画道師範 Naomi

自分道を生きよう。自分道を究めよう。



<Naomiの言霊本~大好評発売中♪>

『 自分の道を歩く時に迷ったら… 』

★「舩井幸雄のいま知らせたいこと」で舩井勝仁社長にご紹介頂きました。⇒ こちら


【ご購入方法】
お名前入り直筆言霊をご希望の方はこちらからご注文下さい。
 言霊代を別途3,000円頂きます。⇒ こちら
■Amazonからもご購入頂けます(送料無料)。⇒ こちら
 ※お名前入り直筆言霊はついていません。


言霊本の見本です。↓↓↓


画道師範 Naomi

■Naomiのプロフィール ⇒ こちら

-------------------------------------------------------------------☆☆--☆-----------------


【セミナー・イベントのご案内】

Naomiとゆるくもがっつりも語れる!
ご縁会(ランチ会)@神戸

毎回多才なゲストも多数!参加者からの質問に答えるNaomiの講話会で心も満腹に!
ご縁会(ディナー会)@横浜


■講演会・セミナーなどの依頼&お問い合わせ こちら

■各種お問い合わせ こちら

NEW !
テーマ:






きっとこうしてくれるはず

きっとこうなるに違いない


相手に対する期待は、相手のためではなく自分のためなので

確実に「ああ、残念…」ということが起こります。




相手は、自分が想うほど気持ちがなかったり

動いてくれたりするわけではないからです。




相手を認めても、期待はしない。

相手を信頼しても、見返りは求めない。



そしたら自分の心が大きくなれます。




期待をするから、落胆することが起こります。

過剰な期待は、相手も自分も追い詰めます。


最初から期待しなければ、落胆することもありません。




それは、冷めているということではなく

何が起こっても動じない自分を手に入れられるということです。




期待されやすい人は、頑張らないことです。

できない約束はしないことです。

相手に変に期待を持たせないことです。



できないことはできないとはっきり言う

やりたくないのに無理してやろうとしない


どこかで割り切ることも必要です。




期待されるから、ガンバレることもあります。

でも、過剰の期待は、逆にガンバる気力まで奪います。

それは、相手のためになっていないからです。




期待をすることよりも

相手が何を望んでいるのか、そこに歩み寄ることが大切です。





◆◇◆ 画道(Gado)創
者Naomiの今日の1本! ◆◇◆


『 認めても期待はしない。
  信頼しても見返りは求めない。
  そしたら自分が大きくなれる  』


◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆

■毎日配信・携帯メルマガ~画道師範Naomiの今日の1本!(7/13・ 2435号)

   登録は ⇒ こちら

このブログの転送・転記は大歓迎です♪ご自由にどうぞ♪
  この言霊が、必要な人のところへ届くことを心から祈っています☆
  そのお手伝いをあなたがして下さることに、心から感謝いたします♡

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:






それぞれが持っているものが違っても

想いは同じ。


それぞれに表現方法が違っても

心は一つ。




心が繋がっていれば

何でもできます。何でも乗り越えられます。




心が繋がるとは、想いやゴールが共有できているということ。

共に、手を繋いで歩いていけるということ。




それぞれが想いを持っていても

共有できていなければ、その想いは想いのままで終わってしまいます。





物質的に足りないものは、これからいくらでも揃えていけます。


モノ、ではないのです。

キモチ、です。





伝えたから終わり、ではなく

伝わるまで、伝えていますか?


伝わったふりをしていませんか?

言いたいこと、ガマンしていませんか?



伝わるまで伝えようとしていないことも

伝わったふりをしてしまうのも

何もしていないのと同じことです。


結局は、心で共有できていなのだから。





心が繋がっていなければ

耐震構造のない建物のように

揺れたらすぐに崩れてしまいます。



心が繋がっていれば

揺れて多少のヒビが入っても倒れそうになっても

また一緒にがんばろって復活できるのです。




すべては、心です。

心がないものには、どれだけ見た目が綺麗であっても、未来はありません。




繋がっていますか?

繋がるための正しい努力、していますか?






◆◇◆ 画道(Gado)創
者Naomiの今日の1本! ◆◇◆


『 心が繋がれば何でもできる。
  心が繋がらなければ最高の物質的な環境が整っても
  何もできない  』


◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆

■毎日配信・携帯メルマガ~画道師範Naomiの今日の1本!(7/12・ 2434号)

   登録は ⇒ こちら

このブログの転送・転記は大歓迎です♪ご自由にどうぞ♪
  この言霊が、必要な人のところへ届くことを心から祈っています☆
  そのお手伝いをあなたがして下さることに、心から感謝いたします♡



【セミナー・イベントのご案内】

Naomiとゆるくもがっつりも語れる!
ご縁会(ランチ会)@神戸

毎回多才なゲストも多数!参加者からの質問に答えるNaomiの講話会で心も満腹に!
ご縁会(ディナー会)@横浜

ワインを知ると世界が変わる!(初級編講師:Naomi/中級編講師:渋谷店長)
ワインセミナー@横浜
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)

テーマ:






自分のことしか考えていないときに

正直、覚悟など必要ありません。



それは、どんなことが起ころうとも

自分が痛い目を見るだけで終わるからです。

自分一人に責任が掛かる覚悟など、大した覚悟ではありません。





でも、大切な人を守る覚悟は違います。


自分の想い通りにならないこと

何かを犠牲にしなくてはいけないこと

自分一人のときの何倍にもなって掛かってくる責任


それは、自分一人のときからは想像もできないほど大きなものです。




大切な人を守るとは、いざとなれば

自分の命を犠牲にしてでも守ることができると言える覚悟です。




自分よりも、大切なことがあるのか

自分の命よりも、大切な命があるのか


大切な人が平穏に生きてくれているとき

ぶつかってばかりいてうっとおしいと想ってるとき

そこに当たり前のように存在してくれているときは、まったく気付かないでしょう。




でも、究極の何かが起こったときに


自分の命に変えてでも守りたいと

自分が大切な人の盾になると


その存在の大きさに気付くのです。




気付かないのであれば、究極の何かが起こった方がいいかもしれません。

私たちは、気付くために生まれてきているのだから。

肉体を手放す直前でもいい、気付けばいいのです。




もし、究極のときにそんな風に想えないのであれば

その相手からは卒業するタイミングかもしれません。

それも、何かの気付きなのです。




何を選んでも、何を感じても、正解も不正解もありません。

自分が、どうありたいか、どう生きたいか、なのです。





ただ、人は一人では生きていくことはできません。


人は生きている間は、必ず誰かを自分の人生に巻き込んでいます。

誰かと共に生きていいくというのは

必ず、どこかしらで覚悟が試されることが起こるのです。




心、決まっていますか?






◆◇◆ 画道(Gado)創
者Naomiの今日の1本! ◆◇◆


『  大切な人を守るとは覚悟が試されるということ。
   心、決まっていますか? 』


◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆  ◆◇◆

■毎日配信・携帯メルマガ~画道師範Naomiの今日の1本!(7/11・ 2433号)

   登録は ⇒ こちら

このブログの転送・転記は大歓迎です♪ご自由にどうぞ♪
  この言霊が、必要な人のところへ届くことを心から祈っています☆
  そのお手伝いをあなたがして下さることに、心から感謝いたします♡



【セミナー・イベントのご案内】

Naomiとゆるくもがっつりも語れる!
ご縁会(ランチ会)@神戸

毎回多才なゲストも多数!参加者からの質問に答えるNaomiの講話会で心も満腹に!
ご縁会(ディナー会)@横浜

ワインを知ると世界が変わる!(初級編講師:Naomi/中級編講師:渋谷店長)
ワインセミナー@横浜
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)