公式サイトプロフィールサービス内容お客さまの声記事一覧読者登録
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
2011年06月08日

恐れを「受け入れる」(関野直行氏教えシリーズ)

テーマ:|**関野直行氏教えシリーズ
こんにちは。

メンタルコーチ/〔あなたブランド〕サポーターの
ナオコマル
ニコちゃんです。


このシリーズは2月下旬、
私にとって 「ワクワク生きること」 と メンタルコーチングのお師匠の
関野直行さんのセミナーを
久方ぶりに受講したことがきっかけで始めました。

(バックナンバーは → コチラ

「教えシリーズ」 としていますが、
とうてい、その教えなんて私が伝えられるものではなく、

特に関野さんのセミナーは 「体感的」 なので、
「そこでその人が感じたこと・イメージしたこと」 が
すべてだと私は思っています。

なので、
このブログで書けるのはあくまでも 「私が感じていること」 

ということで受けとっていただけたらと思います。



…… Vol.12 ……………………………………………………………………

恐れは眼をそむけると怖い。
ちゃんと見るとこわくないし、手放せる。


…………………………………………………………………………………


このシリーズでのひとつ前のエントリー 「変わりたいけれど・・・」

そして、先週実施した統合アートセラピーについて書いた
「変化したい vs 変わるのがこわい」



いずれも、「変わることへの恐れ」 がテーマとなりました。


まだソレひっぱるの~

という感はありますが、これはとても大切なテーマなので

もう少し深めてみたいと思います。


統合アートセラピーの翌日


受けてくれた友人たちと会う機会があったのですが、

3枚の絵の中でも特に、

「変化を恐れる気持ち」 を五感で深く味わい
それを色と形で表現し、その絵と対峙して感じることに向き合う…

それが、じんわりと内面に変化をもたらしているようでした。


普段はこういうネガティブなものを

あえて感じたり観ようとしないけれど、絵で表現してみることで、

「これも自分なんだ」 って受け入れられた。

すると、「それでいいんだ」 ってカンジで楽になったよえっ
 と…



関野さんもよく言ってました。


恐れは眼をそむけると怖い。

でもちゃんと見るとこわくないし、手放せる。

「ああ、こんな恐れがあるんだな」

恐れを持つ自分もあなたの一部。

いやな感情も全て、ゆっくり感じてあげると、

次第に感情の質が変わってくる。

受け入れたくない部分でも、受け入れて、手放す。

または、受け入れて、統合する。 これしかない。




そうなんだよね。

まずは恐れを受け入れないと、

手放すことも、統合することもできない。

恐れを見ないようにしても、進もうとしたらソレが引っ張ってくる。

恐れを拒絶して振り切ろうとしても、そう簡単には離れてくれない。



関野さんのメンタルコーチングのコースで、

このことを身を張って体感するワークがありました。


「このワークは怪我人が出るかもしれないので覚悟してくだい」

と真顔の関野さん。


叫び いったい何するの~ 叫び


6人組でのワークなのですが、

自分が何かに向かって進もうとする時、
よく心の中に出てくるマイナスの声を5つ出します。

例えば、

「そんなことしてだいじょうぶ?」
「経験ないくせに」
「あんたなんかにはムリだって」
「自分ばっかり好き勝手して」
「こわいよ~」


そしてスタート地点に立ち、15m程先のゴールを目指します。
(けっこう広い座敷でした)

ただし、

前に進もうとするのを、残りの5人が足や手や背中にまとわりついて
がんじがらめで5人が全力で進むのを阻止するのです。

5人はそれぞれの 「マイナスの声」 の役です。

ある声は右手をがっしりつかんで引っ張り
「あんたなんかにはムリだって」 って馬鹿にしたように連呼します。

本人が暴れても 「この手は絶対に放すものか!」

と手抜きなしの真剣勝負。

そんな 「声達」 を振り切り、断ち切らないと、
まったく前に進むことすらできません。



このワークは凄惨を極めました。。。(笑)


「うぉ~~っ」 と叫びながら力づくで振り切ろうと、
5つの声達と戦う人がいれば、

それでも振り切れず、凄まじき力と力の戦いの展開あれば…

すごい力で声達を突き飛ばして進む人もいれば…

(誰も手を抜かず、やればやる程、真剣に。。。
 もう ぐちゃぐちゃです。。。)

どんなに言っても声達は離れてくれず
その 「壁」 の厚さに動けなくなる人もいたり…

一方、
ものすごい凄みで 「私は行くのよ!」 と泣きながら
全身全霊で訴えるエネルギーに当てられて
声役も瞬間的に手を離してしまったり…


ワタシはハナから 力の勝負はムリなので
ここはやはり 「凄み」 だろうと(笑)

下腹のセンターに力入れて ひとつひとつの声に対して
バシッと説得して振り払っていきました。

でも最後にひとつの声が残りました。

私の足に食らいついて離れない
「こわいよ~ こわいよ~」 という子どものような声。

最後のひとつなので
力で振り切ることも、そのまま引きずって力でゴールに向かうことも
できたかもしれません…

でも、その 「こわいよ~」 の子をはねのけることは
できませんでした。

その子の力は他の声の力に比べて弱いのだけれど
その声を聴いていると 力づくで…なんて、とてもできない。

とっさに私がやったことは…

しゃがんでその子(声)に向かって柔らかく、

「そうだよね。 こわいよね。 ほんとに私もこわいよ。
 だから、一緒にゴールに向かって歩こうか」

と話しかけると
その声役の彼女は不意をつかれたようにきょとんとして…

そのスキに私はその彼女の手をとって二人でゴールインをしたのでした。


これは、合宿で行なったワークだったので、
翌日はみんなカラダのあちこちが痛かったり擦り傷がありましたが(笑)

このカラダを張ったワークで私はわかりました。


「恐れは受け入れたらいいんだ」


進もうとしたら恐れを見ないわけにはいかず、

拒絶 ではたぶんうまくいかず、

でも 「受け入れた上で」 一緒に進むのは、実はこわくはない。



恐れはあるものだ。

恐れはあっていいんだ。

恐れもコミにして進んでいけばいいんだ。


そう思います。







☆*………… ☆*………… ☆*………… ☆*…………… ∞
 自らこの動画を繰り返しみながら、               
 東日本、原発、地球への祈りを送ることを続けていきます。

 → Heal JAPAN がんばる日本。
☆*………… ☆*………… ☆*………… ☆*…………… ∞
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ナオコマル★【あなたブランド】サポーターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■無題

>natsu* ヒプノとアートのセラピストさん

そうなんよ~

いまでもあの日聞いた雄叫びや 涙にじむ凄み顔や声・・・
生々しくよみがえります(笑)

やらせる方もやらせる方だけど
あそこまで真剣にやった私たちもズゴイ。

人の内側で起こっていることが身をもってわかりましたワ。

1 ■うわ~お~

すごいワークですね、めちゃ体張ってる~!
確かに【無理だよ~】とか【 勝手だよ】とか説得して振りきれても
【こわいよ~】って、なんか素直~な自分の声ですもんね・・
なんだろう、置いていけないというか切り離せないというか
うまく言えないけど
体張ったワークって、想像しただけで効果ありそうですね(^-^)/

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。