1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-02-01 22:24:22

スマチンはやめよう!

テーマ:ブログ
スマチンはやめよう!!


最近よく目にするスマチンですが、同じヒト科としてメチャメチャ恥ずかしい行動であると考えています。

スマホの普及と共に昨今急激な増加傾向にあるスマチンをできるだけ無くしていきたい。そんな活動をしていきたいと考えています。

ここでまず、特にピンとこない女性の為のスマチン講座開始です。


巷で増殖中の「スマチン」とは↓


男性専用の便器、いわゆるスタンディング専用便器で用をたす際に、片手でスマホを見ながら用をたす行為をスマチンと呼びます。
スタイル的には片手にスマホ、片手にチン公。といった状態です。

一般的に、男が男性専用便器で用をたす時は両腕でシッカリとチン公とズボンを支えつつ、その両腕がギャザーの役目を果たし、自分のチン公が左右で同じく用をたす人様の視界に入らない様にします。(この時の両腕をサイドギャザーと呼ぶ)

たまにズボンとパンツを下げて、おケツが丸出しの状態で用をたす人もいますが、この場合潔しと判断され特に問題はありません。

因みに、膝までズボンとパンツを下すタイプを「ニーハイ」

最後まで全部下げるタイプを「Show down」

と呼びますが今回は別な話なので詳しい説明は省きます。

スマチンは上記の羞恥心の砦であるサイドギャザーを完全に無視し、スマホを持っている手の側が無防備になります。

かの有名な剣豪、武蔵もこの時に小次郎に斬られてるという説もある程、人としてこの上ない程完璧に無防備な状態です。

そして、私が観測したスマチン族の共通点が一つあります。

それは必ず半身になっているのです。
ようは便器に対して斜めに傾いている状態です。
スマホに集中し過ぎているせいか、真っ直ぐ立つことすら出来なくなっているのです。

こうなってくると傾いている側で用をたしている人や、そちら側の方向から歩いてきた人はいちいちスマチン族のマグナムを見せ付けられ、その銃口から弾丸が発射されている現場をこれでもかと言うくらいシコタマ見させられます。

見なきゃ良いじゃん

と思う人もいると思いますが、まずその光景が異様であればある程、人の視線を奪います。そして、自分の方に飛んでくるのではという恐怖感から、嫌でも目が離せないのです。

じゃあ何が悪いの?

と思う方がいると思うので、ここでスマチンがいかに恐ろしい行為かを本日は2点に絞って説明します。

まず一つ目は「死ぬほどカッコ悪い」です。

真剣な眼差しでスマホを凝視している人が完全にチン公を露出させ、用をたしている姿は、想像しただけでも恐ろしいです。

「真剣さ」と「滑稽な姿」が化学反応を起こし、100年の恋も冷める姿となります。

これはスマチンをした人の地位や名誉、生活までも一変させる破壊力を持っています。

これがまず一つです。

二つ目は「目線」です。

女性にはわからないかもですが、男性の銃の精度は驚くほど低いのをご存知ですか?

一見ホースから出る水の様に一方向に弾丸共が飛び出していくと思ったら大間違いです。

時にライフルの如く真っ直ぐに、そして時に精度の悪い散弾銃の様に飛び散る意外性があるのです。
そしてそれは予期出来ません。

その理由は銃口の材質にあります。

男性の銃口は言うまでもなく皮膚であり、その柔らかさ故に時として弾丸共が意図しない明後日の方角へ向けて発射されてしまうのです。

それがスマチンをしている時に発動すると、弾丸があり得ない方向へ発射されたのを目線がスマホに行っているので確認が遅れ、対処が遅れることにより被害があっという間に拡大します。

男性用便器はハーフパイプを垂直にした様な形をしているため、誤った方向に発射された弾丸は不規則に跳弾し、自分に飛び散る事は勿論の事、隣にいる人や最悪後ろを歩いている人にまで被害を及ぼします。

因みに自分にだけ跳ね返る事を「セルフシャワー」

主に隣人など他の人にまで被害が及ぶほど便器外に発射されることを
「天翔鬼涙(あまかけるおにのなみだ)」 と呼びます。

容易く想像できると思いますが、赤の他人に小水をぶっかけられるのは耐え難い苦痛であり、被害者は勿論、加害者の恥ずかしさも極まっており、両者に計り知れない精神的被害を齎らします。

事実、私も過去に「天翔鬼涙」を5メートル先で目撃し、
加害者と被害者は同時に「うぉぉぉぉおおぁあーー!!」と叫んでいました。その驚異的な破壊力を目の当たりにし、恐ろしさで腰を抜かした経験があります。

そして、本日も空港のトイレにてセルフシャワーで自刃しているスマチン族に出会いました。

そのおしっこまみれの背広着てどこへ営業に行くのですか?
と聞きたくなりましたね、、、。

たかが1分、スマホから目を離せなかった代償は余りにも大きいのです。


私はこの度、初代アンチスマチン協会の会長に就任いたしました。
この協会の活動は主に今後、この恐るべき事象の被害者と加害者を1人でも減らすために、公衆トイレ前にて呼びかけ活動を展開して行きます。
協会は会員を募っております。

この活動に共感していただける方は是非是非会員になって下さいね!!
会費は年会費で税別80,000円となり、私は私服で首から豚の貯金箱を下げておりますので、そこにぶち込んで下さいね!!

宜しくお願い申し上げます。

アンチ!!スマチンッッ!!!!!!


湯淺直樹
ゆあさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2015-10-24 03:30:23

進化したシマウマ

テーマ:ブログ
先日実家のある札幌に帰った日の事
いや、むしろ札幌での束の間の時間を過ごし名古屋に帰るときの事だ

琴似から新千歳空港に向かう快速電車に乗車する為駅へ向かう徒歩5分の道のりの中で、

少し疲れたから空港までの電車は指定席にでものりたいなぁ、、
なんて考えていた。

駅に着く直前にボンビー直樹が現れ、「やい直樹!たかだか30分の為に300円も払うのかよ?どこの貴族だよwww ここはグッとこらえてガムでも買って大人しく自由席で行けよ!」
奴はこう言ったのだ。

確かに良い大人が30分位の事でギャーギャー言うのもな、、

結局ボンビー直樹に負け、ガムを買い
ジャストなタイミングで現れれた電車に滑り込む様に乗った。

階段を駆け上がったせいで少し息を切らせながら自由席の方に目をやると、
通路側の席がポッカリひとつだけ空いていた。

心の中でガッツポーズをきめ、席に近づくと窓側に座っていた小柄で綺麗な感じの女子が私をパッと見て、物凄い勢いで体全体を窓の方に寄せた。

小柄な人だったので元々隣のスペースは十分過ぎるくらい空いていた。

わしゃバイキンか?

と思いたくなる行動に少しだけ傷心して席に着く。

頭の中(落ち着け~、、落ち着くんだ直樹、、フゥ~フゥ~、、そうだ、買ってきたガムを食べよう)

手のひらの中に収まっているガムを食べようとするも、
反対の手にあるつり銭とレシートが無性に気になり、レシートをゴミ箱に捨てに席を立つ

車両の仕切りのドアを開け、少し強めに手の中にあるレシートを投げ入れた。
物凄い音がした。

(なにあの音?)と思いつつも、振り返り来た道を足早に戻り席に着く。

相変わらず私が座る時に全力で窓側に身を寄せる女子を横目にやっと落ち着く。
そして私の手はスッキリし、一枚のレシートとガムが。

ファッッ!!?!??!??!??

なぜここにレシートがっっっっ!???!???

そうだ。

賽銭箱にだって5円以上入れた事のない私が、たった今880円という大金を電車に備え付けてあるアルミ製のゴミ箱に豪快にダンクを決めてきたのだ。

体から一瞬で血の気が引いて行くのを感じた。

急いでまたゴミ箱の方に戻る。
ドアを開けるとそこには先程は大して気にならなかったが、おそらくずっとそこに立っていたであろう野球部風の男子高生二人組がホラー映画を見たかのような顔でこっちを見ていた。

颯爽と現れた中肉中背のおっさんが手に持っていた小銭を力一杯ゴミ箱に投げ入れて去って行くのを見たら、そりゃ誰だって恐怖を感じるであろう。

年甲斐もなく小銭を取り戻す為にゴミ箱を漁る事を考えたが、
(いやいや、30過ぎの良い大人が子供の見てる前でゴミ箱を漁るなんて、、ましてや私は一国を代表する人間、、全国のちびっ子達に合わせる顔が、、)

などというこの状況にしては謎な正義感に似た責任感が沸き起こり、、ゴミ箱から小銭を探すのを躊躇った。

結果、よせば良いのに2本指を眉毛の所に立て、「よっ♫」と言わんばかりの敬礼の様な挨拶を高校生達にブチかますという今世紀最大の奇行に走り、未来たっぷりの若人達にこの上ない恐怖感を植え付けて足早に席へと戻って行った。

隣の席の女子は「さっきからなにウロウロしてんだよ?」と言いたそうな顔でこっちを睨み付けておりました。

5分後、高校生の1人が小銭を手に「いちお全部だと思います、、」と半笑いで席まで来てくれた。

北海道の高校生テラ優しすwwww

恥ずかしさと虚しさで、今すぐ弾道ミサイルで大気圏の外側まで発射して欲しいと思いつつも、何度もありがとうと伝えた。

隣の女子が、会社の給湯室で連日行われる女子会での私のアダ名はバイキンマンにほぼ決まった事を確信し、泣きながら名古屋行きの飛行機に乗って帰りました。



湯淺直樹
ゆあさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-07-09 10:55:16

マムシと電動ドリル

テーマ:ブログ
みなさんこんにちは 
お元気でお過ごしでしょうか??

私は元気です、、、
が、
私の住む愛知県も殺人級の暑さとなってきており、
ランニングをしていても息が肺に入った気が全然しません、、

先日「パンツ入れ」にしようと思って買った小さな入れ物がウンコ臭いんですよ
聞きに行っても「麻で出来ているので麻の臭いです」

だそうです

もう私の脳内ではスッカリ 麻=ウンコ ですよ

と言うことは、私は自分の洗いたてのパンツをウンコの中に入れて大切に収納しているんですよ

おまけにご丁寧にパンツの入ったウンコの入れ物を戸棚の中に収納までしてるんですよ

この血で血を洗うような抗争に終止符を、、

と思い、新たな入れ物を手にする為に出掛けることに
思い立ったが仏滅ですよ

近所の三好のイオンに行って、鯛焼き二尾を買って帰って来ました

これが32歳の淡い夏の日の午後です











ゆあさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-06-17 22:04:35

これは凄い

テーマ:ブログ
理由は分かりませんがね、、リンゴの電話ならログイン出来るという怪奇現象ですよ、、、パソコンじゃダメなんです。

じゃぱにーずてくのろじー
が満載に詰まった私のバカでかいデスクトップじゃ出来ないのに、手乗りインコばりの大きさしかない、このアメリカ製のいけ好かないリンゴのマークのこいつなら、すんなりログインですわ、、もう世の中分かりません

ギブミーチョコレート

昨日ホットヨガに行ったんですよ
初回という事でカルテみたいなのに記入を求められ、
「最終目標は!?」という質問欄に「ヨガファイア」って書いたら「北へ行け、なるべく遠く」と言われ、今青森行きの寝台列車に乗ってます

正直辛いです

皆様お久しぶりですね
戦闘力530000の私でも、流石に参りました

先日札幌にコマーシャルの撮影に行って参りましたよ
ノボコップおってワロタwwww


懐かしい戦友です
とても逞しくなってて細胞分裂くらいしか能の無い微生物に泣かされている自分が情けなくなりました

ビバテレビ局

少し前にお局様に脇の15cmほど下という人間が最も鍛えようが無い弱点をピンヒールで踏まれに行ってきました

私が悪いんです
もう遅刻しません


とりあえずただいま


湯淺直樹
ゆあさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-03-11 19:43:03

拝啓 佐々木明様

テーマ:ブログ
私がまだ中学生だった頃の話だ。

私は旭川のカムイスキーリンクスというスキー場でとあるレースを観戦していた。

自分が出場しないレースを見るというのは私の人生の中でもあまりないのだがこの日は違った。

1人の 「化け物」 と呼ばれる男を見たくて私はスタートに向かったのだ。

スタートは既に多くの人だかりでその男の顔はよく見えなかったが黒く大きな物体が物凄いスピードで滑り降りてゆくのが見えた。

私がただ一方的に見ただけなのでこう言うのは相応しくないと思うが、これが私と彼の初の出会いだった。

この黒く大きな物体の名は 「佐々木明」 

現在まで日本のアルペンスキーの歴史の中で最も輝かしい功績を遺した男だ。

それから数年が経った高校1年生の頃、私ついに彼と同じフィールドに立った。
彼との初の対決はインターハイだった。


結果は私が2位で彼が1位だった。

中学生のあの頃、私は彼の後姿しか見えなかったのが高校1年生で彼と肩を並べて表彰台に立てた事をその頃の私は少し満足していたんだと思う。

そして「化け物」 と言われた男に私の名を知らしめた事と彼を射程距離に捉えた事に対して満足していたんだと思う。

しかしそのまた数年後、そこで得た自身は彼のとんでもない活躍により跡形もなく吹き飛ばされる事になるのだった。

時は2003年、、私が大学1年生の頃だった。
私はヘルニアになってしまい戦線を離脱せざる負えない状況となった。

日本に帰国しリハビリを余儀なくされ、いつ直るか分からない恐怖や耐え難い激痛と戦っていた時、佐々木明はウェンゲンという難コースで自信初の表彰台に立っていた。

それをテレビで見た時はヘルニアの激痛よりもはるかに大きな衝撃が私の体中を駆け巡った。

この日から私の壮絶な旅が始まった。

佐々木明という人物の背中を追う壮絶な旅が。





元々あまり仲がいい方ではなかったと思う。

私はそもそも生意気だし、明さんの事を食い入るように見ていたその眼差しはきっと殺気に良く似た何かを発していたのだろう。
それを感じ取ったのかは定かではないが、彼も私という生意気な後輩とは決して馴れ合おうとはしなかった。

そして2人の仲を近付けない決定的な要素があった。

「スタイル」 が真逆なのだ。

彼はその大きな体にピッタリな性格で、何もかもが大きかった。

よく笑うしよく怒る。

人を騙す様な事とは無縁で、その真っ直ぐな性格とライン取りは多くの人を引き付けるのだった。

一方あの頃の私は彼の目覚ましい活躍を目の当たりにし、高校生の頃隣にいた彼がとてつもなく遠くに行ってしまった事に焦り、その焦りが劣等感を作りだし、その劣等感と自分の弱さと戦うのに精一杯だった。


今思えば私も彼のその大きな魅力に引き付けられていたのかもしれない。

どんな時も笑っている彼に引き寄せられていたのかもしれない。


時は流れ2006年。
明さんが人生で3度目の2位表彰台に立った時だ。

私は初のワールドカップ一桁代の記録を残し、その年に行われたオリンピックでも7位に入賞した。

その頃からだろう。
私の中で激しく渦巻いていた劣等感というドス黒い雲が少しずつ晴れてきて、佐々木明という存在と真っ直ぐ向き合えるようになったっていったのだ。


その様子に応えるかのように明さんとの人間としての距離がどんどん近づき始めていったのを覚えている。

その後2010年 私がオリンピックで代表漏れした時も一番最初に声をかけてくれたのは彼だったし、今年のオリンピック直前で私が負傷した時も真っ先に日本から骨折に効くサプリメントを調達してくれた。

お互い意識はしていないものの昔とは比べ物にならないほど密な間柄となっていたのだ。

それもそのはず、、
私たちは15年近くも共にヨーロッパを旅し、アルペンスキーという競技に向き合い続けてきた戦友なのだから他にはない感情を抱き、共に戦ってきた2人しか分からない「何か」 があるのだと思う。



2014年3月9日

佐々木明 がワールドカップを去った。


いつかこの日が来るとは思っていたのだが、いざその日を迎えると私は彼がいなくなるという現実が全くもって受け入れられなかった。

長年追い求めてきた大きな背中が私の前から消えたのだ。

いなくなって分かった事がある。

私は相当明さんの背中を頼りにしてきたという事だ。

一国の代表としては情けなく聞こえるかもしれない。

でも事実だ。

いつも明さんを見ていた。

いつも彼の滑りをひとつの指標に練習していた。


そして今日 3月11日

彼が去って初めての練習をヒンターライトでした。

分かっていたが、独りだった。

あのデカい背中はもうない。

あの笑い声も聞こえない。


明さんのいないピステはいつもより広くて冷たく感じた。


本当にさみしいよ。


でももうそんなことを言っている場合ではないのは分かっている。

私は独りでも戦わなければならない。

私が後輩にその背中を見せて滑らなければならない立場になったのだ。



明さんが最後のレース、、私は明さんより成績が悪かった。

なんだか明さんに顔面を殴られた気分だった。

「それで俺を超えられるの? そんなのでアルペンスキー引っ張っていけるの?」

って言われた気がした。


明さんが最後の最後になっても、私はまだ明さんから学んでいた。
自分は明さんに教えた事なんて一つもないのに。

最後の最後まで頼ってしまった。

こんな情けない後輩が彼に認めてもらえる道は一つしかない。

世界一になることだ。


彼の達成できたなかったことを私が必ず成し遂げる。

 
明さんのように 真のスーパースターになるんだ。






私は彼と一緒に滑れた事を誇りに思います。



心から お疲れ様でした。



心から




ありがとう。






らぇjbらw
たおいれあ


また会える日を楽しみにしています。

ゴル友としても、これからも末永く宜しくお願いします。




湯淺直樹
ゆあさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-03-07 16:32:55

登る上る

テーマ:ブログ
皆様こんにちは。

沢山のコメントを頂戴しました。
本当にありがとうございます。

四年前も言ったと思うのですが、

「ありがとう」

この日本語では皆様の温かい声援への感謝の言葉としてはとてもじゃないけど足りないと思います。

今一度改めて申し上げさせていただきますが

私のこれからの現役生活の全てを

皆様への「ありがとう」 という言葉よりも大きな感謝の意を表す 「何か」 を探し当て

示すために使います。

答えは出てますので後は示すだけです。

これほど多くの方々にここまで温かい気持ちを戴けるのはきっと私がこれまで本当に真剣に真摯にこの競技と向き合って闘ってぶつかり合ってきた真実の賜物なのではないかと自分でいうのもなんですが、そう信じています。

お蔭様でこれからも真剣に真摯に全力で選手生活を全うしようという気持ちが絶えず湧き出てきます。


どうぞこれからもその皆様の温かい声援で私に「世界一」への原動力を与え続けてください。

宜しくお願いします。

ゆあさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-03-05 16:30:24

長い月火

テーマ:ブログ
サボってた訳ではないんですよ


何を言っても言い訳にしか聞こえないと思うと何も書けなかったのです


私の8年ぶりのオリンピックが終わりました


結果は惨敗


二本目をシッカリ滑った選手は本当に上手だと思った


そのくらい難しいセットで、それに対応できない自分の甘さが嫌になった


今回も数人のメダリストが誕生しました


正直テレビ越しでも直視すると心臓の辺りがチクチクする


メダルにカスリもしなかった癖に、悔しさだけは一人前なのはなぜだろう


8年前  

自分の弱さと強制的に向き合わなきゃならない出来事が起きた

4年前

自分の不甲斐なさに失望し、今まで生きてきた理由を失いかけた

そして今年

自分の持ってる力を全く発揮できなかった


情けない


これ以外 


出る言葉がない


何も出来なかったのではなく


何もさせてもらえなかった


また変わらなきゃ


もう30歳だけど


もう一度生まれ変わらなきゃ


自分の目標を達成しなければ何をしたって半人前なんだ




恐れるものは何もないよ



30年間生きてきたわかった


攻めない人間に


勝利を掴み取る力は備わらない




もう四年間


やらせてくれますか?



湯淺直樹

ゆあさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-02-02 01:00:13

肉とマメと消防士

テーマ:ブログ
皆様

今日もありがとう

皆様1人1人の

頑張れ



声が

私をここまで奮い立たせます

今日も私は元気にリハビリ

早くいつもの自分に戻れるよう


(↓ 躍動感あふるるいい絵が撮れたのでクリックして見てねグフフ)


tらんlkwn



湯淺シルベスタ直樹
ゆあさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-01-23 05:18:37

土俵際

テーマ:ブログ
おはようございます。

足首を骨折してしまいました。

既に多くの皆様から励ましのコメントを頂いております。

まるでそっくり四年前のようですね。

今は皆様の期待に必ず応えれるよう全力で治して必ずオリンピックのスタート台に立ちたいと思います。

あと一か月ですが、信じて待っていてください。


湯淺直樹
ゆあさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-01-08 06:08:26

2014

テーマ:ブログ
2014年が始まり早1週間が経とうとしております。

みなさまいかがお過ごしですか??

昨年も皆様の温かい声援に支えられアルペンスキーヤーとして多くの事を学ばせていただきました。
皆様には本当に感謝しております。

今年も引き続き皆様の声援を前に進む力に変えて一所懸命目標である世界一に向かって進んでいきたいと思っています。

今年一年どうぞよろしくお願い致します。

次戦アーデルボーデンから第一シードで滑ります。

そうです。

ようやく第一シードに入ることが出来ました。

スタート台にやっと立てたという思いです。

ほぼ4年前、、、あの時皆様がくれた力が私をここまで大きく成長させました。

脳みそが焼け焦げるほど悔しかったあの気持ち。

一日たりとも忘れた日は無いです。

皆様があの時くれた力。

その温かさや大きさ

一日たりとも忘れた日は無いです。


あの時の感謝の気持ちが少しづつ形になってきました。


勝つことで恩返しをする。



あと少し。



もうすぐだ。





湯淺直樹

VS:来る1月10日に古田敦也さんが司会の 「スポーツトライアングル」 という番組の初回に出演させていただくことになりました!! 

NHK  BS1 11:00~11:44 からです。

絶対面白いので、ぜひご覧ください!!!!

ゆあさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み