離婚を回避して夫婦円満になる方法(カウンセリング)親子 家系 家庭 修復 復縁 婚活

夫婦円満は人生を最高のものにします。半世紀を一緒に生きる相手ですから、必ず本物の絆を築くことが大切です。浮気や不倫などの問題を乗り越え、夫婦修復するための法則をご紹介します。


テーマ:
 私は今だから言えることなのですが決断したことを
後悔しないタイプです。

 私が20代のころまではどちらかというとまったく
決断ができない人間でした。

すべてにあいまいなぬるま湯的な生き方をしていました。

というのは過去、自分がやってきたこと、行動してきた
ことが裏目に出る事が多く、恐怖が先に立って身動きが
とれない人生を生きていたからです。

拒食と過食が交互にやってくるいわゆる、摂食障害を
患い、おまけに自律神経失調症でもありました。

いつまでも自分の過去にこだわり、それと格闘しながら
一人相撲をとっているような人生でした。

ところがそんな私が、20代の後半、とんでもない
冒険をしたのです。

アメリカ永住権がくじで当たってしまったことが
きっかけです。 
 
そのときは全然、アメリカに行く気はありませんでした。
 友人が遊び半分で私の名前で応募したのです。
 
それは絶対にあたるはずのない確率だったのです。
 
でも、これもなにか意味があると思って思い切って
渡米しました。
 
それが正解でした。
心の鍵がはずれて人生の扉が開いたのです。
 
自分にチャンスが来たときにじっと待っていないで
それに乗ってしまうのが一番だと思いました。
 
失敗したっていいのです。

今の現状から出ることは間違いないのですから。

それがさらにいろいろな人生の勉強、経験になるのですから。

人間には潜在意識というものがあります。
普段は意識されないのですが、その人の環境を形成している
土台と言ってもいいでしょう。

ここが変わらないとずっと同じままなのです。

ここにカツを入れるには以下の2つの方法がもっとも手っ取り早い
と言われています。

●人間関係を変える
●住む環境を変える
 
「夫婦の問題を解決したいのですが、いつ行動すれば・・・」。

こんなふうに自問している人には「できるだけ早いほうがいいですよ」
と 答えることにしています。

 行動するためには「行動時期」は、大きな問題になります。

 人間は変化を恐れます。

しかし過去があって今があるのですから考えている
より新しい行動を起こしたほうがいいに決まっているのです。

たいした問題ではありません。

 答えは、ひとつしかないからです。
 「今」です。

 行動するためのベストタイミングは「今」なのです。
 
今すぐ始めてしまえば、今すぐ夢に近づくことができます。

 行動は、早ければ早いほど有利になります。

 ベストタイミングを待っていると、いつまでたっても
行動できません。

「もっといいときが来るかもしれない。
もうちょっと待ってみよう」と 待っていると賞味期限が
切れてしまうように時が去っていきます。

 完ぺきを求めていると恐怖に囲まれていつまでたっても
行動できなくなってしまうのが人間です。

完ぺきなんてありえないのですから、今すぐ行動して
しまえばいいのです。
 
今までの自分とは違った未来の夢を歩み始めませんか?



体験セッションのご案内はコチラ

お知らせ
    心が軽くなる夫婦のルールを知るメルマガ
     を希望の方は
コチラをクリック
    体験コーチングのご案内はコチラ

メルマガ応援ありがとう^^
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
親の子どもに対する期待、愛情はきりがありません。

どんな親も子どもには、自分以上に幸せになってほしいと願います。

自分よりも、顔も頭もよく生まれると大喜びします。

自分よりレベルの高い学校に行って、お金を稼ぎ、
幸せな結婚を してほしい。と限りない希望を子どもに託す・・・。

そう考えると、子どもの存在ってすごく大きいものですね。



親は子どものためには自分のもてるものすべてを差し出しても
惜しくない存在です。

おじいちゃん、おばあちゃんも孫を、ものすごくかわいがるでしょう?

孫のすることはなんでも「いいよ。いいよ。」と言います。

やることなすことすべてが愛おしくて、かわいくてならないのです。

ところで、その子どもの出発点はどこでしょうか。 それは夫婦です。

夫婦が愛の営みをした結果、子どもが生まれます。

当たり前のようですが、子どもの原点はそこにあります。

夫婦の営みは命を生み出す崇高な行為なのです。

こんなことを考えてみると夫婦愛の行為と いうものは
神聖なものといわざるをえませんね。

これが現代はこのモラルにどんどんブレが生じて結婚や、
男女の関わりに深刻な影を投じています。

夫婦が愛し合って生命が誕生する。という考え方を軸にした 教育を
学校や社会が教えていません。

雑誌やマスコミから受ける印象は恋愛事の情報だらけで
特に若い男女はいかにモテるかにばかり真剣な傾向があります。

有名で偉い先生と呼ばれる人たちも、女性問題を起こして
家族や周囲から信頼を失っていく様子を見てもわかるように
自分を自制できずにいるのです。

昨今はどんな傾向があるかといいますと、男女関係が優先的で
子どもを迎える心はむしろ、軽視されます。

本来、子どもは純粋な愛の結実であり、周囲から大歓迎を
受けて迎えられるべきなのです。

子どもは本来そのように生まれてくるべきなのに、事情があって
それがそのようにいかないとき、その子供の人生は非常に
困難になり、深刻な問題を持ちやすくなります。

これは最も不幸なことであり、深刻な問題に発展します。

体験セッションのご案内はコチラ

お知らせ
    心が軽くなる夫婦のルールを知るメルマガ
     を希望の方は
コチラをクリック
    体験コーチングのご案内はコチラ

メルマガ応援ありがとう^^
にほんブロ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アドラー心理学の関連の本がバカ売れしていますね。

この本を様々に生かして問題解決できることは
大変な希望ですね。

ところでこのアドラー心理学を夫婦関係の改善に
応用できるのか?と言いますとかなり難しいと言えます。

人間は同じ人間でありながら男性と
女性に分かれています。

アドラー心理学の特徴は、「すべての悩みは対人関係の悩みである」
と言いきっています。

この対人関係ですが、夫婦という組み合わせは
あらゆる対人関係の中で特殊中の特殊な部類に
入るのです。

つまり他人でありながら人生のすべてを共にしていき
最後同じお墓に入ると言う、これ以上密接なものは
ないと言える関係です。

ところでアドラーがいうところの「嫌われる勇気」は
幸せになるための勇気だと教えています。

人間は嫌われたくないという認識を他人には
持っているのです。

ところが、夫婦は嫌われる勇気どころか、相手のいやがることを
敢えてぶつけてしまうような関係です。

あらゆる関係でも夫婦ほど無防備な関係はないと
思います。

他人に試したらうまくいった方法をよかれと思って
夫に試したのに、まるでうまく行かなかった・・。

かえって逆効果を招いた・・・。

あなたにも、そんな経験があると思います。

男女は体の構造はもちろん、脳のしくみ、空間認識能力
またコミュニケーション能力などすべてにおいて
大きな違いがあるのです。

同じ人間と認識すると思わぬところで地雷を踏んでしまいます。

男は宇宙人だと思いなさい。
などと書かれている書物もあります。

男女の性差というもの、夫婦という関係性を
よく知ってかからないと「こんなはずじゃなかった!」と
がっかりしてしまうことでしょう。

もっと言えば、夫婦と恋愛中の男女関係ではその立ち位置が
まるで違うので、さらに複雑なのです。

夫婦に特化したアドラー心理学の分野がもうひとつ
必要になってくることでしょう。

夫婦というものの持つ特性、背景について、深く理解していくことが
より重要なのです。


体験セッションのご案内はコチラ

お知らせ
    心が軽くなる夫婦のルールを知るメルマガ
     を希望の方は
コチラをクリック
    体験コーチングのご案内はコチラ

メルマガ応援ありがとう^^
にほんブロ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

飛行機が墜落する確率がどのくらいか、ご存じですか?

なんと、8200年間、毎日飛行機に乗っても、1回事故に
遭うか遭わないかという極めて低い確率です。

宝くじに当たるよりもはるかに低いと言ってもいいでしょう。

ところで、3機に1機が墜落するリスクの高い飛行機が存在します。
それは、「結婚」という名の飛行機です。
 
現在の日本で、この飛行機は40秒間に1機の割合で飛んでいますが、
目的地に到着できるのは3分の2です。

墜落せずに、なんとか持ちこたえて目的地に着いた飛行機も機体は
ボロボロ・・・。

しかもその後、二人は別々の場所に分かれてしまうのです。

この瞬間にもこのような悲劇は起こっているのです。

しかし多くのカップルが続々とこの飛行機に夢と期待を

ふくらませて乗り込んでいきます。
 
この飛行機は一体、誰が操縦するのでしょう?

コックピットには未経験のパイロット、つまり、
新婚カップルが座ります。

飛行機のボディーには華やかなデザインで「山田家パラダイスエア」と
ペイントされています。

この時点では、これからの旅がとんでもないリスクを
抱えているなどとは想像もしておりません。

夫は「俺に任せておけ!」と、頼もしく妻に声をかけます。
さぁ、エンジン全開、この飛行機は空に向かって無事離陸します。
 
ところが、離陸後、しばらくすると異常事態が起こります。

突然エンジンが停止し、あれよあれよという間に、機体は危機的状況に!

ふと後ろを見ると、客席にはパニック状態の子供たちがいます。

「きゃ~!助けて!」と泣き叫んでいます。

ところがそれをよそにコックピットの夫婦は、互いに
言い争いを始めています。

「このままじゃ、墜落よ! どうするの? あなた、操縦方法を知ってるんでしょ!?」
「俺は知らないよ!お前操縦しろよ! 」

飛行機から避難信号が発信されますが、その後、飛行機は
なすすべもなく墜落…。
 
このような墜落寸前の「幸せ航空」は、どうすれば離婚の
危機を回避することができたのでしょうか?

そもそも、機体を操縦する技術もなく、機体のメンテナンスが
十分に行われていないことがこの事故の原因です。


九死に一生を描いたドラマやドキュメンタリー番組などを
皆様もご覧になったことがありますか?

これらの物語は実に多くの人の心を釘付けにします。

彼等は、どうやってその危機を回避できたのでしょう?

奇跡的に生還を遂げた旅客機の物語の背景にあるもの。
そこには、乗組員たちの命がけの行動や俊敏な判断などが
挙げられることでしょう。
 
夫婦が離婚の危機を乗り越え、生還を果たすということは、
命を守り抜くことと次元は一緒です。

家族の操縦かんが、あなたとパートナーの手にゆだねられている限り、
「結婚とは何か?」「夫婦の正しいあり方とは何か?」

これを無視してどんな行動をとっても目指すべき幸せの島には
決して到着できないでしょう。

夫婦という飛行機をしっかりとメンテナンスし、常に操縦技術の
向上に励んでいくことによって危機から脱出できるのです。
 


体験セッションのご案内はコチラ

お知らせ
    心が軽くなる夫婦のルールを知るメルマガ
     を希望の方は
コチラをクリック
    体験コーチングのご案内はコチラ

メルマガ応援ありがとう^^
にほんブロ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
昨日はここアメリカは建国記念日でした。
商店はほどんど閉店になり、夜は各地で花火が上がり
建国を祝います。

あいにくの雨模様でしたが仲間と一緒にパークで
バーベキューをして楽しみました。

ところで今日は最高の開運とは何か?
についてお話ししたいです。

立ち止まってみましょう。
あなたは自分を振り返ったとき、

心から幸せですか?
しみじみと感じる充実感はありますか?

どこか虚しさや空虚な感情はどうですか?

これを自分に問いかけるのはちょっと勇気がいりますね。



自分はこれからもどんな生き方をしていくんだろうか?と
本気で考えたことがあるでしょうか?

たいていの人は幸せになるためには
途方もないところに到達しなくてはならないと
勘違いしています。

実は幸せの要素は意外にも身近なところにあることを
みんな忘れています。

深層心理学的な話になりますが、
実は今の人生はあなたの内側にあるものが外の世界に
現れている。

これだけのことです。

自分の内側を作り変える。
これ以上に偉大なことはないと言えます。

これにフォーカスするだけであなたの家族や人間関係も
どんどんと変化していきます。

世の中、どんなにお金や地位、魅力があるようでも
心からの幸せを感じていない人はたくさんいます。

誰から見てもそつがなく人柄のいい人・・・。
しかし、その奥底では深刻な悩みを抱えている。

こんな悩みはいつの時代にもあるのです。

また、いつも流行を先取りしないと
気が済まなかったり人間関係を広げてあくせくすることに
奔走したり、そこに何もないとわかるとさらに外郭に向かって
どんどん行動する。

それではずっとイタチごっこの人生になってしまうでしょう。

今の日本にはそんな人がとても増えているのです。

内側のことにフォーカスせずに外側に心が
向いているのです。

もし、不安や恐れ、胸騒ぎのようなざわざわしたものを
感じたならばまず自分の足元に注目してください。

元々、人間はみんな平等です。
誰もが幸せになれるように仕組まれております。

今、自分が不幸なのには意味があると捉えると
運がよくなります。

私は60年近くの人生を生きて、ふりかえることが
あります。

カウンセリングをやるようになってからは特にですが
やっぱり人はみんな平等だ。

これを実感として感じるのです。

数年後の幸せではなく老後、老いてから孫や
ひ孫に囲まれて、にぎやかに人生を終えることが
できるかどうか。

これを視野にして人生を捉えるのです。

運が良くて幸せになっている、と考える人も
いるかもしれませんが、一時的だったりします。

人はみんな平等なのです。

その人の一生を通じて最後まで通算でどうか?
これをよーく考えて見た時、
人間は一時的な幸せと永続性のある幸せを
混同していることがわかります。

自分の内側に心を向けること。
これが最短で幸せになれる開運法なのです。

コーチングはそのきっかけをつかむためのスキルなのです。

体験セッションのご案内はコチラ

お知らせ
    心が軽くなる夫婦のルールを知るメルマガ
     を希望の方は
コチラをクリック
    体験コーチングのご案内はコチラ

メルマガ応援ありがとう^^
にほんブロ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)