巣蜜。


honey


巣蜜。

なるものをはじめて食べた。

蜂の巣がそのまま蜜になっているの。


見た目も。味も。

ちょっとすごい、これ。


AD
この日記にも何度も何度も書いていること だが、
私には大好きなコーヒー豆のお店がある。

そのお店、 生豆焙煎専門店「銀の豆 」が、
もうすぐ1周年を迎える。

お店の店長さん、亀ちゃんこと亀山さんが焙煎をするコーヒーの真のおいしさは、
私などがつらつらとこんなところに書いたところで、絶対に絶対に伝わらないと思う。
飲めばわかる、としかいえない。
もどかしいけど、でも本当のことだから仕方ない。

ただ飲んだひとはみんなわかってくれて、それはとても嬉しいし(だってみんながみんな本当においしいものを食べたり飲んだりする世界って素敵でしょう?)、一方で当たり前のことだし、さらに一方で、ふふんそうでしょ。と腰に手を当てて鼻をつんと天に向けたいくらいの誇らしい気持ちになる。
そうでしょ、おいしいでしょ。ね、おいしいっていったでしょ。って。
そしてこの誇らしさは決してひとりよがりのものではないらしく、というのも、店長さんに話を聞いたところ、リピート率が60%、いや80%だったかな、とにかく非常に高いのだそうだ。納得である。

銀の豆のコーヒーについて。

そのかぐわしいかおり。深い味わい。コーヒー好きにとってなにより嬉しい、胃にやさしいということ。
は、もはやこれまでずっと言及してきたことだ。

さらにすごいなと思うのは。
豆の種類によって、味わいというか、機微というかが、はっきりと違うこと、
いや違いを出せること、なのではないかと。最近、思うようになった。
というのも、ここのところ同じ豆をずっと頼んでいて、それと違う豆に最近ふと変えてみたところ、その味の際立つ違いに本当にびっくりしたからだ。

喫茶店でコーヒーを飲むこと、も、もちろん大好きなので、
家では銀の豆のコーヒーを飲みつつ、それとは別に、毎日のように喫茶店に行っているのだが、
豆ごとの違いをこんなに感じられることは、銀の豆の他に例をみない。
濃いなとか苦いなとか酸味があるなとかフレーバーが違うなとか、その程度の差こそあれ、
そうしてもちろん名店といわれる喫茶店であればあるほど、その違いは大きくはなっていくのだが。

その、味やかおりの違いの、その先にあるもの・・・それこそが恐らくは重要だと思うのだが…をきちんと引き出すことが、
これほどまでにコーヒー豆にとって、ひいては飲むひとにとって重要なのだと気づいたのは、
ひとえに銀の豆のわれらが「亀ちゃん」のおかげである。

今日、店長・亀ちゃんこと亀山さんの日記 を読んでいたら、その理由が書いてあった。
とてもすばらしい日記なので、無断ではあるがここに借用しようと思う。

オープンして1年が経とうとしています。
この1年、ほとんど店にこもって焙煎技術と
コーヒー豆の勉強に費やしました。

自分がまだ未熟であることが分かっていたので、
表立って宣伝活動をしてきませんでした。
その分、焙煎しては飲みを繰り返し、
夜にはトイレに2回起き、
体重も6kg減らしながら、
それぞれの生豆の特徴と
どう焙煎したら一番美味しいかを
徹底的に探求できました。

ようやく最近になって、
自分の中では豆の個性を最大に引き出せる
焙煎が分かってきたような気がします。

亀ちゃん、が、豆の個性を「引き出してくれた」から、
私は毎日こんなにもおいしくからだにやさしいコーヒーをのめるのだ。
きっと豆のことだけを考え、豆と話し続けた一年間だったのだと思う。
そして豆との対話の結実が、とにかく飲んでみれ!といわしめるコーヒーなのだろう。

亀ちゃん、は、私が知っている限り、多くは語らないひとだ。
オトコはだまって、の典型みたいなところがある。
そうして本当にだまって、やり遂げてるんだなあと。
日々日々、お店の片隅で豆を焙煎し続けているんだなあと思ったら。

なんだかすごく、じんときた。

怠けてなんかいられないよね。私も。
と思う一方で、こんなに豆の魅力を引き出せる人と出会えたこの幸運を
感謝せずにいられない。

#みなさん本当に、四の五の言わず、飲んでみれ!ですよ。

#場所は銀の豆 [日暮里]
荒川区東日暮里6-22-14

場所はこちら

日暮里、もしくは三河島から徒歩5~7分くらいです。


コーヒー

お気に入りのうつわで飲む銀の豆のコーヒー。至福。
AD
さてそんなわけで。
銀の豆のコーヒーにすっかりとはまりこんだ私とそして恋人は
以来、銀の豆のコーヒーを切らしたことは一度もない。
私も恋人も、もはや銀の豆もコーヒーしか飲めなくなってしまったので、
ストックが少なくなってくるととても焦ってしまう。
焦って親友か、または親友の旦那さまにヘルプコールをする。

断っておくけれども。
親友の旦那様のお店であろうとなかろうと。
私はこのコーヒーを飲みたいと思うし、飲むだろう。

私は食べることがとても好きだし、
コーヒーを飲む時間を至福のときとしている。
その時間に賭けて、まずいコーヒーを飲むわけにはいかないのだ。

だから銀の豆のコーヒーをずっと買っているのは。
おいしいから。
単純で純粋で明快な、ただひとつの理由。

もしお近くに行かれることがあれば。
あるいはコーヒー豆を買うためだけにでも。
お店に行くことをすすめたい。

豆の種類も豊富なら、挽きかた、焙煎の仕方もさまざま。
こちらの好みに沿って、オーナーが、あるいはスタッフさんが、
ていねいに豆を選んで焼いてくれる。
(お店にはとても大きな焙煎の機械(?)がある)

豆を眺めるだけでも十分と楽しめるし、目の前で焙煎されていく、
そのなんともいえないコーヒーのかおりを感じるだけでも、行く価値が高いだろう。

とはいえもちろん毎回お店に行くわけにはいかないので、
好みを伝えて見繕ってもらうこともするし、
飲みたい豆を名指しで買うこともする。
だからお店には行けないわ!という遠方に住むかたも、
どうか安心して、注文してほしい。

ちょうど昨日、お願いしたコーヒーが先ほど届いた。
最近はアイスにしてお客さまに出すことも多いので、
アイス用と、あとはここのところ気に入っている、
オーガニックのコーヒーの2種類。
宅急便の配達のかたが「いいにおいですね、コーヒーですか?」と聞いてくるほどの香の高さにすっかりと嬉しくなる。

今日は恋人の帰りが遅いので
先に飲んでしまおうかな?と思ったけれども
やっぱりにこにこ顔の恋人を見たいから
帰ってくるまで待っていよう。
帰ってきたら今日は。
私がおいしいコーヒーを淹れてあげよう。

#場所は銀の豆[日暮里]
荒川区東日暮里6-22-14

場所はこちら

日暮里、もしくは三河島から徒歩5~7分くらいです。
AD
さてコーヒーの話である。

以前から度々、この日記で「おいしいコーヒーを飲んでいる」ということ を書いていたと思う。
決してもったいぶっていたわけではないし、ひとり占めにしようとしていたわけでもなく、諸般の事情で、そのお店を明らかにすることができずにいた。
お問合わせいただいていたみなさん、ごめんなさい。
が、ようやっと解禁になったので、ここに紹介しておこうと思う。

そのお店の名前は、銀の豆。
日暮里駅から歩いて10分くらいだろうか、
桜の季節はさぞ美しかろうという桜並木のある家々のあいだに、ひっそりとある。
お店にも買いに行くし、通信販売でとりよせることもする。

親友の旦那さまがやっているこのお店の豆は、
だから最初は親友からもらったものだ。

初めてその豆のかおりをかいだときには。
そのあまりのかぐわしさに、心底驚いたものだ。
なんといったらいいのだろう。
コーヒーというのは、たぶん街中や、あるいは家々で嗅ぎなれているコーヒーの香りというのは、
この銀の豆のコーヒーの美しい香の、ほんの数パーセントにも満たないのではないだろうか。
まったく別のものといってもいいくらいだ。
以前よりコーヒー好きだったので、それなりに高価でおいしいとされるコーヒーを、これまでも飲んでいたというのに。

もちろんのこと、味わいも素晴らしい。
私は胃が弱いので、コーヒーチェーンはもとより、殆どの喫茶店でも。
コーヒーを飲むとその場で吐き気がはじまってしまう。
しかし。不思議なことに。
この銀の豆のコーヒーだけは、何杯飲んでも気持ちが悪くならないのだ。
コーヒーを飲み終わった後の、あの独特のくささもない。

初めての銀の豆のコーヒーを、私は恋人と一緒に飲んだ。
恋人もかなりのコーヒー好きなのだけれども、
ほんとうに一発で気に入ってしまい。
家事などあまりしないひとだけれども、
食事のあとのコーヒーだけはいつも淹れてくれるようになった。

コーヒー、飲まへん?
恋人がそういうたびに、私はいつもにこにこしてしまう。

そうして恋人が冷凍庫にストックしているバッグを空けると、
部屋いっぱいにコーヒーの香がひろがる。
恋人はいつも袋に鼻をつっこんで深呼吸をしている。

ほんまいいにおいやなあ。
ほんとうだよね。

毎回、そんな会話をかわす。
飽きもせずに。まいにち。毎回。

#銀の豆 [日暮里]
荒川区東日暮里6-22-14

場所はこちら

日暮里、もしくは三河島から徒歩5~7分、
のんびり歩いて10分かからないくらいです。

いま発売中のBRUTUS。
「おいしいコーヒーの教科書」と銘打って、数々のおいしい(らしい)コーヒー店や豆のお店を紹介している。

駅の売店で表紙を見て、なかをぱらぱらと見て。
家に帰ってじっくり読んだ。

あのお店が載っているに違いない。

というある期待をもって。

結果からいうと、そのお店は載っていなかった。
おかしい。
このタイトルの本で、あのお店が載っていないなんて
敢えて差別表現をつかわせてもらうが、まさに片手落ちである。
BRUTUSの編集部の情報収集能力を疑う。
実際、この号のBRUTUSに載っている豆はいくつか飲んだことがあるけれども。
あのお店、のほうがおいしいのになあとか。
あのお店、が載っていても遜色ないのになあと真に思う。

その、「あのお店」というのは、
私がいつもコーヒー豆を買い求めているお店のことである。
ここではまだ名前はいわない。
決してもったいぶっているわけではないけれども、
確かまだwebサービスがリリースしていないから。
(そろそろリリースしていると思うのだけど、まだ確認がとれていない)

私はそのお店の豆で珈琲を淹れるようになってから、
他の市販の豆の珈琲が飲めなくなったし、
いわゆるコーヒーチェーン店のお店の珈琲を飲むと気持ちが悪くなるようにまでなったし、
珈琲がおいしいといわれるお店の珈琲も、それはもちろんとてもおいしいとは思うけれども。
それに喫茶店で過ごす時間がとても好きなので、喫茶店通いは辞められないけれども。

それでも私には。
家に帰っても「あの珈琲」があるのだ。
と思えることはすごいことだ。

あのお店の豆は、格別に鮮度が大切なので、少しずつ豆を取り寄せて飲んでいる。
そして先ほどふと冷凍庫の保存パックを見たら、
なんとあと少しで切れてしまうことに気が付いた。
危ない危ない。
ということで、慌てて送ってもらうようにお願いをした。

いまも淹れたての珈琲を飲みながらこの日記を書いている。
なんとも芳しいかおり。味わい。
きっとあと少ししたら、Webサイトがリリースするはずなので、
そうしたらここでこれを読んでくださっているみなさんにもご紹介したいと思う。