代表の敗戦

テーマ:

東アジアサッカー選手権決勝大会の緒戦、日本代表は北朝鮮に敗れました。


そこで気になったことがひとつ。

マスコミの論調はほとんどがまさかの敗戦という表現でした。

テレビ朝日の中継もまさにそのままでした。

確かにワールドカップの予選では日本が連勝しました。

ただ、そんなに実力に差があるのでしょうか?

また、多少差があったとしても、サッカーがそれほど順当な結果を生む競技

なのでしょうか?


何か奢りがありませんか?

何か油断がありませんか?


他人事ではありません。

常に最善を尽くし、全力を尽くす。

それでも結果はどうなるか分からないのがサッカーです。


本日、ユースは辛勝しました。

明日、トップはフィオレンティーナと戦います。


結果は下駄を履くまでわかりません。

ただただ力の限り闘うだけです。