☆公開セミナー 情報!

人事担当者、管理者のための ストレスマネジメントセミナー

現場ですぐ使える!レジリエンス・睡眠・ボディコンディショニング 3つのストレスケアを学ぶ

3人のプロフェッショナルが
✔️ストレスと感じる閾値を上げる
✔️ストレスを受け止める器を大きくする
✔️ストレスからの回復力を強くする

 方法をお伝えします!

 ■「困難を乗り越えさらに強く
  成長する力」を育てるレジリエンス

 ■唯一脳の疲れをとることができる睡眠

 ■心身のバランスを整える姿勢と歩き方

2015年末に実施されたある調査では、
20歳~59歳までの働く人の86%がストレスを感じており、
その原因は「仕事内容」が62%、「職場の人間関係」が58%と、
職場関係での原因が上位2位を占めています。

(株式会社マクロミル/2015年11月実施/20歳~59歳の男女/有効回答数1,000名/インターネット調査)

この職場関係のストレス緩和対策には、
大きく分けて下記2つの方向からのアプローチが必要です。

1、制度上の対策
  *勤務時間
  *職場環境(人間関係含む)
  *健康管理 など

2、社員一人一人のストレス対処
  *コミュニケーション能力の向上(対外)
  *心と身体のストレス耐性を高める(対内)
   など

この研修では、「2、社員一人一人のストレス対処」に対し、

レジリエンス・睡眠・ボディコンディショニングの3つの方法で

ストレスへの免疫力を高める方法をお伝え致します。

ストレスへの免疫力が高まると、

 *ストレスと感じる閾値が上がる
 *ストレスを受け止める器が大きくなる
 *ストレスからの回復力が強くなる

社員一人一人が気持ち良く働き、仕事の効率を高めて
気持ち良く業績を上げて行ける環境作り、
ソフト面から進めて行きませんか?

ストレスチェック対策は業績アップに繋がります。

<Ⅰ部>
 
 ぐっすり眠って、「職場の安全と品質を向上」します!

 『メンタルタフネス睡眠力』睡眠力の鍛え方で
  正しい疲労の取り方を知りましょう。

 講師:一般社団法人日本快眠協会 代表理事 今枝昌子

<Ⅱ部>
 ~姿勢と歩き方が心と脳の動きを変える!~ 
  社員の心を強化するボディコンディショニング
  
 講師:My Style 代表 伊藤聖子

<Ⅲ部>
 打たれ弱い部下を強く育てる!
 リーダーのためのレジリエンス・コーチングセミナー
     
 講師:株式会社ミュゼ 代表取締役 齋藤直美

【日時】

日時:2016年4月22日(金) 10:30~16:30 (10:10 開場)

会場:株式会社アイガ セミナールーム 名古屋市中村区名駅南1-17-23 ニッタビル9F
    URL:http://www.aiga.jp

受講料:15,000円/1名様 *3月末日まで13000円

お申し込みは
http://www.musee-inc.com/open/open08-2/
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年07月21日(木) 10時04分59秒

代表の想い

テーマ:---インフォメーション

2016年にスタートした子ども未来がっこう。

 

私は2006年法人向けの研修事業を行う

株式会社ミュゼを設立し、10年以上

大人向けの教育をしていました。

 

2万人以上の大人の教育をしてきましたが、

あることに気づきました。

 

能力、才能が十分にあるのに

活かしている人が少ない。

 

イキイキ働く大人が少ない。

 

という私も、同じような大人でした。

 

夢も希望もない、自信もない

 

自分の人生に半分あきらめ感を抱いている人間でした。

 

 

私は大工の父と会社員の母の次女として生まれました。

 

最初に描いた夢覚えていますか?

 

私はなんと大工でした。

大工になりたかったのか?といえば

そうではありません。

 

理由は、父が喜ぶから。

喜ぶ顔が見たくって

 

「女大工になるんだ!」と言っていたのです。

 

次に抱いた夢は

「婦人警官」

 

これも父が喜んだから。

 

子どもって親が喜ぶ顔を見たいんですよね。

 

そんな私が初めて

父が喜ぶ夢ではなく

 

自分がやりたいと思った夢は

 

「スチュワーデス」

 

そうそう、あのドラマが流行っていたときです!

 

「教官!私はのろまなカメです~」と

物まねしてました(笑)

 

「スチュワーデスになる!」と言ったときの

母の反応は

 

「あんた背が低いんだから無理!

 もうちょっと現実的なこと考えなさい!」

 

とバッサリ!!!!

 

ショック。。。。。

 

そう、母は

大きな会社で務めていたので

 

安定、保障、体裁が大事で

超、現実主義者だったのです。

 

 

次に描いた夢がアイドル

 

聖子ちゃん、明菜ちゃん、きょんきょん

 

(あー世代がわかる 笑)

 

に憧れ

 

平凡、明星の背表紙に書かれていた

 

アイドル募集に

 

こっそり応募!

 

なんと1次通過

(恐らくみんな通過と思われる)

 

この後は、オーディション!

これはもう内緒にできない。。。

 

恐る恐る母にいうと

 

「なに夢みたいなこと言ってるの?!

 ムリムリ!!!」

 

またまたバッサリ!

 

こんな風に母はいつも

 

私の夢をバッサリ諦めさせてくれていました。

 

 

そして、中学入学

 

まぁまぁの成績でしたが

 

「●番だったよー」と母にいうと

 

「●●ちゃんは、●番だったよ」

 

としれっと、近所の私より頭のいい子の番号をいう母。

 

頑張っても

 

まだまだーって感じで、

 

認めてもらえない感じがいつもしていました。

 

そして、高校進学。

 

進学校にいった私の夢は

 

学校の先生。

 

なぜ、学校の先生か?

 

それは母が幼い時に描いていた夢だったから。

 

母は3兄弟の真ん中。

 

おじが頭が良く、大学へ進学。

 

おじの学費でお金が厳しく

 

2番目の母は高校に進学できなかったのです。

 

そして3番目の少し年が離れた叔母は

 

進学ができたのです。

 

母は、本当は進学して

 

もっと勉強したかったし、

 

先生という夢を叶えたかった。

 

でも、家庭の事情で

 

母は諦めざるをえなかったのです。

 

だから、私への期待は大きい。

 

先生になれとはいわないけど

 

心のどこかで

 

母がかわいそうに思ったんだと思います。

 

母の夢を叶えてあげたい。

 

ここでもやっぱり、

 

親を喜ばせたい、親の期待に応えたいという

 

動機の夢だったのです。

 

 

しかし、学校の先生には

なりませんでした。

 

大学に進学しますが、

就職活動をまったくせず、

フリーターになってしまいました。

 

時代は就職氷河期。

 

面接にいっても

ぜんぜん受からない。

 

面接で落ちまくる

先輩、友達たちをみて

 

「私は行きたくもない会社に行かない!」

 

と思い、1社もエントリーせず

 

カナダに留学することを決めたのです。

 

今も思えば

 

落とされるのが怖かったんだと思います。

 

怖いから、カナダにいく選択をしたのです。

 

留学という「逃げ」です。

 

 

自分に自信がなく、

 

怖くて、不安で、社会に飛び込んでいけなかったんだと、

 

ずいぶん後になってわかりました。

 

 

留学を決めた私は

お金をため、ビザをとり、

卒業後にいく準備を進めていた矢先

 

父が病気で倒れ、

行くに行けなくなってしまったのです。

 

またもや夢破れる。。。

 

留学するまで

バイトする予定だったところで

そのままバイトすることになり

フリーター人生スタートです。

 

こうして、夢破れた私が

決めたのは

 

「結婚」

 

大学卒業して23歳で

結婚を決め、24歳で結婚しました。

 

これもまた、「逃げ」。

 

 

自分に自信がなく

 

やる前から諦めてしまうような私は

 

いつも「逃げる」選択をしてきました。

 

 

そんな私が変わったのは、

 

フリーター時代に出会った

 

上司、仲間たちのおかげなのです。

 

私は、たまたまバイトしていたところで

 

自分の才能が引き出され、

 

フリーターだった私が起業をしました。

 

 

人の才能は

 

自分では当たり前すぎて

 

気づきません。

 

人と触れ

 

人によって引き出され

 

人によって活かされるのです。

 

 

世界には73億人の人がいます。

 

世界中の人たちが自分の才能に気づいて

 

活かし合い、分かち合ったら

 

ステキな世界になると思いませんか?

 

ひとりが1日に3人の才能を


引きだし活かす

 

そしてその才能を


引き出された人が


また3人の才能を引き出す。

 

これを繰り返していくとどれくらいの期間で
世界中の人の才能が引き出されるとおもいます??

 

 

なんと、


21日!

 

ひとりがたった3人の才能を
引き出すだけで73億人の才能が引き出されるんです。

 

私は、自分の才能を人によって引き出されたことによって

人生が変わりました。

 

ムリと限界を決めていた自分ではなく

 

自分の才能をもっと活かしたい、可能性を試したい、

 

未来に不安、絶望ではなく希望が見れるようになりました。

 

私は、

73億人の才能を活かし合い

 

分かち合う世界を見てみたい。
 

こんな壮大なことも
ひとりが3人の才能を
引き出すことろからスタートです。

 

そんな人を一人でも
増やしたい。

 

そんな想いがあって、

 

子ども未来がっこうをスタートしました。

 

子ども未来がっこうは

 

未来創造力を育み


才能を活かし合い、才能を分かち合う世界作りを

 

ミッションに掲げて活動しています。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月21日(木) 10時04分11秒

子ども未来がっこうとは

テーマ:---インフォメーション

子ども未来がっこうとは

 

子どもたちの才能と自信を引き出し


未来創造力を育む!授業を

 

子どもたちと親御様向けに行っています。

 

 

2016年1月から授業をスタートさせましたが

 

毎回満席になる人気授業なのです。

 

 

子どもたちにお話しする

 

のみやぞうのお話。

 

1メートルも飛べる能力があるのみを

 

ちいさな小瓶に入れておくと

 

その小瓶の高さまでしか飛べなくなってしまいます。

 

子どものぞうを鎖で結んでおきます。

 

大人になって大きくなれば

 

そんな鎖、すぐにほどけてしまいそうなのに

 

そこから逃げて行こうとしません。

 

鎖をとってもそれ以上、行こうとしないのです。

 

見えない鎖にずっと繋がれた状態。。。

 

こんなこれはノミに限った話ではありません。

 

 「自分には無理」

 

 「どうせできない」

 

 「きっとムリ」

 

 というようなやる前から諦めてしまう心理状態を

 

 「心理的限界」といいます。


 能力、才能があっても自分で限界を作ってしまい、
 飛ぶことを諦めてしまうことがあるのです。


12歳まで潜在意識の扉が
開いていると言われています。

ダイレクトに潜在意識と繋がっている状態です。

その間、全ての体験、感情などが潜在意識に
記録されて行きます。

そしてそれが私たちが生きる人生の台本となります。

その台本は、だいたい6歳までに80%作られます。

行動、感情、思考などのパターンが
できあがるということです。

そして12歳までにほぼそのパターンが確定し、
その後の人生はそのパターン、
すなわち「人生の台本」に添って生きていくのです。

 

財団法人「日本青少年研究所」が2011年に、

日米中韓の高校生計約8000人に実施した調査によると

 

「自分はダメな人間だと思うことがある?」

という問いに

 

日本の子どもたちはなんと

 

83.7%が思うと答えています。

1980年代の約3倍!!

 

そして

「自分は価値のある人間だ」という問いには

 

あると答えているのは

39.7%!4か国中最下位。。。

 

内閣府の「子ども・若者白書(平成26年度調査)では

 

自己肯定感、自分にOK出せる、自分が好きと言う気持ちが

 

ある子どもたちはなんと、45.8%

 

先進国の中でも最下位。

 

 

今の子どもたちの中には

 

 「自分には価値がない」

 

 「自分が好きじゃない」

 

 「自分に自信がない」

 

 という台本が多く書かれていると推測できます。

 

 このような台本を持った子どもたちは

 

 どんな大人になると思いますか?

 

 シアワセになれるでしょうか?

 

 

さらに子どもたちが大人になる時代の社会はというと

 

 AI(人工知能)の研究者であるマイケル・A・オズボーン准教授らの論文

 によると、

 『雇用の未来—コンピューター化によって仕事は失われるのか』

 

47%の仕事が10〜20年後には
機械によって代わられるという予測

 

2011年8月のニューヨーク・タイムズ紙で米デューク大学の研究者である

 キャシー・デビッドソン氏の研究では

 

 65%は今ない仕事についている!

 

どんな仕事が残るのか予測されていますが

これからの社会の変革スピードはものすごく速く、

 

残る仕事を予測しても正解はわからないと思います。

 

つまり、

21世紀は正解がない社会。

 

どうなるかわからない不確実な未来、

 

正解がない社会を生きていくには

 

どんな力が必要だと思いますか?

 

子ども未来がっこうでは

 

その力を「未来創造力」と考えています。

 

未来創造力とは

 

与えられる受身の教育

 

正解を探す教育

 

ではなく

 

自分と未来を信じて

 

自分の頭で考えて新しい何かを生み出し

 

輝く未来を創る力。

 

 

未来創造力は3つの力から成り立っています。

 

1、自己信頼力

 

 自分を認め、信頼する力

 

2、言葉力

 

 考える力の源は言葉、そしてコミュニケーションの力になります。

 

3、創造力

 

 望む未来をイメージし作り出す力

 

 

授業の中では、この3つの力を

 

子どもたちに体験をしながら身に付けてもらい

 

お家に戻っても親子で取り組める内容になっています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月21日(木) 10時02分42秒

おかあさんのための子ども未来がっこう

テーマ:---インフォメーション

新クラス!
お母さんのための子ども未来がっこう2DAYS

子どもの才能を引き出すにはおかあさん自身が才能に気づき、
おかあさんが幸せ台本をつくることが大切です。


台本が変わると子育てが変わり、おかあさんの人生が変わります!

子どもたちの行動、思考、感情のパターンは
12歳までに作られるって知っていますか?

ノミは自分の身長の何十倍もの高さを
飛ぶ事ができるそうです。

人間の大きさにすると「東京タワー」
くらいの高さまで飛べるぐらいの力だそうです。

そのノミをビンに入れて蓋をしてみると、
最初はビンから脱出しようとして、
何度も身体を蓋にぶつけながら思い切りジャンプをします

しかし、その状態が続くと、
やがてノミは蓋の高さまでジャンプする事をやめ、
ビンの高さしか飛ばなくなります。

そして驚くべきことに、蓋を外した後も
ビンの高さしか飛べなくなってしまうそうです。

つまり、ノミは飛ぶ能力があるのに、蓋があると思い込んでしまい、
自分で限界を作ってしまったのです。

これはノミに限った話ではありません。
人も能力、才能があっても自分で限界を作ってしまい、
飛ぶことを諦めてしまうことがあるのです。

これを「心理的限界」といいます。

12歳まで潜在意識の扉が
開いていると言われています。

ダイレクトに潜在意識と繋がっている状態です。

その間、全ての体験、感情などが潜在意識に
記録されて行きます。

そしてそれが私たちが生きる人生の台本となります。

その台本は、だいたい6歳までに80%作られます。

行動、感情、思考などのパターンが
できあがるということです。

そして12歳までにほぼそのパターンが確定し、
その後の人生はそのパターン、
すなわち「人生の台本」に添って生きていくのです。

子供たちはすばらしい才能を持って生まれて来ます。

しかし、その才能が発揮できない「人生の台本」が作られてしまったら、
その才能は残念ながら発揮できないのです。

そして、その台本に大きく影響するのが、
親の言葉がけや関わり方です。

知らず知らずに子供にかけている言葉、
子どもを思っての言葉がけが、実は、
子どもの才能、可能性を閉じる言葉に
なってしまうことがあるのです。
 
子どもの才能を引き出し、
可能性を開いてあげたいと思いませんか?

自信に溢れた子どもの顔を見たくありませんか?

子どもの才能を引き出すには
おかあさん自身が才能に気づき、
おかあさんが幸せ台本をつくることが大切です。

おかあさんの無意識の台本が子どもの
可能性を閉じて、苦しませてしまうことがあります。
幸せを願ってこその子育てが、逆効果になってしまうのです。

このクラスでは
おかあさん自身が潜在意識を味方につけ、
台本の存在に気づき幸せ台本に変えていくきっかけを作ります。

おかあさんの台本が変わると子育てが変わり、
おかあさんの人生が変わります!


【効果】


・おかあさん自身が自分の中にどんな台本があるか、意識化することで
 葛藤、不安、恐れから解放されます。


・子育てへの不安がなくなり、お母さん自身がイキイキ輝けます。


・子どもにイライラしたり怒ることが減ります。


・イメージの力を使い、望む未来を実現する力が高まります。


・おかあさん自身が才能に気づき、イキイキ輝くことができます。
 そして子どもたちの夢と才能を生きるロールモデルになります。


・子ども、家族との絆が強まり、関係性が良くなります。


・おかあさん自身が自分らしくなり子育てが楽になります


・潜在意識を味方につけ、子どもの可能性を引き出せるようになります。


・子どもが持っている才能を引き出し、伸ばす子育てができるようになります。


・子ども、おかあさん自身のレジリエンス(困難を乗り越える心の力)を高め
 たくましく、しなやかな心を育みます。


・子どもの才能を活かしながら夢を叶えるサポートができます。


【受講されたおかあさんの感想】
・子どもを授かった理由、私を選んでくれた理由がわかりました。
 子どもたちの未来を広げて楽しくすることがでいる気持ちになりました。


・すぐに毎日の生活に取り入れ、素晴らしい子供たちの未来を育てられると思いました。


・素直に入って来た、子供への言葉がけを意識して自分の台本も
 見直してみたい。


・日頃の子どもの学校の教育に疑問や不安を感じています
 未来がっこうは本当の教育って、、、本当に子どもたちが、心から喜びを感じて、
 幸せを感じて学ぶってこういうことなんだと、言葉ではなく、
 体験を通じて知ることが出来ました。


・言葉の選択1つで子どもも自分も前向きになれること、

 言葉のエネルギーの強さ、影響力がわかった。
 幼い事から自分が感じていた劣等感、母から受けた言葉、比較などが
 私の生き方、子育てに大きく影響していることがわかった。


・良い台本が作れたら子供は自分を好きになって不安をもったり
 自信をなくしたりすることがなくなることがわかった。
 ポジティブな言葉がけをしていきたい。


・子育てがいかに自分よがりで子どものことを考えていなかったか
 痛感した。否定、恐怖、劣等感を与え続けていたことに反省。


・子どものセルフイメージをどんどん上げてあげようと思いました。
・とてもわかりやすく楽しかったです!実践的な内容でした!


・日々の言葉がけの大切さ。言葉がけで子が変わることがわかった。

【内容】
1時間目 夢と才能をもって生まれてきた子どもたち
     ・子どもたちがおかあさんを選んだ理由、生まれて来た目的
2時間目 子どもたちの「才能」という宝物を見つける
     ・子どもたちの才能の見つけ方、才能を活かす親の役割
     ・おかあさん自身が才能を親の役割
     ・自己分析と他者分析、弱みを潜在的な強みとして活かす
    ・親も子も強みを意識的に活かし磨く


3時間目 潜在意識を味方につける究極の子育て
     ・おかあさんの台本チェック

     ・台本とは
     ・潜在意識の特徴を知る、9+1の法則
     ・親の台本が子どもの台本を作る
     ・21のネガティブな台本チェック、台本から生まれる信
     ・ネガティブな台本への対処、ネガティブな台本を幸せ台本へ
     ・子どもに持って欲しい台本、幸せの思考癖を潜在意識に刷り込む
     ・未知の窓を開き可能性を広げる


4時間目 子どもの人生の台本を作る親の言葉
     ・言葉のエネルギー
     ・気をつけたい言葉
     ・言葉の練習問題


5時間目 潜在意識の力を使って子どもの能力を引き出す
     ・イメージとは
     ・親の言葉は無意識のイメトレ
     ・イメージの使い方、イメージの3つのポイント
     ・感情を味方につけ、夢を叶える力を高める
     ・イメージトレーニング実習


参加対象
・お子さんがいらっしゃる方
・子どもの教育に関心がある方
・これからご出産をされるおかあさん

受講料:20,000円/1人2日6時間


*事前お振込もしくクレジット支払いとなります
*クレジットはペイパル決済となり4%の手数料がかかります。
 クレジットの場合、1回~4回の分割支払いもできます。

 その場合は、分割手数料がかかります。


*シェア割り:受講後、フェイスブックやブログなどで感想シェアを
 して頂ける方は1000円割引19000円でご受講頂けます。

 (投稿後、タグ付などご連絡お願いします)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年07月21日(木) 10時01分40秒

子ども未来がっこう親子クラス

テーマ:---インフォメーション

毎回満席の人気講座!


3時間で子どもの才能と一生ものの自信を育みます!
「子ども未来がっこう」親子クラス

お子さんの天から授かった才能引き出されていますか??

ノミは自分の身長の何十倍もの高さを
飛ぶ事ができるそうです。

人間の大きさにすると「東京タワー」くらいの
高さまで飛べるぐらいの力だそうです。
そのノミをビンに入れて蓋をしてみると、
最初はビンから脱出しようとして、
何度も身体を蓋にぶつけながら思い切りジャンプをします

しかし、その状態が続くと、やがてノミは蓋の高さまでジャンプする事をやめ、ビンの高さしか飛ばなくなります。

そして驚くべきことに、蓋を外した後もビンの高さしか飛
なくなってしまうそうです。

つまり、ノミは飛ぶ能力があるのに、蓋があると思い
込んでしまい、自分で限界を作ってしまったのです。

これはノミに限った話ではありません。

人も能力、才能があっても自分で限界を作ってしまい、
飛ぶことを諦めてしまうことがあるのです。

知らず知らずに子供にかけている言葉、
子どもを思っての言葉がけが
実は、子どもの才能、可能性を閉じる言葉
になってしまうことがあるのです。

子供たちは、生まれてくる前に夢を決めて来ています。

そしてその夢を叶えるための才能を授けられています。

子ども未来がっこうでは、
お子さんが決めて来た「夢」を思いだし、授かってきた
才能を引き出すきっかけとなります。

そして、才能を活かしながら
夢を叶える力を子供たちの中に育みます。

新しくなった子ども未来がっこう親子クラスは
おかあさんのミニ授業つき!潜在意識を味方につける
究極の子育てのポイントをお伝えします♪

【効果】
・子どもたちの自信を才能を引き出し、授業後
 勉強、スポーツなど前向きに取り組めるようになります
・潜在意識を味方につけ、子どもの可能性を引き出せるようになります
・子どもが持っている才能を引き出し、伸ばす子育てができるようになります
・子どもとの絆、関係性がより良くなります
・子育てへの不安がなくなり、お母さん自身がイキイキ輝けます
・子どもにイライラしたり怒ることが減ります
・子どものレジリエンス(困難を乗り越える心の力)を高
 たくましく、しなやかな心を育みます
・子どもの才能を活かしながら夢を叶えるサポートができます


【受講されたおかあさんの感想】
・授業の勉強の取り組み方が変わりました。

 難しい問題も途中であきらめず自分で最後まで取り組もうとしています!


・授業後すぐに水泳の自己ベスト更新!


・鉄棒や自転車、できなかったことが良いイメージをつくることでできるようになりました。


・一生ものの自信がつきました!

 これからどんなこともしなやかに乗り越えられる力になりました。


・子どもが進んで勉強、お手伝い、運動をするようになりました。


・最高でした!たくさんの子どもたちに知って欲しいと思います。
 すぐに毎日の生活に取り入れ、素晴らしい子供たちの未来を育てられると思いました。


・強くイメージすれば願いは叶うこと、自分の知識としては知っていても

 直接子どもに伝える機会はありませんでしたが、早速実践して行きます。


・あっという間の時間で楽しかった。こんなに楽しい授業があたりまえになるといいな。


・子どものセルフイメージをどんどん上げてあげようと思いました。


【授業内容】
 
 ☆おかあさんミニ授業:子どもの才能を引き出すには
      潜在意識を味方につけることが大切です!


 1時間目:「夢と才能」のお話
      みんな神様と夢を約束し才能をもらってきた


 2時間目:夢はわくわくにある
      夢の見つけのヒント


 3時間目:みんなの中の「才能」という宝物
      子どもたちの「才能」を見つける


 ☆おかあさんミニ授業:子どもの才能を見つけるには


 4時間目:たのしく夢を叶える3つの秘密
      フタとメガネと言葉の秘密


 5時間目:がっこうでは教えてくれない魔法の授業
      夢を叶える魔法「イメージ」


 ☆おかあさんミニ授業:親の言葉は無意識の
      イメージトレーニング

*授業後もおうちで親子で授業の内容を取り組める内容になっています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年02月20日(土) 15時34分42秒

希望さえあれば

テーマ:---子育て•夢育て
未来に希望を抱いていますか?




内閣府の子ども・若者白書によると

自分の将来に希望を持っている割合は6割強、

40歳になったときに幸せになっていると思う割合は7割弱、

いずれも諸外国の中で日本が最も低いという結果が出ています。


15歳より年代が高くなるほど

その傾向が顕著だそうです。


大人に近づけば近づくほど

希望が持てないということ?!



お勉強できなくても、

お金がなくても、

希望があれば

人は生きていけるんじゃないかなと

個人的には思っています。


逆に希望が持てないと、

人は生きていけなくなるのではないでしょうか。


ライトさんの希望というお話があります。




癌を宣告されたライトさん。

体中に癌が転移し、治療が難しい状態にありました。


ちょうどそのころ

アメリカでガンの新しい特効薬として、

クレビオゼンという新薬が誕生したというニュースが流れました。


ライトさんは、医師に

その新薬を試してほしいと懇願しました。

なんと一度の注射で

ライトさんの症状は改善され、


一度だけ、クレビオゼンを注射するのです。

すると、ライトさんの腫瘍は小さくなり

10日後、退院するまでに回復したのです。


しかし、2ヶ月後、

クレビオゼンの効果に疑問が出されたのです。


その直後、

彼は再び入院することになりました。


希望を失ったライトさん、症状はどんどん悪化します。

見かねた医師は

「これはよくきく薬だよ」と

本当は単なる水をライトさんに注射しました。

すると

ライトさんはまたまた奇跡的に回復するのです。



ところが今度はアメリカ医師会がクレビオゼンは

まったく効果がないと発表しました。


それを知ったライトさんの

容態は急激に悪化し、再入院しました。


希望を失ったライトさんは

再入院をした2日後に亡くなってしまいました。



「希望」は

人の命にも影響を当たるほど

パワフルなものなんです。



未来に、希望が抱ければ

今、困難があっても

頑張れる。


未来に、希望が抱ければ

前向きに行動できる。



子供たちが

希望を抱けない、

自分がシアワセになっている

イメージがわかない社会。


不景気や事件事故など

シアワセ、豊かなイメージが

湧かない情報ばかりだと

どうしても、幸せになるイメージ

わかないよね。

希望どころか

不安や恐ればかりをイメージしちゃう。



そして、社会だけでなく

身近な大人たちが

希望を抱いているかどうか。

大人たちが

希望よりも、

未来を悲観していては

子供たちは希望を抱けない。


まずは

身近な大人が

未来に希望を持って

イキイキ生きる姿を

子供たちに見せてあげることが

大切なんじゃないかな。



子供たちの心に

希望の種を撒くのも

大人の役割だと思う。




子どもの希望を育みます!
おうちからの才能教育

「子ども未来がっこう」

●岐阜多治見校

2016年2月23日 満席

https://www.facebook.com/events/1102223043144359/

●名古屋校

2016年3月8日 満席

https://www.facebook.com/events/1680520822186172/
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。