館好き」だと言う人が
たくさんいて、驚き、うれしくなった。


森谷 明子
れんげ野原のまんなかで
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年08月23日 20時32分17秒

レモンだった?

テーマ:こんな本を読んだ

『檸檬のころ』 豊島 ミホ 著


作者は高校の後輩のようだ。
学校の場所も制服も、寂れた駅前の描写も
そして生徒の男女比までもそっくりそのまま
私が通っていた高校と同じだ。
年齢から考えて、すれ違ったこともない後輩だけど。
そう思った時点で客観的には読めなくて、
意識は完全に高校時代に戻っていた。


この本はとある田舎の高校にまつわる人たちを
主人公にした短編集。
この年齢になると、どの主人公たちの気持ちも
それぞれの立場から理解できるのがおもしろい。


あとがきで、作者は自身の高校時代を「底辺」と言う。
あの学校の空気感を共有した者として
その表現をわかる気がした。


豊島 ミホ
檸檬のころ
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年08月20日 22時48分10秒

うちのブレーカー

テーマ:にっき
テレビとエアコンと電子レンジとパソコンの同時使用で落ちる。
20Aの限界。
ケータイのカメラのライトを頼りに
2回ジャンプでブレーカー復活。
あーあ。一年に一回は落とすよなー。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年08月18日 12時23分28秒

甲子園

テーマ:にっき

いつもは12時の時報とともに「お昼だーーー!」となる私も

今日はまずテレビ。

なんかいい場面。

東北は2点先取されている模様。


ここでお弁当を冷蔵庫から取り出してレンジへ。


すかさずテレビの前へ。

あ、1アウト満塁のチャーンス!

おっと長打で逆転!!!

一安心して手を洗いに。

そこでレンジがチンと。

1分半の間にレンジにかけてたこと忘れてて

チンの音にびっくりしちゃったよ。


今日勝てても明日の準決勝で駒大なんだよなー。

北国の住民にとってはせつないところ。

とりあえずは今日勝たないと。


「おら夏」 のせいで(おかげで)久しぶりに

甲子園にはまっちゃった。

東京糸井重里事務所の面々には、いつものせられます。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年08月17日 23時43分35秒

さっき

テーマ:にっき
今シーズン初めて、スタッドレスタイヤのCMを見た。
夏が終わるなぁ。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年08月16日 15時09分11秒

地震のとき

テーマ:にっき

ドライブの途中、小さな個人商店に立ち寄った時だった。

店内にある冷ケースの缶ジュースが揺れていて

変だなー、モーターの振動が伝わって

揺れてるのかな?なんて思ってたら地震だった。

慌てて外に出て地震がおさまるのを待ったが

横揺れが長くて、揺れが止まってもまだ自分が

揺れているような感じがした。


車に戻ってラジオをつける。

震源は宮城県沖とのこと。

いやー、こういう時の武田さん の声は安心感が。

(というか、武田さんのプロフィールの笑顔・・・王子だ。)

災害時のラジオって初めて聴いたけど

テレビとラジオの同時放送らしい。

テレビやラジオはやっぱり即時性があるし

まだまだ手放せないな。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年08月16日 00時00分00秒

選挙もネットで

テーマ:にっき

もうすぐ選挙。

いっそ選挙運動もブログでやったらいいんじゃないだろうか。

大声で名前を連呼されるより、政策を発信してもらった方が

有権者にとってはよほど選びやすいと思うのだが・・・。

しかし、現在の法律ではインターネットを使用して

選挙運動をすることは禁止されているのだそうだ

(参考:インターネットと選挙運動 )。


最近のマスコミは「刺客」報道に熱心で、特定の政党の

宣伝に利用されているという気がしてならない。

首相は今回の選挙を”郵政民営化の国民投票”と言うけれど

総選挙を、ある一つの法案の賛否を問うためだけに

実施するというのがそもそも疑問だ。

そのあたりに警告を与えるのがマスコミの役割ではないのか?


選ばれる側にとっても「突然の選挙」なら、

選ぶ側にとってもまた、突然。

こっちだって自分の一票を決めるのにあと4週間しかないのである。


ところで、これだけブログが普及しつつある2005年の総選挙。

ブログ界でもおもしろい試み、ないのかな。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005年08月15日 17時30分19秒

調べ物で寄り道

テーマ:本と図書館の周辺

で紹介した、過労で倒れるほど人気の先生が数年前、
全国紙の県版で紹介されたことがあった。
その記事をもう一度読みたくて、図書館へ。
図書館のHPによると、この全国紙の県版が
マイクロフィルムで保管されているらしいのだ。


記憶があいまいだけど確か2000年の頃ではなかったかと、
2000年のものを見せてもらうことに。
結果的にはその中にはなくて、今度その前後の年を
調べようと思いながら帰ってきた。


このマイクロフィルムなるもの、実は初体験。
フィルムのコマ(?)を送る音を
ガチャガチャいわせながら調べ物をしている人を
目撃してはいたのだけど。
フィルムは職員の方がセットしてくれるし、
使い方は案外簡単でおもしろかった。
例えば部屋の片づけをしている時に
昔もらった手紙を読みふけってしまうように、
一度は読んだはずの記事や企画を
つい熱心に読んでしまった。
(そんな調子だったから、前後の年のものを
調べる時間がなくなってしまったのだ。)


このマイクロフィルムを見ていて思ったのは、
このころの県版は企画、シリーズものが多かったということ。
ご存知の通り、私は読み物大好き女なので
新聞でも記者の署名入り囲み記事のファンなのである。
またそういうのが復活してくれたらいいのにと思った。

ああ、当初の目的と調べものの結果には
なんの関係もないじゃないか。

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。