画道師範 Naomi

自分道を生きよう。自分道を究めよう。


テーマ:

画道師範 Naomi





経験を積んでも、気は初心で


時間は掛けても、気は新鮮に



いつまでも心は青春でいるコツです。





年齢より若く見える人ほど



経験を自分の重い荷物にせず


その経験を回して繋げて、未来の人生に活かしています。



経験を重い荷物にしてしまう人は


できない理由を探すことが上手になり、動きが鈍くなります。





経験は、人を慎重にもさせるけれど、必ず人を賢くさせます。


その経験を、活かすも活かさないも、自分次第です。




大事に大事に、時間を掛けて経験してきたことに消費期限はありません。




あなたが活用しようと想っている限り


その経験は、いつまでも新鮮できたてです。





◆◇◆ 画道(Gado)創始者Naomiの今日の1本! ◆◇◆


『 経験を積んでも、気は初心で。時間は掛けても、気は新鮮に。 

◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆



■毎日配信・携帯メルマガ~画道師範Naomiの今日の1本!(5/31・1096号)より

登録は ⇒ こちら


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

画道師範 Naomi




「うわあ~ それ、すごいよね!」


「それ、いいよね~!いいよね~!」


「そっかあ~!」



と、とても嬉しそうに


メモを取るというよりは、大学ノートを贅沢に活用し


アーティスティックな文字で、言葉を絵のように書き残される面白くって素敵な人☆


それがひすいこたろうさんとの初めての出会いでした。




前職時代、自社ビルにあったセミナーホールで


経営コンサルタントの小田真嘉さん と北極流占い師の羽賀ヒカルさん


そして、天才コピーライターでベストセラー作家のひすいこたろうさん


三人のコラボセミナー「ネーミングストーリー」をされたときのお話しです。




勤務中だった私は、ホールと職場を行ったり来たりで


セミナーすべてを集中して聴くことはできませんでしたが


ホールへ様子をのぞきに行くたびに


ひすいさんの大学ノートがアートなメモとなって


あり得ない速さで最終ページに進んでいっていました。





セミナー終了後、神戸ハーバーランドの夜景を見ながらの懇親会に私も誘って頂き


「名前って、どんな風に書くの?」と聴いて下さったひすいさんに


その場でメモ用紙に書いて見せると、ポケットの中から小さな小さな


手のひらサイズの手帳のようなものを取り出し



「へえ~そうやって書くんだね~!えーっと、Naomiさんの 『な』はね~」



と、その手作りの手帳を見ながら、私の名前についてとても丁寧に説明をして下さいました。


今でもそのメモは大切に持っていますが、残念ながら


あまりにもアーティスティックすぎて解読することができません(笑)





そして、この名前のお話を伺ったちょうど1年後のまったく同じ日に


私は、ひすいこたろうさんと名前の言霊の山下先生 の共著である


「名前セラピー」 の京都での出版記念講演会の司会をさせて頂くことになるのです。



「Naomiさん!ちょうど1年前だよ!!」


そう教えてくれたのは、懇親会でご縁をもらったモコちゃん でした。


現在は、小さなコツの専門家の野澤卓央さん のマネジメントをしている


とってもチャーミングですこぶるデキる女性です。




そして、今回コラボでご一緒させて頂く機会を作ってくれた


主催者の奥田麻樹子ちゃん も、ひすいさん×たくちゃん×高島さんのコラボ講演会から


繋がってご縁を頂きました。強力なご縁を引き寄せる、天然で可愛いスーパーな女性です。





「Naomiさんにご縁を話をしてほしい!」


そう言ってくれた麻樹子ちゃん☆



「Naomiちゃんの話したいこと話してくれていいよ~♪」


と、その場の空気を大事にしようと、打ち合わせらしきものはまったくなかったひすいさん☆



「ひすいさんとNaomiさんが話しやすいように♪」


と、ファシリテーターを提案し買って出てくれたモコちゃんとたくちゃん☆




そんな素敵なご縁に包まれたスペシャル講演会もいよいよ来週の月曜日☆





今まで、あまり人前でお話ししたことのないことも、少しお話しさせて頂こうかなと想っています。



来て下さった方々の心が温かくなって


聴きに来て良かった!って、ちょっと楽しくなってきた!って


帰りの足取りがルンルンになるように


そんな講演会になるように、精一杯お話しさせて頂きます☆




講演前のお昼には、楽しく笑ってお絵かきをしている間に


気付いたら「私って、ボクって、すごいじゃん♪」と自分のことが大好きになっていた


というNaomiの色霊(いろだま)アートのグループワークお茶を飲みながら行います。



絵が苦手だとか、ワークが苦手だという方もぜひどうぞ♪


こうやって、見ればいいんだ!こうやって、解釈すればいいんだ!


なるほど、こういう意味があったんだ!とワクワクしてもらえると想います☆




↓↓↓




『 天才コピーライター・ベストセラー作家ひすいこたろう×画道師範Naomi


     with インタビューアー小さなコツ野澤卓央スペシャルコラボ講演会 』@大阪





人生が変わる!!

大事な人に出逢える!!

あなたの人生の幸せスイッチが1000%入る!!



続きの詳細・お申込みは 

↓↓↓

パソコン用フォームURL http://ws.formzu.net/fgen/S64807224/
携帯電話用フォームURL http://ws.formzu.net/mfgen/S64807224/

返信メールが届かないフォームが開けない、
そのほか質問など不明な点は
maki_popcicle616@yahoo.co.

奥田麻樹子までお問い合わせください★

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

画道師範 Naomi





「ありのままの自分で生きる」


「無理をしない自然体の生き方をする」




そう言うと



「今の自分そのままで生きる」


「好きな人とだけ付き合って、好きなことだけをすればいい」



と想う人がいますが、決してそういうことではありません。





それは



「今の自分そのままで生きる」ことが


「自分は変わらなくていい。成長しなくていい」ということではなく



「好きな人とだけ付き合う」ことが


「変われない・変わらない自分でも受け止めて認めてくれる人とだけ付き合う」ということではないのです。





ありのままで自分らしく自然体で生きるというのは



何も変わらない自分で、特に成長しない自分で


今のままで生きるということではなく



強いところも弱いところもあるどんな自分であっても


そんな自分を自分で認めて受け止めながら



変わるために変わらないでい続け


変わらないでいるために変わり続けるということなのです。





ありのままで自分らしく、自然体で生き始めると


周りを受け止めた上で、自分の意思を主張できるようになります。



それは、自分のありのままを受け止めているので


周りのありのままも尊重することができるようになるのです。




「あなたの考えは〇〇なんだね。それもいいね。


私の考えは□□なんだけど、どうかな?」



相手を自分とは違うと否定したり、だから受け入れられないと想うのではなく


相手は相手でそのまま受け止めることができるのです。





付き合う人を選ぶことは大事です。


一緒にいる人を選ぶことは大事です。



でも、ありのままの自分や相手を受け止めた上で選ぶことと


相手も自分も否定したまま選ぶことは違います。





自分をどこかで否定している自分を


甘やかしてくれる人や同調してくれる人とだけ付き合おうとしないことです。




いろいろと本音で痛いことを指摘してくれる人がいるうちが、華ですよ。






◆◇◆ 画道(Gado)創始者Naomiの今日の1本! ◆◇◆


『 ありのままの自分で自然体で生きるとは

  相手のありのままも自然に受け止められる自分になること 

◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆



■毎日配信・携帯メルマガ~画道師範Naomiの今日の1本!(5/30・1095号)より

登録は ⇒ こちら



いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)