2006年05月08日(月) 03時52分58秒

映画『機動戦士ZガンダムⅢ-星の鼓動は愛-』(富野由悠季監督)★★★

テーマ:2006アニメ

機動戦士ZガンダムⅢ-星の鼓動は愛-






映画『機動戦士ZガンダムⅢ-星の鼓動は愛-』(富野由悠季監督)★★★





宇宙世紀0087年、連邦軍エリート組織「ティターンズ」と

反地球連邦組織「エゥーゴ」の内戦の最中、

エゥーゴの指揮をするクワトロ、ティターンズを我が物にしようと目論むシロッコ、

ザビ家復興を掲げるジオン軍残党アクシズ指導者ハマーン・カーン。

戦局は、巨大レーザー砲へと改造されたスペースコロニー、

グリプス2を巡る最終局面へと突き進んでいく。







誰も知らないラスト・・・新訳Z完結編。







確かに、誰も知らなかったΣ( ̄□ ̄;)





Ⅱに出てきたフォウ・ムラサメは、

やはり、頭に銃弾を受けて海に落ちて行ったのが、ラストでしたねー。





確かに、新訳Σ( ̄□ ̄;)




Ⅲにも出てきて、サイコガンダムに乗るのかと思ってたΣ( ̄□ ̄;)




ハマーン登場ですよ。

ミネバ・ザビも登場です。



この辺は、ZZへとつながっていくのですがね。



全体的にまとめてあるのですが、

途中から、TVを観ていないとついていけなさそうな展開になってきましたねー。


いきなりレコア・ロンドが裏切ったりとか。



エマ、カツ、サラの死亡は、だいたいTVと同じでしたね。




カツ、見事な死にっぷり。




クワトロとハマーンの戦い最後も同じでした。

両者とも、死んだかどうかわからない状態。



ヤザン・ゲーブルの脱出も見れました。

ZZに続けますねー。



そして、シロッコ対カミーユ。



劇場のシーンも同じです。

そして、超能力バトル。


ビームも跳ね返します。




そしてそして、衝撃のラスト







ここから、ネタバレです。








シロッコのジ・Oに、ウェイブ・ライダー形態で突撃して、

シロッコを押しつぶします。


ここまで、TVと同じ。




その後!!



ゆっくりと、Zが離れてモビルスーツ形態に変形していきます。

絵が新しくなっていますので、

かなり新鮮。



で、次の瞬間、

うつむいていたカミーユが、がばっと起きて、









「終わったのか」











Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)Σ( ̄□ ̄;)








えっ!!Σ( ̄□ ̄;)





ファ「カミーユ」



ファとカミーユが、モビルスーツの外に出て、

ラブラブ状態突入ですよ。







カミーユ、、、








ぷっつんしてないΣ( ̄□ ̄;)







最後は、ブライト艦長と船員の笑いでハッピーエンドさ(^▽^)





これが、新訳Zです。


確かに衝撃的でした。

TV版も衝撃的でした。



すごいなー、富野監督( ̄□ ̄;)



ある意味、Zの考え方を変えてしまいましたね。


でも、



これで、ZZにつながるのか( ̄□ ̄;)




個人的には、新しくなったZで、

新しい衝撃を受けたので、

得した気分です。


当時、TVを観て衝撃を受けていないと、

この映画はどうなっていたことか。。。



凄い映画を平成に観た感じでしたよ。





新訳だからこそできた映画。

人気blogランキング

↑参加中。クリックすると賛否両論。





バンダイビジュアル
機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-
バンダイビジュアル
機動戦士ZガンダムII -恋人たち-
バンダイビジュアル
機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-
バンダイビジュアル
機動戦士Zガンダム Part I ― メモリアルボックス版
バンダイビジュアル
機動戦士Zガンダム Part II ― メモリアルボックス版
バンダイビジュアル
機動戦士Zガンダム Part III ― メモリアルボックス版
富野 由悠季
機動戦士Z(ゼータ)ガンダム〈第1部〉カミーユ・ビダン
富野 由悠季
機動戦士Z(ゼータ)ガンダム〈第2部〉アムロ・レイ
藤津 亮太, 氷川 竜介
Z BIBLE「機動戦士Zガンダム-星を継ぐ者」完全ドキュメ
富野 由悠季
機動戦士Z(ゼータ)ガンダム〈第3部〉強化人間
富野 由悠季
機動戦士Z(ゼータ)ガンダム〈第4部〉ザビ家再臨
富野 由悠季
機動戦士Z(ゼータ)ガンダム〈第5部〉戻るべき処
機動戦士Zガンダム大事典
エンタテインメント書籍編集部
機動戦士Zガンダム ノスタルジア -Believe in a sign of Z ?-
僕たちの好きなガンダム「機動戦士Zガンダム」 全エピソード徹底解析編
サントラ, Gackt, Gackt.C, Chachamaru, 三枝成彰
機動戦士Zガンダム~A New Translation Review~(初回限定盤)
Gackt, Gackt.C, CHACHAMARU
Love Letter
AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

nao-1lさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

14 ■>chappyさん

はじめまして、コメントありがとうございます。
亡くなられてしまいましたよね。
もう声が聞けないと思うと、とても残念です。
毎日メリハリがあるのはいいのですが、
ありすぎて大変な事になっています(笑)。

13 ■はじめまして。

こんにちは。
トラバありがとうございました。
古い記事だったので、うっかり見落としておりました。
そう言えば、ブライト艦長の声優さん、亡くなられたのですよね。ご冥福をお祈り致します。
さて。
naoさんは、役者業に勤しんでおられるご様子。
日々メリハリあるんでしょうね。そういう方々を尊敬しちゃいます。 

12 ■>chunさん

コメントありがとうございます。
TBの失敗って、いったい何が原因なのでしょうかね。
このブログも、そういうところがなおって欲しいです。
DVDで何度でも観てみたいですよね。
ハマーンは、最後の3部作目でしか出てきませんでしたが、
ZZが作られるとしたら、かなり出現しそうですよね。

11 ■ゼータ!!!

TBありがとうございました♪
私もTBしようとしたのですが、何故か失敗。。。。

DVD!!
映画も見たけどもう一回DVDで見ようかなぁ~とか考え中です・・・。
あ~!!
ハマーン様が大好きです★

ではでは

10 ■>偽土田名人さん

はじめまして、コメント、TBありがとうございます。
このままでは、やっぱりZZへのつながりはないですよね。
総集編にしても、全く別なものになってしまうのでしょうね。
ハマーン中心は考えられそうですが、
富野監督はどうなんでしょうかねー。
丸くなってきましたので、もしかしたらかもです。

9 ■>あむろさん

コメント、TBありがとうございます。
そうなのですか、鈴置洋孝さんが亡くなられたのですか。
さびしいですよね。
あのブライトさんの声が聞けなくなるだけで、
かなりガンダムの世界観が違ってくると思います。

3作目は、やっぱりラストにふさわしく、
編集もすばらしかったと思います。
この終わり方は、ありだなーと思いました。

8 ■はじめまして。

随分古い記事にトラックバックが入ってるなぁ…と思ったら、DVD出たんでしたね。
nao様も疑問に思われている「ZZへの?がり」は事実上放棄しているとみて良いのではないか、と私個人としては思うのですが(カミーユのリタイア、ネオジオンの地球圏再侵攻の辻褄を合わせれば話は違ってきますが)…。
せめて「ハマーンを軸にしたZZ総集編」的なものをいつの日か作ってもらいたいと、私はひそかに思っております。富野監督がそんなのをやるとは考えにくいですけど。

7 ■こんばんは。

こんばんは。
TBありがとうございました。

ブライト艦長役の鈴置洋孝さんが亡くなられたというニュースを読みました。
もうブライトさんの声を聞くことはできないのですね。
さびしいです。

カミーユのあのラストにはびっくりしましたが、前2作よりは締まった作りになっていたように思いました。

6 ■>メビウスさん

コメント、TBありがとうございます。
私もあの終わり方は、賛否両論ありますが、
ありの方だと思います。
なんか、最後の最後にやっぱりこう来たかみたいな。
Zの変形していくシーンが、なぜか良かったです。

5 ■>BCさん

コメント、TBありがとうございます。
もうそろそろ発売ですね。
期待していた、3巻同時ボックスなるものが出るのかな~と思っていたのですが、
不発だったみたいです。

4 ■>Agehaさん

コメント、ありがとうございます。
TB、何かブログの相性なんでしょうか。
こちらからも、たまーにTBが出来ないブログさんがありますので、
どうする事も出来ない状態です。

この映画版で、かなりTV版のZにも流れたでしょうね。
それと、監督自身が丸くなってしまいましたので、
これはこれで良い終わり方だと思ってしまいました。

3 ■イチファンとして

naoさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

前作の『恋人たち』が個人的に最悪の出来だったので、劇場で観る前は不安の方が大きかったんですが、最後の最後で汚名を返上したかのような出来映えに、イチガンダムファンとしては満足のいくものでした。
テレビとは違う別のラストなだけに、そこはファンにとっても賛否が分かれますが、自分は結構良いと思いましたね。
大スクリーンで精神崩壊を観ると、さすがに鬱になりそうです・・(笑

2 ■TBどうもありがとうございます

そろそろDVD発売ですね。
また刻の涙をみようと思いますw。

1 ■TBできませんでした・・・。

最近どうも不調ですのですいません。

新訳ゼータ。
結局どこまでも「それでええんか~~~」が
残ってしまいました。

ただ、間違いなくもともとのオリジナルである
テレビ版ゼータを改めて注目して見るために
人々がそちらへ流れたのは間違いなく。
・・ってそれが狙いだったらそれはそれで
すごいなと。(!)

コメント投稿

AD

メロメロパーク

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。