初心を忘れず

テーマ:
私がヴェルディに赴任したのは昨年6月7日のことです。

それまで、日本テレビでバラエティの番組制作を皮切りに報道、
情報番組、編成企画、営業推進、人事、総務、ネットワークなど
の仕事をしていましたが、自らはスポーツ大好き人間でありながら、
スポーツに関る仕事とは何故か縁がなく、まったく白紙の状態で
クラブを訪れました。
私自身は、小学校4年から中学3年まで、京都パープルサンガ
の前身である、紫光クラブの下部組織「紫サッカー少年団」で
ゴールキーパーとしての選手経験こそありましたがスポーツクラブ
経営はまったくはじめての世界です。

チームはリーグ戦開幕当初の不振を脱出し、ナビスコカップの予選で
徐々に調子を上げてきた時期でした。そして、レアル・マドリード
とのプレシーズンマッチがちょうど決まりかけた時期でもありました。

フロントに目を転じると、4月に事業推進部長が交代したばかり
でしたが、私がそこに赴任したので、わずか2ヶ月で部長が二度も
交代したことになり、なかなか方針がはっきりと示されていない
状況でした。

事業推進部長としての私がはじめに取り組んだのは、事業推進部の
担務の変更とそれに伴うデスクの配置転換でした。今までの経験から、
人心を一新するには有効な方法だと考えていたためです。坦務が変
わると一つ一つのルーティンが見直され、自然に効率化が進みます。
またデスク配置の移動は、目線が変わり狭い範囲での人的ネットワークが
変化するのでモチベーションに刺激が与えられます。さらに、部屋
が片付きます。

「とにかく改革を断行したい」その気持ちを強く持ちすべての業務に
取り組むことにしました。生活面では、毎日いちばんにクラブに
到着し、日課のランニングをすることを目指しました。

そしてトップチームの試合は遠方の出張以外はなるべく同行する。
ベレーザの試合にも立ち会う、営業や事業のイベントになるべく顔を
出し、育成部門の試合にも出かける、などの自分のフットワークを
生かしていくことを基本と決めました。

そしてレアル・マドリードとの戦いでは運営全体をクラブに任せてもらう
ことにしました。実際、日常的に味の素スタジアムを満員にすることは
難しく、かつての黄金期はいざ知らず、その時のチーム・クラブには
この試合の観客動員が後々にの大きな経験となりました。

チームももちろん学んだことが多かったと思いますが、フロントも
スタジアムを観客で満員にする喜びを知り、またあれだけの注目
イベントを、まったく問題無く無事に運営したことに、大きな自信を
得ました。

次第に我々にはいい意味「欲」が生まれ始めていたのです。

(明日に続く)

別れと出会いの季節

テーマ:
ヴェルディもそうですが、Jリーグでは大体選手やスタッフの
契約の年度はリーグの日程にもあわせ、2月1日からというのが
慣例となっています。

ところがフロントなどは世間の常識に近い4月1日から新年度、
という考え方も根強いようです。一般的に日本では、やはり4月
ガ始まりの月、3月が終わりの年というのが一般的ということで
しょうか。

学校には卒業式と入学式が、企業にも入社式が行われ、別れと出会
いの季節となります。
桜の季節を迎え、私なりの一年を振り返ってみようと思います。

下書きを書いてみましたが、少し長くなります。
明日から2日間にわたって少しまじめに私の仕事、さらにクラブ
ガ抱えている問題点を考えてみたいと思います。

なんだか予告だけで終わるようですみません。
3月も残り3日です。

アウェー観戦ツアー

テーマ:
今日はちょっとPRをします。

今期、ヴェルディはすべてのアウェーゲームで観戦ツアーを実施して
います。知ってましたか?

往復のバスもしくは航空機と観戦チケットつきのツアーで、遠距離
やナイトゲームのときは宿泊もセットしています。
かなり格安で、しかもフロントのファンデヴェロップメントチーム
の誰かが同行します。さまざまな手配は必要なく、試合を見ること
ができるお手軽さの上に、サポーターの方々の懇親の場としても
役立てていただけると確信しています。
我々フロントも、サポータの方の生の声を聞かせていただく最高の
チャンスと考えています。

ヴェルディのトップページの右下のちょっと見にくいところですが、
観戦ツアーのバナーを設けてあります。

ただしバスツアーの場合は、最小催行人数を設定せざるを得ず、場合
によってはツアーが実施できない可能性もあります。
まだまだ認知度が低いせいもあり、ツアー不成立になりそうな試合
もあることから、ブログ上でご紹介させていただきました。

是非一度覗いてみてください。

これからもさらに新しい企画を立ち上げていきます。
ご期待ください。

TOMASコンサート

テーマ:
サンフレッチェ戦の勝利情報は誰かに任せて…

今日はトップチームの試合同行は島田社長が担当し、私の方は
ヴェルディのメインスポンサーのひとつ、TOMASさん主催の
コンサートに出かけて参りました。

NHKホールで行われたこのコンサートは今年で第6回となるもので、
東京フィルハーモニー交響楽団のクラシックコンサートでした。
今年は世界的なヴォーカリストのレーナ・マリアさんを迎え、
東京からは大妻中中野中学。高等学校合唱部の127名の部員の方々
もお招きしての、それはそれは素晴らしいコンサートでした。
ヴェルディのブースも出展し、歴代のユニフォームや現役選手のパネル
を出させていただき、ヴェルディ君の着ぐるみは人気を呼びました。

レーナ・マリアさんは長野で行われた1998年の長野冬季
パラリンピックの開会式でもその透明な歌声を聞かせてくれた方
ですが、今日も本当に素晴らしい歌声を聞かせていただきました。

印象的だったのは、子どもたちの輝く瞳でした。

芸術にもスポーツにも、そしてTOMASさんもヴェルディも
輝く瞳を持つ子どもたちを支援していきたいと思っています。

3月26日、快晴の春の日、気持ちのいい日となりました。

遊歩道

テーマ:
日本中が日本代表戦の話題で一色なので、ここは思いっきり暇ネタをご紹介します。写真はヴェルディのクラブハウス近くにある遊歩道です。クラブ近くの名所のひとつではないでしょうか。
今朝は肌寒く、聞くことができませんでしたが、先週くらいから鶯の声を朝から聞くことができます。

多摩自然遊歩道といいますが、小田急の読売ランド駅から京王の京王稲田堤駅までをつなぐ、全長4.2kmの遊歩道です。
私は毎朝、この道を通ってクラブハウスに出勤しています。読売ランド駅からおおよそ1.2kmの登り道、武蔵野の佇まいを残す、
美しい散歩道です。

ヴェルディでは、この道をトレーニングコースに使っています。
昨日ブログを立ち上げた広瀬フィジカルコーチなどは、人通りの
少ない夕刻にこの道を使ってユースやジュニアユースの選手に
クロスカントリーさながらのランニングを課したりするわけです。
トップチームの選手も時折走ったりします。

ユース上がりの選手にとっては苦しい思い出があり、寮生活を
送っている戸川・李・森本選手などにはクラブへの通り道でも
あります。ゴールキーパーの某選手は、一生の伴侶と初めて
出会った思い出の道でもあります。

雨の後は少しぬかるみますが、晴れた朝にはこの上ない散歩道に
なるので、是非一度歩いてみてください。
49歳間近の私はこの道のりを約10分で楽に歩きますが、
実は私40歳を過ぎてからフルやハーフマラソンも数多く経験した
アスリートですので、皆様はどのくらいの時間で歩けるのか?
お試しください。

パソコン授与式

テーマ:
今は24日の16時ですが、たった今スボンサーのNECフィールディングさんから、天皇杯の優勝のお祝いにいただいた、選手用のパソコンの授与式が行われました。食堂に設置され、選手に愛用されることでしょう。

写真はNECフィールディングの橋本常務とクラブの島田社長。その後ろでパソコンに向かっているのは、ブログ執筆中の山田キャプテンです。
携帯から立ち上げたため、やや雑ですが速報でした。

雨の中の練習

テーマ:
今日は細かな雨が降り続いています。

写真は私の席から窓越しに見たトップチームの練習グラウンドです。
見にくいかもしれませんが照明を点灯させています。

今週末はナビスコカップの第2戦、サンフレッチェ広島とアウェーで戦います。李康珍と森本貴幸がU-20の代表に招致されているために、実戦形式の練習ではユースの選手やコーチも加わっていました。
李はU-20韓国代表として水原カップ国際ユーズ大会出場のため、
森本はU-20日本代表ブラジル遠征への参加のためです。

ところで、昨年好評をいただいた森本貴幸選手のゴールカードを今年
も作成いたします。先週のフロンターレ戦での2得点の分の製作に
入っています。次回のホームゲーム、4月3日(日)味の素スタジアム
でのジェフユナイテッド千葉戦で配布の予定です。
詳細は、またホームページで発表いたします。

お楽しみに…
昨日はブログのアップができませんでした。
まさか待ってくださっている方がいるとは思いませんが、お詫びの
気持ちをこめて、昨日の一日を振り返ってみます。

昨日は久しぶりに完全オフの一日で、実は日曜の夜から泊りがけで、
千葉までゴルフに行っていました。
チームでは、米山・上村両選手、中村GKコーチ、福島ドクターや久
保田トレーナーが趣味でゴルフを楽しみますが、今回はまったく私の
プライベートで、友人が経営しているイベント制作会社の20周年の
記念ゴルフコンペへの参加でした。

そのコンペで、アスレチックゴルフクラブの4番ミドルホールにおいて、
私はなんと31打という、空前絶後の記録を樹立してしまったのです。
セカンドショットが池に入ってから、12回連続で池に打ち込んだの
ですが、実はよく覚えていません。その後のプレーも記憶が途切れが
ちですが、ただ31打に関しては同伴競技者やキャディさんの証言から、
間違いがないようです。
そして結果はグロス140、ブービーメーカー=最下位でした。
普段は100を切るくらいのスコアーなのですが…

22時ごろ家に帰りつき、ショックを隠しつつブログのネタを考えて
いましたが、準備のため膝にモバイルを広げたまま、ソファで眠りこ
け、起きてみたら朝の5時だったのです。

ブログが途切れたことをお詫びするとともに、一生忘れられないこの
珍記録を皆様に懺悔することで、お許しいただきたいと思います。

たまにはサッカーと関係のない話になるかもしれませんが、今後とも
よろしくお願いします。
尚、この件は上記の6名にはくれぐれも内密にお願いします。

ブログの気持ち

テーマ:
ブログを立ち上げてから、10日間が過ぎました。

この間、いちばん驚き喜びを感じたのはサポーターの皆様からの温か
いご声援でした。
もちろん、激励だけでなく厳しいご意見もいただきましたが、それも
これもヴェルディを良くしていくための方法ですから本当にありがた
いご指摘です

今後、サポータの皆様、チーム、そしてスタッフ、三位一体の支援が
必要です。
その時、最高のツールとして、このブログが役立つことを確信してい
ます。
私は今、宿泊先の成田のホテルからこの原稿を書いていますが、ブロ
グでつながれば時空の隔たりは関係ありません。いつでもどこでも。
サポータの皆様とチーム、クラブが有機的な関係を持ち続けることが
できます。

ホームページの更新やブログの立ち上げが絵に描いたもちにならず、
しかも尻すぼみにならないよう、努力します。

今後ともご意見、ご希望などをよろしくお願いいたします。

できうる限り、皆様のご意見を尊重しご期待に応えるべく邁進します。

日本一のコミュニケーションを目指して…

勝負は下駄を履くまで…

テーマ:
いやあ、今日は正直言って疲れました。

観ていただいた方には説明の必要はないと想いますが、試合展開が
前半0-4、後半4-0、終わってみれば4-4のドローですから…
つい二日前に、『ナビスコカップには、シーズンを象徴する何かが潜
んでいるのかもしれません。』なんて書きましたが、この試合が今年
を象徴しては困ります…

試合展開のほうは、試合詳細レポートを見てもらうとして、今日の試
合は前半終了時の足取りの重さ、そして後半に入ってからの高揚感、
試合終了時の喪失感のような安心感のような感覚、とにかく感情が揺
さぶられる試合となりました。

それにしても今年のナビスコカップ初戦は得点が量産されました。
本日の8試合で合計32得点。平均しても1試合4点ですが、ヴェル
ディが属するBグループに関して言えば2試合で14点、1試合平均
なんと7点になります。

得点の多寡は人によって好き好きがあるでしょうが、エキサイティング
なゲームであったことは確かです。
先週のリーグ戦でスコアレスドローだったわがヴェルディは、森本の
ナビスコカップ最年少ゴールを含む2得点、ワシントンの来日3得点目、
小林大悟の今季初ゴールで、大いに溜飲を下げました。

次の試合では勝利を…
ご期待ください。

肩が凝るゲームが続くとマッサージ代がかさみます。
では、失礼して今日もこれから行ってまいります。