Nao's blog. 横浜市 旭区 三ツ境のピアノ教室、笹野台音楽堂だより

横浜市旭区 ピアノ教室 笹野台音楽堂、金子直樹のブログです。
有益と感じて頂ける記事を日々綴れるよう頑張ります!旭区でありながら三ツ境。瀬谷区と隣り合っています。駅からは徒歩4分、付近に駐車場あります。ホームページ www.sasaon.com もお願いします!

「ピアノが弾けるようになりたい!」 


生徒様の 【夢・想い】 は 全ての方がオンリーワンだと 私は思っております。

クラシックの芸術性を理解して弾きたい方もいれば、憧れの曲だけ弾けるようになりたい方も。

いつかは自力で楽譜を読めるようになりたいと願われる方もいれば、

とにかく難しいことは言わないでね!っていう想いの方もいらっしゃいます。

お子様に 音楽を通じて 心を豊かにして頂きたい。と願う 親御様の想いもございましょう。

練習ペースや量も、人によってマチマチです。


まず 今抱かれている夢・想いを 私に伝えて頂けるファーストコンタクトを大切にしています。


「ただ弾けるようにする」 だけのピアノ教室時代は幕を閉じました。

先生の言うとおりに弾く。


ああ弾きなさい、こう弾きなさい。


先生は何故そう指導するのかな‥?

先生がそう習ったことだから‥?


深く納得できない指導を受けることは、ストレスだと思いますよ。



笹野台音楽堂では 生徒様の【夢・想い】こそが、第一です。


最初にお伝え頂いた 夢・想いが、レッスンを受けていくうちに大きくなったり変わってくることもありますよねひらめき電球


その大切な【夢・想い】に必要なことだけご指導します。


もちろん、それが「なぜ必要なのか」

ご納得頂けるよう 説明しながら、的確に進めます。


「その方」 「その時」 「その場」 を常に意識したレッスンクオリティーです。



何故思うようにできないのか、プロから見れば必ず理由があります。


「練習してないから出来ないのよ」


これこそ 私が思う 昔ながらです。


笹野台音楽堂の生徒様であれば、私がそう申し上げる理由を よくお分かりかと存じます。


なぜ出来ないのか。できない原因を的確に分かっていないから、出来ないだけです。


分かっていない中でも、とにかく日々練習しようとする忍耐力。

そんなことでは 期待を抱くピアノがつまらなくなるのは、当然です。

生徒様が1人ぼっちで つまづいてしまっている、その こんがらがった想い。


笹野台音楽堂のレッスンで、想いに近づく実感から楽しくなってくる。笑顔の演奏をイメージしてください。


生徒様が、これからの 「プロ講師に 求めていただくべき」 ことだと思っております。


「弾けたよ!」 


音楽は一生の宝になります。


お近くには多くのピアノ教室があると思いますし、特色も様々です。


ぜひ、このブログで笹野台音楽堂の 雰囲気を感じて頂ければ うれしく思い、日々記事をご用意しています。


FREE なお笹野台音楽堂では無料体験レッスンを実施しています!


問い合わせてよかった!と思っていただける運営を目指しています。

ぜひ お気軽に お問い合わせ くださいませ 流れ星


テーマ:

皆様 こんにちはパー

笹野台音楽堂の金子です音譜

 

先日に全国センター試験が終わりましたが、音楽大学の入学試験ではいよいよ実技・ソルフェージュ等の音楽科目に全力を注げる時期到来です。

院試の間際(こちらは夏もあります)も痛感しますが、コンクールに向かうのとはまた一つも二つも異なるレッスンで独特な空気感があります。

自らの受験期を振り返りましても同感ですし、こういった時ほど とにかくその先の未来が分からないばっかりに不安が山積し、師匠から細かな指示を頂きたくなるわ(またそれ以上に看過してしまった改善点をしつこく仰って頂き)、

日々日々混乱もいいところで 気付いたら‥どうにか乗り切れた?!思い返せば名誉ある成績順位に似つかわしくない、きわめて情けない所も多々あったように思います(^-^;

 

こういった大学入試そして学内での試験やら卒業試験、そして院試に その修了演奏まで経たことで ようやく見えなかった未来というものの表も裏も明るくなり、客観視出来たり、分かりはじめたことは非常に多いものです。音大は自らが桐朋音大と東京芸大の院を修了したものの、内外で勤務されている師匠からをはじめ、学友や先輩方が勤務する場所でもあり、見なくてもいいことやらネタまで仕入れることになるわけです(笑)

 

もちろん受験にとっては志望校への合格を目指すことが第一であり、ついそれ故に指導者目線から不足分を仕上げて頂きたいと願いがちなこの受験時期ですが、音大への進学は夢のゴールではなく あくまでスタートラインでもあります。

生徒様ご自身が今までのご指導を通じ、またそれを一つ一つ思い返し、理解を深める中から自らの「気付き」として入試という本番で発信発揮できるような心構えまでご指導を引き続き心してまいりたいと思います。

 

音楽大学という学校のジャンルは、関係の方がいらっしゃらないととてもミステリアスな場所に映るようですね!

当ブログでの発信には限界もありますが、笹野台音楽堂の生徒様に向けましても是非折を見て なにか感じ取って頂けるような記事も2017、当ブログでご用意できましたら幸いです。

 

さて、本日は読譜についてお話を移します。

読譜=楽譜を読むことの「バランス」について 綴ってみたいと思います。

ピアノなど 楽譜を必要とする楽器を一定に弾けるようになってきたなぁ。と思った時、大体皆さまの中に読譜のコツ・習慣・クセなどが芽生えるかのように出来てくることと思いますひらめき電球

たとえば音の名前、音の高さ、リズム(音符の種類など)を正確に奏でることは最低限の読譜能力と思われがちだとお察しするのですが、残念なことに これが最低限ではなく これが無意識下で全てに成り得てしまいがちなお客様方を お見かけして参りました。

 

斬新な指導と喜んでくださり、そして決まって伺うのが

「前任の先生は 弾けたら丸にしてくださっていたのです・・」

ただ、楽譜へ書かれていることを見ると 指摘を全くしていない。ということもなかろう、という前任の先生も多く見受けられます。

やはり ご指導には 「伝わる力」というもの、「心に残る」伝わる力も大切ですし、「分量」も重要に思います。

これは年齢ばかりで区切れるものではありません。性別もあるかもしれませんし、知能レベルもありましょう。大人の方でしたら 日々のご生活とピアノ 音楽との距離感、意欲にもご配慮してこそだと思います。

笹野台音楽堂では大人の生徒様で たとえば20-30小節程度の小作品に30分~60分をお楽しみいただけるレッスンもご提供しております。

なにも時間区分は弾ける方、曲数が多い方のみに許されるものではなく、どのようにレッスンを申し付けて頂けるかによって 様々な可能性を感じております。

 

さて。読譜への粗雑さ、とでも申しましょうか。前述のことですが、なにも悪気すらありません。

「自分の中で出来たかも!」というのが見えてきた段階で迷い込む道だったりいたしましょう。

 

私自身も小学生時代、最初で最後のスパルタというべき しかしピアノ演奏の基礎中の基礎をビシバシつけてくださった師匠には「楽譜をなめるように」「楽譜に穴が開くほど見ろ」など当時は意味が分からず迫力だけ感じてはポロポロ涙しつつ(笑)せめても家で師の期待に応えたいと、前週との違いこそ見出すものぞと奮起工夫したものです(笑)

 

数年前に奇跡的な再会を果たし、その際に

「あの頃の僕は みんな厳しいっていうんだけどね~(´▽`)、でもみんな感謝してくれてるからやってよかった。って思ってもいるんだよね~( *´艸`)」

当時お見かけしたこともなかった、本当顔文字のような笑顔を拝見し、そのお言葉には心を軽く また当時とはちょっとだけ違ったステージで師匠とお話が叶ったことは 私自身宝物ですし、また師を尊敬します。

 

けれども生徒様の夢・想い次第ではありますが、師匠の言葉に泣くほどの難しさを覚えることは尋常ではないとも思っていますけれどもね(^-^;

 

 

さてさて。もう一度お話戻させてください!

読譜の精度のおはなしです。

なぜ、私が恩師に深謝しているかと申しますのも、笹野台音楽堂で行うべきスパルタの仕方を伝授してくださったからではありません(笑)

お伝えの仕方に程度や工夫はさておき、やはり自分にとって安心して初見できない程度のレベルで読譜精度が下がってしまう場合(ポロポロ事件発生!)は以下のような残念な道筋をたどることになり得ないか。と、しみじみ感じ入るものです。

それは私の指導経験からも感じ得ておりまして 勤務時代に引き継ぎで縁を頂いた生徒様の悩みっぷりや、勤務先で話を伺う中で感じ入るものもありました。

 

①その曲を仮につっかえたり、音を弾き直しながら演奏しているくらいの状態でも、読んでいる曲数は結構多い(教則本などであれば次の曲も読んできた!という意欲は高い)。

 

②その曲を円滑に演奏するレベルまで至っていないけれども、その曲に1日2時間近く費やしたり、それを2週間以上かけてなんとか1曲を仕上げ抜いてきた。

 
①と②、簡単に言い切れるものでもありませんし、ちょっと違う問題でもありますが、
結構ですね、①が 「では、つっかえなければ丸でいいじゃん!」みたいに、生徒様視点で丸を過大に期待する或いは期待されるであろうペースをレッスンに取り入れすぎることで、時間の経過とともに簡単に曲のレベルが上がる。という現象は多分に在り得ます。
 

それによって、指導者視点で言う(学ぶ側は思っていないでしょうけれども)①のような具合で数年を経過することで②に至った際、負けじと進めようにも その曲をこなすテクニカルな面や読譜の仕方、出来ないところを克服する術を遠ざけて進めてしまったために 所謂練習の自転車操業とならぬように‥そんな風になってしまっては数年先までピアノを弾きたいと思われるでしょうか?!私だったら正直キツイ(笑)

生徒様にとって例え不明瞭な未来であっても ご理解いただける伝える力を磨き続け、なによりプロが思う懸念を回避しつつ、無駄なく最適に効率よく進めていくことがピアノを弾けるようになる喜びを存分に味わっていただける唯一のご指導だと心しております。

 

必要なことには時間をかけたり 丁寧に進める、ときとして指導者としての勇気や、それが決して 学ぶ上で面白さをそぐわけでなく、様々なことが分かる喜びや 広がる知識や理解へ華やかさを抱いていただけるようなレッスンでありたいところです。

 

つまり、読譜の分量を増やせば増やすほど(そして許容を超えれば) 楽譜に示されている情報への追究が弱まってくること。その反比例へのバランスを 笹野台音楽堂ではレッスンに向けてぜひご理解いただきたいと工夫しております。

その反比例カーブが軽減されるものこそ、ソルフェージュではないでしょうか。

 

私自身、2016年は「クラシックの日」ならびに「笹野台ケアプラザ」さんなどでの地域演奏を多く行い過ぎてしまいました。笹野台音楽堂運営の中で演奏をすることは、まさに読譜力に助けられたことは言うまでもありません。

しかし、私にも限界があると思います。

本年は地域の音楽イベントについて しばしのお休みを頂きまして、笹野台音楽堂の運営とともに、

私自身じっくり読んで対峙したい作品を、生徒様や読者の皆様へお届けできる機会があれば何かまた新たな取り組みにも前進する本年になればうれしいです。

 

もちろん昨年は昨年で大変意義深いものでした。

 

本年も来年の今頃、そんなことが言える一年でありたいものです!

怒涛のレッスンを終えてからの一気な乱筆を失礼しました。皆さまおつかれさまでした~(´▽`)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。