夫婦問題・不倫問題改善カウンセリング~明日へ架ける橋

不倫に陥る心理とは?なぜ人は不倫をするのだろうか?どうしたら不倫を止めることができるのだろうか?
相談実績3,000件以上のカウンセラーNAOKO(松宮直子)が心理的側面から徹底的に分析し、その対処法についてを発信していきます!


テーマ:

こんにちは。

カウンセラーのNAOKO(松宮直子)ですにっこり

 

先日、「妻も被害者かもしれませんが、不倫相手も被害者です」と書いている記事を見かけました。

 

爆発する5秒前・・・4・・・3・・・2・・・1・・・

 

どっかーん!!

 

「どの口がほざいてるんじゃ、ボケッ!」と言いたくなりましたね(たまに毒吐きますへび

 

つまり、こういうことです。

 

「妻が夫をないがしろにしているから、私(不倫相手)に惹かれたのよ。そして、私がその夫を癒してあげたの。妻には感謝されたいぐらいだわ」

 

さすがに↑ここまで書いている人の記事を見ると、怒りを通り越して哀れで仕方ありませんね。

 

よほど余裕がないのでしょう。

 

よほど自分が惨めなのでしょう。

 

よほど追い詰められているのでしょう。

 

よほど自分は悪くないと「思い込みたい」のでしょう。

 

そうね、人は自分がしでかした不始末でさえ「正当化」したい生き物でもあるからね。

 

じゃあ、あなたが仮に再婚したとして、その夫が不倫をして、不倫相手に「私が全て悪いんです。あなたに感謝したいぐらいだわ。」

 

なーんて言えるのでしょうか?

 

 

妻側も、不倫相手であろうブログを間違って読んでしまうときもあると思います。

 

そこには「いかに自分は悪くないか。いかに自分が被害者か。いかに妻を貶めようとしているか。」も書かれていることもあるでしょう。

 

でも、安心して下さい。

 

こんな記事を書いている=自分の立場を正当化しないといられないほど追い詰められているのですから。

 

 

妻から慰謝料請求をされても、謝罪を追求されても、とことん「逃げる」不倫相手もいます。

 

謝罪もしなければ、逆切れして「そっちが慰謝料請求するなら、こっちも旦那に言って慰謝料請求してもらうわ!」と脅してくる不倫相手も沢山います。

 

私は悪くない??その言葉を「法廷」で言ってみなさいよ。

 

裁判官や弁護士(妻側の)が「そうね、あなたは悪くないわね。被害者よね。」なんて言うわけないじゃないですか。

 

慰謝料請求裁判されて、和解をせずに「尋問」まで行ったら、嫌でも代理弁護士じゃなくて本人が出廷しないといけないのよ?

 

一般人の傍聴人がいる中で、「私は悪くない。被害者です。」とか言えるのかしら?

 

 

 

私のところへ相談に来られる妻の夫の不倫相手は、こんなとんでない人ばっかりです。

 

本当に呆れますし、言葉も出ないときもあります。

 

そんな女に振り回されるこっちの身(妻側)にもなって欲しいですね。

 

不倫=道理に反すること、不貞行為だということぐらいわかるでしょう?

 

不倫相手の記事を読んでいると、妻やその子供は全く蚊帳の外。

 

都合が悪くなると、「私には関係ない、夫婦のことは夫婦でやってよ。私(不倫相手)を憎むなんておかしいんじゃない?」みたいな言葉ばかりです。

 

じゃあ、なぜ「不貞行為」「慰謝料」「慰謝料請求裁判」があるのでしょうか?

 

本気で神経を疑いますね。

 

私は何千件も妻の心の叫びを聞いています。

 

ご相談者さんと一緒になって、いかにして不倫相手に報復してやろうか(正当な範囲で)を一緒に考えることもあります。

 

もちろん、中には「争い事だけは避けたい」という方もいますので、当然そのような気持ちも尊重します。

 

自分の気持ちと決着をつけるために闘いたいびっくりマークと望んでいる妻の場合は、徹底的にサポートしています。

 

ですから、不倫相手であろう記事を読んで爆発することもあります。

 

でも、すぐに冷静な目で「あぁ・・追い詰められているわ。自業自得ね。」と見れるんですけどね。

 

 

表面的なことしか捉えられない不倫相手の言葉を鵜呑みにしないで下さいね。

 

夫婦間でどんな関係性があったとしても、不倫をした本人に非があるのですから。

 

不倫をした夫は、妻と向き合うことをせず、不倫相手に逃げてしまったのですから。

 

不倫相手は自分と向き合うことから避けるために、不倫に走っているのですから。

 

不倫夫も不倫女も、「自分と向き合うことから避け続ける限り」、アリ地獄から抜け出せないのよ。アリ地獄の中の世界は、真っ暗な「孤独という名の地獄」よ。

 

 

妻は、無理に「自分が夫を追い詰めたのだから、不倫相手に感謝しないといけない」なんて思う必要はありませんよ。

 

善悪もつかない人間には、どんな形であってもしっかり責任を取ってもらいましょう。

 

自分を守るためにもね。

 

 

<新HP>

 

花夫の不倫問題に対処するためのカウンセリング (夫の不倫が渦中の方向け)

 

最新記事矢印

こちら「惨め」なのは妻?それとも不倫相手?

こちら「離婚だ!」と騒ぎながら行動しない夫の心理

こちら夫の不倫への対処は、可能な限り「リスク」を減らす」

こちら妻にバレなければ、不倫は長期化する可能性大

こちら「不倫をしている人に「正論」は通用しないの?」

こちら不倫の発覚と同時に家を出ていく夫の心境

こちら「不倫をしている夫にどのように対処をしたらいいのかわからない」

こちら複数人の女性と不倫をする人の思考

こちら不倫者同士が再婚をしたら、幸せになるのか?

こちら絶望の中にある一筋の光

こちら夫が不倫中の夫婦関係の修復について

こちら不倫問題を乗り越えるための3ステップ

こちら不倫問題が解決する人に共通をするところ

こちら 夫に不倫のことを指摘するのが怖いとき

こちら不倫相手に本気?大切?真実は行動にあり

こちら不倫返しを防ぐためには

 

<新HP>

 

花夫の不倫後~妻の心を回復させるカウンセリング (夫の不倫が終わっている方向け)

 

最新記事矢印

こちら不倫をしても地獄・・アリ地獄から抜け出すには

こちら妻の心の回復の差のは「夫次第」でもある

こちら夫が不倫をするのは妻の責任ではない・・という根拠

こちら夫との再構築→我慢をしないこと

こちら「ごめん」だけでは謝罪の気持ちは伝わらない

こちら不倫が終わっても妻に謝ることができない夫の心理

こちら期間の経過と共に妻の怒りが強くなる理由

こちら妻が不倫相手と比べてしまう心の裏には・・ 

こちら妻の妊娠・出産時期の夫の不倫

こちら夫が不倫をしていたときの気持ちが知りたくなる

こちら夫の不倫は終わったが、夫婦生活が戻らない

こちら夫の不倫による喪失感の深さ

こちら不倫の繰り返しを防ぐために(夫向け)

こちら夫に不倫のことを触れると逆ギレして聴いてもらえないとき

こちら再び夫が離れていくのが怖いとき

こちら溜め込むことは百害あって一利なし

 

 

読むだけでカウンセリング

こちら「夫の不倫問題に対処するためのサポートブック (夫の不倫が継続中の方向け

 

いいね!した人  |  リブログ(9)

不倫問題専門 心理カウンセラーNAOKO(松宮直子)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります