眠れない夜

テーマ:

2008年のリーグ戦も第30節を終わり残り4試合。


現在の順位は14位。すぐ上も混戦ですが、すぐ下も大混戦。

考えることが山のようにあり、眠れない夜を過ごすことが多くなりました。


ここで天皇杯が始まり、何だか落ち着かない心がさらに複雑に…


何をすべきか?

何ができるか?

日々、自問する毎日です。


11月の終わりに、高校の同期会が予定されていましたが、やはり今は

参加できる気分ではなく、心のこりながらも欠席の通知を出しました。


絶対にこの試練を乗り越えてみせる。

その想いだけを胸に、今夜も過ごしています。

勝利への執念

テーマ:

今日は大宮アルディージャとジェフユナイテッド千葉の試合、

FC東京と鹿島アントラーズの試合、さらに1日遅れですが

サンフレッチェ広島とサガン鳥栖の試合をテレビで見ました。


どのゲームもお互いに勝利への執念が見える、すばらしい

ゲームだったと思います。


京都サンガFCとスコアレスドローに終わったヴェルディ。


もっともっとゴールを目指す執念を見せるべきだった…

そう思います。

それができたはずだと思います。


もっとアグレッシブな闘いをしなければならない。

3試合で勝ち点を5獲得しましたが、目標は勝ち点9だったはず。


それを不満に思わなければならない。


次節に向け、天皇杯に向け、勝利への執念を磨きます。

曇り空

テーマ:

京都の今朝の空模様は雲が多いですね。


ただ雨の心配はないようです。


昨日の夕方にはにわか雨のような強い雨が降り驚きました。


京都にいても日課を変えずにランニングをしてきました。

嵐山につながる桂川までがランニングコースですが、この桂川の手前に

試合の行われる競技場がある京都市西京極総合運動公園があります。

僕が子供の頃に良く通った京都のスポーツの聖地です。


今日はどんなドラマが待っているのだろう…


キックオフまであと5時間あまりになりました。

京都戦に向けて

テーマ:

25日の京都戦もまた重要なゲームです。


勝てば勝ち点が目標の40に迫る上に、確実に順位も上がります。

しかも連勝でさらに勢いがつく。


非公開練習が続きますが、チームのコンディション、選手スタッフ

のモチベーションとコンセントレーションもなかなか良好です。


でもこんな時こそ、いつも以上の危機意識を持たねばならない。


最後はピッチに臨むときの気持ちの強さが重要です。


より強い気持ちで…

チャレンジャーの心で…

自らを鼓舞し、闘いに臨むのです。


来季に続くゲームを、勝利を、実現し獲得します。

U-19日本代表

テーマ:

河野広貴選手がU-19日本代表に選出され、今日から

国内合宿に入りました。

日本代表選手団は26日出国しサウジアラビアに向かい、

AFC U19選手権 サウジアラビア2008に参加します。

ヴェルディ最年少でもっともたっぱの無い河野ですが、人

一倍のスピードと負けん気で、結果を出してもらいたいと

思います。

予選リーグは、31日(現地時間)から1日おきに3試合を

こなす強行日程となります。

対戦国、イエメン、イラン、サウジアラビア

決勝まで進んだ場合、リーグ戦2試合と天皇杯4・5回戦

に出場できないことになります。

昨日別れ際に握手をしながら「点を取って来いよ!」と声

をかけましたが、「ハイ!」と頼もしい答が返ってきました。

チームにとっては河野の離脱は痛手ですが、彼の活躍を

期待しています。

バックアップ

テーマ:

次節京都戦は累積警告により、飯尾が出場停止となります。

シーズンもこの時期になるとどこのチームでも同じような状況

で累積警告数が多くなっています。

ヴェルディも菅原、ディエゴ、冨澤もリーチの状態。

ディエゴは7枚のイエローカードをもらっているので、もう1枚

もらうと2試合の出場停止となります。

もちろん警告をもらわないことがいちばんですが、イエローや

レッドカードにより、出場停止処分になった時の対処も重要な

ポイントとなります。

欠けた選手を誰がどうバックアップするか?

チームとして戦力を落とさず、どうまとめるか?

長いシーズンを戦ってきた中で、そのチーム力も問われます。


京都戦は雨か?

テーマ:

今日はトップのトレーニングはオフ。


僕は午前中はクラブにつめて、さまざまな連絡や伝票書きなど…


河野がU-19日本代表メンバーに選抜されました。

とても名誉でありがたいこと!でも飯尾が出場停止の次の京都戦

は、リーグ戦でも出場のチャンス…

まあ、河野の今後のためにも彼を送り出し、来季以降の糧として

もらいましょう。


週末の天気用法を見ていると、なんとなく関西も雨模様のような…

雨の京都と言えば、去年の5月6日を思い出しますねえ。

7連敗のヴェルディが悲壮な覚悟で乗り込み、大雨の中4-1で

京都を粉砕したゲーム。


雨の予報も良い予兆と受け止めましょう!


今日は午後に半休を頂き、久しぶりに10kmのランニングを敢行、

ペースはゆっくりでしたが気持ち良かった~!


僕もある種リフレッシュできました。(阪神は終戦を迎えたけど…)


明日からまた、京都、天皇杯、神戸、札幌、横浜、川崎戦に向け

新たな気持ちで闘っていきます。

残り5試合

テーマ:

昨日のゲームは本当に痺れました。


絶対に口にしないようにと思っていましたが、勝つと負けるでは雲泥の差、

引き分けも許されないゲームだったと思います。


しかしながら今日のゲームもJ1J2とも見ていましたが、優勝を争うチーム、

昇格、降格にかかわるチームの厳しい戦いが繰り広げられています。


残り5ゲーム。

入れ替え戦は別にして、その5ゲームで今年のすべてが決まっていく…

まだあと一月半、痺れる日が続きます。


できることはすべてやります。

絶対に悔いを残さないために…

まずは第一幕で勝利

テーマ:

何とか結果を残しました。


ゲーム前、チームのバスが到着した時のサポーターの皆さんの熱い、

熱いエール…

心に響きました。


僕はいつも通りに選手を出迎えるため、バスの到着の到着直前に現場

を離れ地下のエントランスに移動しましたが、あの歌声は地鳴りのよう

に聞こえてきました。


プレッシャーがなかったと言えば嘘になるでしょう。

かなり硬いプレーぶりで始まったゲーム。気持ちは伝わってくるものの

パスミスの連続だったし、慎重さが臆病に見える展開でした。

ただ絶対にゴールを割らせないという強い意志だけはあった。


その中でチャンスをものにできず、苦しんだ展開でした。

たぶんつまらないゲームだったと思います。ですが結果が欲しかった。


そして結果を手にしました。

ディエゴのゴールは執念の決勝でした。


とにもかくにもまず1勝。

次に続けることができたゲームでした。


熱い声援、ありがとうございました。


次の京都戦に向けて、さらに強い気持ちでスタートを切りました。

はやる気持ちと冷める心

テーマ:

前日のトレーニングが終了しました。

良い形で仕上がっていると感じています。

今夜ホテルでミーティングをして、明日のゲームに臨みます。

あとは心を落ち着けて…

明日のキックオフ直前に、一気に気持ちを爆発させるだけ。

人事を尽くして天命を待つ の心境です。