画道師範 Naomi

自分道を生きよう。自分道を究めよう。


テーマ:

画道師範 Naomi
Photo by Nobuyuki Nukui






あなたがやりたいこと


あなたが挑戦してみたいことに



いちいち反対する人はいます。





「どうして?それじゃないとダメなの?」


「あなたにできるわけないじゃない」


「あなたが続くわけないって」


「本当にだいじょうぶなの?」



などと、何かとリスクを並べて反対されます。




でも、それを気にする必要はありません。





あなたは、あなたの本気度や覚悟を試されているだけです。





だいたい、反対をする人というのは


自分の身内や身近な人です。



過去のあなたを知っている人です。




過去のあなたから大きく変わろうとしている今のあなたに


「過去のあなたはこうだったけど、本気で変わる覚悟できてる?」と試されているだけです。





反対されて、そこで諦めてしまうのは


あなたにそこまでの覚悟がまだできていないということです。



そして、夢を叶えるためには、自分の夢を応援してくれる人に相談するということ。


「相談者を選ぶ」ということは、夢を叶えるための必須条件です。





変わる前に認めてもらおうとするのではなく


先にあなたが変わってしまうことも意識しましょう。



あなたが先に変わってしまえば、反対していた人も認めざるを得なくなります。





今までやったことがないことにチャレンジするのは、半端ないパワーがいることです。





でも、誰かに反対されたから、誰かに小言を言われたから


だから、できないということを繰り返していては、何も叶いません。





あなたには、あなたが歩む人生があります。


あなたにしか歩めない道があります。




あなたのその想いを待ってくれている人は


想いを叶えたあなたを必要としてくれている人は


未来にたくさん待っています。





叶えて下さい、あなたの夢。






◆◇◆ 画道(Gado)創始者Naomiの今日の1本! ◆◇◆
  

『 あなたの本気度や覚悟は、反対者で試される。

 想いを叶えたあなたを必要とする人は未来にちゃんと待っている

◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆



■毎日配信・携帯メルマガ

~画道師範Naomiの今日の1本!(10/31・884号)より

登録は ⇒ こちら


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

画道師範 Naomi






「お願いできる?」と頼まれたことを


「いいですよ」と受けるのはとてもイイことです。





でも



頼まれたことを、楽しそうに長く続けられる人と


最初はよくても、だんだんしんどくなって続けられなくなる人がいます。





その違いは



自分を満たすためだけにしているか


相手を満たすためにしているか



の違いです。






誰かに何かを頼まれることで


「あ、私に頼んでくれるなんて嬉しい。私にもそんな価値があるんだ」と


自分の存在価値を確認したり認めたりする人は



頼まれごとをする動機が


「自分を満たすため」なので長続きしません。






誰かに何かを頼まれて



「ふふふ、私に頼みましたね?そうですか、では


私はあなたの想う以上のことをして差し上げましょう」



と、相手を喜ばすことを考えられる人や


相手の驚いた顔を見ることを楽しめる人は



頼まれごとをする動機が


「相手を満たすため」なので、長続きします。






最初は、「私やります、イイですよ~!」なんて言ってやっていた人が


「実は、頼んだ人ってこんな人であんな人で、こんなに気が利かない人なのよ!」


と、あとからあとから言う人ほど



自分を満たすためだけにやっているので


どんどん相手に対して不平不満が出てきます。



やってもらって当然と、相手の態度がだんだん傲慢に見えてくるのですね。


「お礼くらい言ってよ!もっと特別扱いしてよ!私の方見てよ!」と。





相手が傲慢になっていると見えてしまうのは


自分を満たすためにやり始めて、やったことに対して自分が見返りを求めているからです。




自分を満たすためではなく、相手を純粋に満たすために動きましょう。




相手がどんどんエスカレートして


頼みごとが強制的になってくるというのは


自分の相手への態度が、そうさせてしまっていることもあるのです。







◆◇◆ 画道(Gado)創始者Naomiの今日の1本! ◆◇◆
  

『 長く続ける秘訣は

  相手も自分も満たすことができることを考えること

◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆



■毎日配信・携帯メルマガ

~画道師範Naomiの今日の1本!(10/30・883号)より

登録は ⇒ こちら


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

画道師範 Naomi




AとB。



今までは、必ずAを選択してきた。




Aが、「一般的」で


Aが、「みんな」がだいたい選んでいて


Aが、「常識的」で


Aが、「正しい」と想っていた。



Bという選択肢は、自分の人生にないと想っていた。


Bを選択することは、自分の中ではありえないと想っていた。





でも



「正しい」と


「一般的」だと


「みんな」がやってるんだと


「常識」なんだと




そう想って、Aを選択し続けてきた自分の人生なのに



上手く行かなかった。


行き詰まった。


苦しかった。


つらかった。


泣きたかった。




----------------------------------------------☆----------------





これが正しいんだと想って選択し続けてきたことで


逆に、自分の人生が苦しくなってるなら



その選択は、自分にとって「正しくなかった」ということです。





突破口は、ただ一つ。




今までの選択を変えるということです。



今まで選んでいた、Aをやめて


Bを選んでみるということです。





どうして、今まで、Bを選ばなかったんでしょう?




「みんな」がAを選んでいたから?


それが「常識」だったから?


小さい時からAが「正しいもの」だと教えられてきたから?





あなたにとって、「みんな」って誰ですか?



常識も、常識になる前は、非常識だったかもしれませんよ。


常識は、時代によって変わります(常識と非常識のあいだには )。



小さいとき学んだ「正しい」は、誰が決めたことですか?


あなたはその「正しさ」に合わせるのに苦しくなかったですか?





あなたの中の、ありえなかったBを選択したとき


あなたの世界は激変しますよ。






◆◇◆ 画道(Gado)創始者Naomiの今日の1本! ◆◇◆
  

『 人生は選択の繰り返し。行き詰まったときは

今までとは真逆のことを選択してみる

◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆



■毎日配信・携帯メルマガ

~画道師範Naomiの今日の1本!(10/29・882号)より

登録は ⇒ こちら


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)