代表の敗戦

テーマ:

東アジアサッカー選手権決勝大会の緒戦、日本代表は北朝鮮に敗れました。


そこで気になったことがひとつ。

マスコミの論調はほとんどがまさかの敗戦という表現でした。

テレビ朝日の中継もまさにそのままでした。

確かにワールドカップの予選では日本が連勝しました。

ただ、そんなに実力に差があるのでしょうか?

また、多少差があったとしても、サッカーがそれほど順当な結果を生む競技

なのでしょうか?


何か奢りがありませんか?

何か油断がありませんか?


他人事ではありません。

常に最善を尽くし、全力を尽くす。

それでも結果はどうなるか分からないのがサッカーです。


本日、ユースは辛勝しました。

明日、トップはフィオレンティーナと戦います。


結果は下駄を履くまでわかりません。

ただただ力の限り闘うだけです。

全国大会

テーマ:

今日からクラブユースサッカー選手権(U-18)が始まりました。

ヴェルディーユースはグループリーグ初日に京都パープルサンガユースと

対戦し、1-0で勝利しました。

決勝は8月6日、暑い夏がはじけています。


この大会が行われているJビレッジには、育成部門のほかのチームも参加

する大会があります。

U-15の大会が12日(金)から21日(日)、ジュニアユースが参加します。

そして全日本少年サッカー大会の決勝大会が、7日(日)から13日(土)で、

これにはジュニアが参加します。(準決勝以降は西が丘サッカー場)


トップチームだけでなく、すべてのカテゴリーで戦いは始まっています。


是非、Jビレッジにもお越しください。


クラブユースのホームページはこちらhttp://www.jcy-football.com/

少年サッカーのほーむぺーじはこちらhttp://www.u12-football.com/

バドン監督

テーマ:

まもなくバドン晋監督が来日します。


その経歴についてはすでにリリースしている通りです。

新しい出会いには心ときめくものがあり、またそのたびに巡り会わせというか

不思議な縁を感じることも良くあります。


バドン監督とはもちろん面識はありません。

ただ1956年生まれということですので、私と同じ年の生まれです。

そして8月21日が誕生日、これか奇しくも彼が始めて指揮を執る最初の

ゲーム、国立競技場での大宮アルディージャ戦の日に当たります。


新監督の誕生日に、新しいチームで勝利し新監督へのプレゼントとしたい。


素敵な偶然となることは間違いありません。


今日もヴェルディは次の勝利を目指し、厳しいフィジカルトレーニングを

繰り返していました。

更新の難しさ

テーマ:

ブログを初めて4ヶ月以上が経過しています。

始めた当初は、毎日何を書こうかということで迷い、更新に苦しみました。


ただ少しずつ慣れていくに従い、なんとなくコツのようなものが分かってきたことと、

気負いがなくなったことなどで更新が順調となり、毎日新たな話題を書くことが

できるようになりました。


ただ7月になり、チームが不振に陥り、今度は何をどのように書くべきかで悩み、

さらに自分たちの書いたブログに対するトラックバックや大きな反響に戸惑い、

毎日の更新が難しくなりました。


そんな時期も少し前の話となり、またひとつ壁を超えたような気がします。

ある種オフィシャルなブログであることは否めませんが、あくまで自分の日記

のつもりで書くべきだということを改めて感じたからです。

読者の方を意識しすぎずに、等身大で自然体のブログにしたいと思います。

更新に関しても、「毎日」をノルマにしてしまうと本当に文章が荒れてしまいます。

身の丈にあったブログとして、これからも続けていこうと思います。


これからもよろしくお願いいたします。


追伸

ジュビロと闘ったレアル・マドリードはかなりコンディションを上げていました。

まだまだなのかも知れませんが、月曜よりはずっと体が動いていましたね。

メディアの反応

テーマ:

昨日のレアル・マドリードとの一戦はかなりメディアに取り上げられました。

まあ大半はヴェルディ大金星とか、レアルどうした?とかマジ!でしたが…


ただ何度も言いますが、ヴェルディはヴェルディらしさを常に求めます。

相手にかかわらず、監督が代ってもそれは変わりません。

このところヴェルディらしさは影を潜めていましたが、このレアル戦に

良いところが出たことが、何よりの喜びです。


ただ、テレビ放送の視聴率も14%を超えましたし、多くの人にヴェルディ

のゲームが伝わったことは確かです。これをキッカケにわがチームに

興味を持っていただければありがたいと思います。


チームは次のフィオレンティーナ戦に向け、また調整に入ります。

レアル戦に続き、新監督のもと合宿に入る直前の試合となるフィオ戦は

大切なゲームとなりました。

ヴェルディのサポーターの皆さんはもちろん、ファンの皆さん、ちょっと

ヴェルディが気になっている方、ぜひとも観戦にお越しください。


8月1日(月)味の素スタジアム、19時04分キックオフです。





勝利の美酒

テーマ:

レアル・マドリードとのプレシーズンマッチを闘いました。

そして久しぶりに勝利を得ました。


報道を見ていると、レアルが日本で初の敗戦、といった記述が目立ちますが、

そんなことより相手がどこであれ、とにかく勝ちが嬉しかった。

石崎監督の采配も2試合目、選手のモチベーションも高く、ヴェルディ本来の

サッカーを成し遂げようとする気持ちがすべての選手に溢れていました。


大悟の技ありの先制点、ワシントンのドンピシャの追加点、卓の絶妙のダメ押し、

そして最後まで緊張感を維持したディフェンス。とにかく忘れかけていたプレーを

いちばん良い形で見せることができたと思います。


ジウのデビュー、新監督のプレスリリースも同じ日となり、残るリーグ戦へ向けて

いいリスタートのキッカケをつかめたような気がします。


いかなる言葉で綴るより、今日だけはただひとつの勝利に美酒を捧げたい。


多くのご声援、本当にありがとうございました。

多彩な一日

テーマ:

朝早く広島を出発しました。


広島の街の美しさは、訪れるたびに私を魅了しますが、ちょうど60年前の夏、

この街が経験した悲劇を思うと、なんとも心が痛みます。

今年もまた、あの日が近づいています。


その後幾多の乗り物を乗り継ぎ、八王子上柚木陸上競技場に向かいました。

今日は八王子サッカー協会の創設35周年イベントの一環として、

ヴェルディのOBチームと、八王子FCの試合が行われたからです。


大滝龍一監督の元、育成GKコーチの菊池新吉、利三兄弟や、石塚啓次

はじめ、懐かしい顔が揃いました。

残念ながら若者中心の八王子FCには1-4で敗れましたが、多くの観客の

皆さんに喜んでいただけたと思っています。


このあと午後9時から、今日来日したレアルマドリードのウェルカムパーティが

都内で行われます。

なかなかパワフルな一日になりますが、これから出かけます。


そして明日、ヴェルディはレアルと1年ぶりに闘います。


どんなゲームになるのでしょうか?

無念

テーマ:

2005年7月のHOT6、ついにヴェルディは勝ち星なく終わりました。


この無念はどうしてもうまく伝えることができません。


ただ、この暗闇の中、何か一条の光を見た気もします。

明らかに変わりはじめた兆しを感じたのは私だけではないでしょう。


明日があります。

未来があります。


万博、国立、味スタ、味スタ、ヤマハ、広島と続いたこの6試合を、

私は、ヴェルディは、そしてヴェルディを支えるすべての人は、

決して忘れないと思います。

この思いを深く胸に閉じ込めて、後半戦に向かいます。




明後日、ヴェルディはレアル・マドリードと闘います。

こちらはこちらで去年の雪辱を期したいと思います。

新生ヴェルディ

テーマ:

石崎監督率いる新生ヴェルディが、緒戦の対サンフレッチェに向けて

出発しました。


明日はどんな戦いを見せることができるのか、それを思うと体が

震えます。

ですがこれは恐れではなく、武者震い、期待への震えです。


広島へ、行ってまいります。

一期一会

テーマ:

オジーがクラブを去りました。


サポータの皆様に感謝の言葉を残して。

チームにはさまざまな出会いがあり、

そして別れがあります。


ただ何も無くなるものはありません。


時は去りません。

ただ重なるのみ…


ありがとう!オジー

あなたに会えたことに感謝します。