離婚を回避して夫婦円満になる方法(カウンセリング)親子 家系 家庭 修復 復縁 婚活

夫婦円満は人生を最高のものにします。半世紀を一緒に生きる相手ですから、必ず本物の絆を築くことが大切です。浮気や不倫などの問題を乗り越え、夫婦修復するための法則をご紹介します。




テーマ:

今日は大阪は雨模様。

 

日本は雨が多いですね。

 

だんだんと秋が近づいている感じがいたします。

 

 

アメリカのカラカラ天気に慣れていると、この湿った

空気が心地よいです。

 

やはり日本の気候は自分の肌に合うなぁ・・・、としみじみ

感じます。

 

日本の女性の肌がきれいな理由、これが身をもってわかりました。

電車に乗っている女性たちの肌をみると驚くほど

潤っております。

 

つやつやとしてドキっとするほどです。

 

今回、私のセミナーで、お話することは・・・

 

●夫婦の本質、その本当の姿。

●夫婦愛についての定義。

●結婚を継続させるための要因とは?

 

この3つです。

 

実は結婚する98%の人達はこの3つがあいまいなまま

結婚にいたります。

 

なので最初の数年はいいのですが、あれよあれよと迷路に

入ってしまうのです。

 

何を隠そう、私もそのごとくでした。

 

では結婚を継続させる愛とは何?

 

多くの人がこれを認識できません。

 

恋愛感情が結婚を継続させる原動力だと思っている人が

多いのです(特に男性が)

 

恋愛感情が結婚を維持させる・・・

 

これはかなりの勘違いでもありリスクとなります。

 

恋愛感情はどこから来たのでしょうか?

 

気づけば一方的に宿った感情です。

 

努力なしに、自動的に宿るパッション。

 

この次元の愛は、時とともに自然消滅していきます。

 

努力が伴わない愛は継続性がないからです。

 

夫婦を維持させる愛と恋愛とをごっちゃにしているので

「こんなはずでは・・・」とどこの家庭でも悲劇が起こっております。

 

ここをしっかりと学ぶことで夫婦に対する目線が

ガラリと変わります。

 

これまで、かつて語られることのなかった夫婦とは?

結婚とは?

 

この話を聞く事ができます。

人は価値観が変わらない限り、行動は変わりません。

 

これは夫婦として必須の情報です。

 

ぜひ、ふるってご参加くださいね。

 

セミナー参加はこちらから←目

 ※大阪はもう締め切りました。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は日頃から不思議に感じていることを書きます。

 

子供教育の本が出版ラッシュです。

氾濫気味といえるほどです。

 

しかし、そのほとんどに本質的な内容が抜けています。

 

それは子供の両親の夫婦仲です。

 

子供の成長に、一番肝心なものは夫と妻が交わす夫婦の信頼

です。

 

本来、これを無視しては正常な子供教育はできないのです。

 

ところで、それぞれの夫婦の持つ波動というものがあります。

 

たとえ、どんなに仲良く振舞っている夫婦であったとしても、

心に壁を持っている場合、それが波動として伝わってくるのです。

 

いわゆる形だけの夫婦、仮面夫婦という人たちです。

 

周りの人には、わからなくとも家庭内別居している

とか、心に鎧を着ているということは子供にはすぐに伝わってくるのです。

 

夫婦は入籍した時点で一人の人格を表すといってもいいぐらい

融合したものになります。

 

互いの波動が融合して一人の人格のようになりますから

夫婦はセットで評価されます。

 

だから夫婦は片方を見ただけで、その愛情レベルは分かります。

 

実は夫婦関係はその人の人生観そのものが現れる媒体なのです。

 

 

たとえば、本来は人に心を開かない人が恋人に出会います。

 

その時だけは恋人に心を開くことができた!と

夢心地になり、愛し愛されていると信じます。

 

そして二人は結婚に至ります。

 

しかし数年後、その思いは一時的なものだったことがわかります。

配偶者の前にいつしか心を開けない自分が出てくるのです。

 

心の癖というものはそう簡単になおるものではありません。

 

子供の問題はその両親が仮面夫婦だったりする場合に

起こりやすいのです。

 

離婚さえしなければいい・・。

 

世間体だけで夫婦を全うしても、いずれそれは子供に

形として出てしまいます。

 

夫婦仲が子どもに大きな影響を与えるということです。

 

子どもがなぜ引きこもったり自殺などの問題を起こすのか?

 

それは親子問題でも学校の問題でもありません。

 

夫婦の不仲という課題が大きく作用していると言って間違いありません。

 

夫からの愛情がない淋しさを子供への愛で気を

紛らわせたりする。

 

これは子供の心にひずみをもたらしてしまう

場合もあるのです。

 

夫婦の仲がいいということはそのまま、心を育てる

栄養素になります。

 

これがあれば、子供はある程度、ほうっておいても

自立して、伸びることができます。

 

あれこれ世話を焼かなくても本来の持ち前を

発揮して元気になります。

 

学校や友人関係が子どもを追い詰めるのではなくて

夫婦の不協和音が子どもを不安にさせていくのです。

 

夫婦が成り立っていることで子供は精神も体も健全に

育っていくのです。

 

夫婦の価値観が変わる未来志向の夫婦セミナー

申し込みはコチラから!

【注意】大阪のセミナーは締め切りました。

 

夫婦愛の法則メルマガ登録はココをクリック!←

人気ブログランキング人気ブログランキング 人気ブログランキングへ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、アメリカを発ち、日本に着きました。

 

アメリカから日本に来ると決まってすごいなぁと

思うのは人の多いことです。

 

こんなにたくさんの人がひとつの場所にいる光景は

アメリカではめったに見られないのです。

 

アメリカに住んで30年もたつと、もう圧倒されてしまうんです。

 

電車を乗り継いでようやくホテルに着きほっとしております。

 

アメリカと日本は同じ先進国でありながら、お国柄はまるで違う

のです。

 

もう驚きを隠せません。

 

細やかさ、親切丁寧な対応・・・。

すべてが感動します。

 

今回はJALに乗って来ましたが、キャビンアテンダントの

方たちがすごい親切です。

泣いている赤ちゃんをずっとあやしてくれたり・・・。

 

 

先日、アメリカの航空会社の飛行機に乗ったら、

キャビンアテンダントがあろうことか、

ジュースをらっぱ飲みしながら通路を歩いていました( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

 

ほんと、こんな感じです。

 

日本のおもてなし文化って海外ではありえないほど

レベルが高いですね。

 

海外にいると、つくづく日本って素晴らしいなぁと

心から思えます。

海外からの旅行客が魅了されるのも、わかりますね。

 

今回、日本で大阪、東京と夫婦セミナーを行います。

 

このセミナーは私の過去の夫婦相談のすべての集結です。

他では決して聞けない渾身の内容です。

 

 

セミナーのお申し込みフォームはここ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

結婚後、だんなさんががらりと変わってしまった・・・

 

無視する、無関心、なげやりな態度などなど。

 

こんな夫に対しての信頼が持てなくなり、

将来が不安です。

 

 

そもそも男性の人柄を形成しているのは、母親の価値観です。

母親がどういう人間関係のセンスを持っているのかを

知ると、夫の傾向がわかります。

 

母親の子供に対するアプローチをよく研究するのです。

 

母親が子供を愛するという愛情表現には

相反する2つのパーソナリティーが存在します。

 

優しい愛情によって子供をいつくしみ育てる一方で

その優しい母親のぬくもりが負の要因として働いてしまい

子供の成長を妨げ、最悪の場合、精神的な死にまで

追いやることもあると言われます。

 

この母親の持つ肯定的な側面を「育む母」と呼びます。

 

一方、否定的な側面を「飲み込む母」と呼びます。

 

成長を願う親である反面、いつまでも自分を頼ってほしい

依存していたい、自立してほしくない親です。

 

いつまでも過保護な親がいると、息子が精神面は

未熟なままでいることが多いのです。

 

これが結婚後、問題になるのです。

 

あるいは、まったく子供の気持ちに無頓着な場合も

問題になります。

 

窮地に立つと、逃げる、その場限りの態度をとる

面倒くさがって自分を優先した行動ばかりとる。という

要因がここにあるのです。

 

これを認識したうえで、それでもあえて、彼のいいところを

探してあげなくてはなりません。

 

夫婦はお互いが育った環境までをも、理解し受けいれて

あげようとしなければ、謎解きのような人生になって

しまいます。

 

子供は親を選べません。

 

夫婦関係が悪化してしまうのをおろおろと悩み苦しんで

いるだけでは、解決はしません。

 

一歩踏み込んで相手を深く理解してみようと

することで、状況も変わってきます。

 

夫がもし違った環境や生い立ちで育っていたらもっと

違っていたのではないか?

 

という視点を持って夫を深く見つめるのです。

 

夫婦の価値観が変わる未来志向の夫婦セミナー

申し込みはコチラから!

【注意】大阪会場の締め切りは23日までです。

 

夫婦愛の法則メルマガ登録はココをクリック!←

体験セッション申し込みはコチラから←

人気ブログランキング人気ブログランキング 人気ブログランキングへ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

人は十人十色と言われるように様々な価値観で生きております。

 

なので単に「私の夫」「僕の妻」という視点からでは

通常、いつか暗礁に乗り上げます。

 

どういうことか?

 

つまり夫、妻は「自分とは別の全く違う個性を持つ人間」だという

客観的な視点がないと崩れていくのです。

 

たいていの夫婦はここがまったくわからないで混沌として

しまうのです。

葉っぱの上を這いまわる青虫を想像してみましょう。

 

平面を歩きまわる2次元的な生き物ということです。

 

青虫が成長して空高く空を飛ぶ蝶になったとき・・・

 

上空から下を見た青虫君ははっとするのです。

 

「あれ!自分はあんな場所にいたのか・・・」と

初めて3次元世界というものを認識できたとき別の姿が

見えてくるのです。

 

つまり価値観ができると3次元空間を頭で知るのではなくて、

体感できるようになります。

 

夫婦は2次元夫婦の場合がとても多いのです。

 

どちらからともなく何気に語った一言で大喧嘩になる、

 

一枚の葉っぱの上で歩き回っているため、いつかは

ぶつかってしまうからです。

 

葉っぱが狭ければ狭いほど、喧嘩の頻度は多くなるでしょう。

 

片一方が3次元的な見方をすればどうでしょう?

 

喧嘩になる前に対処することができますね。

 

どちらかが相手を客観的に見つめることができれば

修復は可能になるのです。

 

これは言葉で表すと頭では理解ができるのですが

体験をする必要があります。

 

夫婦の修復と言いますが価値観が変わらない

限り、行動は変わらない。

 

という現実があるのです。

 

夫婦は非常に深い未知の世界が有ります。

これを知らないとなかなか難しいのです。

 

なぜならば人間とは何か?

さらに夫婦とは?

 

ということの洞察ができない限り本当のコミュニケーションが

わからないからです。

 

これがわかってこそ、初めて対応ができるのです。

 

立体的な観点で相手を見ることの大切さ。

 

これを構築することが可能になります。

 

一見して魅力的に思える女性、男性がなぜあんなに簡単に

離婚してしまうのか?

 

長い結婚生活を営むためには人は人間観を学ぶ

必要があります。

 

この視点から夫(妻)を見つめるのがコーチングなのです。

 

夫婦の価値観が変わる未来志向の夫婦セミナー

申し込みはコチラから!

【注意】大阪会場の締め切りは23日までです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)