肌にかすかに感じる程度の雨となり、そんな中トレーニングが続いています。


合流したブラジル人二人はランニングとフィジカルトレーニング。


トレーナーとの別メニューだった和田は、今日からフィジカルコーチとのマン

ツーマンになりました。


そしてそのほかの選手はゲーム形式のボールタッチのトレーニング。


今日は早めに終わりそうな雰囲気です。

午後には東京に戻ります。


リーグ戦再開まであと8日です。

最終日

テーマ:

御殿場の最終日は夜半から冷たい雨が降り続いています。


予報でも終日雨模様のようですが、この時期に最終日まで雨に会わなかった

ことに感謝しなければなりませんね。


今日は午前中のトレーニングだけで、昼食を摂った後クラブに帰る予定です。

最後の夜

テーマ:

最後の参加者フッキが合流し、予定参加者は全員そろいました。


合流の日については、最終的には社長が代理人に確認をお願いしていたのですが、

代理人と選手の間でうまく連絡が取れていなかったようで、ともかく代理人の帰国を

待って確認することになりました。


レアンドロは5月に亡くなったお姉さまを偲ぶ会などがあったという話でした、

またフッキは幼馴染の親友が亡くなり、そのためにオフはほとんどなかった模様、

またサンパウロに着いてからパスポートを忘れていたことが判明し、さらに一日の

遅れとなったという話でした。


理由はともかく、二人ともブラジルにいた間はトレーニングをしていなかったという

ことで、フィジカルトレーニングでコンディションを戻すところから始めます。


夕食前には全員でミーティングを行い、チームが一丸となり、お互いにバックアップ

することの大切さや、All for win. そして All for Verdy. の考え方を再確認しました。


来る人もいれば去る人もいる。

ユースから参加していた富所・高橋両選手と、中京大学からの練習生、那須川、齊藤

両選手は夕食後それぞれのチームに戻っていきました。お疲れ様!


明日は最終日、土曜日のトップチームと日曜日のサテライトの練習試合に向けて、

最後の調整をして、短いキャンプを打ち上げます。

4日目の朝

テーマ:

キャンプに来て初めて、富士山がその姿を現しました。


写真はきっと広報がホットトピックスに上げてくれると思います。


その頂の雪をずいぶんと減らしましたが、まさに霊峰と呼ぶにふさわしい姿。

トレーニングを見守ってくれるように感じます。



レアンドロ合流

テーマ:

今日のトレーニングマッチについてはホットトピックスを見てもらうとして…


レアンドロが今日午後、チームに合流しました。


見たところとても元気で安心しました。


今日はまだゆっくり話をするチャンスもなかったのですが、明日はフッキも合流する

予定ですので、二人と話したいと思っています。


遅刻(欠席)の理由については若干主張も食い違うのですが、キーマンの代理人不在

では埒も明かず。ただレアンドロ自身は遅れを取り戻し、ヴェルディのために戦うことを

改めて明らかにしてくれました。


僕個人としては、ちょっと疲れを感じ始めています。


もっともっと頑張らねば…


今日はこの辺で…また明日。


3日目

テーマ:

今朝のトレーニングは、昨日の先発組プラスアルファは筋トレとリカバリー、

今日のトレーニングマッチ出場組はフォーメーション中心でした。


今日からキャンプにはお馴染みの武田臨時コーチが登場、また中京大学の

練習生二人が参加してさらに賑やかになりました。


来日したレアンドロはこちらに向かっています。


また、フッキの乗った飛行機は、明日朝9時45分成田到着との情報が入り

ました。


短い昼の休憩時間はまもなく終わり。


午後はサテライトチームと浜松大学のトレーニングマッチの予定です。

トレーニングマッチ

テーマ:

ホットトピックスでも触れているように、トレーニングマッチの内容は、エスパルス

との合意により詳しく触れることができません。


なので、おそらくサポーターの方が最も気になっただろうヴェルディのツートップの

出来についてのみ触れましょう。


今日のツートップは平本、飯尾でスタート。

このところ、レアンドロ、フッキのツートップが浅いポジションでボールを奪われる

場面が多かったため、パス回しのタッチを減らし裏を狙う動きを多用しました。

ポストでボールを受ける場合も、いったん裏を伺ってから戻ることで、高い位置を

維持し、カウンターを防ぐ狙いがありました。


この戦術を二人は良く理解し、サイドからのクロスボールも格段に増え、攻撃の

パターンに厚みが増し、何度もエスパルスゴールを脅かしました。


2本目途中から代わった廣山、井上のツートップになっても意思統一は継続され、

言い動きが多く見られました。


ヴェルディの得点は、ディエゴに代わりトップ下の位置に入った河野の個人技。

得意のドリブルでエスパルスディフェンスを3人かわし、見事なシュートを決めて

くれました。


まだまだ練習再開から4日目、戦術練習もこれからが本番ですが、チーム全体が

連帯感を増し、明るい雰囲気が戻っています。


練習の適正人数

テーマ:

監督と話している中で、キャンプのようにさまざまなトレーニングをする場合、

最適な人数というのがあるそうです。


現在ヴェルディのプロ契約選手は31名ですが、今回のキャンプには怪我で

リハビリ中の海本と船越は不参加です。そしてまもなく合流ですが、足首痛

で別メニューの和田、さらにゴールキーパーを除くと24名。


フィールドプレーヤーが24名というのが最適な人数だという考え方を監督は

持っているとのことでした。


なぜかといえば、24人は2と3と4と6と8と12の倍数。

どんなトレーニングをするにも、まったく無駄がない人数だというのです。


確かにアップの時に2人組みになってもピタリ、昨日のトレーニングの4対4

でも6チームが出来上がりピタリ、紅白戦や2チームに分けての練習でも、

リザーブ選手も入れてピタリ、部屋割りは食事のときのテーブルにもうまく

はまる人数なのです。


今日まではフッキ、レアンドロがいませんが、ユースの富所と祥平を合わせ

て24人となっていて、まさに理想的な人数で進んでいます。


今日から練習生が参加したり、明日からブラジル人2人が合流して人数は

増えますが、増える分にはさまざまな対応策があり、今後も練習はうまく

回っていきそうです。


昨日の紅白戦、今日のフォーメーション練習と、フォワードツートップの動き

を意識したトレーニングが続いています。

今日のトレーニングマッチでどこまでそれが奏功するかは不明ですが、

リーグ戦再開に向けて、攻撃のバリエーションが増えていくのは確実だと

思います。

2日目の朝

テーマ:

キャンプ2日目の朝を迎えました。


僕自身も体を鍛え直す目的を持って臨んでいるため、昨日の夜に引き続き

今朝も6時から軽いランニングをしました。

いつもは一人なのですが、今回は通訳のジェイが一緒に付き合ってくれた

ので、楽しく走りました。たださすがに丘陵地帯なので、アップダウンがある

せいでなかなかハードでした。


さて今日は午後に清水エスパルスとのトレーニングマッチが予定されていま

す。


エスパルスさんの意向もあり、非公開での試合なのでどの程度の情報を

お知らせできるかわかりませんが、サイドリポートでもしたいと思っています。


当初45分を4本の予定でしたが、エスパルスさんにけが人が多いために、

45分3本に変更になりました。


その分、明日地元の大学チームとのサテライト戦を行う予定です。


チームは食事を終え、9時15分にはトレーニングに出発します。

恒例、部屋割りネタ

テーマ:

夕食を終え、フリーの時間になりました。

体のメンテナンスをするもの、リラックスルームで小説やゲームを

楽しむもの、再び温泉に入るものもいて、それぞれが自分の時間を

過ごしています。


このホテルは合宿所のような作りになっていて、どの部屋も畳の間、

小さなシングルベッド2、ロフトのようになっているさらに小さな

ベッドというか寝台2、という部屋ですが、そこを二人で使ってい

ます。


さて今回の部屋割りは以下の通り。

那須と拓三、カンペーと河野、フッキとレオ、スガとディエゴ、

義成と智幸、土肥と柴崎貴広、ハットと福西、ハルとヒロ、

バウルとチビ、飯田と足助、ハギと健介、平と晃誠、一樹と吉武、

新村と宮坂とオサマ(ここだけは3人部屋)、そしてユースから

参加の富所と高橋祥平です。

背番号とポジションがなんとなくうまく並んでいるという感じで

しょうか。(いまひとつインパクトはなかったかな?)


明日は清水エスパルスとの練習試合が予定されています。

残念ながら非公開ですが…