Nao's blog. 横浜市 旭区 三ツ境のピアノ教室、笹野台音楽堂だより

横浜市旭区 ピアノ教室 笹野台音楽堂、金子直樹のブログです。
有益と感じて頂ける記事を日々綴れるよう頑張ります!旭区でありながら三ツ境。瀬谷区と隣り合っています。駅からは徒歩4分、付近に駐車場あります。ホームページ www.sasaon.com もお願いします!

「ピアノが弾けるようになりたい!」 


生徒様の 【夢・想い】 は 全ての方がオンリーワンだと 私は思っております。

クラシックの芸術性を理解して弾きたい方もいれば、憧れの曲だけ弾けるようになりたい方も。

いつかは自力で楽譜を読めるようになりたいと願われる方もいれば、

とにかく難しいことは言わないでね!っていう想いの方もいらっしゃいます。

お子様に 音楽を通じて 心を豊かにして頂きたい。と願う 親御様の想いもございましょう。

練習ペースや量も、人によってマチマチです。


まず 今抱かれている夢・想いを 私に伝えて頂けるファーストコンタクトを大切にしています。


「ただ弾けるようにする」 だけのピアノ教室時代は幕を閉じました。

先生の言うとおりに弾く。


ああ弾きなさい、こう弾きなさい。


先生は何故そう指導するのかな‥?

先生がそう習ったことだから‥?


深く納得できない指導を受けることは、ストレスだと思いますよ。



笹野台音楽堂では 生徒様の【夢・想い】こそが、第一です。


最初にお伝え頂いた 夢・想いが、レッスンを受けていくうちに大きくなったり変わってくることもありますよねひらめき電球


その大切な【夢・想い】に必要なことだけご指導します。


もちろん、それが「なぜ必要なのか」

ご納得頂けるよう 説明しながら、的確に進めます。


「その方」 「その時」 「その場」 を常に意識したレッスンクオリティーです。



何故思うようにできないのか、プロから見れば必ず理由があります。


「練習してないから出来ないのよ」


これこそ 私が思う 昔ながらです。


笹野台音楽堂の生徒様であれば、私がそう申し上げる理由を よくお分かりかと存じます。


なぜ出来ないのか。できない原因を的確に分かっていないから、出来ないだけです。


分かっていない中でも、とにかく日々練習しようとする忍耐力。

そんなことでは 期待を抱くピアノがつまらなくなるのは、当然です。

生徒様が1人ぼっちで つまづいてしまっている、その こんがらがった想い。


笹野台音楽堂のレッスンで、想いに近づく実感から楽しくなってくる。笑顔の演奏をイメージしてください。


生徒様が、これからの 「プロ講師に 求めていただくべき」 ことだと思っております。


「弾けたよ!」 


音楽は一生の宝になります。


お近くには多くのピアノ教室があると思いますし、特色も様々です。


ぜひ、このブログで笹野台音楽堂の 雰囲気を感じて頂ければ うれしく思い、日々記事をご用意しています。


FREE なお笹野台音楽堂では無料体験レッスンを実施しています!


問い合わせてよかった!と思っていただける運営を目指しています。

ぜひ お気軽に お問い合わせ くださいませ 流れ星


テーマ:
皆さま こんにちは!
笹野台音楽堂の金子です音譜

梅雨が間近でしょうか、最近 湿度の高いジメジメ陽気が続き、今日もレッスン室内と 外気の湿度の違いに参る季節に突入いたしました(^-^;


笹野台音楽堂では海外ピアノやグランドピアノを所有される生徒様方々もいらっしゃるのですが、
この春、新たにご期待頂きました数多くの生徒様方々より、特にこれから初めてのピアノをスタートされる際、ご自宅では電子ピアノで取り組みたい。または、これから所有するので 先生のお勧めを是非教えて頂きたいと お申し付けいただけることがございましたひらめき電球

ピアノ教室では、アコースティックピアノが求められるのであれば。というご誘導や、88鍵盤なければ。という指定、タッチレスポンス機能(鋭く或いは緩やかに鍵盤を押し下げることで強弱などのニュアンスを変化させるセンサーを搭載しているか否か)ということをご指導をスタートする条件になさっているお教室もあるかと存じます。

もちろん、88鍵盤あり、タッチレスポンスがあり、アコースティックピアノであり、グランドピアノ、ヨーロッパのピアノは表現できる幅がピアノの中で最も多彩であり、レッスンで用いることで 生徒様のタッチや演奏への取り組み方を細かく精査することが叶う笹野台音楽堂ではございますが、

生徒様が どのような楽器をご所有されるか、アドバイスは可能であっても その環境下の中でできることをレッスン差し上げていく。その範囲で学べることをご期待される方に、「受けてよかった」と喜んで頂ける幅の広いご準備を 笹野台音楽堂では常々心して運営しております。


私自身、ミニピアノ昭和型を所有するに至りましたが、64鍵盤しかないピアノで なにを演奏できるか 日々楽しみに追究しておりますし、アップライト特有の儚い繊細な響き そして戦前のピアノが醸す、蓄音機のような温かさは、楽器としてのキャラクターからして、鍵盤数などのスペックを簡単に優劣つけるべきものではないように思います。


そして、生徒様が おじいちゃんから買ってもらったキーボードを 大切に大切に。ときにおもちゃのように身近に置いて遊んでいた楽器で ピアノを習いに行きたい!という気持ちが育まれ、その生徒様の夢・想いを お母さまが「そろそろ習うことも大丈夫かな?」というように、ご家族さまでベクトルが整って 門を叩いていらしてくださる。
その一声で、キーボードについて 楽器のスペックについて、簡単に優劣をはかるように指導者が語る。
というのは、特に幼少期のお子様のご指導にも携わるものとして、慎重かつ大切にお話を伺い、またアドバイス差し上げるべきことだと思います。


一方で、もちろん鍵盤数の少なさが 徐々に弾けるようになって 更に弾きたいと思った時の壁に感じてしまったり、弦から響板が響いて音が出る豊かさと スピーカーから出てくる予め収録された範囲で発音される音色に 当然違いを感じていただきたいとは思いますものの、

それらが分かっていただけることと、電子ピアノやキーボードを否定することは 特に生徒様視点に置かれましては 似て非なる想いで お聞きになることだと思います。


電子ピアノについては無学なところもありましたが(かつて キーボードを3台ほど電子ピアノを1台所有したことはありましたものの)、今回それなりに自分なりには理解ができる範囲で勉強が叶いまして、

・キーボードと電子ピアノの違い、
・価格帯や その価格帯で叶うこと・叶わないこと、
・メーカーについて

特にメーカーに関しましては、アコースティックピアノで定評のある大手のヤマハ・カワイも電子ピアノを出していますが、アコースティックピアノではなく電子ピアノのみを製作しているメーカーもあります。

大手の二社は一般的な購入価格帯の10~20万を超える、30万以上または100万円を超える電子ピアノも製作しており、それだけ金額があがるのは何故かと考えると 鍵盤やアクション(音が出るまでの機構)をグランドピアノと同様のものを採用したり、スピーカーに響板をあてて発音を変えてみようとするなど、要は アコースティックピアノを如何に模倣できるか。ということに心血を注ぐことで このような価格帯が生じているように思います。

100万円も出せば 新品のアップライトピアノはおろか、中古のグランドピアノが手に入ってしまうような気さえします(^-^;

一方で 電子ピアノのみを製作しているメーカーは、もちろん電子「ピアノ」と言う位ですから ピアノを再現している大前提はありますものの、特定のアコースティックピアノを模倣したいという想いよりかはむしろ、エレクトーンやキーボード、シンセサイザーと 電子楽器の発展が叶った世の中の中で 電子ピアノを見据え、生産しているように思えます。

良くも悪くも アコースティックピアノを生産するノウハウがメーカーにないと思いますので、純粋に電子楽器としての開発が叶うのか、一般的で多く売れる金額帯のピアノでのコストパフォーマンスは 私の主観においては 電子ピアノのみを製作しているメーカーのものに思えるところがありました。

もちろん、限定的にモデルを絞れば、この価格でこのバランスなら・・と一つのメーカーに絞り切れるものではないものでしょうが、

電子ピアノの世界も奥深いものだなぁと 私自身未だ詳しく語れない分野ながら、勉強になり、嬉しい一時でした(^◇^)
AD
いいね!(24)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。