昨日思い切って「かさこ塾山梨」の開催に向けブログを書きました。

 

今月末までにあと5人集まれば、「かさこ塾」が山梨で開催できる!

 

だから興味のある人、来て欲しい!という内容です。

 

そしたら、いつもブログを読んでくれてるお友達からメッセージがあって、

 

一瞬、かさこ塾に申し込んでくれるの?と思ったらそうではなくて、

 

私のブログでは「かさこ塾」の内容がよくわからず、本当に行きたい人に伝わらないよ!という内容だった。

 

 

 

私は、もう一度文章を見直してみた。

 

 

本当だ!

 

 

内容とか、具体的に何をするとか、かさこ塾に行った人が何を得られるかとか、

 

 

よく分かんない!

 

 

 

「すごくいい!」

「仲間ができる!」

「心に思ってることを言える!」

「自分が変わった!」

 

 

 

いろいろ書いたけど、具体的なことや、なぜそうなるのかとか全然書いてない。

 

 

私のブログじゃ伝わらないんだ。

 

 

かさこ塾開催に向け、思うように事態が進まず、気持ちが死んだようになってる私に、ダブルパンチ!

 

 

でもそのお友達の言うこと、もっともだと思った。

 

納得できる理由があれば行くという人もいるはず。

 

むしろ、ほとんどの人はそうだ。

 

 

なので、

かさこ塾について、具体的な内容を説明しようと思います。

 

 

『かさこ塾山梨について』

 

日程:11/24(木)11/30(水)12/6(火)12/13(火)

時間:13:30~15:30(開場13:10)

※最終日のみ13:00開始

※15:30~17:00までその場で

個別相談&交流会

※参加できる方のみ※退出自由

 

場所:山梨県立男女参画推進センター

ぴゅあ総合の会議室

住所:山梨県甲府市朝気1-2-2

受講費:4回で5万円(税込)

定員:20名

※欠席する回は講義内容を

スライドと音声データでフォローします。

まずかさこ塾は全日程4日で行われて、

時間は1:30〜3:30

今回も「かさこ塾山梨」はこのような日程で行われます。

 

 

 

まず第1日目の内容です。

セルフブランディングとは

自己PR、ブログ作成、ユニークな肩書きのつけ方を学びます。

 

当日、かさこさんはもちろん、参加者の皆さんとも初顔合わせでしたので、前に出ての自己紹介はありました。

緊張しましたが、具体的にこんなことを言ってくださいというのを教えてくれるので、

 

例えば

1、基本情報 名前、住まい、出身など

2、現在何をしているか

3、これまでの経歴

4、未来について(これから何をしたいか)

5、最後に、こんな情報を求めてます。

 

というように、いつどんな時に自己紹介しても使える組み立て方を教えてくれます。

 

あと、これを入れたらいいというものも。

 

 

そして、1日目は自分を知ることを重点的に行うので、

12枚の紙にかさこさんが言った質問の答えを、書いていきます。

 

質問1、100億円もらえたら何をする?

質問2、子供の頃から今までで、夢中になったことは何?

質問3、余命一年と宣告されたら何をしたいか?

質問4、お金をもらわなくてもやってしまうことは何?

質問5、才能があったらやってみたいことは何?

質問6、1年間の特別休暇をもらったら何をする?

質問7、人に話したいこと、伝えたいことは何?

質問8、100億円もらったらやめたいことは何?

質問9、これまでどんなことに時間とお金を費やした?

質問10、得意なことは何?

質問11、人に褒められることは何?

質問12、思い描く自分の最高の理想像、最高の生活とは?

 

 

簡単に答えられそうで、いざ答えるとなると何を書いていいかわからない質問ばかりですが、真剣に取り組むことで、何かが見えてきます。

 

ちなみにこれは内容をかさこさんがチェックするわけでもなく、発表するわけでもないので、何を書いても自由です。

 

 

むしろ、現実離れした自分の妄想を改めて知ることができて、すごく書いててワクワクしたのを覚えてます。

 

 

自己紹介の後のこの作業で、会場は静かですが

この後もみんなでワイワイすることなく

 

かさこさんの講義でまた静かに時間は過ぎていきます。

 

 

私はあの自分の思っていることを、どストレートに言ってしまうかさこさんのブログに興味を持ち、書いている本人に会いたい!が参加動機だったので、どんな講義になるのか、怖いもの見たさのような気持ちもあったのですが、

 

第一回目の講義はそれはそれは静かに、かさこさんの優しく語りかけるような声が部屋に響くだけで、あの毒舌ブログのかさこさんと実物は、こんなに違うのね、と思ったのを覚えています。

 

これだけで終わってしまったら、一言もかさこさんと喋れずに帰るのか〜とがっかりしてしまうのですが、そんな生徒の気持ちを察してか、「かさこ塾」には毎回、懇親会&個別相談の時間が設けられています。

 

これはかさこさんと話せる大チャンスです。

 

ぜひ自分から話しかけることをお勧めします。

 

そして、講義で薄々感じていたけれど、さらに優しい人なんだと実感できますよ。

注:どう感じるかは個人差がありますので、わかりませんけどね。

 

 

それから、一回目ではブログを書いてみましょうというのが宿題として出されます。

 

これもその人に合った内容でです。

 

ブログを書いてる人なら、教えてもらったことを意識して書いてみる。

 

ブログをやったことがない人なら、とりあえずアカウントを取得してみましょうというところから。

 

わからないことはいつでも、どんな内容でも、かさこさんにメールして聞くことができます。

 

 

自分の肩書きも、こういうことが言いたいんだけど、いい言葉が思いつかないと相談すると、「こういうのはどうですか?」と提案してくれることもあります。

 

それがヒントになって、何かひらめいたり、そのまま使ってしまったり、

 

 

私の「子育てママをラクにする誕生数秘カウンセラー」はそそまま使ってますけどね。

 

 

 

一回目の内容だけで、こんなボリュームになってしまった。

しかも、すごいネタバレ。

 

あっ、でもかさこさん、内容を書くことに関しては、どんどん公開しちゃってください!というスタンスなので、大丈夫なんです。

 

 

その考えに、私の固〜い頭で考えてた思い込みも、すっと楽になったんですけどね。

 

 

すべてが目からウロコでした。

 

 

 

また詳細をお伝えしますので、かさこ塾山梨にぜひ参加してください!

 

 

見るとやるとじゃ大違いですよ!

 

 

かさこ塾のお申し込みはこちら↓↓↓

 

申込:「かさこ塾山梨」という件名で、

kasakotaka@hotmail.com

にお名前、電話番号をお知らせください。

※Yahooメールは届かないため

他のメールでお送りください。

 

 

詳しくはこちら。かさこさんのブログです

 

 

 

 

山梨かさこ塾開催するの、言い出しっぺなのに、人に伝えるのをやめてしまった。



一人で拗ねていた。



どうせみんなには、わからないだろうと。



かさこ塾の良さをいくら伝えたところで、みんなは「やっぱり怖い」とか「4回はきついかも」とか「今じゃない気がする」とか言って、言い訳たくさん用意して、待ってるだろうなと、


無性に虚しくなってしまった。



この山梨にわかってくれる人なんて
いないんだよ。



本気で思った。




私は「かさこ塾」に行ってすごくよかったと思ってる。


その一番の理由は、いろんな人と繋がれたこと。



特に同期の27期生のみんなとの出会いは本当に大きかった。


何かにつけて会いたいと思う。


みんながんばってるんだろうな、じゃあ私も頑張らないとって思える。


もちろん、かさこさんの考えに共感する部分もあって、かさこ塾選んだのだが、その副産物である塾生との出会いが何よりもよかった。



「よっちー、山梨開催きっとできるよ。応援してる!」

「よっちーには安心感があるよ。」

「かさこ塾、絶対大丈夫!最後まで諦めないで!」






もう、無理かも。


私のそんな気持ちを察して、アドバイスをくれる仲間。


応援してれる仲間。



笑わせてくれる仲間。



刺激を送ってくれる仲間。




これは同期だけには限らない。


かさこ塾生というだけで、あったかい気持ちをくれる。


まるでかさこ塾部の後輩になった気分だ。


こんなにいいものなのに、私はこの良さを全然伝えようとしてなかった。


みんなどうせわかってくれないってすねてた。


みんなを全然信頼してなかった。



それからたぶん、私が傷つきたくなくて、言わないことで自分を守っていたんだろうと思う。



防御だね。




だけど防御してるって気持ち悪いね。


自分の本当の感情を押し殺して、いい人やってるって、本当に気持ち悪い。



「みんな都合があるんだからしょうがないよね〜」って、いい人ぶって、自分を納得させようとしたけど、本当は悔しくてたまらなかった。




かさこ塾、全日程4日
時間はたった2時間づつ。



計8時間でこれからの未来が大きく変わるかもしれないのに、もしかしたら、一生を変えるような出会いがあるかもしれないのに、あと一歩勇気を出せばなんとかなるかもしれないのに…。




悔しくてたまらない。




だけど私は今日もいい人ぶって言うんだろうね。



「しょうがないよ。来れなくてもいいよ、別に。」と。




かさこ塾甲府開催
あと5人集まれば正式開催できるのです。


ぜひ私に力を貸してくださいませんか?



お願いします。



やりたいことがある人はもちろん、自分が何をやりたいのかわからなくても、かさこ塾との出会いは人生を変えます。


本当の自分で生きていくことを教えてくれます。



私はかさこ塾でこれから人生の後半は、いい人をやめて生きていこうと思えました。


これはいい人のかたまりだった私には凄いことです。



嫌われるかもしれないけど、それでもいいやって思えたんです。



あなたにとって本当に大切なものに出会える、それが「かさこ塾」だと思います。


ぜひ私に最後の力を貸してください。




『かさこ塾山梨』

日程:11/24(木)11/30(水)12/6(火)12/13(火)
時間:13:30~15:30(開場13:10)
※最終日のみ13:00開始
※15:30~17:00までその場で
個別相談&交流会
※参加できる方のみ※退出自由

場所:山梨県立男女参画推進センター
ぴゅあ総合の会議室
住所:山梨県甲府市朝気1-2-2
受講費:4回で5万円(税込)
定員:20名
※欠席する回は講義内容を
スライドと音声データでフォローします。

<参加者特典>
1:セルフブランディング11ヵ条と
ブログ術を解説した2時間講義動画

2:セルフマガジンの作り方を
解説した講義動画+
セルフマガジン作成時のラフまたは
初校時の無料サポート

<卒業後の塾生サポート>
・卒業後もメール相談無料
(セルフマガジンの作り方詳細はのぞく)
・かさこ塾講義の再聴講無料

・流れ
メールにて申込み
10名集まった段階で
受講費の前払いのお知らせ
(支払いは10月末まで)
開催

※キャンセルについて
・11/5~11/15までのキャンセル→受講費の10%
・11/16~11/19/23までのキャンセル→受講費の50%
・11/20以降のキャンセル→受講費の100%

申込:「かさこ塾山梨」という件名で、
kasakotaka@hotmail.com
にお名前、電話番号をお知らせください。
※Yahooメールは届かないため
他のメールでお送りください。





やられたー!

 
 
娘にどうにかわかってもらおうと、私も手紙書こうかなと思っていたんだよ。
 
 
えっ?なんのことかって?
 
 
 
私、モロッコ旅行に行きたいんです。
詳しくはこちらのブログ記事をご覧ください。
このフルート演奏をするというのは
私のことなのです。
 
 
 
 
 
全日程13日という、私にしたら、めっちゃ長丁場だけど、モロッコで異文化にふれ、そこでフルート演奏したいという夢があって、
 
 
 
その夢を思いついたのは、かさこ塾で高橋実加ちゃんとの出会いが、きっかけなのだけど、最初はまさか私がこんな気持ちになるなんて!と思っていましたよ。
 
 
 
だけど、日に日に行きたいという気持ちが湧いてきて、
不思議ですが、今どこの国よりもモロッコに興味があるんです。
 
 
 
そして行きたくてたまらないのです。
 
 
 
旦那さんも息子も特に反対はしていないのですが、
 
 
 
たった一人娘だけが、猛反対してるんです。
 
理由は「おっかあがいないと寂しいから」
 
 
 
そりゃそうよね。
13日間、旅行でいないんだもんね。
でも、でも、
おっかあは行きたいんです〜!
 
 
私ってわがままだろうか?
 
 
わがままだよね。
 
 
わかってる。
 
 
娘がこんなに反対しているのに、遠くアフリカにある「モロッコ」に行きたいなんてね。
 
 
 
そして今日、ダブルパンチをもらったのです。
 
 
いつも見ない引き出しに「おっかあへ」と手紙が置いてあって、
 
 
手紙を見つけた私を見て娘が
 
「いつか読んでくれると思ったんだ。」とニコニコしていうではありませんか!
 
その内容はこちら↓↓↓
 
 
{6778CBF5-B698-45D7-ABB2-365FEA8F7E44}
 
 
「おっかあへ、
 
おっかあへモロッコ行くのず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと
はんたいだよハート①
がっかりしちゃったよね。
心のこえきこえてるよん〜〜
はなすことないな〜〜
なんかある?
ないよね
じゃあーぎゅうして汗
もうしてたかな〜?
じゃ〜バイバイ!」
 
 
 
この内容を、心の準備が全然できてない時に見ちゃったよ。
 
直接渡されるよりも衝撃が強い!
 
娘よ、恐るべし!
 
 
モロッコ行き、どうなるか本当にわからないんだけど、
 
 
こうやって娘を説得することで、「行きたい!」という、私の気持ちもどんどん強くなっていくような気がします。
 
 
きっと、私にとって必要だから反対してるんだ。
 
 
 
まだまだどうなるかわかりませんが、今までの私なら簡単に諦めていたことを、ここまで粘っているのだから、今後の展開にどんでん返しがあるかもしれない。
 
 
 
実加ちゃん、私頑張るから!
 
フルート持ってモロッコ行く夢、叶えるから!
 
 
 
 
思いのままに生きるって、自分との戦いでもあると感じる今日この頃。
 
みんな、戦ってるかい?
 
 
誕生数秘カウンセラーよっちー
 
 

おととい、近所のおばちゃんが血相変えてうちに来た。

 

「〇〇さんのおじいちゃんが死にそうで、あと2、3日らしいよ。

 

ほら、あんたんち、組長でしょう、

 

亡くなったら組のみんなに召集かけて、段取りしないといけないから

 

今のうちに伝えとくよ。」

 

 

まあ、なんて親切なおばちゃん。

 

うちが病院ですぐには休めないだろうからと、教えてくれたんだ。

 

 

 

 

ところがである、

 

 

そのおばちゃんから話を聞いてしまったことによって、私たち、この3連休どこにも行けそうにない。

 

だって、いつどうなるかわからないし、その〇〇さんが亡くなった時、遠くにいたら、「なんで、教えてあげたのに、そんな遠くにいるんだ!」ってなるでしょう?

 

 

そう考えたら、おばちゃんの行動が、言っちゃ悪いけど、ありがた迷惑以外の何物でもないと思えてきたのだ。

 

 

私は、〇〇さんと特に交流があったわけでもなく、同じ組でもほとんど知らない。

 

〇〇さんだって、自分が死ぬのを待っていられるようで、いくら意識がなくても嫌だろうな。

 

しかもよく知らない近所の人に。

 

 

私たちの困惑をよそに、伝えに来たおばちゃんは、ホッとしてるだろうね。

 

伝えたんだから、もう私には責任がないよってね。

 

 

 

 

ここでおばちゃんに物申す!

 

「おばちゃん、ありがたいですけど、知らない方が良かったです。

 

私たち夫婦が、組長の役目がちゃんと果たせるようにと、教えてくれたんですよね。

 

だけど、亡くなるのを待ってるみたいで、どうにもこうにも…

 

それに今日は横浜で浪人してる次男に会いに、家族で出かける予定だったんんです。

 

今、浪人生は夏を終え、精神的にも一番苦しい時、4浪の長男がいたからわかるんです。

 

家族が行って、私の親父ギャグでも聞かせてあげて、元気出して欲しいなって。

 

 

それでも、〇〇さんが死にそうだから、家で待機しとれとおっしゃいますか!!」

 

 

 

というわけで、ブログでおばちゃんへの気持ちを発散したら、すっきりしたので、横浜に行ってこようと思います。

 

連絡がつくようになっていればいいだけの話ですもんね。

 

簡単なことでした。

 

 

 

それではみなさん、思い通りの人生を生きてくださいね。

 

バーイ!ハート

 

誕生数秘カウンセラーよっちー

 

 

昨日9/16は「次元上昇の日」という特別な意味を持った日なのだそうだ。
 
 
そんなこと知らなかったのに、どうしても投稿したくて、夕飯の支度を後回しに書いた記事がこれ
 
 
{AF57B666-F9E9-4E0D-B008-76D71BB0FD88}



↓↓↓


 
高校の芸術鑑賞会があり、保護者も参加OKだったので、わらび座のミュージカルを見てきました。
 
 
芸術鑑賞会のためのでしょ?なんて思ってた自分を反省。
 
 
夢を追い求めることの素晴らしさを伝えてくれる内容でした。
 
 
 
 
そこで、私はちょっと考えました。
 
 
 
テレビや映画や舞台では、夢をあきらめず、挑戦していこう!というストーリーがすごく多くて、人気だけど、現実はどうでしょう?
 
 
 
夢を持つなんて、中学生くらいまでで、口にすることもしなくなる。
 
 
 
思い切って夢をうちあけたら、「お母さんでしょ、子供がいるでしょ」と言って夢を潰してしまう、ドリームキラーもたくさんいる。
 
 
 
生まれた家で未来が決まった昔と違って、今は、どこに行くにも、何をするにも自分が勇気を出せばできることが、たくさん増えた。
 
 
 
なのに、しない。
 
 
 
 
もし、魂が何度も生まれ変わりをしていて、今の自分になったとしたら、たぶんものすごい、期待してるんだと思う。
 
 
 
 
何を期待してるかというと、今度こそ夢がかなうかもって!
 
 
 
 
そうやって、みんな意気揚々と生まれてきてるんだと思う。
 
 
 
この時代なら、夢をあきらめずにすむかもしれないと。
 
 
 
 
そんな、いろんな時代に生きてきた、自分の想いも、背中に背負ってるんだと思うんだ。
 
 
 
みんな誰しも。
 
 
 
だから、やりたい!って思いついたことや、夢だったこと、簡単にあきらめたら、バチが当たるよね。
 
 
 
また、諦めちゃうのかって。
 
 
 
 
私たち、ひとりに見えてひとりじゃない。
 
 
 
そういう想いを乗っけて生きてるから、やりたい事が出来てないと、モヤモヤしたり、人が嫉ましく思えたり、子供をコントロールする事で満足しようとしてるのかもしれない。
 
 
 
 
だから、思うんだ。
 
 
 
 
本当にやりたいことは、最後まで諦めないで、挑戦したいと。
 
 
 
 
今までの私は、勝手にあきらめたのは自分なのに、やっぱりできなかったと、人を責めてきたから。
 
 
 
 
今日は未来になって振り返ったら重要な意味を持つ日になってると思う。
 
 
 
魂が震えた。
 
 
 
と、芸術鑑賞会を見て、保護者席で泣きながら思うのでした。(*^^*)
 
 
↑↑↑
 
 
そしたら、この記事を読んでくれたお友達がこんなメッセージをくれた。
 
 
 
「夜中にごめんね(^^;
 
今日はこんな日だったらしい。
だからよっちーちゃんはあの記事を書いたんだね(^^)
ちゃんと流れに乗ってるんだね(^^)v」と。
 
 
 
本当に嬉しかった。
 
 
一緒にリンクされていたブログを読んだら鳥肌がたった。
 
 
 
 
私は自分の心に正直にいきたい。
 
だから、誰にでもいい顔していた今までとは、変わると思う。
 
 
変わらなきゃいけないと思う。
 
 
それでもいいと言ってくれる人とつながっていきたい。
 
 
だって、たった一度の人生だもの。
人のことに干渉して、自分が煩わされて、本当にやりたいことを見つける時間も持てなくて、そんなのもったいなすぎ!
 
 
みんなが自分の人生を歩いていけば、みんな幸せになれる。
 
 
この世は単純にできてるんだと思う!
 
 
シンプルイズベスト!
 
 
英語で書けって?
 
 
これでいいのだ!笑