画道師範 Naomi

自分道を生きよう。自分道を究めよう。


テーマ:


画道師範 Naomi






傷つかないようにと


キレイにと



そんな生き方ばかりを選択すると


自分の正直からは離れた生き方になります。





「あなたには、もっと、私よりも(僕より)も合う人がいると想うから」


「あなたのことがキライになったわけじゃないんだけど」



誰かに別れを切り出すとき


相手を傷つけたくないからと


相手を傷つけないであろうあいまいな言葉を選んで


キレイにキレイに別れようとする人がいますが



ストレートな理由でない分、相手にとってはスッキリと割り切れるところがなくなり


かえって傷つくことがあります。





実のところは



相手を傷つけないようにではなく、自分を傷つけないようにしているため


相手にとっては困惑することばかりで



別れの瞬間は、表面上、波のない別れ方をしているように見えますが


相手の心の中には(実は自分の心の中にも)荒波を残すことになり


あとあとそれが何らかの形で表面化してくるのです。





「相手を傷つけないように」


とは、とてもキレイな言葉ですが


実際は、「自分を傷つけないように」していることばかりです。



そこには、相手を心から想う気持ちはなく、常に自分優先です。




相手のことを本気で想ってしているときは


相手にはどうやってもその真意が分からないほど


自分でも自分がだませるほどの嘘つきさんになって


自分を主語にして伝えています。



本気で相手を守るとは、そういうことです。





その瞬間は、痛いものです。



でも、その瞬間、痛い想いをすれば、あとあと引きずりませんが


誤魔化した痛みは、あとあと引きずります。




あなたが伝えたいことは、本当にそれで良かったですか?


それは、本当に、相手のためを想ってのことですか?




傷つかないように表面上キレイに生きるよりも


傷ついても美しく生きましょう。





自分も誰も傷つけずに、生きることはできません。




でも、本気の愛を持ってしたことには


その瞬間傷ついても、また、本気の愛で回復できます。





◆◇◆ 画道(Gado)創始者Naomiの今日の1本! ◆◇◆


 傷つかないキレイさで生きるよりも、傷ついても美しく生きよう 

◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆



■毎日配信・携帯メルマガ~画道師範Naomiの今日の1本!(4/30・1065号)より

登録は ⇒ こちら

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

画道師範 Naomi




ちょっと、でも


ずっと、でも



元気なときでも


落ち込んでいるときでも




一緒にいたいなと想ってもらえる人というのは


「疲れない人」です。





疲れない人というのは


おとなしい人、個性がない人ということではなく


いちいち説明しなくても空気で察知して


自分の「気」に自然と合わせてくれる


重たかったり軽すぎたりという「気」のアップダウンの少ない人。




疲れているときに変にハイテンションで励ましたり


そっとしておいてほしいときにガンガン話しかけてくるような


話の輪の中心になることを求める人と一緒にいると


より一層疲れるので、一緒にいたいとは想ってもらえません。





疲れない人は


お互い「気」を使わなくていい人、つまり、「気」を操作しなくていい人なので


長時間会話なく同じ空間にいても気になりません。



自然なリズムでお互いのエネルギーを回せます。





ところが



高すぎたり低すぎたり、重すぎたり軽すぎたりという


気の波を起こす人の近くにいると


その波に合わせなければならなくなり


自分の気を落ち着かせることができません。





ただ、明るければいいわけではなく


ただ、テンションが高ければいいわけではなく


ただ、ポジティブであればいいわけではなく




「一緒にいたいな」


そう想ってもらえる人は



気のアップダウンが少ない、疲れない人です。





◆◇◆ 画道(Gado)創始者Naomiの今日の1本! ◆◇◆


 「一緒にいたい」そう想ってもらえる人は

  気のアップダウンが少ない、疲れない人 

◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆



■毎日配信・携帯メルマガ~画道師範Naomiの今日の1本!(4/29・1064号)より

登録は ⇒ こちら



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

画道師範 Naomi





周りの目ばかりを


自分がどう想われているかばかりを


気にして何かを選択してしまうと


100%の確率で選択を誤り、自分の心も重くなります。




それは、自分で自分の魂にウソをついていることを、自分が知っているからです。





人は、いつもイイ人でいたいし


いつも好意的に受け止められたいし


いつも好かれたいと想ってるものです。



嫌われることが好きな人はいないでしょう。





でも、「嫌われたくない」と、そう強く想うがゆえに


自分で自分の魂にウソをつけば



結果的に自分で自分のエネルギーを下げて


その下がったエネルギーを周りにも無意識に振り撒くようになり


目の前にいる本当に大事な人や今いる環境のエネルギーさえも


どんどん下げてしまうことになります。





あなたが何か特別なことをすることで周りが幸せになるのではなく


あなたがいつも明るく元気で爽やかにいることで周りも幸せになるのです。




あなた自身が周りに嫌われないようにと


いつも自分にウソをついた選択を繰り返すと


あなたの心はどんどん淀んでいきます。



その淀んだ心で本当に大切にしたい人に接すると


相手の心もどんどん淀んで重くなっていきます。




本当は嫌われたくないからという自分側の理由で選択したことも


自分を守るために「私だけ、僕だけが我慢している」という理由に


無意識に自分ですり替えてしまうために



ますます、周りに振り撒くエネルギーは重くなっていきます。





人の目を気にして選択すると、必ず間違えるし、自分の心も周りの心も重くします。





自分の魂の声を大切にした選択をしましょう。




あなたが魂の選択をしても


あなたを魂から応援してくれている人は


あなたから離れたりしませんよ。





◆◇◆ 画道(Gado)創始者Naomiの今日の1本! ◆◇◆


 人の目を意識すると、自分の選択を間違える。

  自分の魂を大切にすると、最善の選択ができる 

◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆



■毎日配信・携帯メルマガ~画道師範Naomiの今日の1本!(4/28・1063号)より

登録は ⇒ こちら

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)