スカジャンの袖が強烈ボロボロに!




余程愛着があったのでしょう

普通は袖口が擦れ傷んでくる程度だが

切り替えの付け部分までビリビリにガーン



廃棄も考えられたたらしいが

ここまで付き合ってきたんだから

何とか生き返らせてほしいとのこと

同じような生地で作り替えも有りだが

今回はリブニットで再生です




裾も同じような状態になっていたので

セットで交換させていただきましたチョキ



ここまで愛されるなんて

幸せなスカジャンですよねニコニコ
AD

石を突き過ぎたのかも

テーマ:

あれっ!

いつ外れてしまったんだろう??




樹脂製の平べったい石突きが付いていたのに

いつの間にかポロリンコ叫び

このままでも使えぬことは無いが

何気に間抜けに見えるので

同じような部材を付けてほしいとのご用命

でも・・・無いあせる

でも、諦めはしないぞ山ちゃんは!




大き目の包みボタンをカガリ留めです

見た目だけはそれなりにでしょう

これからは

あまり石を突かないでくださいねニコニコ


AD

上部が薄色で下部が濃色の

ツートンパーカーだったのに

いつの間にやらトレエン斉藤さん状態に叫び




全体を染料に漬け込んでしまうと

オール濃色になってしまい

手作業のインキング補修では

そんな微妙な色風合いに持っていけない

そこで

袖口と裾口からジワジワと染料を

浸みこます方法にてトライ

結果は・・・




なかなかのもんでしょうチョキ

半身浴風染め直しと名付けておこうかなニコニコ
AD

HELLOを貼ろうなんて無理!

テーマ:

キティちゃんのプリント入りキャップ

何か変でしょう




HELLO KITTYのHELLOが欠落しとります

再プリントのご依頼だが

これだけは山ちゃんもお手上げあせる

そこで、こんな方法は如何?

プリントが隠れるように

刺繍を入れちゃいましょう




単純に刺繍を入れるだけのお直し・・

ではありません!

ミシン掛けできるように

ツバを外さなければなりませんし

両サイドのシームも解くという

前後仕事の方が大変なお直しなんです



これで

ロゴ部分は大丈夫

でも

キティちゃんいつかは劣化してきます

一年後か二年後に

またお会いしましょうキティちゃんパー

ショルダーパッチとボタン部分が

ヌメ皮使いのダッフルコート

栄養を与えねばと

手持ちの保革クリームを塗ったところ

溶剤を付けた部分がシミに叫び




下処理と全体洗いで

可能な限り対処させていただきました




ご自身でケアされることはGOOD

でも

皮と溶剤の相性事前チェックが重要!

今回の場合であれば

ストラップの一部だったかな

それと

溶剤の研究もしておいてくださいねニコニコ