私の母親は平成24年に運転免許更新の時に交付間近で北海道警察伊達警察署パトカーに一時停止違反で捕まり高齢だったので病院で認知症検査を受ける様に巡査に言われその後に免許センターから伊達赤十字病院精神科で認知症検査を受ける様に病院まで指定され長谷川式スケールで26点取れなかったので認知症だと決めつけられ、そのまま認知症だと診断され挙げ句に認知症とLSD 睡眠薬まで飲まされてお母さんは認知症の始まりで、このまま行くともしかすると子供や孫の顔や名前も判らなくなるかも知れないと診断の結果を聞きに行った私の兄に言い兄から母さん認知症で医者からこう言われたと電話で聞いたので私はえー?お母さんは認知症の兆候が全くない、認知症判定検査に付いて行ったけど野菜の名前を10個言えなかったり93から7を引く引き算の暗算に引っ掛かったり3つ言葉を忘れたり5個の物を1個だけ忘れただけで言い直せばハイ終わり直ぐに言えないとハイ終わりと言う調子の検査だったのでどう考えても難しい事はスラスラ答え時計も10時10分の指針を書けて普段食べてる野菜は簡単に言っていたのに何故認知症なの?誤診だなと思いました。
そこで小浜直子は、どうも長谷川式スケールは頭が悪い人を知らない頭が良い医者達が作成した様なので巷の普通の人で調べてみようと思い買い物や飲食に行く度に色んな人に100から7を引いてみて、今から言う言葉を覚えててね、後で聞くからねと若い普通の人にやってみると、やはり93から7を引くのがスラスラ出て来なかったり3つの言葉が出なかったり数字を逆に言えない人しか居ませんでした。
医者は誰もが頭が良いのでそこに盲点があったのが判りました。
そんなスケールで認知症だと言われ運転免許を無くし車を運転出来なくなった母親は最初はガッカリして居ましたが、その後はディサービスに行くように常々言っていたらディサービスに行く様になったので高齢なので私は別に構いませんが、北海道警察が何故認知症判定検査をする病院を指定したのか?変な警察だわ💢と思っては居ますし昨年は室蘭市にある脳の専門医大川原脳神経外科に行って検査をして私の母親は認知症では無い、認知症では無いので薬は出せないと若い医師から言われました。
大川原脳神経外科で診察した医者が正しい診断だったので私の母親は今でも自分の子供や孫の顔も名前も親戚仲の良かった友達の名前も言いますし自分の事は今でもホテル万世閣洞爺に日帰り入浴に行っても自分でしていますし先に出てロビーで待ってるわねと言ってロビーで待っていたら8階の大浴場から一人で歩いても来ますし食事も全て自分自身でしているので北海道警察から指定された伊達赤十字病院の医師が認知症だと私の母親に診断したのは誤診だったのは明らかですし、大川原脳神経外科の若い医師は信用できる良い医師です。
患者は信用できる医師の居る病院に行かなければなりません。
警察は何と言っていますか?警察がそう言うなら鍵がかかった家から盗まれる訳が無いので貴女は脳の病気です!と精神科医が誤診しながら言うのですから、警察が認知症判定病院を指定するのは辞めて頂きたいと思って居ます。

誤診しながら嘘をつかないでよね、警察とぐるなの?
AD