私も現在は57歳、今まで様々な人と接しそんな中でご家庭での親御さんのお子さんへの躾を垣間見る事が有ります。
娘の学校時代から娘と同じ年位の子供が大人に対等もしくは生意気な口の聞き方をする人が居ましたが、そんな子供は学校でも先生に対等に敬語を使わず話しハイでは無くうんと言っていました。
そんな子供が社会に出て働く様になっても上司や客や利用者にうんうんと返答して居るんだなーと思っています。
そこに家庭教育でもある親の躾、家庭環境、友達で人間が形成され大人になって親や身内友達以外の人と接し本人の育ち、つまり対応態度が社会で他の人と接して他の人に知られ表面化するのです。
家庭環境家庭教育とは常日頃毎日の日常生活の中で親が子供に教えながら養われるので親の責任は大きく親は自分の子供が成人になるまで責任が有るのを心掛けないといけませんし目上への言葉づかいも親が自分の子供に教えるものです。

AD