中国共産党とチベット仏教ダライ・ラマ14世の件では日本のメディアでも、たまに放送されるので私もテレビで見ていました。
ゴルゴ13の漫画でも描かれて居ますが実際に放送しているメディアの人は完全なる第3者としてチベットで取材したんだろうか?と小浜直子は思っています。
私は現実に2010年にチベットに行って言語が判らないので人の様子を見て判断する事しか出来ませんがチベットだけが特別厳戒体制になってる訳では無く中華人民共和国は何処も何かしらあると直ぐに軍も動く国で北京で若い軍人は普通にその辺を歩いていて若い軍人に道を聞いた事も小浜直子は有りますが大変に親切で日本人の若い人はここまではしてくれない親切な 人だわと思った事が2010年に有ります。(翌日軍人を見ると相手は私を見て硬直しては居ましたがホホホ)
チベットでデモがあるとデモの鎮圧で中国共産党が動きデモ参加者が拘束されて居ますが他の国でもデモ参加者は拘束されて居るので中国共産党が特別な事をして居る訳では有りません。
私がチベットに行った時に問題があると思ったのは中国人との賃金の格差、チベット人への差別を北京空港でも見た事です💢胡錦濤が嫌いだからチベット人を差別しても良いんだと思っているのならこれは大きな問題があると思ったので私は北京空港で飛行機が満席なので現地ガイドのチベット人が同じ飛行機で北京から西寧までの飛行機に乗れず汽車で行くと聞いたので私は北京空港で「何を言ってるの、現地ガイドさんが同じ飛行機で行かないと困るじゃない、旅行会社の添乗員さん達の場合はエコノミーが満席ならビジネスクラスに変更してくれるのが航空会社よ、エコノミーが満席ならビジネスを回してくれるのが航空会社よ、そう言って航空会社に言って来ると良いわよ、これは世界共通よ」と話してチベット人の現地ガイドさんが航空会社に言いに行くと席が有りました。と行ったので航空会社が配慮した事が解りました。
その後に西寧からチベットまで寝台列車で行く時に添乗員さんから2等寝台列車なので汚いですが!と私に言うので「えっ嫌だわ汚い寝台列車なんて💢」と言うと直ぐに温家宝首相が北京から西寧まで豪華な寝台列車を送ってくれ北京から中国共産党党員が乗って来たのを知り
寝台列車の同じ部屋の私が同じツアー客の室蘭市から来たオバサンの名前を知らず服装持ち物様子で相手のオバサンはその辺の人で金持ちでも
無いのでオバサンをオバサンと呼びオバサンは…と言うと急に怒り私はあんたのオバサンでは無いよ💢と私に怒った突然寝台列車の部屋のドアがガラッと勢い良く開いて中国共産党党員がそのオバサンを睨み付けるとオバサンは余程怖くなったのか黙り込んだので私はその名前を知らないオバサンに「お名前を知らなかった物ですからホホホ何とお呼びしたら宜しかったんですか?ホホホ」と言いましたが相手は何も言わず無言で大人しくなって何処かに行きましたがガラッと勢い良くドアを開けてオバサンを睨み付けた中国共産党党員がその後も部屋の外に椅子を置いて座って居たのは言うまでも有りません。
あのオバサンが何かしからの新興宗教に入っていて自分が偉いと思っていたのかは知りませんが宗教の中で偉いのかは知りませんが一般社会では誰もが偉いなんて思いませんし思っていたらそれは社会不適合です。
そんな事も有りながらチベットに着きチベットの街並みを見て思ったのは、ここにチベット仏教のやり方で選ばれたダライ・ラマ14世が居ると街は活気づくだろう、ポタラ宮にチベット仏教のやり方で決めたダライ・ラマが居るとお参りに訪れる人が多いだろうと思いました。
チベット問題とは実際は戦争の時にチベットを中国共産党に侵略されて領土を侵され取られた、チベットをチベット人に返してくれ、
戦争の時に中国共産党に酷い事をされた、本当のダライ・ラマを認めろ、ダライ・ラマに昔の様にチベットを治めさせろと言う事なのですが
、こうした理由を知りながら日本のメディアかわ放送して居るのかは知りませんが、戦争で敗戦してチベットは中国の領土になった、戦争で酷い事をされたは世界でもあった事でここをどうこう言っても誰もが頷く事は有りませんし騒いでデモをしてる人が本当にチベット仏教の人かは判りません。
デモを煽る人は何処でも本当の関係者では有りませんし現実には本当のチベット仏教のチベット人はデモに参加する様に見えませんでしたし現実にしようとしませんし出来ません。
北朝鮮拉致犯罪で儲けてる人が居ると日本で言われてる位なのでチベット問題でも反対
反対と言って儲けて居る人が居るのかも知れないと思いました。
チベット問題で問題があるのはチベット仏教で認めたダライ・ラマ14世を中国共産党で決めたダライ・ラマ14世が存在してる事です。
国と数千年の歴史がある古い宗教は別の次元の問題でチベット仏教のやり方で決めたチベット仏教の指導者を認めず1国の指導者達が他の人をチベット仏教の指導者に決めた事に問題があると小浜直子は思っていますし私はそんな事も話して居ますが別に何事も有りません。
古い歴史のある宗教のやり方で決めたチベット仏教の指導者を認めた方がチベットが活気づくならそうした方が良いとチベット仏教と無関係な部外者で第3者の日本人の小浜直子は思っています。
私は海外に毎年旅行で行きますが私の母親は元気な時は日本全国ツアー旅行に行っていた人で伝統あるお寺や神社に行くと必ず賽銭を払って来る人なので母親のやり方を見ては伝統ある宗教って無関係な人まで賽銭をしてくれるので儲かるわねーと思っています。
賽銭箱を透明にした方が中身が見えるのでもっと良いのにと観光しながら賽銭箱を見ると習性で賽銭をする母親や他の参拝者を見ながら私は思っています。
ビジネスではタブーの問題もあると一般的な事で本には書かれていますが、内容によってタブー視される事がタブーにならない事も人間社会です。
日本の場合は新興宗教の寺や神社に行っても誰もが信者以外は賽銭はしませんし観光も拒否しますし小浜直子も拒否していますしカルト新興宗教に寛容な人は日本には昔から居ません。
こうした真実を知ってビジネスをしなければ創価学会は特に日本では嫌われてる新興宗教なので何も知らずに話すと話した相手には頭が可笑しい、何も知らないんだなーとしか受け取られず関わらない様にしようとしか思われませんし嘘を突くと信用を失うのもビジネスです。

相手の職業職種容姿容貌服装宗教を見て人を第1に判断するのが大人です。



AD