はじまってみれば。

ずうっと行きたがっていただけあり
龍は毎日、幼稚園を楽しんでいる。

元来、環境適応力が高く、
社交的で明るく素直な性格である。

同年代の子も大人も老人も
いつも誰かれなく仲良しになる龍にとって
幼稚園は楽しくて仕方ない場所、らしい。

入園式。
霙まじりの寒い日。
誇らしそうに照れくさそうに
ほかの子らとホールに行進してきた龍。
ああおおきくなったなあ。
あんなにちいさかった、
もちろんいまだってちいさい龍なのに
(まあ実際はほかの園児よりあたまひとつ抜けていて、入園式でも誤って年長クラスを案内されたのだが)
やっぱりこんなにおおきくなったんだなあと思うとたくさん涙が出る。
かわいらしい龍。

毎日の園生活も楽しんでいて
先生はこんなことをいったよ、
今日はこんなうたをならったよ、
おいかけっこしたんだよ、
紙芝居をしたんだよ、
と、身ぶり手ぶりでずうっと教えてくれる。

バスに乗るときはこちらを見向きもせず
今週までときどき早帰りの日があり、
幼稚園が早く終わるのはつまらないだの
園までお迎えに行くと
(龍の希望でバス通園にしたので、本来は帰りもバスであるが、給食の出ない早帰りの日は迎えに行っている)
バスで帰りたいからお迎えは来ないでなどと言っている。

そのわりにはお迎えのとき、
何度も保護者が出入りする門を確認しているのが見えたり
夜中にうなされたりしていることもあり
彼なりにストレスを抱えてもいるのだろう。
(うなされるのは主に給食が原因のようである)

近所のスーパーマーケットや魚屋さんやコンビニエンスストアや
いつも龍と行っている場所にひとりで行くと
みなさん、あれ?りゅうくんは?とか
今日はお留守番?などとおっしゃる。
幼稚園なの!なんだかこちらが淋しくって、とこたえると、
もうすぐに産まれるんだから、
淋しいなんていってられるのいまだけよ、
などと笑われたりする。

そうなんだよなあ。
幼稚園に行ったと思ったら
またイチ、いやゼロからのスタートで
私、育てられるのかなと
なかば本気で心配になる。

ちなみにまだ気持ちが悪いし
骨盤ベルトをしないと歩けない。
もはや産むまで気持ちが悪いのだろうと、
残念ながら腹をくくり、
骨盤ベルトをしながらのいちにち10キロ目標のウォーキングを
龍の妊娠時と同じく先週からスタートした。
(実際は時間がなくて8キロくらいしか歩けないけど)

そんなこんなのまいにちだ。

おなかの子もいよいよ8ヶ月。
蹴られまくっておなかが痛い。
しかしそんな成長の感慨に浸る間もない。

そういえばまいにち何かと笑いを提供してくれる龍なのだが。
今日は寝るまえに、
りゅうはすみれ組の先生がすきなの!
と教えてくれて、
それがおかしくてこっそりと笑ってしまった。

ちなみにりゅうはすみれ組ではなくたんぽぽ組で、
そもそもすみれ組は年長クラスなので接点はないはずである。

すみれ組の先生は、やさしいおかおをしているの!
と、りゅうは主張している。

どうしてすみれ組ってわかるの?
と尋ねると、
むらさき色のバッチをしているんだよ、と、
なかなか侮れない観察力である。
直接、その先生と話したことはないそうだが、
ときどきなにかの連絡をしに、たんぽぽ組にやってきて、
たんぽぽ組の先生(二人いる)に何かを伝えているそうだ。

たぶんあのひとかな?と思う先生がいるのだが(年長の先生で、幼稚園全体の主任もされているとてもきれいな先生である)、
判然としない。
今度、お迎えに行ったら、どのひとか教えて?とお願いしておく。

楽しみがまたひとつ。
うふふ。

AD