友よ。

テーマ:

夕方。

仕事仲間のNさんが倒れて意識不明だというので、とるものもとりあえず

夫とT大学病院へ急ぐ。


Nさんはここ3年あまり、つまり独立してからの私と

常に一緒に仕事をしている仲間であり友人でもある。

29歳の好青年だ。


そのNさんが。

自宅の近所のコンビニを出たところで倒れているのを通りがかりの人が見つけ

そのとき既に心臓が止まっており、意識もなく。

救急車で近くのT病院へ運ばたのが14時半頃。

たまたま服のポケットに入っていた名刺入れからNさんの幼なじみに連絡がつき、

その親友から夫のところに連絡がきたのが15時半。


16時に救急の家族控室に着くとそこにはNさんの幼なじみと、

弟さんがいた。

外傷もなく、なにがなんだかさっぱりわからないが、

とにかく意識がない。心臓は先ほど動き出したとのこと。


大阪に住むご両親には弟さんからすぐに連絡がいっていたが、

来年には結婚することになっているやはり大阪に住むNさん自慢の恋人に連絡したり

倒れる2日前に一緒に飲んでいたという大学時代の親友にも連絡を入れる。


救命救急室には次々とちがう急患と家族や友人や恋人たちが訪れる。

中から医師に呼ばれ、たいがいはほうっとしたように出てくる。

でもNさんの関係者の私たちは全然呼ばれない。


数時間してようやっと呼ばれ、弟さんが中に入る。

それから30分は待ったろうか。


控室に入ってきた弟さんは泣いていた。


Nさんがクモ膜下出血で倒れていたこと。

脳に血がいかなくなってから30分立っていたらしいこと。

これから24時間が山であること。

24時間先まで生きられない可能性が高いということ。

快復したとしても脳死は免れないだろうということ。

その場合は「決断」をしないといけないということ。


24時間。

24時間?


決断ってなんだ?


嘘だ、と思う。


Nさんがそんなことに。なるわけがないのだ。


大阪から駆けつけたご両親は

隣室で医師から長い長い説明を受けていた。

医師が最初にドアから出てきて3分後。

お父様ががらりとドアを開けて出てきて。涙を流さないまま嗚咽をこらえるように控え室を出ていき。

隣室からお母様の号泣が聞こえる。


ああ私はいったい。なにができるだろう。

祈るだけだ。

いまの私は祈るだけ。


まだ泣いてはいけないのに涙が止まらない。


でも私は。


友よ。

君の快復を信じている。










AD

しあわせになるための努力。

テーマ:
昨日。

ついに結婚式が終わり、今日はいちにちゆっくりとしている。

夜はアボジとオモニのところへ食事に行くことになっていて

いまはホテルの部屋だ。



心配していた天気も、雲がほとんどないきれいな青空で

駅伝の影響もなく

無事に式を終えることができた。



実は教会で挙げた式の最中の記憶がほとんどなく

ただ断片的に。

父と歩いたバージンロード。牧師さんの説教や指輪の交換。

夫(これまたついに恋人から夫へ)との退場シーン。

友だちと目があったこと。

などは憶えているのだが。



せっかくだからと式に参列してくれた全員との記念撮影を

寒い寒いといいながらしたあたりから記憶が鮮明になってきて

八坂さん近くの料亭でおこなった食事会からは

はっきりとひとつひとつを思い出すことができる。



みんなそんなものなのだろうか。



だから楽しみにしていた重要文化財である教会での式、の雰囲気やら

ウェディングドレスを着ている自分、やらは

早速に友だちが送ってくれた写真を見ながら

ああこんな感じだったのだと。なぞっている。



それにしてもとてもよい式になったと思う。

パワフルで有名な牧師の岸本先生の説教は

クリスマスの話も含まれるとてもいいもので

何度もいろいろな式に出ているサポートスタッフさんも「いままででいちばん感激しました」と教えてくれたくらいの素晴らしいものだったし、

夫と私がたいせつにしたかった、

きてくれたひとりひとりがくつろげて楽しめる、ということが

きちんとできていたのではないかと思う。



食事会が終わってもなかなかみんな席を立たなくて

それがその雰囲気のよさの証拠のような気がしている。



感激したこと。



夫の親族のあたたかさと明るさ。

夫の家族がとてもあたたかく明るく元気なひとたちであることは十分わかっていたのだが

40人を超す親族の方々がみんなで私の親戚や友人の席にいって和気藹々と楽しんでくれていたりして

小さな子どもたちも人見知りせずにいろんなひとたちに溶け込んでいて

ああやっぱり、このよさは夫の一族の特長だったのだなと思う。



岸本先生のパフォーマンス。

クリスマス礼拝のとても忙しいなかで駆けつけてくれたのにもかかわらず

お手製の大きなパンをプレゼントしてくれたり

また私がリクエストしていたウクレレを本当に持ってきてくださり

しかも「クリスマスだから」と電飾を自らのからだにまきつけて

赤鼻のトナカイとハワイアンを英語でうたってくれた。

もちろん私やスタッフのSさんは先生の歌にあわせてフラを踊り

夫はにこにこと楽しそうにしていた。



友だちの素晴らしさ。

年末の本当に忙しい中、東京から駆けつけてくれたたいせつな友だちたち。

みんな本当に喜んでくれて、私以上に目を真っ赤に泣きはらした顔で

ナオよかったね、よかったね、幸せになるんだよ、と。何度も言ってくれる。

みんなの顔を見ていたらますます私も泣けてしまった。

旦那さまのローマへの転勤の予定がはやまり

ハワイから来るはずの友だちが来られなかったのだが

素晴らしい花束を贈ってくれて、それもとてもうれしかった。



ずっと結婚式を楽しみにしてくれていた私の家族。

両親は最後までにこにことしながら、結局サプライズで読んだ手紙についに泣いてしまっていた父と母。

母はその手紙を「いままで生きてきたなかで最高の宝物」といい、

父は帰りの電車のなかで何度も何度も読んでいたという。

兄弟も従兄妹もおじ、おば、祖母も本当によろこんでくれて

ああいい孝行になったなあと思う。



式が決まってからずっとサポートしてくれた

スタッフのNさんは、最後にこれまたサプライズで花束をプレゼントしたら

泣き出してしまった。

彼女がいなければこんなにスムーズに式の準備や式が出来なかったと思う。

美容師のIさんも。お花のHさんもいつもにこにこと支えてくれた。感謝。



そうして。

いちばん驚いたのは。

教会に届いていた夫からの花とメッセージ。

鏡台にきれいなブリザードフラワーが飾ってあって、

美容師のI さんの「お花が届いてますよー」の言葉にふと目をやると、

それがなんと夫からのプレゼントで。

夫がたいせつにしている、私たちふたりのためのたいせつなことばが書いてあり。

もうそれを見た瞬間から泣いてしまって。

Iさんは冗談半分で「わあ、見せなきゃよかったですねえ」と笑っていた。



恋人と付き合いはじめて6年。

一緒に暮らすようになって2年半。

最初は無口だった恋人はどんどん明るく楽しいひとになり

一緒に暮らしてからはますます

ずうっと冗談をいったりふざけてばかりいる私たちだけれども

だからこそ節目として挙げる式もどこか他人事のような

不思議な気持ちでいたのだ。



それが恋人がこんなふうに思っていてくれたこと。

そのことがわかって。

とてもうれしく思う。



いまは夫となった恋人を

私はほんとうに好きだなあと思う。

好きなひとと結婚できてよかったと思う。


式にもきてくれたたいせつな友だちが餞に贈ってくれたことば。


「結婚するという事実よりも

結婚をすることで幸せになることがたいせつ」


そうね、本当にそのとおり。

ふたりでたくさんしあわせになろう。

しあわせになるための努力をこれからもしよう。

しあわせになる、しあわせでいつづけるための、努力を。ふたりで。

そんなふうに思う。



おいしいものは人生をハッピーにする。-wedding










AD

神さまからのプレゼント。

テーマ:

スタッフの仕事のあがりが予定よりかなり遅延していて

すごくやきもきしている。

が。いかんともしようがない。


ということで結婚式関連の買い物をしに

新宿へ行く。

先日買い忘れたものをいくつか。

結婚式当日の行き来に着るワンピース、とか。

恋人用のハンカチ、とか。そういうもの。


最近、気に入っている高島屋でだいたいの買い物を済ませ、

和装の小物を見にちょっと伊勢丹に行ってみようかなと足を伸ばす。


伊勢丹の直前で信号待ちをしながら

ぼんやりと向かい側の信号待ちのひとの群れを見て。

驚いた。


ひとごみのなかに。

ずうっと昔。もう15年近く前に付き合っていたIさんが立っていたのだ。

昔と同じように。すごく高い背をすっきりと伸ばして。

昔と同じように。ひざまであるコートを着て。大きなビジネスバッグを持って。


Iさんのこと。

Iさんとのこと。


さすがに私も30も半ばを過ぎているので

人並みに(いやもしかしたら人並み以上に)

何回か恋愛をしているわけなのだが

私のこころのなかに

もっとも禍根を残してしまったのが実はこのIさんとの恋愛である。

禍根も。もちろんそれだけでなく、懐かしい思い出も。


もしも人生をやり直せることがあるとしたら。

あるわけないのだけれども

Iさんとは絶対に恋愛をしない。


出会わなければよかったひとなんているわけないけれども

でもIさんとは出会わなければよかったとこころから思う。いまでも。

それは嫌だから、とかそういうことではない。もちろん。


社会人1年目で恋をしたIさんは

職場の大先輩だったひとだ。

いまの私よりもさらにとしうえくらいだったから

当時の私にしてみたらとても大人に感じたし

実際に大人の部分も多かった。


とりわけ芸術や、食事や、ふたりやひとりの時間を「楽しむ」というに対して投資する、ということ

・・・それは時間もお金も・・・を

私に最初に教えてくれたのは紛れもなくIさんだと思う。


そう。

もちろん感謝もしている。

いまの私をかたちづくるもののひとつは、やっぱりIさんの影響もあるのだ。


3年ほど付き合って、いやなこともうれしいこともたくさんあって

でもなによりも。

どうにもならないことが多すぎて。


最後は結局、私からさよならをした。


そのときにはIさんは既に会社を辞めていたから

Iさんとはもうずうっと会っていない。


風の噂、も全然聞かなかった。

たぶん当時まわりにいたひとたちが・・・そのひとたちとはいまでも時折会っているのだが・・・

敢えて私の耳には入れないようにしてくれていたのだと思う。


あのとき。すべてを失ったのは

Iさんも私も一緒だった。


おこがましいけれども。

私がいつまでも結婚できなくて子どももできないとしたら

それはたぶんIさんとのことで神さまが罰を与えているのだと

私は本当に思っていた。


恋人から結婚を申し込まれたときに

ああもしかしたら赦されたのかも知れないと思った。

神さまに。10年のときを経て。


だから、いま。

こうして横断歩道の向こうに

Iさんの姿をみとめて。本当に。驚いた。


ひとごみの中ですれ違う。


気づかれないようにそうっと端のほうを通っていた私に

たぶんIさんは気づかなかったと思う。

気づいていて欲しくないと思う。


元気そうでよかった。

しあわせでいるかはわからない。

でも少なくとも生きていて、この東京で生きていて、

どうやら仕事もしているようだった。

そのことがわかってよかったと思う。


どうしているのかなとずうっと気になっていた。

元気でいるのかな。

Iさんが失ったものはもう取り戻せていないと思うけれども

違うなにかを手に入れてくれていたらいいな。と。

そうして約束を守れなくてごめんなさい。と。

そんなふうにも思っていた。


だから今日。

私のことなんて全然気づかずに去っていく後姿に。

そう祈って、そう謝った。


このタイミングで会えたのは

たぶんきっと。

神さまからのプレゼント。



AD

なかなかどうして。

テーマ:

どうもなんとはなしに手につかない

あれやこれ。


ひとというのはそんなに変わらないものだ。

表層がどんなに整おうとも年齢を重ねようとも

根っこ、にあたるところは同じ。


根っこ、にあたるところがだから

どうなのかということがたいせつだと私は思う。

そこがずれていると、うまくいかない。


ところで

根っこ、は、ずれていなくても

そのいちまいうえ、あたりのところだったらどうだろう。


きっとこのいちまいうえ、のずれというのは

おおくのひとたちは抱えているのだと思う。


どうしてまた同じことするの?とか

どうしてそんな言いかたするの?とか

どうしてそういう態度をしてしまうの?とか

そうして

ここのところなおっていたと思ったのに。とか

そういうようなことだ。


難しいものだ。


見てみぬふり?

それもまた難しい。


たいしたことないじゃんと思う?

それはそれでまた難しい。

だって根っこの、いちまいうえくらいの部分なのだからね。


こういうときはたぶん

私もきっと根っこのいちまいうえくらいの

ずれを感じさせることをしているに違いない

と思うことだろう。

実際そうだろうから。


なんてことを思ったりする。


なかなかどうして。

難しい。



思うこと。

テーマ:

恋というものは

する、ものではなく。落ちる、ものだとはよくいわれることだ。


する。にしても落ちる。にしても思うのは。

いずれにせよ恋というものは

それはそれは素晴らしいものなのだということ。


すきなひとのことを思うこと。

美しい景色をみたとき。おいしいものを食べたとき。

ぐらぐらと地震がきたとき。こわい夢をみたとき。わけもなく気持ちがふさいだとき。


すきなひとのことを思う。


じぶんだけで終わらない。

すきなひととこの景色を。味わいを。共感したいと思い

恐怖を。戸惑いを。救ってほしいと思い救ってあげたいと思いこんな目にあっていないといいなと思う。


恋というのは

世界を。

自分ひとりで終わらせないことだ。


つらいつらい恋もしあわせな恋も

ひとりではないということでは同じ。


よろこびもせつなさも

結局はこころにたくさんのひだを残す。

いざというときにそれはおおきくひろがって

たいせつなひとをやさしくくるむ。

たいせつなひとを。たいせつなひとたちを。


たくさん恋をしようと思う。

ひとりのひとにたくさん。

いろんなひとにたくさん。

そんな恋をしてほしい。


願わくば。

しあわせな恋であってほしい。

それは変わらないのだけれども。