宇都宮院の今村です。

 
もっとブログ更新を頻繁にしないとなあ。
 
 
今回は眉下リフトの紹介をしたいと思います。
 
 
40代~50代過ぎてくると、まぶたのたるみが強くなってきて、
 
二重の幅が若い頃に比べて狭くなった!と言われる方はとても多いです。
 
 
 
{A5032CA6-6419-403F-9C82-10B8B5545DC1}
 
 
 
このような症状が出たときに、多くの方は、
 
「二重が狭くなってきたから、埋没法で幅を広げたい!」
 
と言われます。
 
 
お気持ちはよく分かります。
 
とても手軽に受けれる手術ですし、術後のダウンタイムも少ないからです。
 
 
 
 
でも根本的に綺麗にしたいのなら眉下リフトです。
 
埋没法ではたるんでしまった皮膚を取り除くことはできません。
 
なので人によってはブヨブヨした不自然なまぶたになってしまいます。
 
 
 
眉下リフトとはその名のとおり、
 
眉毛の下の皮膚を切り取って縫う手術です。
 
 
{61EB189B-26C1-448A-9154-B87DDB20AC48}

 
症例写真を見てみましょう。
 
 
手術前
 
手術1か月後
 
 
二重の幅が広がっています。
 
目じりにあるホクロに注目すると、皮膚が上に持ち上がっているのがよく分かります。
 
余剰皮膚がなくなったので、小ジワや凹みも改善していますね。
 
そして傷もパッと見ただけでは分からない程度です。
 
 
埋没法はあくまでも二重にするための手術です。
 
餅は餅屋、タルミにはタルミ取りを!!です。
 
 
 
 
スタッフにおやついただきました!
 
 
{DCE4BE6E-5EAD-4240-88B6-4DABB93046C5}
 
 

日光で有名なんですかね?

 
{F25AB5F0-DD41-4359-9782-430F4D9F274A}
中は生クリームと餡子が入ってます!
 
 
すんげー美味しかったです!
 
今度日光行ったら買おーっと。
 
 
顔やせのモニター様を紹介します。
 
処置前 斜め
 
処置前 横
 
 
処置後 斜め
 
処置後 横
 
まるで別人かと思っちゃうほどにスッキリしましたね。
 
脂肪吸引をしなくても、注射でこんなに結果がでます。
 
ご相談お待ちしております。
 
 

宮崎が好きです

テーマ:

先日、お休みを頂き、1泊2日で故郷の宮崎に行ってきました。

 

image

 

堀切峠近くの道の駅から撮った写真です。

 

海岸がゴツゴツしていて鬼の洗濯板と呼ばれています。

斜めになった地層のうち、柔らかい層が浸食されてこのような地形になっています。

 

 

宮崎のシメといえば、ラーメンやつけ麺ではなく、

 

image

 

辛麺(からめん)がおすすめです。

 

辛いんだけど、甘みを感じる絶妙なバランス。ニンニクがめちゃくちゃ入ってます。

 

辛麺って関東ではみかけないなあ。

 

大学生の頃はよく食べていたので、懐かしさでいっぱいになりました。

 

他には釜揚げうどんもオススメです。

 

 

image

 

宮崎通を目指すなら、雑炊もおすすめ!店名も「お通」だしね笑

 

このお店は六本木にも支店があるみたいです。先日偶然発見してびっくりしました。

 

 

image

 

ドライブスポットである堀切峠近くの道の駅。

 

えびのソフトクリームという珍しいものも売ってます。ただ味は「甘いエビ煎」って感じなので、

 

普通に日向夏を食べた方がいいです笑

 

ここの日向夏ソフトは絶品!!

 

image

 

鵜戸神宮で初詣。本殿が洞窟の中にある珍しい神社です。

 

海もすぐとなりの断崖絶壁なので景色もきれいでワクワクします。

 

image

 

友人がやってるホテル【丸万】で伊勢海老を食べてきました。このお刺身まだピクピク動いていました!

 

宮崎の県南に位置する日南市では伊勢海老が有名なんです。

 

imageimageimage

 

一人あたり伊勢海老が3匹ついたお料理で6千円!!

 

コスパ最高ですよねウインク

 

 

今回紹介した観光スポット以外にも、高千穂など面白い場所がたくさんありますので、ぜひ行ってみてください。