画道師範 Naomi

自分道を生きよう。自分道を究めよう。


テーマ:

画道師範 Naomi





あんな風に言われたら


こんな風に言われてるんだと意訳する。




意訳というよりも、自分勝手な誤訳です(笑)




いいんです、誤訳で。


相手が言ったことをこちらがどう捉えようが、それこそ、自由なのです。





一見、マイナスだと想えることは


実は、とてもプラスになることばかりです。




相手にとっては、それって誤訳よ!でも


自分にとって「超訳♡」になればいいんです。



そうしてしまえばいいんです。





そして、その自分の超訳が通じる人ばかりの中にいましょう。





人生、楽しく生きる秘訣です♪





-----------------------------------------------------------☆---------------





叫び「そんなの前例がない!反対です!」


⇒ 「なんて斬新なアイディアなの♪」ラブラブ!



(解釈)


新しいことをやるのに、反対はされて当たり前。


前例がないってことは、まだ誰もやったことがないということ。


あなたは時代の最先端な人ですヨ♪かっこイイ~♪






「ああ・・・大失敗しちゃった…」ガーン


⇒ 「まあ!大成功する条件を手に入れたのね♪」ラブラブ!



(解釈)


失敗するから、成功できるんです。


人の痛みも分かる優しい人になれるんです。


大きな失敗をしたことがない人は、大きな成功はできませんよ~♪






むっ「あなたって、自分勝手なのね」


⇒ 「あなたって、とても自分に正直に生きているのね♪」ラブラブ!



(解釈)


個性的に生きている人は、「良い意味で」とても自分勝手です。


大いに褒められていると受け止めましょう♪






むっ「ああ、何でこんなに渋滞してるの…」


⇒ 「人生、ゆっくり生きなさいってメッセージね♪」ラブラブ!



(解釈)


信号にやたら引っかかったり、前行く車が遅かったり、電車が止まったり


そんなときは、「急がば回れ」のサインかも!


大事故を回避させてもらったのかもしれませよ~♪


超スピード出して追い抜いていった車が次の信号で止まってるってことないですか?


少々急いだところで、大した差はないですよ~♪





--------------☆-----------------------------------------------------------





ということで、人生は、「いかに超訳♡ができるか」です。





冒頭の写真を見て、あなたは何を感じましたか?




「あ、笑顔だ♪」


「ただの食パンじゃない、だから?」


「えー、ジャム塗ってほしいなー」


「ごはんがいい!」


「天然素材じゃなきゃ、身体に悪いわよ」


「え?サラダないの?」


「これからパンも高くなるのかしら…」




たかだか、パン1枚見ても、人はいろんなことを言います。





人の言動でも同じです。




人は、とても勝手なことを言います。


特に、全然自分に関係ない人が言います。



「えーっと、あなたはどちらさまですか?」


と言う人たちが好き勝手言います。




でも、言われるということは、あなたにそれだけ興味があるということです。


何も想っていなければ、無関心ということで、うんともすんとも反応しません。



イチイチ、そんな人のことを気にしないことです。





鈍感さも、自分らしく、ありのままの自分で生きるための必須条件です。





自分の直感には敏感で


周りの言葉には鈍感ぐらいでちょうどいいんです。





あなたの「超訳♡」、増やして下さいね☆





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

画道師範 Naomi





言ってはいけない


見せてはいけない



と、「してはいけない」と想わないことです。




自分の中の醜い部分や


自分の中の弱い部分は隠さなくてもいいのです。


隠すものではないのです。





常にポジティブなことを想うこと


常にポジティブに捉えること


常に良い言葉を話すこと



とても大切で必要なことです。




でも、それをずっとしていいのは


自分の醜さも弱さも、「素直に」受け止めて「素直に」認めている人だけです。





もし、それを素直に認めていない人や受け止めていない人がすると


逆に受け止めていないネガティブな自分の方が強調されて


周りには伝わってしまいます。




ポジティブに想わないと「いけない」


ポジティブに捉えないと「いけない」


良い言葉を使わないと「いけない」



いけない、いけないで、自分をどんどん追い詰めてしまいます。





たまには、グチを言いたいこともあります。


いつもいつも強くいることはできません。



そんなときは、グチを言ってもいいんです。


そんなときは、弱くなってもいいんです。





そんな姿を素直に見せられる人を持っていることの方が重要なのです。





もちろん、その姿を見せるときのルールはあります。



グチを言うときは、ただただ誰かの悪口になっていないということです。


そして、言いっぱなしで終わらないということです。



「私はこんな風に感じちゃったんだよね」と、自分の感情の動きを伝えること。


そして、「でも、だいじょうぶ!」「スッキリした!聴いてくれてありがとうね!」と


プラスの言葉で締めて、聴いてくれた人に感謝言葉を伝えることです。





人生、いろいろあります。


人間だもの。



グチを言いたいときも、弱くなることも、必ずあります。




そこで、「言っちゃダメだ!」「プラスの言葉言わなきゃ!」と


またそこで、ダメダメ星人、ベッキー(べき)星人になってしまわないことです。




もし言うときは、言葉そのものの意味をジャッジせずに


ただ何も考えずに、分からないままにお経のように使いましょう。



あなたの顕在意識が分かっていなくても


あなたの潜在意識は分かっています。






本当に強くてバランスが取れている人は


必ず、自分の醜さも弱さも見せられる人がちゃんといます。



そういう人を持っていることが、何よりも「強み」なのです。


そして、一番バランスが取れるのです。





醜さも弱さも、あなたの魅力です。


それを素直に受け止めるから、自分の魅力がより一層輝くのです。




強みである「陽」をより輝かせたければ


弱みである「陰」の存在をちゃんと認めてあげることです。



「そこにいてくれてありがとうね」


そう想ってあげるだけで、弱みが強みになるのです。






◆◇◆ 画道(Gado)創始者Naomiの今日の1本! ◆◇◆


『 グチも弱みも、素直に言えて素直に見せられる人を

持っている人ほど、強くてバランスが取れている

◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆



■毎日配信・携帯メルマガ~画道師範Naomiの今日の1本!(3/31・1035号)より

登録は ⇒ こちら

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

画道師範 Naomi





自分が憧れている人


自分が尊敬している人


自分と感性が同じ人


自分と同じものを持っている人



そんな人も、いろいろ刺激をくれて学びをくれて


もちろん自分を大きく成長させてくれます。





でも、「ここぞ!!」というときに


自分を成長させる大きなきっかけをくれる人は



自分と合う人ではなく、自分と合わない人です。





持っているものが違う


価値観が違う


そこ?!と押さえるポイントが違う


何か、カチンとくる




それは、その人に対して「なんやねん!」と反発するということではなく



自分が求めているものや自分が何をしたらいいのかを


明確にしてくれる存在だということです。





合わない人と無理に付き合う必要もありません。



ただ、そんな人たちが、自分の魅力を上げるためのお手伝いもしてくれるということを


頭の片隅に置いておきましょう。





苦手な人を避けまくる人生


そんな人がいちゃいけないと想う人生は


長い目でみたときに、どこかで歯車が狂い始めます。



避けることを意識するということは


強烈にその人を意識しているということ


つまり、「苦手」「イヤ」をずっーと想っていることと同じことなのです。





日本でも1億以上の人がいるんです。


合わない人がいて当然です。


「あ、苦手だわ」そう認識するだけでいいんです。




そして、どうして苦手なの?と考えると


自分の中の何が苦手をキャッチしているのかが分かり


結果的に、自分が求めているものがより一層明確になるのです。





苦手な人を避けるのではなく


苦手な人を認識する。



そして、そんな人こそ、自分を成長させてくれるきっかけをくれる人だと受け止める。





人生を振り返ったとき


大きなターニングポイントを迎えたときこそ


そんな人に出会っていませんか?




「あのとき、あの人に、あの人たちに言われた言葉が、今の原点だな」



あなたの心に火をつけてくれる人は


何もあなたが自分のエリア内に入れた人たちだけではありません。




「どうして?!」


そんな存在の人こそ、あなたに大きなきっかけをくれた陰の功労者なのです。





はやく、気付いたら?


あなた、ホントにそこにいたいの?


他にやりたいこと、あるんじゃないの?


ホントに、今やってることはあなたが求めていたこと?


早く、やってみたら?


あなたはもっとできるでしょう?



実はあなたに、そんなことを伝えてくれているかもしれないのです。





そんな風に想うと、どんな出会いも楽しくなって


人間関係もとても楽になりますよ☆






あなたの周りにいる人が、あなたにとってどんな存在か

あなたの潜在意識の人間関係を知ることができる講座☆

↓↓↓

●ご縁道 講座 ~本音の人間関係を視覚化して、良縁パターンを構築しよう~


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)