新サービス

テーマ:

以前、8月1日からヴェルディのブログで新サービスを始めると、

何かのついでに書きました。


その件に関し、お詫びと訂正です。


もろもろの事情で、明日8月1日にスタートさせることができません。

僕のブログ以外では一切告知していませんが、期待させてしまった

としたら、お詫びいたします。

申し訳ありませんでした。


現在、全力で準備を進めていますが、スタートできるのは8月の

後半になると思います。


どんなサービスか?というと、ヴェルディブロガーのためのブログ

がスタートします。

現在も、Ameba スクラップブックに 「ランド登頂クロニクル」 が

ありますが、簡単に言うとこのスクラップブックの公式ブログ版?

のようなものです。


ヴェルディブロガーの最新更新情報が簡単に手に入るようになり、

新しいオリジナルデザインスキンも提供します。


現在ヴェルディホームページ内にある「ヴェルディ食堂」を増強し、

サポーターに開放するイメージでしょうか…


これからどんどん順位を上げていくヴェルディのコミュニティを、

ますます広げていくことができると確信しています。


詳細がお伝えできるようになったら、ホームページに掲載します。


お楽しみに…

平本副キャプテン

テーマ:

今日、日野市で小学生のサッカー教室がありました。

主催は日野法人会という税金への理解を深めるための組織で、

サッカーと税金の両方を学ぶスクールでした。


ヴェルディからは米山コーチ以下普及部のコーチ4人が指導に

当たりましたが、選手のサイン会も行われました。

午前の小学校低学年対象の部では、柳沢選手会長と平本選手、

午後の小学校高学年対象の部では、三原選手とキローラン選手

が参加しました。


サインをもらう子供たちの輝く笑顔が印象的でした。


ヴェルディは、地域やさまざまな団体の普及活動を支援して

いますが、この一週間、平本副キャプテンが大活躍しました。


平本は、モンテディオ山形戦で通産8枚目のイエローカードを

受け、2試合の出場停止処分となりました。

次に出場できる愛媛FC戦に向け、毎日のトレーニングも欠かせ

ない毎日ですが、試合に出られないこの時期、地域活動にいつも

以上に参加してくれたというわけです。


スポンサー主催のサッカースクールのデモンストレーター、

コンサドーレ戦ではサポーターのためのサイン会への参加、

支援団体主催のサッカークリニックでの挨拶、

そして今日はサッカー教室にゲスト参加してサインをしました。


プロとして、ゲームで素晴らしいパフォーマンスを見せるのは

当然の義務ですが、サッカーを愛する子供たちへ夢を提供する

こともプロ選手の仕事だという想いをもっての活躍でした。


ジュニアからヴェルディでサッカーを続けてきた平本一樹選手、

様々な子供たちとのふれあいを通して、改めて自分のプレーへの

モチベーションが上がったことは確実です。


今週末の愛媛FC戦


3試合ぶりにピッチに立つ平本選手から目が離せません。

連勝を目指し

テーマ:

今日の水戸ホーリーホック戦

2-1 接戦をものにし、逆転勝利で勝ち点3をものにしました。


反省点はあの失点。

攻め込んでいる最中でしたが、ディフェンスのクリアも甘く、

アンデルソンの個人技に屈し、先制点を許してしまいました。

ゲームを支配しつつある中で得点をあげられず、逆に失点を

するところに今年のヴェルディの弱点があります。

これを克服しなくてはいけません。


良かった点は、強化指定選手・飯田のデビューと、ルイス、

富澤の今季初得点がやはり秀逸でしょう。

特にカンペーこと富澤選手は、昨年ケガをしてから始めての

フル出場、しかもボランチとセンターバックをこなした上での

得点。これは嬉しかった…

次に目指すは、数多くのアシストを果たしながら、ゴールに

嫌われて無得点に終わっているマルクスのゴールでしょうか?


試合後の監督会見でもありましたが、優勝や上位を目指す

チームには、連勝する勢いが必要だと、監督はよく口にして

います。

札幌戦で今、季3度目の4連勝へのチャレンジに失敗した

ヴェルディ。

今日からまた、4連勝、5連勝を目指して、勝ち星を積み上げて

いきたいと思います。

明日は水戸戦

テーマ:

明日は水戸ホーリーホックとの一戦、

これまでの対戦は1勝1敗の五分、もちろん負けるわけにはいきません。


リーグ戦も残り20試合、もちろんスクランブル体制です。


今回の遠征メンバーを見て「あれっ!」と思った人もいたはず…

出場停止でもなく、怪我によるリハビリ中でもないのに見当たらない選手が

いる?


ここまでのリーグ戦、ACLの戦いで選手もかなり疲弊しています。

無理をすれば、それこそ深刻は故障になりかねません。

シーズンの残りスケジュール、対戦相手、コンディションをみながら、その

時々のゲームでベストの布陣を組んでいく…

それは同時に死力を尽くしてきた選手の休養にも繋がります。


ちょっとMLBの戦い方にも似ているかもしれません。


まあ、それだけチームが選手層の厚さを手に入れたということかも知れません。


札幌戦でシュートがなかったフォワード陣、

ここは正念場、積極的なプレーを!


天気予報はかなり変わって明日は好天の予報、

ベストコンディションで、スカッとした試合をお見せしたいと思います。

稲城市民憲章推進の日

テーマ:

今日は「稲城市民憲章推進の日」のイベントが開催されました。


稲城市民憲章とは?

以下に稲城市のホームページから引用させていただきましたが、

市民生活のうえで、心がけるべき事柄をしめしたものです。




 稲城市民憲章  (昭和56年11月1日制定)

 縄文の昔から緑豊かな多摩の横山と多摩川の清流にはぐくまれた私たちのまち稲城。私たちは、このまちに住み、このまちを愛し、いつまでも平和で友愛に満ちた心のふるさと、稲城市をつくるために、市民憲章を定めました。市民ひとりひとりがこの憲章を心の道しるべとして、より豊かなまちとなるよう協力しましょう。

1.太陽と緑をたいせつにし、土の香りのあるまちをつくりましょう。

1.市民としての自覚をもち、助け合って住みよいまちをつくりましょう。

1.年よりやこどもをいたわり、若い力を育てるまちをつくりましょう。

1.心身ともに健やかに、笑顔で働けるまちをつくりましょう。

1.伝統を尊び、文化を高め、未来に展望がもてるまちをつくりましょう。




イベントは、よみうりランド内の太陽の広場のステージで行われ、

この日、稲城市に招待された民さんを前に市民憲章を唱和し、

抽選会なども行われました。


ヴェルディからはラモス監督が出席し、挨拶の中で、年配の方々

への敬いの心を持って欲しいと、集まった子どもたちに話しかけ

ました。


その後の抽選会でもプレゼンターを務め、ヴェルディグッズや

入場券などを市民の皆さんに手渡しました。

途中、景品のサインボールでリフティングを披露する場面もあり

大いに盛り上がりました。


ヴェルディはプロサッカーチームですから、より良いサッカーの

ゲームをお見せするのが重要なミッションではありますが、

我々を支えてくださる地域の人たちと共生することも大切な目的

のひとつです。


これからも様々な形で地元の皆さんと繋がっていたいと、改めて

心に誓いました。

力及ばず…

テーマ:

コンサドーレ札幌戦


力及ばず、無念な結果となりました。

今日は、非常に悔しい…


最後まで応援していただいたサポーターの皆様、

ありがとうございました。


四たび、さらに長い連勝に挑戦を始めます。

それぞれの夏

テーマ:

今日は八王子の北野市場という場所で納涼祭が行われ、

ヴェルディはキックターゲットを持ち込んで参加しました。


選手を代表して弦巻選手とキローラン選手が加わりました。


二人とも子どもたちにサインをせがまれ、大人からは写真

撮影を頼まれ、ステッカーを配りながらイベントの盛り上げ

に一役かっていました。

サテライトの練習を終えたあと、夜遅くまでかかりましたが、

子どもたちの相手は楽しい!と地域社会に溶け込み、貢献

したいという、立派なJリーガー振りを発揮していました。




成田空港からは森本選手がイタリアへ旅立ちました。

その胸に去来するのは、夢の実現か?期待か?不安か…




また、U-21日本代表候補トレーニングキャンプメンバー

が発表されました。残念ながらこの時点でヴェルディから

の選出はありませんでしたが、若手の目標がはっきりと

見えた日でもあります。




若い世代にも、それぞれの夏があります。




そんな中、

トップチームは明日の札幌戦に向け最終調整。

今季初の4連勝に向けて、3度目のチャレンジとなります。

森本貴幸 オレ!

テーマ:

ヴェルディは森本貴幸選手のイタリア・カターニアへの

期限付き移籍を発表し、本日、記者会見を行いました。


日本人としてセリエAでプレーするのは6人目ということ

で、会見にも多くのメディアが集まってくれました。


森本は史上最年少のJリーガーとしてデビューし、数々

の最年少記録を生み出した天才…

しかし、ヴェルディのJ2降格や昇格をかけての厳しい

戦い、またケガとの戦いの中で出場機会を多くは得る

ことが難しい現状でした。


そんな中、モリ自身が長く夢見ていた海外のビッグクラブ

からのオファーを得、夢が実現することになりました。


クラブとしては、モリの更なる成長のため、そして日本

サッカーのプラスになると信じ、修行に出すつもりで、

モリを送り出すことにしました。


さらにレベルの高いリーグでもまれ、外国人選手として

の経験を積んで、大きなプレーヤーに成長して日本に

帰ってきてくれることを望みます。


モリは明日25日、彼がデビューから2年間背負っていた

背番号の日に、イタリアに向け飛び立ちます。


モリに栄光あれ!

サッカーは難しい

テーマ:

サッカーとはなんと難しいスポーツだろう!

そう思わされたモンテディオ山形との試合でした。


試合の流れは90分という短いゲームの中で、

何度もその方向を変えていくのは周知の事実。

ただ、その中でどちらかのチームが、次第にゲーム

を支配していくのが普通のパターン。


しかし、この日もヴェルディはまだまだ圧倒的な試合

展開をつかめずにいました。


キックオフから20分間はお互いのせめぎあいから

一進一退だったがどうもバタバタした印象でした。

ただ、そこからサイドを使った攻撃で流れを変え、

山形の数的不利もあり先取点へと繋がりました。


ゲームを完全にものにするためには、後半開始から

攻め続け、ともかく2点目を奪うことにあったはず…

でも結果は攻め手を欠き、得点は奪えず、途中から

は攻め疲れた印象を与えてしまった気がします。


勝利は手に入れましたが、9人で守りきった山形の

健闘が目立った試合となりました。


守備の安定、攻撃のパターンを手に入れたヴェルディ、

今後はゲームを支配し、ゲームの流れをリードする

試合巧者を目指さねばなりません。


90分の試合を支配し、リードすることができるチームが

シーズンを支配し、リーグのトップに立てるのでは

ないでしょうか?

3連勝

テーマ:

モンテディオ山形戦

いろいろ言いたいことはあるけれど、とにかく結果は勝利。


勝ち点3をもぎ取りました。


これで今季3度めの3連勝!


まだまだこれからですが、

とりあえず次のコンサドーレ札幌戦。


4連勝に挑みます!