離婚を回避して夫婦円満になる方法(カウンセリング)親子 家系 家庭 修復 復縁 婚活

夫婦円満は人生を最高のものにします。半世紀を一緒に生きる相手ですから、必ず本物の絆を築くことが大切です。浮気や不倫などの問題を乗り越え、夫婦修復するための法則をご紹介します。


テーマ:
ニュースやネットの情報を見る度にこれからは
先が見えにくい不透明な時代に突入している気がします。

日本もアメリカもヨーロッパもかつてのような安定した時代は
過ぎてしまいました。

厳しい時代であればあるほど家族の安定が求められるのです。

家族の絆がしっかりしていればどんなことも
乗り越えていけるものです。

反対に社会環境がどんなによくても、家族が破綻して
しまえば意味がありません。


たしかに、様々な社会不安がありますね。

たとえば・・・

高額の年金は支払うけど老後、保証してもらえるの?

今の政治家、国民のこと本当に考えている人がいるの?

大企業の不正問題に腹が立つ。

こんなに科学技術が進んでるのにどうして地震予知ができないの?

仕事の量ばかり増えて給料が上がらない、お金が貯まらない。

インターネットなどの影響で子どもの環境が心配。

かつてないほど性的な堕落が加速している

ゲームやネットの影響で家族との絆が失われている。


これらの課題が私達の周囲には蔓延しています

ところでここで知ってほしいことがあります。

どんな問題でもあなたが直接関われないことと
関われることがあります。

あなたが影響できること。

これに心を砕いていかなくてはなりません。

まずは家族とか職場など、あなたが直接に関わることで
改善される可能性のあることにエネルギーを多く
使うのです。

順番から言えば職場より夫婦、親子が優先です。

国家の指導者でなくてはできないことや、専門家や
企業任せになってしまうことは、あなたには当面どうする
こともできない事柄です。

家族はあなたが一番の責任者です。

それから目をそらしてしまえば肝心の一番大事な妻や夫、
子どものことなどが後回しになってしまうのです。

その時になって人生の幸せが何かを知っても遅いのです。

家族の大切さ、絆をまず考えていかなければ生き残れない。
そんなことが明白になる時代がやって来ることでしょう。

体験セッションのご案内はコチラ

お知らせ
    心が軽くなる夫婦のルールを知るメルマガ
     を希望の方は
コチラをクリック
    体験コーチングのご案内はコチラ

メルマガ応援ありがとう^^
にほんブロ
いいね!(67)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
回避依存症をご存知ですか?

回避依存とは、深い関係になることを避けたり
相手の気持ちに向き合うこと、親密になることを
恐れる傾向のことです。

相手との関係が深まることや
絆を築くことに、なぜか不安を感じてしまうのです。

夫婦になれば自然と相手との深まりというものを
自然に求めるものです。

妻が夫の心に入ろうとすると、締め出しをくらうのです。

心の内鍵をガチャっとかけるのです。

「なぜ何も言わないの?私のことが嫌いなの?」
妻は焦りを覚え、何がなにがなにやらわからなくなります。

ところでこの傾向のある男性は、どんな人かというと・・・。

日頃から、外向けの顔を持っております。

人当たりもよく一見、モテるタイプだったり活動的に
見えるのです。

ところが、心底、他人には心を開いておりません。

同時に相当にプライドが高いのです。

自分が傷ついたり、失望してしまうことを
最初から避けるのです。

相手からふられそうになるとあえて自分が相手を
捨てることで我が身を守る。

こんな傾向があればそれはまさしく回避依存症です。

妻はそれに耐えられず、なんとか夫の心の扉を
こじ開けたり、本心を聞き出そうとします。

ところが、それをすればますます自室にこもるようになり、
事態はどんどん悪化します。

DVやモラハラで応酬したり、ギャンブルや投資などに
回避することもあります。

あるいは「別居したい」と言い出すなど・・・。

本人はなんとか、臭いものにフタのようにやり過ごし
相手の気持ちはまるでおかまいなしなのです。

ついに収拾がつかなくなり、夫婦が破綻するという
結果になるのです。

この原因は、先天的な傾向というより育った環境、あるいは
生い立ちから来るものがほとんどです。

子どものころから母親、または父親から大きく期待を
かけられたり、厳格に育てられる、あるいは放任、
無関心など不安定な環境に置かれる場合に起こります。

幼少の頃は親にはまったく無抵抗です。

我が身を守る術を知らないまま、閉塞的で支配的な状況に
置かれるそれは後遺症となります。

この幼少からの生きづらさは成長した後は
常に相手に対する防衛として現れます。

実はこのタイプの男性は非常に寂しがり屋なのです。

傷つくことを恐れているということは同時に「本物の絆」を
求めていることでもあるのです。

夫の閉鎖的な態度の背景にどんな心理が隠れているのかを
深く考えましょう。

あなたを嫌いになった。と判断するのではなく、夫は自分の中の
大きな矛盾性を抱えていると捉えてみることです。

早期の段階でこれに気がつくことは、とても重要な
ことなのです。

もう自分は嫌われた・・・と悲嘆にくれてばかりでは
解決はできません。

自分の目線を変えて夫の心理を理解することは重要なことです。

別の方角から夫を見ることで修復するためのきっかけを
見出すことに繋がるのです。


 

体験セッションのご案内はコチラ

お知らせ
    心が軽くなる夫婦のルールを知るメルマガ
     を希望の方は
コチラをクリック
    体験コーチングのご案内はコチラ

メルマガ応援ありがとう^^
いいね!(18)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
携帯電話は便利です。

たしかに便利ですが、残念なことに夫婦の離婚の加速に
この携帯が一役買っているんです。

携帯があることで夫婦が深刻な問題に発展する
ケースがとてつもなく多いのです。

ここ10年、20年で急速に離婚が加速しているのは
携帯のおかげ・・・?とさえ思えるぐらいです。

平成3年ぐらいまでは携帯の普及率はほぼゼロでしたが
今現在の法務省の調べではなんと104%です。

つまり一人が最低一台は持っているということです。

総務局における離婚の推移を調べてみると
平成3年までは下降気味だった離婚率が
その後、携帯の急激な普及に平行して
増えているのです。

さらに東日本の震災以降、一時、離婚は減少して
おりますが、再び、増加の傾向にあります。

携帯さえなかったら、何事もなく穏便に終わった問題が、
このせいでどんどん状況が思わぬ方向に発展して
ついに離婚になる。

これはよく起こることです。

つい見たくなる夫の携帯・・・。

気になって仕方がないのでつい見てしまう。
見たら安心するのか?

履歴を見て何もなければ安心ですね。

でも浮気の証拠になるようなものを見てしまったら?

一度見たらどんどんあらゆる妄想が出てきてどうにも
ならなくなります。

最悪のような結末までをも想像します。

ショックや不安、悲しみ、くやしさ、恨みや失望、
不信でいっぱいになることでしょう。

「携帯を見た」という一つの行動がありとあらゆる
妄想を生み出してしまいます。

夫の顔をまともに見れない。

夫が家に帰ってきたらどんな顔をすればいいの?
どんな話をすればいいの?
知らないふりをしようか?
追求してみようか?
カマをかけてみようか?

ありとあらゆる思考が頭を占領します。

パニックです。

もし携帯をみなければそんなことは起こらず
いつもと同じ日常だったかもしれません。

実はこのことを通して事態がより悪化していくことを
忘れてはなりません。

夫の行動は携帯の中身だけではわからないことが
あるのです。

もちろん、女性関係が事実あっても、
夫はこれが悪いことだと十分わかっています。

だから後ろめたい気持ちがあるのです。

もうやめておこうかな・・・と自分でも考えている
かもしれないのです。

ところが携帯を見たことがきっかけで思いもよらない
方向にいくのです。

「あなた。履歴、見たけど一体これって、なに?」と
言われたその瞬間、夫にはある感情が目覚めてしまうのです。

「お前、俺の携帯見たのか?」
「最低だな」

お互いの信頼が一気に失われてしまうかも
しれません。

どこまでの関係かを聞くまでもなく、ついつい
夫を責め立ててしまうのです。

そうなると夫も「俺がこうなったのはお前のせいだ!」と
開き直り、応酬するかもしれません。

昔は携帯がなかったので、多くのケースは大ごとになる前に
おそらく収まっていたのではないか?
と私は考えます。

事態がどんどん悪化する原因。
それは互いが疑心暗鬼に陥ってしまうことから始まります。

携帯のない時代に戻っていくわけにはいきません。

見るか見ないかはあなたの判断ですが、どうしても携帯を
見るのならこのようなこともあらかじめ想定していくべきです。


体験セッションのご案内はコチラ

お知らせ
    心が軽くなる夫婦のルールを知るメルマガ
     を希望の方は
コチラをクリック
    体験コーチングのご案内はコチラ

メルマガ応援ありがとう^^
いいね!(35)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
夫婦の離婚解消のために重要なこと。

それはまず原因を知ることです。

私のカウンセリングに来られる方はまさしく終末がんの患者さんの
ような状況です。
レベルで言えば、ほぼステージ3か4、最終ステージ
ぐらいです。

私はそれを治す医師のようなものです。

どんな病気でも原因がわからなければ、治療することは
不可能です。

原因がわからないまま、対処療法をしても、一時しのぎの
ものに過ぎません。

私は、まず診断をします。

いつもお聞きするクライアントさんのお話を
お聞きしますとだいたい以下のようなことが多いのです。

●夫にも夫の家族にも抵抗感がある
●会話がかみ合わない。夫婦という実感がない
●最初から夫婦としてやっていけない相手だったと思う
●理解できない行動や言動が多すぎる
●子どもがいなかったら、すでに離婚している

など、とても複雑です。

なのに配偶者をまだ愛しているから
修復したいのです。

この悩みは相当に深刻なものです。

ところで、この苦しみから一歩下がってみます。

お互いにいつからそうなったのか?

実はその結果に対する原因が当人が自覚していない
場所にある。という話をします。

すべての現象には必ず原因があります。
原因のない結果というものは絶対にないのです。


浮気?

裏切り?

過干渉?

価値観の違い?

これは後付なのです。

私は家系、潜在意識、親子関係すべての要素を総合的に
見て判断します。

医師も患者の病気の原因がわからなければ処置ができない
ように、夫婦修復も原因を明確にしないとダメです。

とってつけたようなアドバイスや気持ちを明るく持とう!
その場を穏便におさめなさい。

こんな方法では到底、夫婦をよみがえらせる
ことは不可能です。

病気にも原因があるように夫婦の離婚問題にも明らかに
原因があります。

その原因がわからないと薬も出せませんし
手術もできません。

どんな処置をしていいかわかりません。

夫婦問題の原因を明確にすること。
これがあって初めて根本的解決ができます。

これを知ることで見えてくるもの、解決のヒントが
たくさん与えられるのです。

体験セッションのご案内はコチラ

お知らせ
    心が軽くなる夫婦のルールを知るメルマガ
     を希望の方は
コチラをクリック
    体験コーチングのご案内はコチラ

メルマガ応援ありがとう^^
にほんブロ
いいね!(20)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

家庭は世界一の宝物・・・。

これだけわかっていれば、人生の軸からはずれることは
ないことでしょう。

他のことでどんなにがんばっても、家庭をないがしろにしたら
残念ながら、その人の人生は失敗です。

たった一度の不倫スキャンダルで人生のチャンスを棒に振った
有名人たちを見ても、その損失は甚大であることは明らかです。


人間の歴史は10万年と言われています。

不思議なことに、歴史はこの間、一貫して夫婦という

土台を通して人も動物も子孫を繋いできました。

夫婦なくして何も生まれない、ということです。

そもそも、夫婦という男女の組み合わせは
人間が作ったシステムではありません。

動物も同じですが基本は夫婦です。

この夫婦という基本的な単位をしっかりとしていない場合

宇宙の法則から脱落してしまう。という悲劇がいつも
起こります。

晩年、夫婦が離婚すると男性は9年ちかく、寿命が縮まるそうです。
離婚は人の心や身体の健康をむしばむことがあります。

どんなに家庭を大切にしても大切にし過ぎることはありません。

これだけしっかりとやっていれば生涯保証の幸せが待っております。

途中、夫婦の問題、つまり離婚、不倫、親子の対立など
あれこれと起こることもあるでしょう。

しかし、最後、家庭が落ち着かないかぎり、幸せでは
ないことを誰もが知っているのです。

いくら仕事や、他のものに価値を置いたところで

最後、夫婦、家族に返ってくるようになっているのです。

宇宙空間に住んでいる限り、宇宙法則から外れれば
その人は機能不全に陥ってしまうのです。

夫婦の調和は宇宙法則の中に組み込まれているという
概念を持つべきなのです。

夫婦が土台となって人の人生は出発します。

ここがとても大事なのです。

夫婦愛のメルマガ無料登録する
このメルマガを読むことで、夫婦関係の全体像や
メカニズムが、学べます。
私の本やセミナーで伝えている最も重要なもの、
価値の高いものだけを 厳選して、メルマガでお届けします

いいね!(38)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)