画道師範 Naomi

自分道を生きよう。自分道を究めよう。

「潜在意識を、分かりやすく顕在化し、

      具体的に分かりやすく解釈する」
  





人は皆、「感覚」というものを持っています。

まだ、言葉にできない「何となく」という感覚。



実は、それは、潜在意識からのメッセージ(伝言)なのです。





本当は、どんな人も、エスパーのような感覚を持っているのですが、



長い時間かけて、便利なものに囲まれて、感覚を失っていった現代人は

せっかくの感覚を、理屈で凝りかためてしまうまでに



持っている感覚を、持っていないと感じるまでになっています。





本当は、すでに持っています。



持っていることに、気付いてほしいのです。





でも、「感じて下さい」と、ただ言われても、分からない。



「感じるだけでいいんです」と言われても

その感じていることが、正しいのか正しくないのかも、分からない。



これでいいの?って、また不安になります。

「分からないから、もういいや」になります。





感覚が分からないときに

感覚が鈍っているときに




「ただ、感じるままに」と言われても、正直、分からないのです。





感じるままに感じられる人は

その感覚が分かっている人です。






そんな人に



「こんな風に感じていませんか?」

「こんな風に感じているように、こちらからは見えますよ」と



言葉にしたり、具体例を挙げたりして

何らかのきっかけのようなものを伝えてあげると

その人の感覚が「ああ!!」と蘇ってきやすくなるのです。





「このことかっ!」って。

「そう、その、感覚です」

そこで初めて、分かります。





その感覚は、自分の経験と知識が繋がると、蘇ってきます。





経験と知識という、現実的なものですが

この現実的なものが、大切なのです。





何故なら、現実的なもの(顕在意識)は、

目に見えない世界(潜在意識)からしか創られていないからです。






だから、こんな人生を歩んできたんだ。

だから、こんな風になっているんだ。





その、自分の経験と知識を繋ぎ合わせて腑に落とすために

見えない世界、つまり、潜在意識を視覚化する必要があり




その手段が、色霊画(色霊アート)なのです。





自分が自分と繋がって、自分の腑に落とす。





自分が腑に落とすことで、想いを実感して下さい。





自分のどうして?を客観的に見る。

自分の人生の物語を知る。

自分の人生に感謝する。



そうすれば



自分の今の立ち位置が分かり、自分の道を生きられるようになります。







色霊画講座では、毎回テーマを変えて、

自分の潜在意識を顕在化(視覚化)していきます。



テーマを変えても、自分に必要な答えは、確実に出てきます。

テーマが違うから、今の自分には必要ないというのではなく、

必要な答えを得るために入る入り口が違うとだけ想って下さい。





どこから入っても、結局辿り着く答えは同じです。



私がいろいろテーマを変えて開講しているのは



飽きないようにするということ、そして

「視点を変えても、最終的に辿り着く答えは同じなんだ」ということも

実感してほしいからです。





見た目に惑わされないこと。





これを知るだけでも、自分の答えを見つけて、自分の道を生きやすくなります。


色霊画(色霊アート)講座の受講料&お申込み



※ワーク式のテキスト付。

※画材道具など必要なものはすべてこちらで準備します。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)