完敗!

テーマ:

ヴェルディのサッカーが全くできませんでした。


試合終了後のサポーターの皆さんからの言葉が心に刺さりました。


申し訳ありません。


来週に引きずらぬよう、リーグ戦に引きずらぬよう、建て直しを図ります。

鹿児島県立鴨池競技場

テーマ:

鹿児島は快晴、まるで五月晴れという言葉が今日までしか使えない

ことを惜しむかのような空となりました。


そして、真夏を思わせる暑さです。


結構選手には負担になるほどのコンディションではないでしょうか。


スタジアムは開門時刻を迎え、両チームのサポーター、観衆の皆さん

がスタンドに入場してきました。


ナビスコカップの中では目標を失いつつあるヴェルディですが、今季

の今後のために大切なゲームだと認識しています。


ディエゴを欠く中でどんなパフォーマンスを見せることができるか?

ご期待ください。


キックオフまで、まもなく100分になります。

宮崎にいます

テーマ:

チームとは別行動で、宮崎にやってきました。

ヴェルディは、来季も宮崎県でのキャンプを予定していて、鹿児島での試合を

利用して宮崎に立ち寄ったわけです。


支援していただいている方と食事をして、ホテルに戻ってきました。


来季は、さらに良いグラウンドを使わせてもらい、より良いキャンプを行うため

最善を尽くしたいと思います。


明日は苦手なジュビロ戦。

しっかりしたサッカーをして、勝利を目指します。

送別会

テーマ:

昨夜はインターンの関口君の送別会でした。


5か月間の短いお付き合いでしたが、大変頑張って、多大なる

貢献をしてくれました。


お店は渋谷の中央街にあるヴェルディのフラッグシップショップ

居酒屋「千両」。

いやここの料理の美味いこと…


関口君を囲んで大いに飲み、喰い、笑いました。


関口君本当にご苦労様でした。


ありがとう!

メンタル

テーマ:

昨日は横浜FCとのトレーニングマッチで東戸塚に行きました。


監督以下、ヴェルディゆかりの選手、レンタル中の戸川など多くの知った

顔があり、何だか自分のクラブいるような感覚を得ました。


ただゲームは不満な内容でした。

スコアレスのドローでしたが、トップチームが不甲斐ない負けを喫した翌日、

もっと必死で存在を主張するようなプレーが見たかったからです。


FC東京とのゲームもその必死の姿勢が見られなかったことに不満を感じ

ています。

あのゲームの結果を決めたのは、両チームのメンタルの差だった気がして

なりません。


どこにその問題の源があり、僕の立場でそれに対して何ができるのか?

それを今考えています。


リーグ戦はまだ21試合もあります。

その前にナビスコカップもまだ2試合が残っています。


1試合1試合を考えることも大切なことですが、シーズンの中でのゲーム

マネジメントも大切なことだと考えています。




それにしても、FC東京に連敗を喫したことは…

死ぬほど悔しい。


6月8日には何が何でも勝ちたい。

これは心の底からの本音です。


その方法を考えます。

東京ダービー第二幕

テーマ:

東京ダービーの日がやってきました。


今日も味スタですが、ゲームはナビスコカップ、しかも我々がアウェーの

第二幕の幕あきとなります。


東京はまだ雨が降っています。

予報ではなんとなく雨模様が続くようです。残念ですがしかたがない。


昨日は代表戦のハシゴをされた方も多いことと思います。

僕も2試合を見て、さらにスカパーの映画にはまってしまい朝まで見て

しまいました。



きのう書いたブログもアップできていなくて、いましがた更新しました。



今日のゲーム、返さなければならない借りがたくさんあります。


とはいえ、あまり相手を意識することなく、ヴェルディのサッカーをしっかり

やり遂げることが目標です。


今日勝って、

来週のジュビロ戦にも勝利をして、

6月8日の国立競技場で決勝トーナメントを賭けて東京ダービーの第三幕

を迎えたいと思います。

二次会の盛り上がり

テーマ:

先日、東京ヴェルディのビバ!サッカー講座で講師を務めてまいりました。


強化本部長の立場としての講演だったので、チーム編成はどのようにして

行われていくか?チームができるに至る話をしました。


与えられた時間でどれくらい満足いただけたかはわかりませんが、皆さん

熱心に耳を傾けていただき、とても貴重な時間を過ごさせていただきました。


さらに希望者による二次会にも参加させていただきました。


こちらは居酒屋での双方向の話、こちらも当然盛り上がりました。

何しろ皆さんがサッカー大好き、ヴェルディ大好きな方々ですから…

こちらの方が時間も長く、またここだけの話も多々あり、また興味深いもの

でした。


今後も積極的にこういった機会には参加したいと考えています。

リターンマッチ

テーマ:

今年二度目の東京ダービーに向けて、調整が続いています。

前回はリードしながらの逆転負け!

ここで東京ダービーの悪い流れを断ち切らねばなりません。

清水エスパルスにリベンジした後も、休みを挟みながらも依然

好調を維持していると思います。

シーズン当初、なかなかフィットしない部分も散見されましたが、

ここへきてチームとしてのまとまりが見えてきました。

日曜日のゲームはアウェーの味の素スタジアム。

天候もすぐれないようですが、ヴェルディらしいサッカーをして

グラウンドも味方につけて勝利します。

現在ミニゲームで調整中。

チームの仕上がり具合をチェックしてきます。

ビバ!サッカー教室

テーマ:

よみうり・日本テレビ文化センターをいう組織をご存知ですか?


読売新聞社と日本テレビの名を冠したカルチャースクールなの

ですが、現在関東地方に19の直営、4のフランチャイズの拠点

を持ち、年間4期で延べ1万の講座、30万人の受講生を持つか

なり大きなカルチャースクールです。


その新宿センターで、この4月から

「東京ヴェルディのビバ!サッカー教室」という講座が行われて

います。


実は明日の4回目の講座を受け持ちます。


僕の仕事の範囲は広く、いったい何を話せばいいのかずいぶん

考えましたが、プロのサッカーチームがどのようにして編成され

ていくのかを、現実のチーム編成作業を交えてお話することに

しました。


受講生のみなさんからは「こんな話が聞きたい」というリクエスト

もいただいており、どのように話せばいいか悩みつつも、とても

楽しい作業をしています。


今までも地域のさまざまな会合で講演をさせていただいたことは

多々ありますが、それは主にプロサッカー事業のことや、地域と

の関わりについてだったので、今回は新しい試みになります。


どのような講座になったかは、また改めて報告します。

若手の主張

テーマ:

昨日の拓殖大学とのトレーニングマッチ。


トップチームの好調の中、若手選手の溌剌としたプレーが随所に見られました。


中盤を右サイドに入った福田、可能性を感じるプレーが多く見られました。

今後、このポジションに入ることも増えると思います。


トップ下を試された河野。

まだまだセンターでのプレーには窮屈さが感じられる。また90分を通しての安定

という面でもまだまだかな…

ただし気持ちの強さ、スピードはやはり目を引きます。


得点を決めた平、そしてオサマ。

少しずつ経験を積み、またフィジカルを沙汰の向上させていると思いました。

平のリーグ初得点、オサマのリーグデビューもそう遠くないことを確信しました。


右サイドバックのユース和田。

サイドバックのタレント不足の中で、よくフィットしていたと思います。

思い切った突破、クロスボールには魅力を感じました。




若手選手にとってはすべてが未来への挑戦であり、チャンス獲得へのアピール

です。

J1のゲームに出られなくても、ベンチ入りできなくても、自分を信じ、努力を重ね

続けて栄光への道を歩んでほしいと思います。