登ることについて語る時に岩の語ること

ボルダリングとそれにまつわる日常のお話…


テーマ:
個人的に色々あって7月からお休みしていたサドブログですが・・・・・・。


ようやく落ち着いてきたので、満を持して(?)復活します!


実は久々に自分のブログを覗いたら、お休みしている間もアクセス数が減ってなくてビックリ!

チェックしてくれている方が居るんだなぁと、とっても嬉しくなりました。


それと。

「ブログまだ?」

とか

「再開楽しみにしてます」

とか声を掛けて貰うことも多くて。


クライミング関連の雑誌にちょっとした記事を書かせてもらえたり、岩場で声を掛けてもらえるようになったり、それもこれもブログがきっかけなんだよね。




気持ちも新たに!

・・・というわけで、再開に伴いましてAmebaブログからお引っ越しします。

「登ることについて語る時に岩の語ることVer.2」


再びのサドブログ!


これまでと変わらず、ぼちぼち岩のこと、日常のこと、ちまちま書いていく所存です。

ぜひぜひ。
読んでくださいませ。


よろしくお願いしまーす。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
最後の記事をアップしてからすでに約2ヶ月・・・・・・。




このまま放置してしまおうかとも思ったけども、ひとつの区切りとしてお知らせです。



2011年の4月からコツコツと始めたサドブログですが、諸般の事情により、しばらくお休みさせていただくことになりました。




毎回、記事の更新を楽しみにしてくれている方も居たと思います。

申し訳ありません。


拙い文章力で、読みにくい記事だったと思いますが、それでも読んでくれていたみなさま。


本当にありがとうございました。





あくまで「しばらく」ですので、また再開するつもりでいます。



クライミングはこれまで通り続けていくつもりです。




どこかでサドを見かけたら、声、かけてくださいね。




ではでは。


また、どこかの岩場で。







AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
5/24(土)

春から大阪へ転勤になってしまったナカムが木曜からこっちに来るってことで、土曜日は一緒に瑞牆へ行ってきました。

ナカム、トシヲップ&サドのほかに、別便でISSEIさん、オガさん&ヤマダの6人。


5時に出発して、とりあえず朝イチで管理棟へ直行。




無事、無くしたデジカメを回収。

見つけてくれた方を始め、SNSで情報を拡散してくれた皆様。

本当にありがとうございました。感謝感謝です。



アップも兼ねて二の谷エリアからスタート。

不動沢手前のヘアピンカーブから歩くと「二の谷エリア」へは管理棟から上がるよりも近いんですのよ。






「ふさふさ岩」でアップ。
(岩の名前間違えてるかも・・・ミネルヴァの下、遊歩道沿いの四角い岩)

トポによると1級~10級まで幅広いラインがあるみたい。

課題名やラインは記載されていないので、自分でラインを見つけていろいろ登ろうってことですね。


出始めのワラビに気をとられながらちょろちょろ5級~7級?ぐらいのラインで適度にアップ。


ん~いまいちこの日は体が動かず、特に午前中は全くダメだった。

どうも体調がパッとせず。





私がクライミングに本格的にハマり出したころにプレゼントしてもらったカタナ柄のチョークバッグ。

使い始めてはやウン年。

口を締める紐を変えたりしながら大事にしてきましたが、いよいよボロボロになってきたので引退してもらうことにしました。

長い間どうもありがとう。

最後のほうは完全にトシヲップが使ってたけどねww




MOONに新調。



さて。
アップが終わったところで、それぞれトライしたい課題がある岩へ散り散りに。


ISSEIさんとオガさんは「瑞牆カルマ」へ。

トシヲップとナカムは「算術」へ。

ヤマダと私は「スラッシュフェイス」へ。



・・・つーか、最近ヤマダと登ること多いな(笑)





「スラッシュフェイス」のあたりは石楠花が満開!

小川山の石楠花よりもピンクが濃くて綺麗だった~。





近くで撮ってみた。

足場が悪くて斜面を転げ落ちるかと思ったけどね。





この日のスラッシュフェイスは連休よりも人が多かった。

核心の一手はそう簡単には止まりません。


しかも私の場合、「止めに行く」っていうよりも「ただ手を出してるだけ」って感じなんだよなー。

あれじゃぁ止まりませんな。



一方、ヤマダはスパーンって核心止めてたし・・・・・・。

繋げると悪くて完登はならずだったけど。


つーかヤマダって・・・


やっぱりヤマダって・・・


ヤマダって・・・・・・





何で週イチで適当にジムで登ってるだけなのにあんなに強いの?


センス?天才肌?


マジで凹む・°・(ノД`)・°・


本当に自信無くした。



とまぁ私が悶々としているころ、こちらは大いに盛り上がっていたもよう。



勝負に勝ったのは





ミスター・アイスクリームマン・トシヲップ!


見事、ナカムよりも先に「算術」をゲットしたそうな。


半目で勝利の赤飯!







のちにナカムも無事ゲット。

くそう・・・やるなぁ。


カルマ組もそろそろ移動、ということで最後は瑞牆から少し離れた「とある岩場」へ。


川の近くにあるエリアなので、花崗岩が恐ろしくツルツルになっていた・・・。



夕方の日当たりがちょうど岩に降り注いで灼熱だったけど、こじんまりとしたエリアでランディングも良い。



で。


河原といえば。





ああっ!!

またやってる!!



コチラを参照されたし。



「石を積む人」再びwww






(↑石を積む人)



私らがワーワー言いながら登っててもひたすら積んでたし。



で。

それをISSEIさんが石を投げて壊していたという(笑)



ツルツルの初段を何とか登って18時ぐらいには撤収。


大分日も長くなったよね。



ナカムはそのまま我が家へお泊りして、翌日大阪へ帰って行きました。


今度は秋ぐらいに私らが大阪へお邪魔しちゃおうかな~なんて。


結構暑くてセミも鳴いていたけど、新緑が眩しくてやっぱ瑞牆は良いトコだ。




今年も「暑い~」とか「ヌメる~」とか言いながら、やっぱり毎週のように瑞牆やら小川山へ向かうんだろうな。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
よしよし。
良い感じのペースで更新出来てるぞ。

やればできる子。


5/11(日)

行き先は小川山と決まりつつも面子が最後まではっきりしなかったこの日。

結局、アオクミパイセンのお車を拝借して

アオクミ、しんじおじさん、ヨッペ、トシヲップ&サドの5人で強行することに。


教訓:肩幅的にも男3人の後部座席は大変です。


ヨッペと外岩行くのは今回がお初でございました。



予定通りに柏を出て、廻り目平へは9時過ぎには到着。

連休の翌週ということもあって人は少なめ。


ただ気温は高め。

んんん。
もうフリクションに頼るのは厳しいな~。




トリトンで「指を使う系」のアップをしたあとは。




プーシェの「穴プーシェ」7級で「全身を動かす系」のアップ。





それなりに高さのある課題なので、うっかり手をつけると痛い目にあうかもです。

上部では落ちられません・・・が、スラブの傾斜がかなり緩いので、とんでもないことをしなければ多分落ちないと思います。

多分ね、あくまでも多分。


今まで色んな岩場で色んなアップしたけど、この岩のこの課題が一番最高のアップ課題だと思う。


適度な高さで、ガバを使ってグイグイ登るのはとっても気持ちいい!


私は毎回何度も登ってしまいます(笑)




ヨッペも軽快に穴プーシェ炸裂中。



しんじさん&ヲップは「緑のマント」(←このコンディションで)、アオクミは「穴社員」、ヨッペは「エイハブ船長」とそれぞれトライしたい課題が全部クジラ岩に集まっていたので、私は「ミダラ」をやりにドンキー岩へ。


・・・つーかドンキー岩って言うのね、あの岩。

初めて知ったし。





アイスクリームマン・ヲップ。
久々に触った「緑のマント」、通称ミドマン。

やはりコンディション悪し!






社員になりたいアオクミパイセン。

結構良い感じなんだけどなかなか繋がらず。
スメアが決まらず苦戦中。

結局この日は出来なかったけど、後日ジムに実際の「穴社員」よりかなり悪い「仮想・穴社員」なるものを設定して猛トライの末、見事完登。


というわけで、次回行けば間違いなく出来るはず。




上裸で頑張るヨッペ氏。

サイドカチからのダイク取りがうまくいかず、完登は持ち越し。



教訓:クジラ岩は午後からのほうがフリクションが良い。



そういや自分が穴社長ずーっとやってるときも午後になってからクジラ岩行ってたなって帰りに思い出した。


オーノー、ソーリー。


ちなみに自分の「ミダラ」はというと。




よっこいせ。




とりゃっ!


・・・とまぁ、とりあえず後半の1級を登って、下から繋げるムーブをコツコツ練り練り。


分かっちゃいたけど、スタートのヒールに足を上げるのが第一核心。

腿裏が攣るし。

で、何とか離陸して一手目取って、二手目に寄せるところでヒールが切れるのが第二核心。


で、そっから先はすべてのムーブが全部核心ってことが分かったところで撃沈。



クジラ岩チームもそろそろ移動モードになったところで、車ごとヴィクターへ。


ヴィクターまでの未舗装路が鬼のようにガタガタになっていることを確認して手前で駐車。


ナイトナース崩壊後のギガント岩へ。



私は前に「ギガント」は登っているので、「モンスリー」って1級をトライしました。


ムーブ確認したにもかかわらず、一便目は手順間違えて落下。


詰めが甘い!


で、二便目で無事ゲット。


コレ、面白い課題でした。




シンジさんとヲップは「ギガント」から。


しかし灼熱のクジラ岩で相当体力が持っていかれたようで、なかなかダブルガストンの体勢を作れず。





ヲップ先生もパワー系のムーブに苦戦。



山荘で駐車券を精算してもらうリミットぎりぎりまでトライしたんだけど、残念ながら2人とも登れず(爆)



相当ヨレヨレでしたよ(笑)

まぁ次回来たときはさっくりだろうから、こういうときもありますよっ!
(←苦しいフォロー)


私もまだ「ファルコ」やってないしっ!
(←ただの嫌味)




途中、ヴィクターで「サブウェイ」をトライしに行っていたアオクミ&ヨッペに声をかけつつ、何とかギリギリのタイミングで廻り目平をあとに。


帰りは小須田牧場の「ロビン」で晩御飯。






カレーが無かったのが残念だったけど、ハンバーグもポークジンジャーも美味でございました。


ちなみに。


ロビンで晩御飯を食べ終わったあと。


可愛らしい店員さんがとことこ来たと思ったら


「クライマーの方ですが?」と。


「ハイ」って答えたら、なんとコーヒーor紅茶をサービスしてくれた!


聞けばクライマーの方々が多く利用してくれるようになったので、こういうサービスを始めたんだって。


いや~これには感動。


私らはまだ数回しかロビンを利用していないけど、多分毎週のようにここに食べに来てクライミングの認知に尽力してくれたクライマーが居たんだと思う。


クライマーといえば、勝手に山に入って大声あげて駐車マナーが悪くてモラルのかけらも無いって、最近じゃどこもかしこも

極端な話、「クライマー=邪魔者」

ってイメージが確立されそうな中、こういうサービスって本当に嬉しかったなー。


感謝感謝。


また必ず行こう。


カントリーキッチン・ロビン


国道141号線沿い。小川山方面から須玉ICに向かう場合は右側にあります。「萌木の村」を通過して、多分一般的なナビには「小須田牧場」って出てるあたりの赤い屋根のお店。


ごくたま~にライブイベントとかやってることもあるので、もしだったら事前に電話してみると確実かも。



※ご注意※
5/11の時点ではドリンクサービスを頂けましたが、その後も継続しているかは分かりかねます。
まぁこのサービスだけを目当てに行く人は居ないとは思いますが、実際に行って「サービスねーじゃねーかよ!」ってなっても知りませんのであしからず。要は地元でお金落とすって大事だよねってこと。ロビンだけにかかわらず、清里や須玉界隈には美味しいお店がたくさんあります。今日のクライミングを振り返りながら、たまには地元で美味しいものを食べて帰るってのも良いもんですよ~。



とまぁそんなわけで、まったりのんびり食後の茶をシバきすぎて気づけば21時ぐらいになってたという(笑)


渋滞は無かったけど、柏に着いたらとっくに24時を回っててさすがにお疲れ。



ご一緒したみなさま、今回もお疲れ様でした。


また是非!

今度は夏にキャンプかな♪

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
5/4~6の連休で瑞牆キャンプしてきました。

初日は瑞牆からちょっと離れたところにある、とあるエリアへ。

開拓者の方に無理を言ってお願いし、お送りいただいた貴重なトポを頼りに1日遊んできました。


場所は公開出来ませんので、特定し難い写真を1枚だけ・・・。



なかなか高さのある1級。

オブザベでは適度に効きそうなホールドもあるし、これは登れそう!って思うんだけど、実際に取り付いてみるとなかなかハードな課題でした。

☆☆☆!





瑞牆山を登りにいっていたアオクミ&ユキちゃん、トシヲップと私の4人でこの日はキャンプ。

晩御飯はユキちゃん特製の煮玉子を投入した鍋に舌鼓。


夜はまだまだ寒いから焚き火しながら熱燗飲んでまったり。

登山やら何やらの疲れもあって、22時には就寝zzz





翌朝は残った鍋にうどんを投入して、超絶ウマイ煮込みうどんでアツアツ朝ごはん。


事前では連休中の天気はすべて良好なはずだったんだけど、直前にコロッと変わってこの日は午後から雨模様。


シンジさん、ヤマダ、ヒロシの3人はこの日から合流。
天気の急変を瑞牆に来てから知って大慌てしてました。


本当はみんなでいろいろ登りに行こうってな予定だったんだけど、いかんせんいつ雨が降るとも限らないし、雨脚の強さによっては翌日も岩の乾きが心配・・・


というわけで、とにかく自分が登りたい課題があるならバラバラに分かれてとっとと登りに行こう!作戦決行。

ヒロシとシンジさんは「算術」を打ちに計算岩へ。
トシヲップとアオクミは別便で来ていたアベ軍団と「皇帝岩」へ。


で、私はヤマダと「瑞牆カルマ」をトライしに行きました。
(←トライしに行ったとか言ってるけど、実際はヤマダの応援)



この日も誰も居ない「瑞牆カルマ」

低く厚い雲が垂れ込めて、いつポツリポツリと来てもおかしくない状況。

雨との勝負になりました。


コンディションは良いようで、去年の秋に来た時よりも気温がちょうど良くて、体が動くみたい。



最初は核心のカチに出る距離が足りず、スタンスが滑ったり、いまいち決まらなかったりを繰り返していたけれど、少しずつ感覚を取り戻して、何度か惜しいトライが続く。


11時を過ぎたころ、一気に空模様が怪しくなってきて、ポツポツ降り出しました。


「これが多分ラストになるかもね」

という言葉にヤマダの集中力がいつに無く研ぎ澄まされてるのが見てて分かった。

周りの空気がピリッとする感覚があって、思わず圧倒されたな。

自分のツバを飲み込む音が聞こえてしまいそうで、息をも殺すほどの緊張感。




渾身のトライで繰り出した右手は




スパッと美しく止まって。





細かい雨が降り注ぐ中、無事、岩の上に立てました。


本当にすばらしいトライだった。

ああいう登りを間近で見ることが出来て、すごいモチベーションが上がった。


ヤマダ、お前はやっぱりすごいよ。

おめでとう。


本当は動画を撮って上げたかったんだけど、リップを止めたらデジカメ放り投げてスポットに入ってしまった。


普段、あんまり感情を出さない彼が、岩の上に立ったときに

「よっしゃー!」って張り上げた声はなかなか良いもんでした。


雨が降ってきたら管理棟集合ねって言い合っていたので、急いで撤収。


聞けば、ヒロシも今回お目当てだった「算術」を無事登れたとのこと!


長い長い膝の怪我から、ようやくだね!

おめでとう。


「皇帝岩」チームの写真をトシヲップが撮ってきてくれていました。




5級だったかな?

スタートのスタンスが悪くて、結構勇気がいる課題なんだけど、アオクミはさっくりだったって!

やっぱ上手い。

スポットするKムラ軍曹がレアですね。





もいっちょアオクミ。

こっちは上部がキモな課題。

足でしっかり立ち上がらないとリップに届かない、こちらも良い課題。

アベ軍団総出のスポット。





恒例の、迷えるアベ軍団長と、後ろから檄を飛ばす鬼Kムラ軍曹、の図。



外はシトシト雨模様。

う~ん、このままお風呂入りに行って、早々に宴会しちゃうか~?

いやいやもう少しぐらい登りたくない?

と今後のプランを練りつつ、管理等の食堂で山菜ソバを食べたりして、しばしまったり時間潰し。


ふもとまでドライブに出かけていたユキちゃんが帰ってきたのを潮時に、天気予報的にも夕方には雨も上がるという情報に賭けて、登りにいくことに。


下手にアプローチが遠い岩に行ってしまって、万が一土砂降りにでもなられたらかなわん!

つーわけで、アプローチゼロの「小くじら岩」へ。


着いてすぐはまだまだ雨脚が強かったけど、そうこうしている内に空も明るくなりだして、青空も見えるようになりました。




スラブ。
推定3級ぐらいの課題を登るヤマダくん。




こちらも3級ぐらいかな?
上部がちょっとヒヤヒヤ。





こっちは4級~5級ぐらいかも。

私は上部でテンパったけど、アオクミはすんなり!


高さもそこそこで、ホールドが安定していない部分もあるから適度な緊張感があっておススメな岩です。





ハングの初段。
無名と聞いていたんだけど、最近youtubeで動画が上がっているのを見たら「ジュゴン」という課題名だそうな。


一気に飛ばしてガバを取るムーブもあるようですが、ちょっとドーンと出るには厳しかったので、私は途中のホールドを経由しながら登りました。



直前で、ヒロシが登ってくれたのでムーブは完全丸パクリ。

動きもホールドも自分の得意系だったようで、フラッシュすることが出来ました。


・・・というか。
ムーブ限定とかじゃないよね・・・?

もし、動画を見て

「おいおい!コレ全然ライン違うぞ!」

ってなってましたら、お手数ですがコメントくださいませ。。。








上部はガバゾーン。




リンクはコチラから


16時を過ぎた辺りでこの日はこれにて終了。

アオクミ&ユキちゃんとはここでお別れ。


私らは本日も増富の湯でお風呂入って、キャンプ場へ。


本日は私が腕を振るいましょう、というわけでご飯炊いてペンネ作って、焼肉パーティ。


本当はゆっくり焚き火をしながら、のんびりソーセージでも焼くか~って言ってたんだけど、22時を過ぎたころからまたまた雨脚が強くなりだしたため、ちょっと物足りなさを感じつつも早めに就寝。




迎えた最終日。


結局、雨は夜中まで降り続き、起きた時点では地面はびちょびちょ。


ただ、風が強かったから朝ごはんを食べてるころにはずいぶん乾きました。


9時くらいに皇帝岩の様子を見に行ったらまずまずのコンディションになっていたので、テントなどの撤収は午後に後回しして、とりあえず登りに行くことに。





ガリガリくんの岩でアップしたあと、私とヤマダはスラッシュフェイスへ。

ヲップ、ヒロシ、シンジさんは昨日に引き続き「算術」へ。


聞けばシンジさんがかなり惜しかったようで、リベンジ希望なんだとか。





「算術」ゲットにつき、余裕の昼寝中なヒロシ。





絶賛猛トライ中のシンジおじさん。


ちなみにこの時点で、あるトラブルが起きていたのだけどそんなことは露知らず。



スラッシュフェイスは今回初めてきちんと触ってみました。

やはり核心の一手が悪い。

地面から触るとそこまで遠く無いのに、飛び出す体勢になると足が深くて想像以上にカチが遠く感じました。


パー練してみたけど、一回も止まらず。


まぁやってすぐ出来るとは思ってなかったし、いいんだけどね。コツコツやるし。


っか~でも、カチ取ってから左手寄せるのもなかなかパワフルなんだなー。



午後になって、テントやらタープやらを撤収すべくキャンプ場へ。


二泊三日のキャンプもこれにて終了でございます。


最後はゴミ分けじゃんけんをして、瑞牆をあとに。



帰りは連休最終日ということもあってか全く渋滞せず、想像以上の早さで帰宅できました。



今年も無事、連休キャンプ終了。

ご一緒してくれたみなさま、ありがとうございました。




さて。

先述したとおり、トラブルが起きていたということについて少し。


実は全く気づいていなかったんだけど、2日目の最後に行った「小くじら岩」にデジカメを忘れてきていたんですね。

最終日は「カメラないな~」と思っちゃいても、

「まぁ車の中にあるかな~」ぐらいにしか考えていなかった私たち。


結局、帰宅してから改めて捜索するも見つからず、最後にデジカメを見たor使ったのはあの岩だってわけで、トシヲップがSNSに拡散情報を流したわけです。


もともと、トポにも載っていない岩だし、ダメ元だったんだけど、なんと!


小くじら岩を見に行ってくださった方がいて、発見していただけました。


本当に感謝感謝でございます。

もちろん、見つけていただいた方ももちろんですが、twitterでリツイートしてくれた多くのみなさま、すべての方のおかげだと思っています。


いっぱい思い出の詰まったカメラだったので、見つかったと聞いたときは本当に嬉しかったです。


本当にありがとうございました。


後日、デジカメは預けていただいた管理棟から無事引き取りました。


この場を借りて、御礼申し上げます。




いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。