全員で掴んだ勝利

テーマ:

本当に応援ありがとうございました。


ヴィッセル神戸を相手に、久しぶりの勝利でした。

そして今季4度目の3連勝、5得点というのもいつ以来か?久しぶりです。


苦しい立ち上がりでした。

実は責任を感じていました。


試合前に、神戸サポーター席にフェアプレー精神に反する横断幕があり、

その撤去が遅々として進まなかったため、チームのロッカーアウト時刻を

遅らせる決断をしたからです。


どちらのチームにしても、コンセントレーションが切れるようなことがあれば、

運営責任者である僕の責任です。


ただ、あのような横断幕の前で試合をさせたくありませんでした。


そして先制点を奪われました…


でも熱い応援に後押しされて、チームは息を吹き返しました。

前半の逆転劇は嬉しかったけど、後半、1点差に迫られてからの得点は

もっと嬉しかった。


まさにチームとサポーターが一体になった勝利だと思います。


まだまだ戦いは続きますが、今日の勝利がさらにヴェルディをひとつに

してくれると思います。

奇跡の扉

テーマ:

野球の話です。


プロ野球ペナントレース、セ・リーグ優勝の行方を賭けた阪神-中日3連戦が

行われました。

結果は阪神タイガースの4-0の完封勝利、9連勝!一時は9ゲームもあった

首位ドラゴンズとのゲーム差は2までに迫りました。


しかし、この勝利は、この連勝は突然訪れたわけではありません。

9月になってからの9割にならんとする勝率はどこから来たのか…

前回の首位決戦での連敗、しかも山本昌に喫した屈辱のノーヒットノーラン、

ひとつひとつの絶望を絶望にしない強い気持ちがタイガースにはあった。


そして積み重ねてきた8連勝。

今日の決戦に際し、去年の勝ち頭・ベテラン下柳の先発と気魄の投球、

女房役矢野の先制点を生む技ありのヒット、関本や金本のファインプレー、

そしてケガで長く離脱していた今岡のダメ押し3ランツーベースヒット。

JFKの気魄のこもったリリーフで完璧な勝利を手に入れました。

今岡のヒットと最後の藤川の投球には鳥肌が立ちました。


すべては繋がっていると思います。


思えば阪神タイガースを見守って40数年。

毎年のように優勝を争うチームになってくれるとは思えませんでした。

1062、64年のリーグ優勝は残念なが良く覚えていません。

ジャイアンツの9連勝時代は万年2位とは言え屈辱の日々、その後も他の

チームの復活を見ながら本当に辛いシーズンの連続でした。

そして85年の日本一での狂喜乱舞、そして2003年の星野阪神の復活、

昨年のロッテとの日本シリーズ屈辱の4連敗。


全部繋がって、今日、阪神タイガースは奇跡の扉をノックしたのです。


もちろん逆転優勝し、新庄を擁するチームと日本シリーズを戦ってみたい。

でも、ここまでやってくれれば結果に関わらず満足できる気がします。




そしてヴェルディです。


第3クールの最終戦、引き分けで終わりましたが西が丘での不敗神話は

継続、そして第4クールは連勝でのスタート。

4連勝への挑戦権を賭けてのヴィッセル神戸戦に臨みます。この相手とは

3年間勝ち星無しですがここできっちり借りを返すチャンス。


マルクス、大橋のトップ下の競演(予想ですが)は攻撃パターンを大幅に

増やし、メンバーが安定した中盤と最終ラインは先週の完封の時以上に

堅い守りへのモチベーションが高まっています。


チームが一丸となった強い想いが今のヴェルディにはあります。


ここできっちり3連勝を果たし、来週は天皇杯の3回戦で栃木SCを圧倒し

(すみません)、リーグ4連勝を賭け、そして最終クールの12連勝を目指し

柏レイソル戦でキャプテン・大野の復帰を祝いたいと思います。


勝利への想いを…

来季このチームで再び戦い続けていく想いを…


サポーターとともに一丸となって勝利を手に入れる喜びを…


すべてを手にするため、奇跡の扉をノックするチャンスが訪れています。


明日の国立競技場に…

集中力

テーマ:

今日は久しぶりにトレーニングをしっかりと見ました。


一言で言うと、モチベーション、テンションが異常に高い!


理由は分かりません。

昨日、ヴェルディだけが試合がなかったことに起因するのか、

はたまた3年間勝っていないヴィッセル戦を選手が意識したのか。


ただ、高いレベルのコンセントレーションは望むところです。


守備的なメンバーのノルマは無失点、

攻撃的なメンバーのノルマは、冷静沈着に得点を重ねることでしょう。


前回のアウェーでぼ悔しさもあるし、大きな目標もあります。


とにかく、中身はともかく絶対に結果で勝つことが大切です…


闘いたい!

テーマ:

ヴェルディは試合が予定されていない今日第42節


上位陣が順調に勝利を重ねました。


もはや相手の勝敗は関係ないのですが、こうしてこちらが試合のない日に

勝ち点を積まれると嫌なものです。


ただ今後採取節までヴェルディは日程がつまっています。


残り10試合、何事にも惑わされることなく、ただ一戦一戦を戦うのみ。


きっと何か大きなものを、

もちろん勝利を、そしてそれにも勝る何かを、掴める気がします。

安倍内閣発足

テーマ:

第90代総理に安倍晋三自民党総裁が指名され、安倍内閣が発足しました。


戦後生まれの首相、新しい日本を創生していただきたいと思います。


思えば前小泉純一郎首相の時代、今シーズンはまだ途中なので抜きにして

も、ヴェルディはいい成績を残すことができませんでした。

2001年からの5年間、最高でリーグ8位、天皇杯優勝はあったもののリーグ

戦では勝率5割を達成できなかった…


新しく変わろうとする世の中で、新しくなったヴェルディも時代を作っていこう

と思います。


あれはもう15年以上も前になるでしょうか。

一度だけ、安倍晋三さんがまだお父様の秘書官時代に、プライベートで

ゴルフをご一緒したことがあります。

僕の同期の政治記者と、僕の親友と4人でのプレーでした。

安倍さんは非常にソフトで、また紳士で、ずいぶんと年上に感じたものでした。

もうおいそれとお目にかかることも叶いませんね。


明日からの練習はまた非公開となります。


残り10試合、ヴェルディの闘いはまだまだ続きます。

つま恋ライヴ

テーマ:

今日はヴェルディともサッカーともまったく関係のない話題です。

興味のない方はパスしてください。





モンテディオ戦のあった23日、静岡県掛川市の「つま恋」で

かぐや姫と吉田拓郎のコンサートが開催されました。


31年前の夏、夜を徹して行われた同じ顔ぶれのコンサート。

僕は19歳の浪人生でしたが、あの場所に立っていました。


中学・高校とスポーツと音楽と小説に明け暮れていました。

サッカーは中学までクラブチームでやっていましたが、部活は

中高とバスケットボールでした。

そしてバンド活動にも熱心で、当時は3人組のアコースティック

バンドを組み、まさにかぐや姫の楽曲は全曲コピーし、文化祭は

もちろんのこと、自分たちでライヴハウスを借り切り、まじめに

ライヴにも取り組んでいました。


京都でも有数の進学校にいましたが、あまりにも高校生活を

満喫したため受験に失敗し浪人生活に入り、急にスポーツを

絶ったため4ヵ月で15kgも激やせし、迎えた夏に迎えたあの

「つま恋」でした。


浪人の分際でありながら周囲の冷たい目線を無視し「つま恋」

行きを敢行し、酷暑の中、たった一人でコンサートを楽しみ、

帰ってきてから日射病でぶっ倒れました。

しばらく寝込んだ後に早朝のランニングから始め、スポーツと

音楽を取り戻しつつ受験に取り組んだ、そんな転機となった

一大イベントでした。


その後、大学に入学してから本格的に活動していたバンドでも、

かぐや姫の京都を題材とした名曲「加茂の流れに」は、いつも

レパートリーに入っていました。




報道によると当時の平均年齢は21歳、今回は49歳だった

そうですね。

拓郎は今年還暦!19歳だった僕も50歳になりました。


今回のイベントもチケットは完売したそうです。

そんな中、熱心に誘ってくれた方もいましたが、参加するには

日程が許さず、あの聖地に立つことは叶いませんでした。


ただあの頃が、自分の中で風化することはありません。


「懐かしい…」のではなく、「久しぶり…」と感じたのは僕だけでは

ないはずです。

悲喜こもごも

テーマ:

ユースは高円宮杯準々決勝で夢が破れました。


Jビレッジににいた僕の元には勝澤編成・育成部長から刻一刻と情報が

入ってきます。

キックオフ、前半はスコアレス、失点…  そして終了直前に追いついた!

延長線へ、PK戦へ、そして…

3人が続けて外したヴェルディはベスト8でこの大会を去りました。

残念の極み、でも全力を尽くした彼らを拍手で迎えたいと思います。


一方のベレーザは、

キックオフそうそう、さらに7分を待たずに追加点を挙げて楽勝スタート、

ところがその後決定的なチャンスを逃すうち、メリーゼのエース丸山選手

にゴールを奪われ、なんとなく不安な展開に…

後半は豊田の退場もありハラハラの展開になりました。

しかしさすがの勝負強さ、最後は2-1で逃げ切りました。


教訓は、本当に勝負は最後までわからないということ…


最後の最後まで、全力を尽くすこと、

それが我々に課された使命です。

2勝目

テーマ:

モンテディオ山形戦


本当に久しぶりの完封勝利でした。

前回の山形戦以来、11試合ぶりでしょうか。


決定的なチャンスをいくつかフイにしました。

かなり危ない場面を、懸命のディフェンスと幸運で守りきりました。


勝ちは勝ち、内容では圧倒していたのですから…

とにもかくにも運命の第4クール、2勝目を挙げました。


ご声援、ありがとうございました。

味の素スタジアム

テーマ:

今日のゲームの運営の打合せが終わったところです。


今日スタジアムについたのは9時過ぎでしたが、とにもかくにも

一番気になっていたピッチに向かいました。


グッドコンディションです。


芝の状態は画期的に良くなったと運営担当からは聞いていましたが、

想像以上です。

かなり良くなっていて、今まででも最高の部類ではないでしょうか?

グラウンド整備の皆さん、味の素スタジアムの皆さん、大変なご苦労

だったと思います。


この秋晴れの下、多くの子供たちも集まる今日の試合で、

いいゲームをお見せします。

前日練習

テーマ:

今日のトレーニングは、トップチームは明日のベンチ入りの選手だけ、

そして引き続き、サテライトはその他すべての選手で行われました。


シーズンの浅い段階では、メンバーが試合ごとに大きく異なり、その

ために上がってきた選手には過度のプレッシャーがかかり、サテに

落とされるとモチベーションが下がったり、どこかが痛くなったりする

状況が続いていました。


ただし、今は違います。

トップに呼ばれた選手は満を持して気力充実、そしてサテライトに

送られたり、残念ながら次節の出場機会がなくなった選手も、さらに

その次を目指し、調整と挑戦に余念がありません。


本当のいわゆるチームワークが完成に近づきつつある印象を受けて

います。


このシーズンを、この仲間全員で闘うんだというチームワークです。

いい結果も、万が一悪い結果に終わっても、チーム全体で受け止め

ようとする気持ちを感じます。


明日は味スタでのモンテディオ山形戦


TOMASデーでもあり、小さなお客さんも含め、多くのお客様の来場が

見込まれています。


ヴェルディらしい良いゲームを…

きっとお目にかけます!