龍土軒について。

龍土軒へ行ってきた。



またしても少しばかり忙しい期間に突入しているのだが

今週をもって龍土軒は20ヶ月間お休みになり、

しかも20ヶ月後はいまの龍土軒ではない。


お休みに入るその前に

是非とも龍土軒に行かなくては行かなくてはと思い続け

やっと。それを実現する。



建て替えのため20ヶ月のお休みに入ります、というはがきがきたのは

夏がはじまる前だったろうか。


変わらないものなんてないと分かってはいても

私のなかで龍土軒は

変わらないもののひとつであり

変わってほしくないもののひとつでもある。

勝手な思いだとはわかっていても。


あの煩い六本木の喧騒を抜けて

首都高の下を折れて

そこだけ時代がかわらないような西麻布の路地を歩き

ああそうしてあの先に

龍土軒がすこうしずつ見えてくる。


ドアを開くときはいつもすこし緊張する。

ちいさく息をととのえてドアを開く。

その変わらぬたたずまいに対して。

そういったらマダムもシェフも笑うだろうか。



ただ私にとっては、そういうひとつひとつすべてがたいせつで。

きっと龍土軒は新しい建物になっても龍土軒だろう。

たいせつなのは側ではなく魂だ。

それはわかっているのだけれども。


それでもやはり切ないものは切ないのだ。


そんなことを思いながら昨日は

ドアを開くのにいつもよりもさらに時間がかかる。


さて龍土軒。

いつもはフルコースをいただくのだが

最近どうも胃の調子が悪いことともあって

ランチコースをいただくことにする。


前菜はパテ。

白いお皿に惜しみなくどっしりと置かれたパテは濃厚な味わい。だが口のなかでふわりと溶ける。

スープはカリフラワーのポタージュ。

一見軽やかなのだが、しかし味わうごとに深みを増す。

私は岡野さんのつくるスープがいっとう好きだと今日も思う。

メインは子牛。ソースの味といい彩のよいつけあわせといい、これぞフレンチという正統な料理だ。

そうして最後はデザートの盛り合わせ、そしてコーヒー。


シェフもマダムはいつも変わらず

いや正確にいうと岡野さんはすこし年を召され

一方で奥さまはここ10年ほとんど年をとらず(!)


ナオさんはお酒は召し上がらないのよね、とか

そういえば今日はお仕事お休みなの?とか

いえ仕事中なんです、ボードに「打ち合わせ」と書いてきたから、といったら

あらそうなの、○○○(職場の名前)からいらしたの?と

しばらくぶりなのに職場のことまで憶えていてくださる。


聞けば龍土軒の場所にマンションができて、

その中のテナントとして再開するのだそうだ。

それが、20ヶ月後。

本当は場所を探していたのだけれども

六本木のあたりにはそういう土地がなくってね、と

岡野さんは困ったように笑っていた。

ただ内装はいままでどおりに…お客さまがいまの内装が好きで

かよってきているひとが多いから。

ほらこのランプもね持って行くんですよ、と岡野さんはひとつずつ教えてくれる。


途中、今日いらしていたご年配(おそらく70歳くらいだろう)のお客さまが

お誕生日パーティをしていらっしゃり

そのとき店内にいたひとたち全員がバースディケーキのご相伴に預かった。

私はひとりで行っていたのだが

同じくひとりできていたアメリカ人だという女性も含めて

みんなでお誕生日のお祝いをさせていただく。


そのうちに、その女性の弟さんと

岡野さんがフランスのリセで同級生だったという素晴らしい偶然がわかり

全員でしばらく絶句。

こんな偶然もあるんですねと岡野さんは、

フランスに渡ったばかりの写真を出してきたりする。


龍土軒がなくなるのは淋しいと思っていたけれども
おふたりと話をしていたら

そうしてこんなふうにいらっしゃったお客さまが

龍土軒をとおしてつながっていくこの奇跡を目の当たりにしていたら。


少しずつ。新しい龍土軒が楽しみになってくる。

よかった。そのためだけでも行ってきてよかった。

岡野さんと奥さんのお元気そうなお顔を拝見できたことは言わずもがな。


だいたいこの長い龍土軒の歴史において

20ヶ月というのはそもそもたいした長さではないのだ。そうなのだ。


そんな気持ちで

20ヶ月後の再会を約して

店を出る。


外まで送ってくださったおふたりはずうっと頭を下げていらして

そんなところもきっとまた変わらない龍土軒なのだろう。


この東京最高のレストンランに、たくさんの感謝を。




龍土軒

龍土軒(土に点が正確な字です)。

AD

恵比寿にベヴィトリーチェというレストランがある。

恵比寿はひょんなところにちいさくて素敵なお店がある場所なのだが
ベヴィトリーチェもまさにそんな恵比寿の特徴的なレストラン、という風体である。

ベヴィトリーチェはイタリア料理の店だ。
とてもよい仕事をする。

振りかぶって150kmのストレートを投げてます。
という料理。
でもそのストレートを投げるために
どれほどのあいだ走りこみをしたんだろう。
という料理。

そうしてもちろんストレートというひとつの球種のなかにも
さらに奥行きと深みと技巧があるということ。

素材がとてもていねいに扱われていることに
まず驚いた。

この料理をつくるひとの手が見たい、と私は思う。
どんなふうに繊細に、あるいは豪胆に
素材を手にするのだろう。

そうしてひとさらひとさらには
最後のひとふりとでもいうべき
ほどこし、がされていて、
そのひとふり、が料理の余韻を響かせる。

やっぱり繊細だ。
豪胆なようでいてとても繊細なイタリア料理。

ういきょうのリゾットをスモークサーモンで包んだアミューズも
れんず豆のスープも
春野菜の網焼きも
料理として完結していながら次への料理への期待をふくらませる力を持つ。

白タンポポの葉とホタルイカのソースのリングイネ。
ボルチーニが効いている生ウニとコンソメゼリーの冷製カッペリーニ。

もうセコンドを食べるころには
目がまわりそうだ。

私がいっとう気に入ったのは
ソースである。
春野菜に具された、バーニャカウダソース。
そのきりりとした味わい。

そういえば子どものころに
よく草を食べた。
というと語弊があるが
その辺りに生えている草を
どういう味なんだろうとかあるいはそこまで考えずに
ぱくりと口にしたものだ。

子どものころに食べた野生のものは季節を象徴する味だ。
白タンポポを食べたら
その子どものころの春の土手の記憶がよみがえってきて
懐かしいような気持ちになった。

ベヴィトリーチェに話を戻そう。
このレストラン、店の入り口には活花があって
それは丹精して活けられていることがひとめでわかるものだった。
こういうところの手を抜かない店が、私は好きだ。
古材だろうか、アクセントにあしらわれている梁もみごたえがある。
地下のワインセラーは、ちょっとどきどきするくらいのもの。
私はワインを飲めないのだが、ワインを好きな方にはたまらないのだろう。

久しぶりに好きな店に出会えた。
そんな気持ちになる店である。
ご紹介してくださった方に感謝したい。


#イタリアンレストランベヴィトリーチェ(恵比寿)


AD

特別な店の話。

久しぶりにSというレストランへ行った。
大好きなレストランで、からだの調子がおかしくなる前は
本当によく行ったお店だ。

私がレストランに求めるのは。
おいしい料理を出してくれること。
料理の先にあるなにか、が、スペシャルであること。
それは私にとっては、というだけで十分に意味がある。

Sは数少ないそんなお店のひとつだ。

そのお店には、ひたむきに料理に向き合うシェフと
接客の神様とひそかに呼んでいたメーテルドテルがいた。

メーテルドテルの「ようこそ」という声と明るい笑顔に迎えられ、
私は席に着く。
今日はなにをいただこうかととても迷う。
シェフの料理はどれもおいしいとわかっている。
そうするとメーテルドテルはいつも的確に料理をすすめたり、
選んだ料理に対しても、これよりはこちらのほうがと、
そのときどきの気分や状態にぴったりの料理を示してくれる。
そうして選ばれた数々の料理たちはどれも本当においしくてすばらしいものだった。

私が特別だったわけじゃない。

たぶんその店を訪れるすべてのひとに対して、
おそらくシェフとメーテルドテルは同じように接し、
だからその店は、誰にとっても特別だったはずだ。

メーテルドテルがもうすぐ亡くなるときいたのはいつだっただろう。
末期の癌だったこと、それをシェフも親しいお客のひとたちも知りながら、
彼が毅然と店に立つ様子を最後まで見ていた。

最後の最後まで、店に立っていたこと。

私は知らなかった。
知らないで、いつもその笑顔に、存在に、たいせつななにかをたくさんもらった。

私はただの客だった。
それでも教えられたことはたくさんある。
それは彼がもうこの世にいないからではない。
彼がこの世にいてにこやかにSに迎え入れていてくれた、
あの日々に既にたくさんのことを私はもらっていたのだ。

いまでも感謝している。
彼というひとを、知りえたこと。

花を持って、Sにお邪魔した。
最後まで渡そうか迷ったけれども、
シェフと食事のあとに立ち話を…しばらくだね、どうしてたの?うん、ちょっとカラダ壊してて、え、なにそれってもしかして食べ過ぎって病気?そう、そんなところです…などと話しているときに、やっぱり花を渡した。

ただの自己満足だ。

どうして?という顔をするシェフに、
ずっと来られなかったから。
といったら、瞬間、シェフの目は涙でいっぱいになった。

びっくりした。
シェフがとてもあったかいひとだということは
料理を食べればわかる。
料理は怖い。料理にはひとがらが出てしまう。
Sの料理は厳しい。強い。でもあったかい。
だけれども。
ひとまえで涙を見せることはしないひとだと思っていた。
単なる私の勘違いかもしれないけれど。

ああそうか、ナオさん、よく話してたもんね。
ありがとう。

シェフはそういって、お花を受け取ってくれた。

不意打ちをしてしまったのかなと思った。
ふたをしていたものをこじ開けてしまったのかな。
失礼なことをしてしまっのかなと、帰途についたいまも思う。

またきます。
近々に、またゆっくり。

そういって頭を下げたら、
シェフはずっと頭を下げて、そうして見送ってくれた。

ずっと先まで見送ってくれた
メーテルドテルとそのしぐさは一緒だ。
きれいな秋空がひろがる、昼下がりの東京。
AD

近日中に会社の同僚と先輩と食事にいくことになり、

ラ・バスティード を予約することにした。


同僚はゆくゆくはレストランをつくりたいといっているような食べ好きだし、先輩はおいしいものを食べなれている大先輩だ。

恥ずかしいお店に連れて行くわけにはいかない。


というわけで、ラ・バスティードを選んだ。

幸い席が空いていて、無事に予約ができる運びとなる。


電話にて、苗字を告げる。

と。


あれ、ナオさん?大谷です。


なんと電話に出られていたのはシェフの大谷さん。

まさか大谷さんが電話に出ていらっしゃるとも思っていなかったので、

ご無沙汰しています、なんてご挨拶をする。

すると大谷さんは、あーあー、間に合わないやーなんて残念そうにおっしゃりはじめた。


???


いや実はね、ナオさんが書いていた内装のこと、本当は前から変えよう変えようと思っていて、今度変えることになったんですよね。でも今度いらっしゃるときには間に合わないなあー。


???

まさか。まさか。

まさか大谷さんは、私が書いたラ・バスティードについての日記を読んでいるということ?


そのまさかは的中していた。


簡単にいうと、私はその日記でラ・バスティードの内装を、まあいうなれば酷評し、大谷さんと大谷さんがつくる料理を賞賛した。

大谷さんは、それをきちんと読んで、感じて、理解してくださったのだ。

私がほんとうに伝えたかったことを含めて。

そうしてお礼をいってくださった。

書いてくださってありがとう、と。


お礼をいわなくてはいけないのは私のほうなのに。


それにしても嫌な汗をかいた。嫌な汗。冷や汗。

すごいなあと思っているご本人にご本人を書いたものを読まれる恥ずかしさ。


決して無責任なことは書いていないつもりだけれど。

むしろその逆で、見たこと感じたことをそのまま書くことをこころがけているけれど。

だからときには歯に衣着せぬ表現を使うこともあるし、ある素晴らしいことを賞賛するために、対比としてあるものを(あえてとりあげなくてもいいかもしれないことも)、それが事実として存在する場合に限っては、書くことがある。


ただいつだってこれだけは守ろうと思っているのは。

感じたことに正直であること。

行ったお店をすべて書くのではなく、書くに値すると思ったお店だけを書くということ。


うーん少し違うかな。

書きたいと思ったお店についてだけを、書きたいと思ったときに書く。

このほうが正しいかもしれない。


先日も日本一と呼び声が高い某グラン・メゾンに久しぶりにお邪魔したけれど、悲しいかなその日のそのレストランのその食事について、私は書くべき内容をなにひとつ持たなかった。だから書かない。


それにしても大谷さんはとても真摯な方だ。

内装のことなんて私にいわなくたっていいはずなのだ。

黙ってするっと変えてしまえばいい。

でもちゃんと私に伝えてくれる。


料理には料理人の人柄が出る。

何度も書いていることだけれど、大谷さんとお話をして、それをまた実感する。

真摯で熱烈。常なる進化。


ということで。

お会いするのを楽しみにしてます、大谷さん。

またいい店を見つけてしまった。
それは西新橋のBottega Viola。


20代の前半はイタリアンばかり食べていたような記憶があるけれど(当時はイタリアンが流行っていたような気もする)、いつの頃からか自分でイタリアンのお店をセットすることはなくなった。
したがって。Bottega Violaとの出会いは偶然やってきた。
先週、たまたま会社の仲間数人で暑気払いをすることになり。
暑気払いとはいえおいしいものが食べたい、といったらそのうちにひとりがBottega Violaをセレクトしてくれたのだ。
偶然の幸福。


新橋にこんなにおいしいイタリアンがあるなんて。
というのが率直な感想だ。
おいしくて素敵な。


こじんまりとした店内は15席程度だろうか、シェフであるだんなさまとサービスを担当される奥さま。若い二人がすべてを切り盛りする。


私たちがいただいたのは。
前菜にお店を紹介してくれた同僚おすすめのオリーブのフリット、炭火焼チーズ、アスパラと卵のサラダ(それから、あとは、とメニューを見ていたら、奥さまにそれくらいでお腹いっぱいになりますよと止められた)。
パスタは渡り蟹をつかったものと、ゴルゴンゾーラのニョッキ。
メインディッシュにはイベリコ豚のハラミ焼きを選ぶ。


とてもいいなと思ったのは。
このお店のメニューがとても魅力的だということ。
メニューの書き方や構成が、というべきだろうか。
料理をあらわすときに使う言葉。料理のラインナップ。
同じ料理だとしても、その料理に与えられる名前のつけかたによって、あるいはなにとなにを前菜に、メインに、パスタに据えるかによって、魅力はぐんと違ってくる。
たくさん料理があるのに選べないお店もあれば、どれも食べたくなる店もある。


無駄なものが全然ない。
どれくらい見ていても飽きない。
迷って迷って迷って、今夜の料理を選ぶ。


このお店のメニューリストは。
そんなふうにとても魅力的だった。
少なくとも私にとっては。


そうして実際に出てきた料理の数々は誠実な味がする。
ひとつひとつ丁寧に考えてこころをこめてつくられた、豊かで誠実な料理たち。


デザートのりんごのケーキとバニラアイスクリームをいただきながら
こんな素敵なお店に出会えた幸運に改めて感謝する。


#Bottega Viola(西新橋)