明日はジュビロ戦

テーマ:

リーグ戦での対戦成績は悪いのdすが、もうデータも実績も関係なし。

むしろそんな相手に勝つことがチームに勢いを呼びます。


「石に齧りついても」の気持ちで闘おう!


応援をよろしくお願いします。

研修会

テーマ:

今日明日とJリーグの研修会に出席しています。

Jクラブ30チームのフロントの人間が集まり、経営についてのさまざまな講義を

うけ、また横の連携を高めるために毎年開催されているものです。


ひとつひとつの講義がそれぞれ示唆に富んでいて興味深いものであるうえ、

やはり他のクラブの方々との情報交換もまた、非常に大切な機会だと思います。


Jリーグが発足してからまだ10年余りですが、そこにいたる艱難辛苦の時代、

また発足当時の計り知れないご苦労、さらに短いとはいえ、喜びと苦難に

満ちた発展の軌跡を知るにつけ、先人の尊さと、この事業に関る誇らしさが

胸に満ちてきます。


日々の戦い、自らのクラブの問題に取り組んでいかなければならないのは

当然のことですが、日本全体のサッカーやスポーツの振興、さらに青少年の

育成やJリーガーやそれに関る人々の今後を考え、自らにできうることを全う

することが求められていることを強く感じます。


鈴木チェアマンがおっしゃっていましたが、Jクラブは競合する立場でいながら

ライバルとして共存し、全体で発展していかなければならない!

本当にそう思います。


これからも自分なりのテーマを見つけて、少しでもリーグやサッカー界全体に

何らかのお役に立ちたいと思います。

気魄

テーマ:

今週末はジュビロ戦です。


天皇杯決勝ではいい戦いをしましたが、リーグ戦の成績は思わしくありません。

今年のアウェーでのゲームも惨敗でした。

しかし、

もはやデータは関係ないでしょう。

我々に必要なのは、戦う心、挑む心、気魄です!

勝利への距離

テーマ:

Jリーグディビジョン1は第25節を終了しました。


残念ながらなかなか勝利をつかめないヴェルディですが、勝利を遠く

感じたのはヴェルディだけではないようですね。


4試合が引き分けとはいえ、9位以下のチームに勝ちはありませんでした。

のどから手が出るほど欲しい勝ち点3はいずこも同じ。

その切迫した中で、ますます勝利への距離を感じます。

長いリーグ戦の闘い方の中で、負けないことは非常に大事な場面も

ありますが、今、特に下位に甘んじているチームは勝つことこそが

何よりも必要です。


各チームとも負傷者、出場停止選手を抱えた苦しい試合が続きます。

残り9試合、気持ちの勝負が続きます。

連続ドロー

テーマ:

勝ちきれませんでした。

ヴィッセルとは2試合連続のドローとなりました。


試合前、選手と交わした握手は、いつもより力がこもっているように感じました。

しかし、後一歩、何かが足りなかった…

それは力か、心か、運か…


我々の長い旅は、まだ続きます。


絶対に負けない!改めて自分に誓いました。


多くの声援をありがとうございました。

宮崎宣子アナウンサー

テーマ:

ご存知、3代目ヴェルディアナウンサーの宮崎宣子アナについて少し。


先日、イベントで宮崎アナとご一緒する機会がありました。

かなり盛りだくさんの内容で、司会役は大変だったと思いますが、

宮崎アナの機転と才気煥発さには本当に感心しました。身内を褒めるのは

どうかとも思いますが、なかなかの頭のよさに驚かされました。

周りの状況を読み、その時一番大切なことをとっさに判断し、もっとも適切な

言葉を選んで見事に言葉でイベントをリードしていました。


私も長年テレビの演出をしていましたが、宮崎アナは一流のアナウンサー

だと思います。

10月から月曜から木曜までの夕方の生放送を担当するといううわさですが、

それにも頷けます。


ヴェルディアナは、初代の佐藤良子アナは淑やかで端正な魅力があり、

2代目森麻季アナは底抜けの明るさと弾むような躍動感がありましたが、

本当に毎年異なった、そして個性の光る魅力を見せてくれますね。


いろんな人に支えられていることに感謝します。

今週末はヴィッセル戦です。

何かと多忙

テーマ:

2週続けて連休ということで何かと忙しくしています。


まずは休日が多いのでそれにしたがってイベントが目白押しであること。

今週末からはなでしこリーグが再開すること。

この時期になって、ようやく夏休みをとることができたスタッフが複数いること。

厳しい戦いが続くトップチームの支援として何ができるかが多いな問題であること、

などがその多忙の原因となっています。


ともあれ多忙は望むところ…

こんな時こそやりがいがあるというものです。

多少ブログの更新に影響がでていますが、どうかご容赦を。

名月

今日は仲秋の名月です。


今年は見事に秋の空を飾ってくれました。

陰暦8月15日のこの世の月を、どれほどの先達が眺めたことでしょう。

まさに盆のような月に何を願い、どんな思いを託したことでしょう。


私も、ふと願をかけたくなりましたが、直後月が白星にも見え、

自分の俗人ぶりに呆れ、ただただ眺めました。

運は自分で切り拓くものだから・・・

悪循環

テーマ:

またしても1点届かず、勝負に敗れてしまいました。

前回のフロンターレ戦での反省は生きていたとは思いますが…


リーグ戦での3連敗は今季初めてのことです。

この結果は重く受け止めなくてはなりません。

プレーも気持ちも、悪い方のサイクルに入っているようです。

危機感が足りないとは思いませんが、こうなったらもっと自分達を追い詰めて

戦うことも必要かもしれません。


次のアウェーのヴィッセル戦、大きな正念場と考えたいと思います。

フロンターレ戦

テーマ:

明日のフロンターレ戦はNECフィールディングデーで、テーマはエコです。


ヴェルディはそのチーム名の由来であるVERDE(=ポルトガル語「緑」の意味)

にちなみ、さまざまなエコロジー活動をしてきましたが明日はその環境活動を、

ゲームのテーマにしています。


世界中を襲う異常気象、アメリカの「カトリーナ」の被害や日本の台風の多さも

地球温暖化やオゾンホールの拡大と無関係ではないと思います。

そんな中、スポーツを楽しむにも子供達の健全な成長を望むのにも、地球規模

の環境整備は我々の義務であると考えます。

スタジアム内でも各所で環境問題を取り上げた催しを展開します。

小池環境相がキックインもしてくださるそうです。


折りしも18日は仲秋の名月です。明日は宵待月ということになります。

16時キックオフのため月見は無理ですが、サッカーの試合に出かけつつ、

ちょっと環境問題を考えていただけたら…と思っています。