画道師範 Naomi

自分道を生きよう。自分道を究めよう。


テーマ:







自分を信頼してもらうことや

相手との信頼を築く上で大切なのは


相手に何かをするということ以上に

自分の生き方の軸をぶらさないことです。





たとえば


相手が喜びそうなものやほしがるものをあげる

相手がしてほしいと想っていることを先読みしてする

相手が困っていることを率先して助ける



これらは自分に興味を持ってもらったり相手と仲良くなるため

つまりは相手ではなく自分のこと優先行動なので

自分の信頼を上げるためのものではありません。





自分の信頼を上げるためではないということは

繋がりとしてはとても薄く細いものになります。


だから、何かあったときに相手から離れられて自分が傷付いたり

自分から離れて相手を傷つけることにもなるのです。





自分を信頼してもらうとは、相手から



いつも本音で話をしてくれる

他の人が言いにくいことを指摘してくれる

他の人には言いづらいことを素直に話せる


誰に対してもいつも変わらない態度で接してくれる

裏表がない


普段は放置でもここぞというときに必ず助けてくれる

自分のことをよく見てくれている


言動が一致している

言うことが一貫している


一つのことを貫こうとしている

自分軸を持っていて生き方にブレがない



と想ってもらうことです。




本当に信頼される人というのは、生き方=背中で信頼されます。

自分の背中は自分の目が届かない場所なので

言葉や顔のように意図的なコントロールができないのです。



ほとんど会話をしていなくても

ほとんど接点がなくても

「あの人は信頼できそう」と周りから信頼される人というのは

意図的でないそのままの醸し出すエネルギーで信頼されているのです。





うわべっつらで仲良くすること

ぶつからないように気を遣うこと


自分が嫌われないように相手から好かれるようにすることが

自分の信頼を上げることではありません。





とても口ベタ

とっても無口

あまり人の輪に入らない

黙々と仕事をしている


こんな人が、いざというときに

周りから持ち上げられて大きなチャンスをつかむのは

その人の生き方そのものが信頼に値するからです。




だから、本当に信頼される人というのは

一番身近な人に一番信頼されています。


そこに信頼されずして

その他大勢にそれ以上に信頼されることはまずありません。




信頼とは、誠実・真摯な生き方そのものです。





◆◇◆    画道(Gado)創
者Naomiの今日の1本!   ◆◇◆


『 信頼とは誠実・真摯な生き方そのもの。
  それは顔よりも何よりも後ろ姿が物語る 』

◆◇◆  ◆◇◆ ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆


■毎日配信・携帯メルマガ~画道師範Naomiの今日の1本!(2/5・ 2642号)

   登録は ⇒ こちら

このブログの転送・転記は大歓迎です♪ご自由にどうぞ♪
  この言霊が、必要な人のところへ届くことを心から祈っています☆
  そのお手伝いをあなたがして下さることに、心から感謝いたします♡





<絶賛発売中!>
あの人との関係を引き寄せる ご縁マップのつくり方/ビジネス社
¥1,512
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{DC5835DB-5D5D-464B-BCA3-44459746D2A4}






「それって、こうよね〜♪」

「ああ!!そうそう♡」

「あはは!面白ーい♪」


そんな、みなさんの笑い声で盛り上がり

お開きの時間が1時間もオーバーしてしまいました^^;




恋愛運と金運を上げるイラストを描かれる

開運イラストレーターのいよりあきこさん


とコラボトーク♡



実は、あきこさんとお会いするのは今回のイベントでまだ4回目なのですが

お会いする前からいろんなところで繋がっていたために

4回目とは想えないほどのノリの良さで今回も大盛り上がりでした♪





「小石が岩になる前に」



まあ、いっか…

私さえボクさえガマンすれば…


という気持ちは空に羽ばたかせて


ここで伝えておこう

ガマンするのではなく歩み寄ろう


を繰り返せば、いづれ心は晴れていきますよというお話でした。




コミュニケーションの本質は

聴き方や伝え方というテクニックではなく

「相手のことをどれだけ徹底的に想えるか、考えられるか

(そこに自分の我欲や見返りなし)」なので

その想いがあれば、つたない言葉であっても伝わります。



時間は掛かるかもしれないけれど、あきらめない。

素敵なイメージを持って伝えてみることを繰り返してみたら

あるとき、とんでもなく嬉しいことが舞い降ります。




最後に、いつもキュートで元気一杯のSschikoさんから

「なおみさん、ワークなんかやって下さい♪なおみさんのワーク面白いから〜♪」

と、リクエストを頂いて

簡単だけど深い♪ワークをみなさんで一緒にさせて頂きました♡



自分のお腹の中って、なかなか目で見ることができないですが

ちょっといろんなきっかけや道具を使って出してみると

「おお!なるほど!そうだったのか!」という発見があります。




お店の方に「すみません〜時間が…次の予定が…」と言われるまで

気が付かずに大盛り上がり^^;


その日、お店の撮影があったのですね♪




素敵な場所で美味しいお料理と素敵な方々と楽しい会話を♡

人生が一番豊かに幸せを感じられるときですね^^


またいろんな企画をさせて頂きますね♪





<絶賛発売中!>

あの人との関係を引き寄せる ご縁マップのつくり方/ビジネス社
¥1,512
Amazon.co.jp




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:









人のために動くとは


相手が喜ぶことを考え

相手が笑顔になることを考え

相手の大切な人たちも笑顔になることを考え

相手がどうしたら幸せを感じられるかを


「徹底的に」考えることです。




「徹底的に」というのは意外に難しいものです。




人は、どこかで自分の利益を先に考えてしまったり

どこかで、自分はイイ人でいたいと行動してしまったり

自分だけは嫌われまいと行動をしてしまうからです。




でも、それをしてしまうと、必ずどこかで相手に伝わります。


それって、私・ボクのためにしてくれているのではなく

結局自分のためですよね?と。





先に損をする、というのは、見返りを求めずに

「徹底的に」相手のことを考えるということです。




そこには、厳しさもあるでしょう。


自分が嫌われることを受け入れて

たとえば「あなた、裸の王様になってますよ」と

相手に現実を伝えることかもしれません。




後の見返りを求めて、先に損をする。

というのもは、一見やっていることは同じように見えますが

まったくエネルギーが違います。


見返りエネルギーが入っているので

結局、相手の幸せではなく自分のことしか考えていないのです。




相手の幸せを考えるとき

周りの幸せを考えるとき


どこかに「自分が」「自分さえ」

「ほら、私ってボクって、先に損して偉いでしょ?」

「ここで先に損をしていたら、後で必ず自分が得するから」



こんなことを意図的に分かってするのではなく

心からの想いですると、必ず後から神様からの大きな贈り物がやってきます。





◆◇◆    画道(Gado)創
者Naomiの今日の1本!   ◆◇◆


『 先に損をするというのは
  見返りを求めずに徹底的に相手のことを考えるということ。
  そこには厳しさもある 』

◆◇◆  ◆◇◆ ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆


■毎日配信・携帯メルマガ~画道師範Naomiの今日の1本!(2/4・ 2641号)

   登録は ⇒ こちら

このブログの転送・転記は大歓迎です♪ご自由にどうぞ♪
  この言霊が、必要な人のところへ届くことを心から祈っています☆
  そのお手伝いをあなたがして下さることに、心から感謝いたします♡





<絶賛発売中!>
あの人との関係を引き寄せる ご縁マップのつくり方/ビジネス社
¥1,512
Amazon.co.jp
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)