なおるナオル

シッカリ食べて・・・バリバリ働き・・・グッスリ休んで・・・ドッサリうんちする・・・・そんな私になりたい


テーマ:
ドクトルアウンのブログ


ブログhttp://www.draun.net/blog.html
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
午前中、眼科に検眼に行き。昼から高野山へ。

奥の院に突いたのが、午後4時。

静かな高野山でした。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
体内時計
を利用しよう
朝食 1日の食事量の25%以上を食べましょう
朝食を抜くと、末梢の体内時計がリセットされない。
炭水化物 とたんぱく質を中心に
塩味や甘みを感じやすい時間帯は朝です。
昼食 6時~18時の間は太りにくい時間帯
尿の排泄量が増える時間帯は昼過ぎです。
時計遺伝子「Bmal1」(ビーマルワン)
  • このタンパク質は脂肪の合成を促進します。
  • 昼間はビーマルワンが少ない時間帯なので、こってりしたものなどは昼食にたべましょう。
  • 夜にはビーマルワンが活性化するので、太りやすくなる。
ビタミンB12
(貧血予防)の吸収は、13時前後がベストです。
夕食 血中の塩分を体に蓄えるホルモン(アルドステロン)は、16時~20時までは、あまり分泌されない。
唾液 の分泌がふえるのは夕方です
胃酸の分泌が多いは20時ごろまでです。
膵液の分泌も20時頃まで。
カルシウム
は夕方以降に食べた方が良い。
  • 成長ホルモンは就寝してから眠りが深くなる1時間~1.5時間ぐらいに大量に分泌される。
  • (22時~1時)
納豆 も夕食時に

http://www.naoru.com/eiyou--12.html




免疫力を高める食品
(米国国立がん研究所)

<1>最重要度の食品(8種類)
  1. 「ニンニク
    • 摂取量が多い地方で、胃ガンが極めて少ない。
  2. キャベツ
  3. 大豆
  4. ニンジン
  5. セロリ
  6. アシタバ
  7. カンゾウ
  8. ショウガ

<2>次に重要な食品(15種類)

  1. タマネギ
  2. ターメリック
  3. 「亜麻」
  4. 玄米
  5. 全粒小麦
  6. 「オレンジ」
    • 温州ミカン に含まれるガン抑制物質はオレンジの100倍)
  7. レモン
  8. グレープフルーツ
  9. トマト
  10. ナス
  11. ブロッコリー
  12. カリフラワー
  13. ピーマン
  14. 芽キャベツ



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
http://www.naoru.com/gold.html

金色では無くなる


金は通常、赤や黄色、緑色の光を良く反射する。
しかし、直径が20ナノ㍍になると濃い赤になる。
金属の周りをめぐる電子が振動して緑色の光が吸収されて、緑色と補色関係にある赤色が強調されて見えるようになる。




色・・・・粒子の大きさによって変わる。
10ナノ㍍以下・・・黄色
20ナノ㍍・・・・・・・濃い赤色
50~100ナノ㍍・・紫色
になる。



粒子の直径が3~5ナノ㍍まで小さくなると、
化学反応の進行を助ける触媒として働くようになる。

しかも[白金]などの触媒と違い、
常温で一酸化炭素や悪臭の原因物質を分解する。

金の触媒作用を見つけたのは首都大学東京の春田正毅教授。

さらに粒子の大きさを直径1ナノ㍍以下にすると、半導体に近い電気的性質を持つ。そして、紫外線を受けたときに発光するようになる。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ガン幹細胞
ガン のもとになる幹細胞 (ガンの製造工場
  • 1990年代に白血病 で初めて見つかった。
  • ガンが生まれる元になっている親玉細胞で、永続的にガン細胞を作り続ける。
    • 女王バチは・・・・ガン幹細胞。
    • 働きバチは・・・・普通のガン細胞
  • に相当する。
  • ガン細胞の中で数%がガン幹細胞といわれている。
  • ガン幹細胞は増殖がゆるやかで、薬などが効きにくい

△遺伝子の変異によって生じるガンの最初の細胞

△自己複製して無限に増える

△ガン細胞はガン幹細胞が分裂してできたもの

△ガン幹細胞は、ガン細胞が生まれる元の細胞で、ガン細胞の製造工場とも言える。

ここで作られた細胞がガン細胞に成長してゆく



  • ガン を抗がん剤で治療すると一時的にガンが小さくなるが、ほとんど人が半年~1年で再びガンが大きくなるという。その理由はガン幹細胞が生き残っているためと考えられている。
    抗がん剤を投与してもガン幹細胞が生き残るシステムはまだ解明されていない。
  • 既存の抗がん剤はがん細胞が分裂するときの二重らせんがほどけた部分を攻撃する
  • しかし、ガン幹細胞は分裂がゆっくりで、抗がん剤が効きにくい。
  • ガン幹細胞のマーカーを見つけ出し、ガン細胞を狙い撃ちすれば根絶出来る可能性がある。



  • ガン幹細胞は、ガン組織中に数%という微量しか含まれていないので、これまで分離に成功した研究機関のほとんどが実験用ガン組織からだった。
    だが、
  • ガン細胞は患者によって増殖速度や悪性度などが大きく異なる
  • そのため「実際の患者のガン幹細胞を採取して培養しなければダメだ」と福田昭男・岐阜大学医学部助手は考えた。
    2004年から岐阜大学病院などで手術した患者のガン組織をつかって幹細胞の分離と培養を始めた。試行錯誤の末に、マリモ状の塊ができた。ネズミにその塊を移植すると脳腫瘍 になった。



ガン幹細胞が化学療法に抵抗する仕組み

  • 2016年、東京医科歯科大学の田賀哲也教授ら、英エジンバラ大学の研究グループが解明。
  • 研究グループは376種類の合成ポリマーから悪性脳腫瘍グリオーマの幹細胞の増殖を促す足場を探した。
  • ウレタン系のポリマーで足場を作ったところ、ガン細胞が元の11倍に増えた。
  • このガン細胞の組織をマウスの脳に入れると、1週間後の大きさが通常の約20倍になった。
  • ガン組織にはタンパク質のガレクチンとトランスフェリンが多く含まれていたため、マウスの脳で2つのタンパク質の動きを調べた。
  • ガレクチンが血管内皮にある繊維状物質を束ねてガン細胞の転移する足場を作り、トランスフェリンがガン細胞の生存に欠かせない鉄を免疫細胞から運んでいることが分かった。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。