北沢俊美防衛相は25日夜、都内で開かれた国民新党の下地幹郎国対委員長のパーティーであいさつし、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関し、「(下地氏とは)だいたい方向性が一緒だ。彼が下地(したじ)をつくり、その方向に今進んでいる」と述べた。
 政府は、下地氏が主張するキャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市)への移設案を検討し、米政府にも非公式に打診しているが、北沢氏の発言は防衛省としても陸上案を中心に検討していることを事実上認めたものだ。
 これに関し、政府関係者は同日、「シュワブ陸上案が一番いい案だ」と指摘し、同案を軸に調整すべきだとの見解を示した。ただ、県外・国外移設を主張する社民党や名護市は強く反対しており、調整は難航必至だ。
 一方、下地氏はパーティーでのあいさつで、「15年後に沖縄から海兵隊が撤退すると約束し、未来にしっかりと基地の軽減があると示すことが大事だ」と語った。 

【関連ニュース】
普天間「5月末に必ず結論」=社民党首と会談、先送りをけん制
「幹事長として選挙に勝つ」=民主・小沢氏、続投の意向強調
普天間移設「下地案が軸」=北沢防衛相
社民、九州案を提示へ=普天間移設
辺野古区長ら、シュワブ陸上案に反対=普天間移設

夫婦別姓の民法改正案、子の姓は統一…概要提示(読売新聞)
石川議員、辞職重ねて否定(時事通信)
お釈迦様もビックリ!! 「特大天井画」を寺院に奉納 山梨・市川(産経新聞)
税制改革案も参院選公約に 自民・石破氏が表明(産経新聞)
青い森鉄道の申請許可=全国最長の地方鉄道に-国交省(時事通信)
AD