町田直隆のブログ

東京を拠点に活動する孤高のロックシンガー通称“武蔵野のジャックナイフ”事町田直隆の

つれづれなる日々を綴った日記です。

待望のnew album「未来」(全11曲1.500円)ライブ会場、通販にて2011/04/02より絶賛発売中!その他1st「栄光なき兵士達に捧ぐ」ミニアルバム「主題歌」その他デモ音源も各種発売中!
購入希望の方はtsuuhan_machida@yahoo.co.jpまでメールを下さい!

ライブ情報の方は左下にある写真の下「プロフィール」をクリックしていただけると観れます!



テーマ:

本日は一日音楽づくしで本当に楽しい一日でした。

twitterでも告知した通り、今日は第一期NAOTAKA&NAOKI定期演奏会

最終回という事だったのですが、昼と夜あわせて合計33曲演奏し、

その内31曲ナオキ君と一緒に演奏できて

本当に刺激的でハッピーで最高の気分でした。

彼という素晴らしいミュージシャンと出会えて一緒に演奏を出来る事は

僕の誇りです。

「こんなすげー奴と一緒にやってるんだぜ?羨ましいだろう?」

ってみんなに自慢したくなるような男ですよ彼は。

ギターもピアノもパーカッションもサックスもバイオリンもその他楽器も

なんでもござれで、さらに全ての楽器が上手いんだからね。

僕はナオキ君を心からリスペクトしています。

 

そんな彼も本業のアレンジャー業で現在頑張っていて

それがすばらしい事に最近は凄く忙しいみたいだから

しばらくライブ活動はお休みしたいとの事なんだけれども、

そんなの全然構わないですよ。

彼程の才能は日本の音楽界の宝なので、

うんと自身の仕事や活動を頑張って欲しい。

そして時間ができたらまた定期演奏会を一緒にやって欲しいな。

なのでみんなナオキ君を応援しましょうね。

 

 

そんなわけで本日セットリストです。

本当に盛りだくさんの内容でしたね。

演奏も今回は過去の定期演奏会の中でも一番良かった気がするし

トークのゆるさも一番だった気がします笑

 

毎度恒例のチャレンジコーナーでは僕がバンジョーに挑戦しました。

バンジョー、想像以上に難しかったですがこれが中々面白い楽器でして

すっかりハマってしまいました。

これからちゃんと練習して上手くなりたいですね。

一応弦楽器ならギター以外にも何個か演奏出来るのですが、

その中でもバンジョーは一番面白い気がします。

だからちゃんと弾けるようになりたいと思います。

 

 

今回は一応最終回という事もあってセットリストは

集大成的なものになりました。

来てくれた皆さんが「楽しかった!」と思っていてくれていたら嬉しいです。

 

最近は時折弱気になる事もあるんだけれども、

基本凄くライブが楽しくて仕方がないです。

 

でも自分が楽しいだけじゃなくてやっぱりお客さんに楽しいと

思ってもらえなくちゃ意味が無いなとも思うんです。

 

結局、目の前に居るお客さんの笑顔だったりとか、歓声だったりとか

「良かったです!」の一言だったりとか

ミュージシャンにとってそれ以上の財産って無い気がするんですよね。

 

結局行き着く先はそこなんです。

 

これからも、人の心に触れられるような歌を歌える様生きてゆこうと思います。

 

 

今日は本当にありがとうございました。

 

 

明日のインディペンデンスデイも頑張るぜ!

 

 

■9/24 阿佐ヶ谷NEXT SUNDAY 定期演奏会セットリスト

 

1 乾杯 (遠藤/カホン)
2 絶望ファンクラブ (遠藤/ピアノ)
3 レパートリー (遠藤/ギター)
4 ノーサレンダー (遠藤/カホン)
5 一つだけ 一度きり (遠藤/カホン)
6 キッズアゲイン (遠藤/ギター)
7 窓 (遠藤/ギター)
8 ウェンディ (遠藤/カホン)
9 疾走 (遠藤/ピアノ)
10 ロードムービー (遠藤/ピアノ)
〜休憩〜
11 今はどうなんだ (遠藤/カホン)
12 素晴らしいはずの世界 (遠藤/カホン)
13 所沢 (遠藤/ピアノ)
14 長い夜のほんの一瞬 (遠藤/ピアノ)
15 お金が欲しい (遠藤/ギター、町田/バンジョー)
16 ファルス (遠藤/ギター)
17 未来 (遠藤/ギター)
18 エルクンバンチェロ (遠藤/ギター)
19 ずっと16歳 (遠藤/ピアノ)
20 オリオン座流星群 (遠藤/ピアノ→サックス)

アンコール
21 この街の空 (遠藤/カホン&ピアニカ)
22 歌い忘れていた歌 (遠藤/カホン)


〜夜の部セットリスト〜

1 バイバイ若草荘 (遠藤/ピアノ)
2 所感 (遠藤/カホン)
3 ジョニービーグッド (遠藤/ギター)
4 ブスの歌 ※即興で作った歌
5 グッドバイ (遠藤/カホン)
6 鉄塔 (遠藤/ピアノ)
7 歌舞伎町へようこそ (遠藤/カホン)
8 大阪行き (遠藤/ピアノ)
9 不良の音楽 (遠藤/ギター)

アンコール
10 サンキュー (町田一人で)
11 さらばディズニーランド (遠藤/カホン&ピアニカ)

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

急遽9/20にライブが決まりました。

中々強烈なメンツです。

ぜひ遊びに来てください。

宜しくお願いします。

 

 

■2016年9月20日(火)@下北沢SHELTER
SHELTER 25th Anniversary~"keep going" #SPECIAL!!~
 
出演:越智健太(BUZZ THE BEARS)/上里洋志(Half-Life)
/アサミサエ(Wienners)/町田直隆(moke(s))
 
OPEN18:45 / START19:15
ADV¥2000 / DOOR¥2500
※椅子席のみ
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

色々ライブ情報の追加、及び訂正があります。

宜しくお願いします。

 

〜2016年ライブスケジュール〜


■2016年8月26日(金)西川口HEARTS
Hearts×NON’SHEEP presents
「GOLDEN HEARTS」

出演:NON’SHEEP/BUGY CRAXONE/ウラニーノ/町田直隆

OPEN/START 18:00/18:30
前売/当日 ¥2800/¥3300(+1DRINK)

 


■2016年8月27日(土)下北沢CLUB Que
SUSTINARS PRESENTS「十年選手の頂上作戦」

出演:町田直隆/The JFK/f4-high/SUSTINARS

OPEN/START18:00/18:30
Adv¥2500+1d/door¥2800+1d

 


■2016年8月30日(火) 下北沢LAGUNA
Laguna 8th anniversary Special< change gonna come !!!>

出演:ササキオサム/町田直隆/カタオカセブン
 
OPEN 18:30 START 19:00
前売り 2500円(D別) 当日3000円(D別)
発売日 7/9(土)
ローソンチケット 0570-00-0777
Lコード予約 http://l-tike.com Lコード:74290
イープラス http://eee.eplus.co.jp

 

 

■2016年9月2日(金)熊谷モルタルレコード2階
町田直隆&モルタルレコードpresents 《Hymns From Suburbs~郊外からの賛美歌#1」 》

出演:町田直隆(moke(s))/小高芳太朗(LUNKHEAD)

開場 18:30 / 開演 19:00
前売 2500円+1ドリンク

チケット予約は下記のどちらかのアドレスで受付致します。
お名前(フルネーム)、希望枚数、携帯番号を明記の上ご登録をお願い致します。
mortarrecord@tvkumagaya.ne.jp
machidanaotaka@yahoo.co.jp

 

 

■2016年9月3日(土)下北沢RHAPSODY
「4ヶ月遅れのRHAPSODY☆
ISSUE presents.今までありそうでなかったnight」

出演:ISSUE(藤田真琴、広橋健、坂井"カズオ"高広、青木大全)/
町田直隆(ex.BUNGEE JUMP FESTIVAL)/木谷雅(sacra)

OPEN/START 18:30/19:00
前売り¥2500/当日¥2500+別途\1,000分drink券(スナック付き)

URL http://rhapsody.tokyo

 

 

■2016年9月8日(木)下北沢SHELTER
プピリットパロ presents「パロイズムカクメイ」全国リリースイベント
「タッカラプトゥナイト」

<出演> プピリットパロ/鴉/町田直隆/イエスマン

open:18:30/start:19:00
adv:¥2500+1D/door:¥3000+1D

 

 


■2016 年 9月 15日(木) 横浜 FAD
町田直隆&横浜 FAD 合同企画「 AKOGIな奴ら」

出演:町田直隆 /石井ナルト(Qomolangma Tomato)/猪股and the Guitar/ まめ(パンパンの塔)/山下秀樹(ザ ラヂオカセッツ)

OPEN/START 18:00/18:30
前売/当日 ¥2000(+1DRINK)/¥2500(+1DRINK)

 

 

■2016年9月19日(月)柏ALIVE
KiNGONS "2nd full album 『KiNGONS EXPO』RELEASE TOUR"

出演:KiNGONS/町田直隆/myeahns/ザ・サイレンズ

OPEN18:00/START18:30
前売り¥2500/当日¥3000

 

 

■2016年9月24日(土) 阿佐ヶ谷NEXT SUNDAY(昼公演)
「NAOTAKA&NAOKI定期演奏会第7回」

出演:町田直隆(ギター/ボーカルその他)、遠藤ナオキ(ギター/ピアノ/パーカッションその他)

OPEN/START 12:30/13:00
前売/当日 ¥2500/¥3000(+1DRINK)

 

■2016年9月24日(土) 阿佐ヶ谷NEXT SUNDAY(夜公演)
「NAONAO定演・居残りイベント~みんなで野外フェスティバルGO AROUND JAPANへ行こう!~」

出演:町田直隆&遠藤ナオキ/ロンドン田中(theBrush/田中葬儀店)/東行/O.A.福田詠一郎

OPEN/START 17:00/17:30
前売/当日 ¥2500/¥3000
※「定期演奏会」から引き続きご覧になられる方はチケット¥1000ディスカウントさせて頂きます。また定期演奏会、本公演両方参加されたお客様の中から抽選で1組ペアで「GO AROUD JAPAN2016」の2DAYSチケット(¥14000)が当たります。
是非ともご参加下さい。

 

■2016年9月25日(日)吉祥寺INDEPENDENCE DAY

※吉祥寺のライブハウス6会場を往来できるサーキットイベント
「INDEPENDENCE DAY」、今年も出演いたします!
今年は東京では中々見ることが出来ないあのバンドをバックに
迎え演奏する予定です。お楽しみに!

イベントHP→http://id4-k.com/

 


■2016年9月28日 (水) 水戸ライトハウス

※詳細未定

 


■2016年10月1日(土)、2日(日)ゆうパークおごせ
「GO AROUND JAPAN 2016」

昨年まで「JAPAN FOLK FES」として開催されていたイベントが
今年は名前を変えてより規模を拡大して開催されます。
町田は二日目、10/2に出演致します!
詳しくは公式サイトにて!

イベント公式サイト
http://www.goaroundjapan.com/

 


■2016年10月4日(火)大阪心斎橋VARON

出演:ユーノ/安頭/それでも尚、未来に媚びる/町田直隆

OPEN/START 18:00/18:30
前売/当日 ¥2300/¥2800

 

 

■2016年10月5日(水)名古屋伏見JAMMIN"

出演:ユーノ/安頭/それでも尚、未来に媚びる/町田直隆

OPEN/START 18:00/18:30
前売/当日 ¥2300/¥2800

 

■2016年10月7日(金)高円寺ShowBoat

出演:ユーノ/安頭/それでも尚、未来に媚びる/町田直隆

OPEN/START 18:00/18:30
前売/当日 ¥2500/¥3000

 

 

■2016年10月13日(木) 吉祥寺WARP
moke(s)presents「FORGIVE YOUR DARKNESS vol.9~吉祥寺編~」

GUEST:Helsinki Lambda Club/ザ ラヂオカセッツ
 
OPEN/START 18:30/19:00
前売/当日:¥2500/¥2800(税込,1D別)
★8/31よりLAWSON TICKETにてチケット取り扱い再開。各バンド予約も引き続き受付中。WARP店頭、町田のライブ会場でもチケット発売中(店頭チケット及び手売りチケットはプレイガイド購入者よりも入場が優先されます。ご了承下さい)。
Lコード:74042(再手続きしたため番号が以前と変わりました。ご注意下さい)

 


■2016年11月9日(水) 下北沢SHELTER
moke(s)presents「FORGIVE YOUR DARKNESS vol.10」

GUEST:LINK 他
 
OPEN/START 18:30/19:00
前売/当日:¥2500/¥2800(税込,1D別)

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
本日の「町田直隆の魂」セットリストです。
沢山歌いました。
僕の歌を聴いてくれる皆さん、本当にいつもありがとうございます。
ただただ感謝です。
良い歌を歌い、そして書き続ける事で
貰っているものをこれからも返して行きます。

町田直隆は永久不滅です。

おやすみなさい。


1 オリオン座流星群
2 心の翼
3 バイバイ若草荘
4 打倒運命
5 ウェンディ
6 窓
7 青の残響音
8 星の明かり
9 I have a song
10 スウィートジェーン(失敗)〜町田直隆の魂をくらいやがれ(新曲)
11 疾走
12 今はどうなんだ
13 ひまわり
14 所感
15 大阪行き
16 グッドバイ

〜休憩〜

17 再会
18 七月七日
19 19歳
20 星団の彼方へ
21 エイティーン
22 インコンフリクト
23 鉄塔
24 未来
25 アイデンティファイ
26 エイミー
27 終春(新曲)
28 ビューティフルルーザー
29 不良少年マーリー
30 ヒムス

〜アンコール〜
31 ロードムービー(新曲)
32 お金が欲しい
33 ずっと16歳
34 歌い忘れていた歌
35 長い夜のほんの一瞬
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
めっきりブログを書いてませんでした。
別に書く事が無かった訳じゃないし、どちらかというと書く事が沢山あった
この一ヶ月でしたが、どうも中々文章を綴る気になれず、今日に至ります。
その間大事な事、伝えたい事は歌の中やMCに込めてきました。
インターネット上には便利なツールが溢れているけれど、結局は自分は
ライブでのお客さんとの直のやりとりが好きみたいです。


そうそう皆さんはmoke(s)のアルバムは聴いてくれましたか?

以前twitter上でも発言したのですが、
このアルバムは自分の人生でももしかしたら一番じゃないかと思うくらい
気に入っていて、思い入れのあるアルバムになりました。

その理由は勿論、良い曲を書けて良い演奏が出来て良い録音が出来たからなのですが、
それ以上にこのアルバムが自分にとっての
「バンドマン復帰作」
だからかもしれません。


前のバンド解散から10年経って、その間はずっとソロミュージシャンとして
弾き語りのライブをメインに活動して来ていたわけですが(勿論PK BATTLESやその他色んな素晴らしい音楽仲間にバックをやってもらってきてそれらの活動も非常に楽しく印象的でしたが)、
正直なところ、自分がこの人生の中で再びしっかりとバンドを結成して
アルバムを作る日が来るとは思っていませんでした。
(WORLD JUNKも勿論本気でやっていますが、今はそんなに主立った活動を出来ない状況なので、実質自分の現在のメインのバンドはやはりmoke(s)です)


もう自分はこの先ずっと一人でやっていくのだろうと思っていました。

逆を返せば、それくらい前のバンド、BUNGEE JUMP FESTIVALは自分の人生を捧げたバンドでした。
BUNGEEの解散を決めた時は本気でもう音楽から身を引く事を考えたし、
結果ソロとして活動する事を決めた時も、結局気持ちの整理がつかないままで
いくつかバンドに誘われたものの、どうしてバンドをやる気持ちになる事が出来ませんでした。


そんな自分がどうしてまたバンドをやろうと思ったのか・・・
それはやはり単純に時間の経過が自然と過去の傷を癒してくれた事と、
二人の友達の存在が大きかったです。

一人はバンプの藤原君。
彼とは喜ばしい事に今でも時折話をする仲なのですが、
数年前に彼と会った時に彼から
「俺はマッチーの新しいバンドが聴きたいな」
と言われた事が非常にでかかったです。
それまでにも色んな友人や仲間から
「またバンジーやってよ〜バンジー観たいよ!」と言われる事がありましたが、
「また新しいバンドやりなよ」みたいな事を面と向かって言ってくれる人はいなかったので
それが本当に嬉しかった。
それと同時に自分の中から完全に消えていた「新しくバンドをやる」という
選択肢が蘇った瞬間でした。
目の前の霧が晴れていくようでした。
あの一言が結果moke(s)に繋がっているような気がします。


そしてもう一人はやはり海北君です。
彼はバンジー解散後も時折バックでベースを弾いてくれたり、
レコーディングに参加してくれたりと本当に親身に関わってくれていて、
僕は彼の事が大好きだし、ミュージシャンとしても非常にリスペクトしていたけれど、
まさか彼の口から「マッチー、いいよ、バンドやろう!」という
言葉が出てくるとは思いもしませんでした。
きっかけは本当に軽いノリでノグチサトシ君のレコ初ライブに町田直隆として出演するときに
ちょっとバンド編成でやってみようかなと思い付き、岡山健二君と
海北くんに声をかけて半ば強引にその日出演したのですが、
その日のライブが思いのほか手応えがあり、その日の打ち上げで
おそるおそる半ば冗談ぽく「このバンド、ちゃんとしたバンドにしない?」
と言ってみたところ海北君から返って来た返事が上記のものでした。

僕は本当にLOST IN TIMEが好きで、
一時期(2002年〜2003年頃)精神的に参ってしまい、声が出なくなって自分の歌が歌えなくなってしまった時に
いつも聴いていたのがLOSTで、
あの時の自分を支えてくれて立ち上がらせてくれたのはLOST IN TIMEだと言っても
過言じゃないくらいです。
これは今だから言える事ですけどね。

そんなLOST IN TIMEの海北くんとバンドをやる・・・
同じバンドの一員になる・・・

自分が発言しておいてそんな事が実現するとは思いもしませんでした。

そもそも彼は類い稀なる歌唱力と天性の声をもったシンガーであって、
そんな彼を差し置いて自分がメインボーカルをとるなんて
そんな贅沢な話があってたまるかとも思っていましたが
人生はつくづく不思議なものだと思います。
これが縁という奴で、運命という奴なのかも知れません。

ありえなかった筈の事が実現しちゃったのです。

海北君と知り合って10年以上経ち、彼とはウマが合うのか、
それとも彼の人間の大きさ所以なのか
仲良く付き合って来たのですが、
彼は彼なりにずっと僕の事を考えて来てくれたというのが本当に嬉しいです。
大好きな友人が、そしてリスペクトするミュージシャンが力を貸してくれるという事がどれだけ嬉しくてありがたい事か。


そういう経緯もあるので自分にとってはmoke(s)は特別なバンドだし、
今回のアルバムは特別なアルバムなんです。


結局、自分の大切な仲間の想いが僕をバンドマンに復帰させてくれたのです。

だから単純に素晴らしい内容の作品が出来た、という以上の思い入れがあるのです。



なのでもし良かったらmoke(s)のアルバム、まだ聴いていない方が居たら是非聴いてやって下さい。
お願いします。



そして、moke(s)は今後も誠心誠意活動していきたいと思います。


力の続く限り、これからもバンドマンでいたいと思います。


そして、勿論一人の歌うたいとしてもくたばるまで歌ってやろうと思います。

改めて宜しくお願いします。






いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。