僕にもこんな時がたくさんありました。


って言うか、今でもそう感じる時があります。


何をやってもうまくいかないのです。


全てが悪い方へ悪い方へと向かって行くような気になります。


そうなるとじぶんの中で


じぶんを粗末に扱ったり、じぶんを責めたり、拗ねたり、嫉妬したり、そうやって、じぶんはダメ人間だと思うようになるのです。


そうするとじぶんの周りもそのように扱うようになっていきます。


ではどうしたらいいでしょうか?


これは心屋で教わったことですが


それは簡単でした。


じぶんを大切に丁寧に扱うようにするといいのです。


例えば、振る舞いや所作、言葉に遣い方や言葉の抑揚、言葉の速さや丁寧さ、服装に気を使ったり、じぶんの好きなことをしたり、じぶんを大切に扱うのです。


じぶんを丁寧に扱うのです。


決して、じぶんはバカだとか、ダメな人間だなんて思ってはいけません。


とは言え


そう思ってしまうのが人間です。


でも、そんなじぶんもとことん受け入れちゃって認めちゃうんです。


するとどうなると思いますか?


ウケちゃうんです。笑っちゃうんです。


そんなじぶんが滑稽に見えてくるとこっちのもんです。


とにかく


じぶんを大切にすることです。


じぶんをちゃんとみてあげることです。


すると、じぶんの周りもじぶんを大切に丁寧に扱ってくれるようになるのです。


これ不思議。


騙されたと思って試してみてください。


きっとそもそもじぶんは素敵な存在であることが実感できるでしょう。


なお

{70346F83-E4B1-4193-BFC4-B17A76CDC533}


AD