私はだれでしょう

テーマ:

今日はこまつ座の第八十一回公演「私はだれでしょう」という

お芝居を観に行ってきました。


9年ぶりの舞台出演となる浅野ゆう子さんとは、もう十数年に

わたり懇意にしていただいており、僕自身も久しぶりの観劇で

あり、とても楽しみにして新宿南口の紀伊國屋サザンシアター

に出かけていきました。


内容はアメリカ占領下の日本、NHKでラジオの尋ね人の番組

を取り巻く人々を描いています。

様々な統制の元、放送の内容も検閲がある中、戦争で生き別

れた人々を結びつけるための悲喜こもごもが描かれています。


作者は井上ひさし氏、音楽は宇野誠一郎氏、僕らにとっては

懐かしい「ひょっこりひょうたん島」コンビです。

演出家は栗山民也氏ですが、ラジオ番組にまつわる話であり、

アナウンサーも登場するため、日本語の正しさ、美しさ、そして

発音、このあたりにこだわったつくりはさすがです。

ピアノの生演奏もあり、歌って踊ってのミュージカル仕立ても

あり、3時間を越える長い舞台でしたが、最後まで楽しく、泣き

笑いしました。

元ヴェルディジュニアユース在籍の川平慈英さんも出ていて、

得意のタップダンスも存分に披露する大活躍でした。


舞台がはねたあと、井上先生に声をかけていただき、役者さん

やスタッフの皆さんと話し、食事ををする機会もいただきました。


お正月も返上しての厳しい稽古を経て一か月を超える公演と

いうこともあり、それはそれは素晴らしいチームワーク。


本当に楽しい時間を過ごしました。


この公演は25日まで行われています。