先週は3週ぶりに健診。
おなかの子は順調。
私だけ不調。

気持ちが悪いのがまだ終わらない、と
お医者様に相談すると、
食べ過ぎだと思いますよ、とのこと。

た、食べ過ぎ?

え?
という反応をしたせいだろう、
体重もだいぶ増えましたよね?と追い打ちをかけられる。

そんなに食べてるかなあ…
という顔をさらにしたせいだろう、
運動をするより、口から摂取したものがやはり大きいんですよ、と更に募られる。
やれやれ。

いま妊娠前よりプラス4~5キロ。
私は出産時にプラス7~10キロまで良いといわれている。
(勝手に決めているのではなく、BMIの数値から産科で指示されている)

龍のときも同じ目標値で、出産時はプラス6キロ。
どう考えても、食べている量は龍のときのほうが多いのだが、
思い出してみるに、あのときは毎日10キロウォーキングしたり、毎日自宅ヨガを1時間くらいはしていたんだよなあ。
(だってそうすると安産につながると何かに書いてあったし)

いまは歩くといっても龍と同じペースだし、
ヨガをやるほど元気がない。
(だって気持ち悪いし骨盤は激烈に痛むし)

食べる量を減らせば、気持ちが悪いのも軽減すると思いますよ、と最後に言われ、
では、と、少しばかり実践すると
確かに気持ちが悪いのが軽減されてきた。

そ、そうなのか?
本当に単なる食べ過ぎ?

しかし念のため夫に、
私、そんなに食べているかなあ?と確認するも、
食べてへんやろ~と言われるし、
自分でもそう思う。

も、もしかして。
つまり年齢なのかなあ。

実際、もうすぐ41歳だし、
確かに消化能力は、妊娠を除外したとしても落ちている。
さらに運動をしていないし、
したとしても代謝も落ちているから、
体重が増えてしまっている、というところか。

とにかく気持ちが悪いのはもう嫌なので、
食生活の見直しをしてみようと思う。

思うんだけど、本当にそんなに食べているかなあ?私。

ある日の私。

朝ごはん
焼き魚半切れ
ごはん茶碗はんぶん
野菜たくさん味噌汁
サラダ

昼ごはん
サンドウイッチ

晩ごはん
ひじきの煮物
ほうれん草ナムル
ごはん茶碗はんぶん
味噌汁

間食
しょうゆせんべい1枚

これがある日の、というか
だいたい毎日の私、である。

別にごはん茶碗が実はラーメンどんぶりというわけでも、
せんべいが直径30センチメートルというわけでも、
ないのだけれども。

ううむ。

どようびは法事で長野へ。
奇しくも北陸新幹線の開業日と重なり、
東京駅のホームも新幹線も長野駅も混雑である。

朝早く行き、夕方に東京に戻る。
つ、疲れた。

週明け早々、小淵沢へ。
幼稚園にあがる前の、龍との最後のふたりたび。

もうホテル周辺には雪がなく、
山でスキーする?そりする?
と尋ねるも、
りゅうはプールがいい!
と、滞在中はずうっとプールで泳ぎ倒す。

龍はプールが好きだ。
スイミングでも、沖縄でも、
じゃぶじゃぶ池でも、
それがプールならとにかく楽しくなってしまう、らしい。

りゅうはね、おみずがすきなの!

と、よく言っている。
わかるよ、母さんもお水がだいすきだから。

今回もとにかくたくさんプールで泳ぎ、
満足できたようでうれしい。

幼稚園に入り、
ほどなく二人目が産まれたら
龍のだいすきなプールへもなかなか連れて行ってあげられなくなる。
だからできる限りがんばろう、と今回は決めて旅に出たのだが、
もともと水と相性がよいせいか
私もまったく疲れることなく
楽しく過ごせた。よかった。

最終日(というか今日)は、
近くの牧場で乗馬をし(もちろん龍だけ)、
羊や山羊やうさぎにごはんをあげたりと
たくさん楽しむ。

昼すぎのあずさで東京に戻る。

ああたくさん遊んだな。
たくさん。

私がなぜなんのために
いまこの時期にこんなにたくさんあちこち龍を連れまわしたくさん遊んだのか
龍にはわからないことだろう。

でもそれで構わない。

龍のなかに
たくさんのたのしい気持ちが
いまというときだけでも
湧いていてくれるなら。

これであとは幼稚園の入園を迎えるのみ。
明日からちゃんと準備をしよう。
龍は入園を指折り数えて楽しみにしている。

気持ちの悪さも
入園までにおさまりますように。

PUPPPはさらに悪化。
痒みで眠れなくなったので
ステロイド塗布を開始。
嫌だけど仕方ない。





AD

コメント(1)