コロッケを大量に作ってみました。



フランスはじゃがいもが安い。
5キロで2,5ユーロ(250円程度

じゃがいものスープやポタージュ、
フライドポテトやボイルドポテト、マッシュドポテトなど
じゃがいもの活躍は幅広いです。

ちなみに日本で買った洋食レシピの通り作りました
分量など問題なくできました。

手間がかかるので冷凍にする分も作り
全部で20個くらいできあがりました。
(2人暮らしなので普段大量に作ることがあまりない)

この写真の状態で冷凍保存。
冷凍したものをどのように調理するかネットでいろんな意見がありましたが
我が家の場合、揚げる6時間くらい前から自然解凍。
軽くペーパータオルで表面を抑え、少なめの油で揚げる
というのがベストでした。
(自然解凍は気候によるかしら?!)

ちなみに失敗した方法は、低温でゆっくり長めに揚げる方法。
それから電子レンジで解凍してから揚げる方法。

人によってやり方は違うし、分量も調理器具も違うので
色々試してみるといいのかもしれません。




大量に作ったので、義両親を招いて、お家で夕食として食べました
フランス人にも大人気のコロッケです

日本のとんかつソースを使ったのですが、
ソースはちゃんとつける派、少々つける派、全くつけない派に分かれました(笑)

日本ででもどこか海外ででもフランスでも、
フランス人に何か作ろうと思ったらコロッケはいかがでしょう。
きっと美味しく食べてもらえると思います



PS*コロッケ作りの材料のうち、
パン粉ソースはパリにある日本食スーパーで購入。

PPS*同じものではないが、コロッケの起源は「フランス?!フランス」らしい。

しかしながら、日本で食べるようなコロッケを彼らは食べたことがない。
スーパーにも売ってるのを見た事がない。
日本流なので彼らには新鮮。だから作れば喜んでもらえると思うGOOD



AD