■「心学塾」とは?

 

心の学問と書いて、「心学塾」としました。

宗教でも哲学でもありません。


どうやって儲けるか?、どうやって成功するか?、
どうやってお金を増やすか?

など、
ハウツーものが大はやりですが、
もとは何千年も前から言われている

「真理」なのではないでしょうか?

 

すでに先人たちが「人生の答え」を教えてくれていることに素直になり、

人として大切なことを歴史に学ぶ機会になればという想いで、

開講することになりました。

 

■講師

山岡 正義(やまおか まさよし) 様
(元 東京商工会議所 経営指導員・現 パートナーコンサルタンツ代表・
「魂の商人石田梅岩が語ったこと(サンマーク出版)」著者)

東京商工会議所に30年勤務。経営指導員として、1万人以上の経営者と交流する。
在任中、「渋谷ビットバレー(地域振興)」「江戸開府400年記念甲州夢街道(観光事業)」
「練馬アニメーション協議会設立(地域振興)」「るるぶ練馬区・企画発行(観光事業)」などに携わる。
現在、「石田梅岩」「二宮尊徳」「貝原益軒」、 「日本的経営・100年企業」について調査研究中。

 


■今回のテーマ        
「自立心とは?」

仕事、会社、親・子ども、アルコール、
パチンコ、ゲーム、スマホなど、何かに依存する心の深層心理に迫ります。

そして、どうすれば、自立・自律できるのか?
一緒に考えてみました。

 

答えのない問いを、自分自身の頭で考える機会となりました。

人と話しているうちに、だんだん自分自身の意見や考え方が固まってくるということが

あります。

このことを、「外化する」というそうですが、

アウトプットすることによって、頭の中が整理されるということです。

 

アメリカでは経営の専門的なコンサルタントやカウンセラーがいて、

「外化」しやすくする役割を担っています。

 

ところが、日本ではというと、

「銀座のママ」、飲み屋のママさんが、その役割を果たしているそうです。

面白いですね。さすが日本人です。

 

「心学塾」は、この「外化」の機会になれば、と思います。

継続は力なり、今後も、「答えのない問い」をテーマに、

自分で考えていく機会としたいと思います。

 

 

AD