サテライトリーグ

テーマ:

今日は初めて清水エスパルスのクラブハウスに行きました。


J1の時も日本平には何度か行きましたが、三保のグラウンドは今日が

初めてでした。


富士山が間近に見える、とても素晴らしいところですね。


さてサテライトのゲーム。

今日はかなりいい展開を見せてくれました。

柱谷監督の指示は徹底されており、チーム全体が戦術を理解し、その

目指すところが見えたゲームでした。

ただし、フィニッシュの精度が低い。

いいところまでは行きますが、得点を奪うことはできませんでした。

エスパルスのディフェンスはさすがにたいしたもので、最後の最後には

厚い壁となってヴェルディの攻撃を跳ね返しました。


サテライトリーグも残りは1試合。

14日のジュビロ磐田戦を残すのみとなりました。

来季につながるプレーを、可能性を、見せてほしいと思います。

心から感謝します

テーマ:

毎日のように、「緑の翼」の件や、残り2試合のホームゲームの動員作戦

などについて多くのメッセージを頂きました。


本当にありがとうございます。


僕だけでなく、フロントの面々にいただいたご意見は伝えています。


ベガルタ仙台戦で今年最高のホームの環境を作りたいと思います。

そして、今年最高のゲームをお見せしたいと思います。


いろいろな意味で、この2年間を総括し本当のヴェルディを見ていただき

たいと思っています。


頑張ります!


今週の僕のスケジュールですが、明日は三保のサテvsエスパルス、

週末3日は新発田市のベレーザvs新潟L、そのまま新潟にとどまって、

4日は天皇杯のアルビレックス新潟vsサガン鳥栖を見たいと思います。


仙台戦まであと11日。

なんだか凄く気持ちが昂ります。

緑のスタジアム

テーマ:

アルウィンのヴェルディゴール裏、

今季最多のサポーターで埋まりました。


アップを始めた選手の目にも、初めてのスタジアムがアウェーには

感じられないほどでした。


不便なところにもかかわらず、本当にありがとうございました。


次の2試合は味の素スタジアムです。

特に昇格を賭けた直接対決となった11月10日のベガルタ仙台戦は、

今季最高の観衆を見込んでいます。


一年の集大成のつもりで、スタジアム全体を盛り上げるため、我々も

準備を進めています。


緑のスタジアムを作り出すため、ご協力ください。

さらなる挑戦

テーマ:

日が変わる前に、何とか帰り着きました。


今日のドロー、本当に悔しい結果でした。


監督会見でも話が出ましたが、敗戦の可能性すらあるドローでした。


ゲーム終盤は、ヴェルディの足が止まりました。

ディエゴなど足に痛みを訴えていた選手もいましたが、実際のところ

全員がかなり疲れを蓄積させていたように思います。


ホームゲームを挟んだ山形と松本の遠征は、平均年齢が高く、しかも

連勝記録を続けるヴェルディにかなりの疲労をもたらしました。


2試合連続のロスタイムでの失点ですが、この試合間隔が開く間に、

フィジカル面を立て直せば必ず修正できます。


残り全部勝てばいいという状況に変わりはありません。

連勝は止まっても、連続敗戦がない記録は継続中です。


主力組は2日間のオフで傷を癒し、鋭気を養うことにしました。


残り3試合、負けられない闘いが続きます。


11月10日のベガルタ仙台との直接対決まで、あと13日。





それにしても、今日のゲーム。

14年前の10月28日が蘇りました。

雨が上がって

テーマ:

東京同様、松本も天気が回復しているようです。


夕食前のミーティングでも、チームの雰囲気はかなり良いものでした。

へんな言い方ですが、鳥栖戦の2失点、これがもう一度我々の気持ちを

引き締めてくれたのではないでしょうか。

本来なら、得点直後の失点や、ゲーム終了直前の失点は致命的です。

しかし結果論とはいえ、その失点がヴェルディの敗戦を生むことはなく、

逆に修正点を炙り出してくれたと思います。


仙台が勝ち、札幌が勝ち、明日もヴェルディに先んじて京都が勝利を

おさめるかもしれません。

しかしそれは関係ないのです。

返って他のチームの結果で、ヴェルディ負けても昇格が決まるとか、

ゲームがないのに順位が上がるとか言うことのほうがなんとも気持ち

が悪い。

ヴェルディはヴェルディ。我々の目指すサッカーをしっかりと具現化し、

その結果として勝利を手に入れたいのです。


とにかく明日の試合に持てる物をすべて出すこと…

それが目標です。



クラブからのお知らせ、で緑の翼5万羽キャンペーンを

呼びかけています。


ただ折り紙の大きさのことで、サポーターの皆さんが結構

苦労をされている様子。


千羽鶴用の折り紙が見つかれば、10cm以下の大きさの

ものもあるのですが、一般的にはちょっと見つけにくいかも

知れません。

スタッフで話し合っているのですが、15cmのものなら割と

見つけやすいとか…


ちょっと訂正してなるべく15cm四方より小さな折り紙で

折っていただいたものとさせていただきたいと思います。


よろしくお願いいたします。



チームはまもなく午後1時に、松本に向けて出発します。

今は土砂降りですが、明日には天候も回復する予報。


アルウィンで、連勝を伸ばます。

松本遠征

テーマ:

明後日のザスパ草津戦は松本市での開催となります。


チームの移動は電車か、バスか、クラブとしても検討しました。


結論としては、ヴェルディバスで往復します。


道路事情によっては時間が読めない点もありますが、はじめての

場所でのゲームを考えると、ホテルとスタジアムの移動もいつもの

バスを使う方が安心感があります。


また、飛行機や電車の移動は、やはりそれなりのストレスが伴い

ます。

待ち時間の過ごし方も難しいし、一般の乗客、サポーターや記者

と一緒になることもあり、気を遣う事態もあり得ます。


それらの事情を考え、バスで移動します。


決めたからには、逆に移動の時間帯も集中を増すために、また

リラックスするために、さらに仲間意識を高め、モチベーションを

維持するための時間にしたいと思います。


アルウィンはピッチの状態も良いと聞いています。


きっといいゲームをお見せします。


そして勝ち点を86にして帰ってきます。

目標はここから4連勝

テーマ:

いくつ連勝が続こうが、我々の目標は残りすべてを勝つことに

変わりはありません。


自動昇格へのマジックナンバーは「4」なのですから…


ただし、対象チームが敗戦しても、ヴェルディはあくまで全勝を

目指します。


草津戦、仙台戦と連勝すれば、仙台、セレッソ大阪には逆転

されず3位以内が確定します。

それでも気持ちを緩めることはありません。


昇格のために、そして2007年シーズンを締めくくるため、目標

はすべて勝つ。「すべてが決勝戦」の考え方に変わりはないの

です。


まずは日曜日の草津戦に全力を投入すること…

昨日の失点の原因を修正し、新たな戦略をしっかりと確認する、

そしてより高いコンセントレーションを得るため、あすの練習は

非公開とさせていただきました。

申し訳ありませんが、お許しください。


長野県松本平広域公園総合球技場「アルウィン」

はじめて訪れるスタジアム、楽しみです。



そして、

少し先の話ですが、残り2試合のホームゲーム、11月10日の

ベガルタ仙台戦、そして25日の愛媛FC戦、味の素スタジアムを

緑に染めるため、皆様のご協力を心からお願いします。

鳥栖戦の勝利

テーマ:

苦しい試合でした。

しかし、死力を尽くして勝利を手に入れることができました。


本当にうれしい勝利でした。


今日の試合を、どうしても勝ちたい試合と僕が表現し、しかもその理由を

はっきりブログに書かなかったために、誤解を与えた部分があったようで

す。


いろんな事を考えてしまった方には、申し訳ないことをしました。


僕が今年母を亡くしたことは、ブログにも書きましたので知っていてくれる

人も多いと思いますが、実は今日10月24日は母の誕生日でした。

元気でいたなら75歳でした。


シーズン前にヴェルディの昇格を約束し、緑のダルマの目を入れてから、

ここまでもうずいぶんと日々を重ねました。


そして、

何とかヴェルディは昇格への挑戦権を得て、ここまで来ました。


病と闘いながら、熊野速玉大社の八咫烏のお守りをもらってくれた母に、

僕は勝利を捧げたかったのです。

(このお守りは、僕と監督が持っています。僕のはいつもスーツの胸に)


試合後、監督だけにはこのことを伝えました。

が、サポーターの皆さん、僕のブログを読んでくださっている方に対しては、

あまりに個人的な事情で、はっきり言えないことがかえって誤解を与えて

しまいました。

すみませんでした。


ただし、事実として、ヴェルディはまたひとつ勝利を積み上げました。


同じような形での2失点は、反省と対策が必要ですが、きっちり修正して

次の草津戦に備えたいと思います。


他チームの動向は関係ない。

我々は次の試合で、そして残り4試合すべてで、勝利を目指します。


そしてきっと目標であり夢をであるJ1復帰を実現させます。


残り4試合、チーム、サポーター、フロント一丸となって、勝ちましょう。


今日も応援ありがとうございました。

今日の試合に集中!

テーマ:

メディアの記者の多くが、そして一部のサポーターが、

ポストシーズンや来季のことばかり聞きたがる傾向が

あります。


ちょっと待って欲しい!


まだまだ2007シーズンは佳境です。

今ここで集中を途切れさせるチームが脱落するのです。


まだ何も決まっていないのです。


今日のゲームに集中させてほしい!


先の事に触れるのは、それ自体を陽動作戦と見なさざる

を得ない。


チームのコンセントレーションを妨げないで欲しい!