2005-10-12 19:46:54

鬼嫁日記第一話「家庭内焼肉地獄」

テーマ:2005秋ドラマ
いよいよ始まった鬼嫁日記。今クール期待のドラマなのだが・・・・

物語は山崎一家が引っ越してくる所から始まる。
妻の早苗(観月ありさ)が勝手に節約コースにしたために夫の一馬(ゴリ)は引っ越しの荷物を片づけなくてはいけない。だが、早苗はいない。
そんな時早苗から電話が。
「おっそーい。電話は三回コールまでに出る。」いきなりのセリフがこれじゃあ、一馬の先は見えているね。(笑
片づけのために帰って来いと言う一馬に対して、
「当分、帰れないかも。何って、エステよエステ。歩いてたら、お試し券もらったの。」
「お前、うんなことやってる場合かよ。」
「何よ、妻に美しくなって欲しくないの。」
「引っ越し中に美しくなんなくても。」
「あ、そうそう、私のCDやビデオは二階ね。だから、二階に変更。それから、キッチンの道具はすぐに使うから、全部出しておいて。じゃあね。」

キッチンで料理中の早苗に釣り道具がないと言う一馬に対して、「捨てた。だって、引っ越しの荷物多過ぎって言われたんだもん。」と取り合わない。さらに今日のエステが良かったと言う早苗は有料の追加コースを頼んでいた。

早苗の両親が引っ越し祝いに来て、引っ越し蕎麦を食べることになるが、人数分ない。そしてそれは一馬のそばに明らかな変化が。少ない!!しかも、ワサビがないと言い出す。早苗の母も早苗に負けず鬼嫁だったのかも知れない・・・・

仕方なしにコンビニに買いに出かける一馬だが、一足先に残っていた一つのワサビが取られ、追い討ちをかけるように電話がかかる。
「ワサビは本生おろしよ。」
「って言うか、売り切れたんだけど。」
「もう、買い物一つ出来ないの。」駅向こうの店まで買いに行かせる。
買ってきた一馬にさらに「ワサビ有った。昼食べた刺し身弁当についてたやつ。」
結局一馬は何にも口に出来なかった。

そして、親が持ってきたメロンを食べる段になって、張り切り出す早苗。
「私が切る。」笑顔が怖い・・・・(笑
「こう言うのは公平に切らないとね。五人ね。五人?なんか難しくない?」
みんなの期待をよそに、半分に切ってしまう早苗。それじゃあ五人分は出来ませんよ。
母が
「じゃあ、六つに切って、一つ余るってのはどう?」まあ、無難な選択だね。
と言われる前に、早苗はすでにメロンを四等分にしてしまっていた。
貧乏くじを引いたのはまたしても一馬。メロンアイスを食べさせられて、
「味は一緒でしょ。」
「基本的には。」

一馬の息抜きは嫁の仕打ちをブログに書くことだった。

寝言まで「メロンは私が切る。」と言う早苗に向かって、一馬はつぶやく。「何で結婚したんだろう・・・・」結婚しなきゃ、わからないことはたくさん有りますからね。(笑

一馬が出勤する時に早苗が「まどかのアニマルロックのパンツ買ってきて。」嫌がる一馬に強力油性ペンで、手の甲に「パンツ」と書く早苗。「これで嫌でも忘れないでしょ。」

まあ、鬼嫁と言っても、朝は起きているんだね。どうせならベットで寝ていた方が自然だけど。子供がいるから、起きなきゃダメなんだね。

特売のかにカマを一馬のために買う早苗。うれしそう。(笑

子供のまどかの認識も早苗の影響が大きいみたい。当たり前と言えば当たり前。一番長く一緒にいるし、子供は親を見て育つしね。まどかはすでに父親である一馬を虫扱いしている。怖い・・・

さて、まどかのパンツを買いに行った一馬だが、種類が多くて早苗に電話する。
早苗は一言「メールで写真送って。選ばせるから。」

一馬は言われるがままに、パンツを写真に収めて行くが、この行為、どう見ても怪しい。こんな時は店員さんに相談すればいいのにね。(笑

とうとう警備員に連れていかれる。会社の同僚に引き取りに来てもらう。その時、再び早苗から電話が・・・
「パンパカパーン。決定しました。今夜は駅前にオープンしたイタリアンレストランでディナーです。三人で外食なんだから、早く帰ってきてね。」普段見せない優しさ。これには裏が。(笑
一馬は
「悪いけど、今日残業なんだよ。まどかと二人で行ってくれるかな。」
「えーん、だめよ三人じゃなきゃ。」
「やっぱり俺がいなくてはダメか。」一瞬の幸せが・・・来るか?
「三人以上で料金割引、デザートもサービス付きなの。絶対早く帰ってきてよ。」
一方的に切る早苗。一馬の幸せは数秒間だった。

念願のイタリアンレストランだが、行列が出来ている。もちろん並ばされているのは一馬だけ。早苗とまどかは向かいのテラスで優雅にお待ちになってる。

結局、空腹に勝てず、屋台でラーメン。チャーシューとなるとを交換する早苗。ギョウザがないと怒り、
「ギョウザぐらいいつでも食べれるだろう」
「明日死んだらどうしてくれんのよう」
「死なないよお前は、保証する。」確かに、殺しても死なない女だよね。(笑

ある朝のこと。
みそ汁のアサリが殻ばっかりなので、聞くと、
「作りながら味見してたら、だんだん無くなちゃって。」
「お前、全部味見すんなよ」
「汁が有るでしょ、汁が」

ある夜のこと。
「うーん、しあわせ」
「俺もアイス食べよ」
「あ、もうないよ。」
「二つ買ったろ。」
二つ目を食べている早苗であった・・・

ある日のこと。
「鯛焼きが食べたいの。買ってきて。エー、良いじゃない。どうしても今夜食べたいの。何文句言ってんのよ。私のこと愛してないの。」
台風の中を買いに行く一馬・・・・

一馬が寝ようとすると、いつも早苗が大の字に寝ている。一馬の寝る場所ないじゃん。
で、間違って起こそうものなら、羽交い締めにされて、
「どうしてくれんのよ。今から、夢の中で、特上骨付きカルビ、食べる所だったのよ。」
夢の中までは、さすがに一馬でもわからないよね。

しかし、確実にその仕返しは帰ってくる。(笑
翌朝、わざとトーストを焦がす早苗。大人げない・・・・

「パンが焦げたくらい何よ。」
「わかったよ。じゃあ今夜は何でも好きなもの食べたら。」
「ほんとに」態度が一変する早苗。
「何が良いかなあ。外食かな、それとも家でなんか出前取る?」
「肉政のお肉は?」まどかが言う。
「幼稚園児がなんでそんな高い店知ってんだよ。」
この母親にして、この娘ありって感じですね。(笑 彼女も鬼嫁の素質十分。って、子供だからね。当たり前か。

はしゃぐ二人に一馬は
「悪いけどさ、そんな高級なお店で、お肉を買うお金なんて有りません。」
しかし、早苗は本棚から引っ張り出した封筒を一馬に見せる。
「こんなお金、どうしたの?」
「前から、あなたの財布から少しづつ抜いて、貯めてたの。」
「妙に減りが速いと思ってたら。」
「そのおかげで焼肉が食べれるのよ。感謝しなさい。おつりはバックしてね。」
本当に鬼だ
会社に肉の注文をFAXで送る早苗。公私混同はやめようね。(笑

一馬は肉政に向かうが、お金がないことに気づく。(実はポケットに有るのだが)財布の中身はわずかなお金。これでは肉政の肉は買えない。

そこで、安売りの肉を買い、肉政ではコロッケ一つを買って、肉政の袋を何とか手に入れる。そこへ安物の肉を入れて、ごまかすつもり。

しかし、焼いて食べれば一目瞭然。みんなの不信は募るばかり。

ついに、レシート見せろと言うことになって、ばれてしまう。

「まあ、今日はさ最初から、安い肉を食べる日だったっと思うことにして・・・」
「思えないわよ。」
「そうよ、思えないわよ。」
「思えない。」
「思えませんね。」インストラクターまで言うか・・・(笑
みんなから責められる一馬。
「長い人生の間には安い肉をまあこんなものかと思って食べることは有るわよ。でも、あなたは安い肉を肉政の肉だって言って、私たちを騙した。家族に嘘つくなんて、哀しいじゃない。私はあなたに嘘をついたことなんて一度だってないよ。何が有っても、夫婦の間で、隠し事なんてしたらいけないのよ。」
「そうだよな。俺が間違ってた。早苗だって、正直に言えば許してくれたんだよな。」
「許すわけないでしょ。」
「それじゃあ、いっしょじゃないか。」

「言った筈よ。食べ物の恨みは恐ろしいって。」


早苗の両親の会話
「やっぱりこの歳になるとあっさりしたものが良いね。」
「あなた、定年まで何年だっけ?」
「一年だけど。」
「そうだったわよね。」
「何、何で急にそんな話するの?」
「大丈夫よ、大丈夫」
うーん、気になる会話。これは熟年離婚の前触れ?

後片づけをする一馬に
「そうだ、北海道のウニとかいくらがどっさりのった豪華スペシャル海鮮丼なんて良いなあ。」
「はいはい。何でも好きなもの食べてください。」
「ほんとに良いの」

喜ぶ早苗は
「決定しました。パパが豪華スペシャル海鮮丼を食べに北海道に連れっててくれるって」
一馬の苦労は絶えません。

今日の鬼嫁ぶり

1.電話は三コールまでに出る。
2.勝手に引っ越しを節約コースに換えた。
3.勝手にエステに行って、有料コースまでして、引っ越しの手伝いをしない。
4.荷物の置き場所を勝手に変える。
5.一馬の釣り道具を勝手に捨てた。
6.引っ越しそばが無い。
7.ワサビを買いに行かせる。
8.メロンが食べれない。
9.手の甲に強力油性ペンでパンツと書く。
10.イタ飯屋の順番待ちをさせる。
11.みそ汁のアサリの中身が無い。
12.アイスを自分の分まで食べる。
13.夢のことで怒って、トーストをわざと焦がす。
14.一馬のお小遣いを少しずつピンハネしている。
15.一馬の肉政の肉の件で怒る。

ってところでしょうか。
期待したほど、面白いってことはなかったですね。これからに期待ですね。鬼嫁ぶりに磨きがかかるのでしょうか。

カズマ
実録鬼嫁日記―仕打ちに耐える夫の悲鳴

カズマ
実録鬼嫁日記―仕打ちに耐える夫の悲鳴

カズマ, スヤマ ミヅホ
実録鬼嫁日記―愛されてお金持ちになる18箇条

人気ブログ

AD

コメント

[コメントをする]

1 ■こんばんはー。

TBありがとうございました。鬼嫁チームが出来たりしたらもっと面白くなるんですかね…。私は早苗ちゃんはかわいらしく見えてしまってあまり鬼を感じられず、でした。でも言い方はヒドい、かなりヒドイ。こちからかもTBさせていただきます。

2 ■はじめまして~

TBありがとうございました~。
こちらからもTB返しさせていただきますね。

どうやら近所の奥様も鬼嫁に返信していくらしいですね。個人的にワカパイの鬼嫁ぶりに期待してます☆

3 ■TBありがとうございました

こんにちは。
私は詳細レビューを書いたりはしないけど、でも楽しんでみれるかなぁという感想です。
ほんと、今後が楽しみですね。
一馬は子供にすら救いがないって言うのが、かわいそう(笑)

4 ■lovelytellyさんへ

こんにちは。

>鬼嫁チームが出来たりしたらもっと面白くなるんですかね…。

そうなることを期待したいですね。

>私は早苗ちゃんはかわいらしく見えてしまってあまり鬼を感じられず、でした。

ほんと鬼嫁にはあんまり見えませんでしたね。これから、もっと鬼嫁らしくなって欲しいですね。(笑

5 ■TBありがとうございました。

俺は元々Blog版が大好きなので、今回のドラマ版もかなり期待していたのですが、でも実際ははっきり言ってイマイチでしたよね・・・。
来週以降、少しずつでも持ち直してくれる事を期待したいと思います!!

6 ■You.Take.さんへ

こんにちは。

>どうやら近所の奥様も鬼嫁に返信していくらしいですね。個人的にワカパイの鬼嫁ぶりに期待してます☆

そうみたいですね。そうなるともっと面白くなるんでしょうね。
和香さんのファンですか。どんな鬼嫁に変貌するんでしょうね。楽しみですね。

7 ■ひいなさんへ

こんにちは。

>ほんと、今後が楽しみですね。

期待が高かった分、第一話は物足りなさを感じましたが、回を追うごとに面白くなってくれると期待してます。

>一馬は子供にすら救いがないって言うのが、かわいそう(笑)

ほんとですね。せめて、子供からは普通に扱ってもらっても良いかなって感じです。(笑

8 ■フェイク・ヒーローさんへ

こんにちは。

>今回のドラマ版もかなり期待していたのですが、でも実際ははっきり言ってイマイチでしたよね・・・。

期待していた分、ちょっとがっかりですね。これから、ご近所の奥さんも鬼嫁に変身して行くので、それに期待しましょう。

9 ■ちょっとかわいそうですね

こんばんは。
早苗に虐げられるだけでなく、子供にまで虫扱いされてるのはかわいそうすぎる、と思いました。一馬の立場がなさすぎるよ…。ストーリー的には引きつける展開がいまいちないような気がしましたが、鬼嫁に感化された近所の奥さんがどう鬼嫁に変わっていくのか、という部分がミソかなという気がします。

10 ■子育て

TBありがとうです。又よってくださいね。日記は細かく書かれてますね~^^

11 ■愛梨さんへ

こんにちは。

>早苗に虐げられるだけでなく、子供にまで虫扱いされてるのはかわいそうすぎる、と思いました。一馬の立場がなさすぎるよ…。

ほんとですね。せめて子供だけには普通に接して欲しかったですね。

>嫁に感化された近所の奥さんがどう鬼嫁に変わっていくのか、という部分がミソかなという気がします。

今後、このドラマが面白くなるのはその辺にかかっているようですね。期待している分、がんばって欲しいですね。

12 ■こんにちは。

TBありがとうゴザイマス。
最後の今週の鬼嫁のまとめをみてやっぱりすごかったなーと実感しました。公式HPの鬼嫁体験BBSにも全国の鬼嫁さんの実態が書き込んであってかなりびっくりしました。みんなすごいよ。。

13 ■yumiさんへ

こんにちは。

>公式HPの鬼嫁体験BBSにも全国の鬼嫁さんの実態が書き込んであってかなりびっくりしました。みんなすごいよ。。

ほんとですね。すごすぎるって言うか、それが当たり前。(笑
私も鬼お嫁になろうかしら・・・(笑

14 ■TBありがとうございました

ブログで読んだのが、映像でとなると、印象が違いました。
あまりのいじめぶりに、腰が引けました。

15 ■「今日の鬼嫁ぶり」はいいです!

TBありがとうございました。
こちらからもTBさせていただきます。

「今日の鬼嫁ぶり」を見て、これをやられたら一発でぶちきれてるかも…、と思ったのが6つありました。
3・5・6・8・9・13です。

こんなひどい鬼嫁のいびりに耐えてる一馬もすごいと思います。

来週も見ます!

16 ■ひぃー

このドラマは全国に鬼嫁を
大量増加させそうなきがする・・・。
勘弁して欲しいです。

あそこまでいくともう虐待(笑)。
見ていて悲しくなりました。

17 ■mariさんへ

こんにちは。

>ブログで読んだのが、映像でとなると、印象が違いました。

そうですね、文字を映像にするのは難しいですね。どうしても、電車男と比較しちゃうんですけど、今後の展開次第ですね。

>あまりのいじめぶりに、腰が引けました。

ほんとですね。耐えてる一馬もすごいけど、子供もすごい。ちょっとやり過ぎ、って感じ。(笑

18 ■鉄火丼さんへ

こんにちは。

>「今日の鬼嫁ぶり」を見て、これをやられたら一発でぶちきれてるかも…、と思ったのが6つありました。

誰でもぶちきれますよね。普通・・・

でも、一馬は耐えている。すごいですね。変な意味で、尊敬してしまいます。(笑

19 ■蘭丸さんへ

こんにちは。

>このドラマは全国に鬼嫁を
大量増加させそうなきがする・・・。


確かに、にわか鬼嫁が大量に発生するかも知れませんね。ドラマが終われば、元に戻りますよ。
でも、戻らない真性鬼嫁が誕生するでしょうね。(笑

>あそこまでいくともう虐待(笑)。
見ていて悲しくなりました。

ドラマだから、見れるけど、実際やられたら、地獄ですよね。
でも、これ実話なんだっけ・・・

20 ■こんにちは。

今日たまたま、鬼嫁日記のイラスト入りの
本を立ち読みしたんです。
かなり面白くて、人気にも納得。
でもドラマはあまり面白くなかった。
やっぱドラマは、ドラマとしての型の
中にはめ込んでしまって、本来の面白さが
出てないような気がしました。
笑わせようと見え見えなのも、ダメかのかも?

ここにも頻繁に来させていただいてるので
リンクさせていただきました。
ご報告まで。。。

21 ■SHINGO。さんへ

こんにちは。

>やっぱドラマは、ドラマとしての型の
中にはめ込んでしまって、本来の面白さが
出てないような気がしました。

ドラマとしての制約が有るから、仕方ないんですけど、「電車男」の成功例が有るから、そういう所から学んで欲しいんですけど。
どうも、面白くしようとして、空回りしている感じですね。となりの奥さんが鬼嫁に変身するみたいですので、そのあたりに期待でしょうか。

>ここにも頻繁に来させていただいてるので
リンクさせていただきました。

ありがとうございます。
私もさせていただきました。

22 ■あんなに食べたら、軽くヤバいですよね?

naomiサン,鬼嫁レス感謝です。
>期待したほどではなかった
...という割には、たくさんブログされていますね?
感心します。
ところで、食べ物のシーンがやたら出てきますが...
あの細いありささんは、あんなに食べないですよね?
これから、鬼ヨメチームの3人が話を盛り上げてくれると思います。
また、来週に期待しましょう♪

23 ■koko(waka)tokiさんへ

こんにちは。

>ところで、食べ物のシーンがやたら出てきますが...
あの細いありささんは、あんなに食べないですよね?

ほんとですね。でも、痩せの大食いって言うこともありますから。普通だと、食べ過ぎですね。(笑

>これから、鬼ヨメチームの3人が話を盛り上げてくれると思います。
また、来週に期待しましょう♪

それを期待して、ブログも更新して行きたいと思ってます。まだ、始まったばかりですからね。

コメント投稿

[PR]気になるキーワード