★においを取る専門の会社です

◆POINT1
汚れが取れても、においは残ります

においの元、におい物質を除去しないと、においは取れません

「消す場所」、つまり、「においの元」
そして、「消し方」、つまり、「消臭方法」が、
わからないと、消せないということです。

◆POINT2
最短で当日販売可能

短時間で確実に悪臭を取る、特殊な作業を行います
無臭で安全な化学薬品を使用するため、においが残りません

◆POINT3
全額返金保証
結果にこだわります

何度もやり直したり、結局時間がかかってしまったご経験はありませんか?
ホテル専門のにおいのプロ集団にお任せください

■ホテルでの作業実績
25,762室(2017年3月現在)

においの国家資格 臭気判定士が、ご相談に応じさせていただきます。

日本消臭抗菌予防株式会社 
TEL:03-6380-6371
お気軽にご連絡ください。
  • 27 Jul
    • 香水臭の消臭

      安全な方法で、悪臭・においを取ることに、全力で取り組んでいます。     香水について、もともと、消臭するものではないのですが、 消臭する現場が多いのが実状です。   香水は、香料を組み合わせて人工的に作ったにおいが多いので、 取ろうとすると大変です。   構成は、3段階です。 まず、トップノート 揮発性の高い香りで、第一印象を与える特長を持っています。   消臭作業においては、この部分は、「飛ぶ」ので大丈夫です。   次に、ミドルノート 中程度の揮発性、保留性を持っていますが、 トップノート同様、時間とともに消えていきます。   3つ目が、もっとも、やっかいな、ベースノートです。 揮発性が低く、保留性が高いものです。 つまり、香りを持続させるように作ったにおいなのです。   特に、香水のにおいが消えないというのは、 特に、「ベースノート」の油性成分、精油などによるものと考えられます。   つまり、油によるものなので、化学分解できません。   いわゆる消臭剤、脱臭機などで、反応するものではないと言えます。   したいがいまして、 拭き取って、 油を取ることが求められます。   簡単なようですが、簡単ではないのは、 「どこに、においの元があるか?」を 探し出すことです。   結局、においの元を見つけることが、 消臭の最短方法と言えます。  

      1
      テーマ:
  • 25 Jul
    • 8月勉強会のご案内!「心学塾~人として大切なことを歴史に学ぶ~<テーマ:倹約>」

      弊社では、毎月、勉強会を開催しています。 私自身、興味のある分野が偏ってきていることに気が付きました。 ネットだと好きな記事や情報を選んでしまうことに気づきました。   50歳を過ぎたのですが、お恥ずかしいことに、 知らないことがいっぱいあることに気づきました。 知らないことがいっぱいあるのに、このまま死んでいくんだな、と、ふと思いました。   そこで、自分自身があまり興味のない分野でも、知ることをやってみよう。 でも、思いつきだと続かないかもしれないから、毎月やってみよう。 一人よりは、多くの人と聴いた方がお得なので、スタッフや知人にも誘ってみよう。   ということがきっかけとなり、2015年より、毎月「勉強会」をやってます。   次回は、8月24日(木)18:30~20:30「心学塾」です。     ★「心学塾」が、一方的に聴くだけの勉強会・セミナーとの違い   ・一方的に聴くだけだと、わかったつもりになるが、  いざ行動実行しようとするときに、思い出せない、行動できない ・普段考えないような「他愛のないこと」を深く考える ・他人の意見を聞くことで、自分の意見との違いがわかる、感じられる ・話すことで、自分自身の意見がまとまる、整理される ・「ああ自分はこんなことを考えていたんだ」と、気づく   勉強が嫌いな方、歴史が苦手な方、 (私も、歴史小説は読みませんし、NHK大河ドラマも「龍馬伝」しか見たことがありませんでした) お気軽にお越しください。 よろしければ、お知り合いの方とお誘いの上、ご参加いただければと思います。    

      1
      テーマ:
  • 22 Jul
    • 悪臭・においを消し去ると、幸せな気持ちになれる

        悪臭を消臭するお仕事をさせていただいています。   悪臭・においを消し去ると、 お仕事をご注文いただいた「お客様」が、「いやなにおいが取れて良かった」 「これで、においのクレームはなくなる」と、 満足されます。   次に、その「お客様のお客様」、ちょっと、わかりにくいですが、 「お客様」からサービスを受けられる「お客様」 (例えば、ホテルに宿泊するお客様、タクシーに乗るお客様、など) にとっても、 「以前、くさかったけど、においなくなったね」 「においがないので、なんかいい感じ」 「いいにおい、何か幸せ」   というように、悪臭をなくすことで、 感動の連鎖、幸せの連鎖につながります。   あまりおおげさになると、オーバートークになりますので、 控えますが、 実際に、先日、弊社の消臭スプレーを使っている 個人タクシーの運転手さんから、このようなエピソードをお聞きしました。   先日、中年のご婦人から、 「この車、いいにおいね」って、言われました。 加齢臭を気にしていただけに、すごく安心しました。   運転手さんは、最高の笑顔で、お話しされてました。 ほっこりするお話しですね。   このようなエピソードは、お客様からいろいろお聞きしています。 またご紹介いたします。   最後に、 この「感動の連鎖、幸せの連鎖」は、私たち、弊社のスタッフにも伝わります。 においが取れて良かった。 お客様が喜んでいただけて良かった。 この仕事、やってて良かった。   さらに、においを早く消し去ることに、全力で取り組んでまいります。

      2
      テーマ:
  • 19 Jul
    • 無臭、においのない空間が快適!

          欧米人は、自分のにおいを消すために、香水を香らせます。 部屋中、自分の好きなにおいを、充満させることで快適になる方が多いようです。   一方、日本では古来から、におい、かおりについては、 微妙なニューアンスがあり、においがあることに恥じらいがあったり、 においを感じさせないことが、快適という感覚があります。 「源氏物語」にも、においの関するエピソードが記されています。   その一方で、香道など、お香のにおいをかぐことで、道を極めるという 不思議な世界も、古来から作ってきました。   におい、かおりについて、大変繊細な民族といえます。   普段の生活においても、「無臭」「においのない空間」が快適と感じる方が 多いようです。   サービス業、とりわけ、不特定多数の方々が利用する、ホテルや空港、駅 などでは、においは人の好み嗜好によるものなので、無臭を基本としています。   私たち消臭業のお仕事においても、 他のにおいをつけるのではなく、 無臭化すること、においをなくすことを、 ゴールとして、行っています。

      2
      テーマ:
  • 16 Jul
    • 消臭って、うさんくさい?

      2017年7月、おかげさまで、創業7周年を迎えることができました。 7.7.7で、ラッキーナンバーですね。   「においを消すことは難しい」って、言われてきました。 周りの方々からは、「もっとラクに儲かる方法があるよ。」と、 言われてきました。 「どうして、そんな難しいことやるの?信じられない?」と、 言われてきました。   製品がよくても、あらゆる「におい」を消せるわけではないことを 経験しました。   施工ができないと、いくら製品がよくても、 効果が出せないことを経験しました。   消臭抗菌業界は、うさんくさい! 「効果があります!」 「全部効きます!」 オーバートークの業者が多いのが実状です。   嫌な「におい」で困っている方々が多いことも、 経験しました。   私にできることは、なんだろうか?   うさんくさい世界の中で、 「まじめにこつこつ」やってみよう。   においを消すのが難しいからこそ、 何とか勉強してやってみよう。   ふと、原点をふりかえる機会となりました。  

      1
      テーマ:
  • 07 Jul
    • 7月勉強会 羽田空港・世界一清潔な空港の清掃人 新津春子さん特別講演会 開催しました

      7月勉強会 開催しました。 講師は、羽田空港 世界一清潔な空港の清掃人 新津春子さんです。   NHKプロフェッショナルご出演後、テレビマスコミへの出演、著書の出版など、 最近は、中国、台湾、アジアへの海外出張もあり、超ご多忙な方です。   今回のご講演は、昨年5月、10月に続いて、3回目となります。 前回までのテーマは、ご自身の半生と清掃技術でした。   今回は、人生の様々な局面において、新津さんが、どのように考え、 どのように判断されたのか? 「生き方」、「働き方」、「考え方」にスポットを当てて、 お話をお聞きすることとしました。         (左)新津 春子さん (右)赤岩 洋志 部長様/日本空港テクノ株式会社       ◆今回の勉強会で気付いたこと/村井敏夫 ・新津さんだからできたこと、やれたことは、もちろんありますし、 その結果が、現在の新津さんを作っていると思います。 ・しかしながら、新津さんが、今の新津さんでなかった頃、 ちょっとわかりにくいですが、未熟だったころ、 どのようにお考えだったのか? その点が私にも、私たちにも、参考になるのではないかと思います。   ・新津さんの仕事観の重要な点の一つ目は、 常に「課題」を作る ことです。   ・「課題」を作ることによって、その「課題」をクリアしたいという気持ちがわく。 クリアできるための努力、トライ、実験をする。 クリアできたら、人から認められる、評価される、喜んでもらえる。 そして、自分自身もうれしい気持ちで、満足感を持つことができる。 このサイクルが、仕事を楽しむというサイクル考え方につながると思いました。   ・二つ目、その原点にあるものは、「お金」です。 17歳で、中国から家族全員で日本に来たとき、言葉が通じなくてもできて、 家族一緒にできる仕事は、「清掃」だったとのことです。 「清掃」という仕事を通じて、「課題」を見つけてクリアする。   いい仕事ができると、お給料も上がります。 「お金」がもっとほしいという心の奥底にある欲望を、エネルギーにすることが、 純粋にやりがいとなるというのが、新津さんの原動力だと感じました。   ・三つ目は、 「自分の居場所を作ること」 だと感じました。   新津さんは、24歳史上最年少で「全国ビルクリーニング技能競技会優勝」を達成することで、 一躍、時の人となります。   社内において一目置かれる立場になることができたことが、 その後の新津さんの成長の原動力になったと感じました。   心に余裕ができると、人にやさしくなれたり、 全体を俯瞰して見渡すことができるからです。   この3つの原動力によって、現在の新津さんを形成していったのではないか、 と、勝手に推察いたしました。   これらのことは、けっして、新津春子さんだからできることではなく、 私たち、それぞれの仕事においても、十分取り組んでいけるテーマではないかなと感じました。   三日坊主にならないよう、私自身、早速、取り組んでいきます。

      テーマ:
  • 04 Jul
    • ステーキ臭・焼肉臭の消臭

      先日、群馬県の「千と千尋」のモデルになった四万温泉にある 外国人のリピーターが多い旅館様の消臭作業を行いました。   ステーキを部屋食で食べられるのが人気メニュです。 しかし、ステーキを食べない方から、においのクレームが多く、 旅館のオーナー様は、困っておられました。   原因は、天井設置型エアコンに、油が入り込んで、 異臭を発していました。       においの元であるステーキ臭は、タバコ臭や香水臭を除去する 消臭作業では除去できません。   ステーキ臭の「におい物質」を分解・揮発させるための、 独自の消臭作業で除去することができ、喜んでいただきました。

      テーマ:
  • 30 Jun
    • 6月勉強会「心学塾~人として大切なことを歴史に学ぶ~<テーマ:儲ける>」開催しました

      6月勉強会は、心学塾。 人として大切なことを歴史に学びました。   今回のテーマは「儲ける」 「儲ける」ことについて、深く考える機会となりました。     ■講師:山岡 正義(やまおか まさよし)氏  (元 東京商工会議所 経営指導員・現 パートナーコンサルタンツ代表・ 「魂の商人石田梅岩が語ったこと(サンマーク出版)」著者) 一方的に講義を聴くだけでなく、グループ討議を通して、 答えのない問いについて、一緒に考えていきました。     【6月心学塾・テーマ「儲ける」・アンケートより】 ・「儲ける」に対してのイメージが、ガラっと変わりました。 儲けられるようになっていきたいです。 ・よく悩めたテーマだと感じました。 イメージ・実際の事、色んな角度から考えることができました。 ・利益を生む事を、「正直に儲ける」という事に置きかえた時に、 「心学」と「儲ける」という事がつながったと思います。 そのような心でいたいと考えさせられました。 ・ビジネスを立ち上げてお金に関していろいろと考えているところ だったので、参考になるお話でした。 ・よくあるセミナーと違って、皆さんと意見交換ができたり、 講師の先生とも距離が近くて楽しい会だとお思いました。 ・今回の「儲ける」というテーマは、私にとっては「どう使うか」と 同義語であると思っています。 たくさん儲けて、意味のある使い方をするぞと思っています。   ★「心学塾」が、一方的に聴くだけの勉強会・セミナーと違う点 ・一方的に聴くだけだと、わかったつもりになるが、  いざ行動実行しようとするときに、思い出せない、行動できない ・普段考えないような「他愛のないこと」を深く考える ・他人の意見を聞くことで、自分の意見との違いがわかる、感じられる ・話すことで、自分自身の意見がまとまる、整理される ・「ああ自分はこんなことを考えていたんだ」と、気づく   ◆次回「心学塾」のご案内 ■テーマ:「倹約」 ■日時:8月24日(木) 18:30~20:30 ■会場:新宿区・曙橋・会議室  ※お申し込み後、会場地図をお送りいたします。 ■参加費 500円(ワンコイン) ※参加費は、全額、東京都内のこども食堂に寄付させていただきます。

      テーマ:
  • 20 Jun
    • 香水臭の消臭

      先日、新宿のホテル様の消臭作業を行いました。   コパトーンのオイル系のにおいが部屋中に充満していました。 換気、脱臭機などでは取れず、発生から3日間が経過していました。 イスとカベに付着したにおいが原因でした。 さらに、空調機に、においが入り込んで、異臭を発していました。     オイル系の「におい物資」の中でも、分解できる、揮発しやすい 「におい物質」をまずは除去し、分解が困難で、揮発しにくい 「におい物質」に対しては、溶剤を変えるなど、 消臭作業を工夫することで除去できました。  

      テーマ:
  • 11 Jun
    • 今週6月16日(金)ご案内!勉強会「心学塾~人として大切なことを歴史に学ぶ~<テーマ:儲ける>」

      弊社では、毎月、勉強会を開催しています。   一生勉強、一生青春!(相田 みつを氏)   この言葉は深いですね。   勉強会を開催するとお話した際、 人によってはいろいろな反応があります。   「座席が空いてたら、数字合わせのために、行ってもいいよ」 ありがたいですが、いかにも、サラリーマン的な発想です。 「いつでも言ってよ。しゃべってあげるよ」 しゃべりたがる方が多いということに気づきました。   私自身、興味のある分野が偏ってきていることに気が付きました。 ネットだと好きな記事や情報を選んでしまうことに気づきました。   50歳を過ぎたのですが、お恥ずかしいことに、 知らないことがいっぱいあることに気づきました。 知らないことがいっぱいあるのに、このまま死んでいくんだな、と、ふと思いました。   そこで、自分自身があまり興味のない分野でも、知ることをやってみよう。 でも、思いつきだと続かないかもしれないから、毎月やってみよう。 一人よりは、多くの人と聴いた方がお得なので、スタッフや知人にも誘ってみよう。   ということがきっかけとなり、2015年より、毎月「勉強会」をやってます。   次回は、今週、6月16日(金)18:30~20:30「心学塾」です。   ★「心学塾」が、一方的に聴くだけの勉強会・セミナーとの違い   ・一方的に聴くだけだと、わかったつもりになるが、  いざ行動実行しようとするときに、思い出せない、行動できない ・普段考えないような「他愛のないこと」を深く考える ・他人の意見を聞くことで、自分の意見との違いがわかる、感じられる ・話すことで、自分自身の意見がまとまる、整理される ・「ああ自分はこんなことを考えていたんだ」と、気づく   勉強が嫌いな方、歴史が苦手な方、 (私も、歴史小説は読みませんし、NHK大河ドラマも「龍馬伝」しか見たことがありませんでした) お気軽にお越しください。 よろしければ、お知り合いの方とお誘いの上、ご参加いただければと思います。  

      2
      テーマ:
  • 07 Jun
    • 7月勉強会は、羽田空港・世界一清潔な空港の清掃人 新津春子さんの特別講演会です

      ★7月勉強会・創業7周年記念 新津春子様・特別講演会 ■7月1日(土) 14:00~17:00 ※終了後、懇親会 ■講師:新津 春子(にいつ はるこ)さん ■テーマ 清掃を通した「おもてなし」 ■サブタイトル ~心を込めて、当たり前の日常を~ ~プロフェッショナル 仕事の流儀~ ■「訪れる人にやすらぎを 去り行く人にしあわせを」 羽田空港ターミナルを管理する日本空港ビルグループの理念です。 2016年5月と10月にご講演をいただき、 まさに「清掃を超えた職人・プロフェッショナル」の感動の半生を お聞かせいただくことができました。   その際、会社の方から、今後は過密スケジュールなので、 講演会は難しい旨、お聞きしていました。 その講演会の後、ご本人から、「これから、ずっと、応援していきたいと思います」 という感動メールが届きました。新津さんのご厚意に感謝いたします。   超がつくくらいご多忙中の中、今回は、 「新津流・おもてなし」についてお話いただきます。 清掃を通して、「相手を思いやる」「心を込める」とは? 清掃のお仕事に限らず、「働き方」「生き方」に関わることですので、 あらゆる方々の心に響く機会となれば幸いです。 ★参加費 500円(ワンコイン) ※参加費は、全額、講師著書の学校への寄贈に充当させていただきます。 ■新津春子さんのご紹介  「世界一清潔な空港の清掃人(朝日新聞出版)」「清掃はやさしさ(ポプラ社)」著者  「掃除は『ついで』にやりなさい!(主婦と生活社)」著者多数 「NHKプロフェッショナル仕事の流儀」等TV番組多数出演 日本空港テクノ株式会社 環境マイスター 1970年中国残留日本人孤児二世として、中国瀋陽に生まれる。 17歳のときに中国残留日本人孤児であった父の薦めによって一家で渡日。 言葉がわからなくてもできるという理由で清掃の仕事を始めて以来、 25年以上清掃の仕事を続ける。 1995年、日本空港技術サービス(現:日本空港テクノ)に入社。   97年に(当時)最年少で全国ビルクリーニング技能競技会一位に輝く。 以降、指導者としても活躍し、現在は羽田空港国際線ターミナル、第一ターミナル、 第二ターミナル清掃の実技指導者に加え、同社ただ1人の「環境マイスター」として、 羽田空港全体の環境整備に貢献するとともに、次代のマイスターを育てる活動を行っている。  

      1
      テーマ:
  • 06 Jun
    • 6月勉強会「心学塾~人として大切なことを歴史に学ぶ~<テーマ:儲ける>」

      ★6月勉強会のご案内 「心学塾~人として大切なことを歴史に学ぶ~<テーマ:儲ける>」   ■日時:6月16日(金) 18:30~20:30   ■会場:新宿区・曙橋・会議室  ※お申し込み後、会場地図をお送りいたします。   ■参加費 500円(ワンコイン) ※参加費は、全額、講師著書の学校への寄贈に充当させていただきます。 ■講師:山岡 正義(やまおか まさよし)氏  (元 東京商工会議所 経営指導員・現 パートナーコンサルタンツ代表・ 「魂の商人石田梅岩が語ったこと(サンマーク出版)」著者)   ■スケジュール 18:30~20:30   ①講義          18:30~19:30(60分) ②グループ討議  19:30~20:15(45分) ③まとめ        20:15~20:30(15分) 一方的に講義を聴くだけでなく、グループ討議を通して、 答えのない問いについて、一緒に考えていきます。   <前回・4月心学塾より>   「外車に乗ってる人を見かけたら、悪いことをしている人だと思え」 「お金持ちは、貧しい人たちを働かせて、お金を搾取している人たちだ」 日本人は、お金を稼ぐことに対し、罪悪感を抱いたり、 さげすむ風潮が、多くの人の心の中にあることも事実です。 はたして、利益を追求するという行為は悪なのでしょうか? 今から300年も昔、江戸時代の商人・石田梅岩が、著書「都鄙問答(とひもんどう)」 を通して、「商人の利益とは、武士が主からもらう禄に等しいものなのだから、 商売は決して卑しいものではなく、商売によって利益を求めることは正しい行いである。」 と主張しました。 商売をすることで物を世の中に流し、世の中に貢献していると説いたのです。  「儲ける」「利益を得る」ことについては、 きれいに稼ごうが、汚く稼ごうが、お金は人を選びません。 永遠のテーマ「儲ける」ことについて、 深く考える機会としたいと思います。

      テーマ:
  • 05 Jun
    • 5月勉強会「『香り風景』をプロデュースする」開催しました

      先日、 5月勉強会、                                        「香り風景をプロデュースする/小泉祐貴子様 講師」を、 開催いたしました。                 「香り」というテーマについて、深く考える                                         機会となりました。                                         講師の小泉様より、大変熱のこもったお話を                                         いただいた後、様々なご質問にもお答えいただき、                                         さらに、今のお仕事を選ばれた個人的なエピソードなど、 貴重なお話をお聞かせいただきました。                                                                                    当日ご参加いただいた方々からのアンケートのご意見です。                                                                          ・香りの歴史、梅の香りなど知れて、面白かったです。                                           ・「香り」というのを、化学的にも、歴史的にも、聞けて、                                         大変勉強になりました。                                           ・「香り」を利用した製品づくり等にも生かしたい。                                           ・今のままで10年後は楽しいのか、と考え、そこのところを、追及                                         していった先生にとても敬意を表します。                                           ・お話を聞いていて、とても活き活きと現状を語られており、                                         とても元気が出ました。                                           ・小泉さんの生き方に魅力を感じました。                                            ・日々、私の業務は、臭いを消す(取り除く)ことを主として 実施していますが、 本日は、その対極にある「香りをプロデュースする」というお話を お伺いすることができたことは、非常に興味深く、大変勉強になりました。                                         ・いつも勉強会の企画実施をしていただけて、大変勉強になり、感謝しています。               今後も、いろいろな分野で活動している方々のお話を聞けることを                                   楽しみにしています。                                           ・小泉様、個人としての人生に大変興味を感じました。                                         特に、大手化粧品会社、大手香料会社をおやめになり、                                         その後、大学で、造園を学ばれ、そして、ご自身の得意とされる                                         「香り」の世界に戻り、さらに、独立起業されるお話は迫力がありました。        「香り」は脳を刺激して活性化したり、癒す働きがあります。 というのは、嗅覚は、脳に直撃しているからです。   五感に訴えるということをよく聞きますが、 嗅覚に訴えるというのが究極のテーマではないかと、 小泉様のお話を聞きながら、ふと、そう思いました。   このテーマは深いです。 まだまだ研究したいです。

      2
      テーマ:
  • 02 May
    • 4月「心学塾」開催しました。テーマは「ほめる」

      先日、4月勉強会を開催いたしました。 「心学塾」。 テーマは、「ほめる」。   普段深く考えないこと「ほめる」について、 深く考える機会となりました。     講師の山岡正義様より、大変熱のこもったお話を いただいた後、グループ討議でご参加者の方々 にも、ご意見を賜り、意見交換いただき、 大盛況のうちに無事終了することができました。 ご参加者の方々から、アンケートには、 以下のように、ご記入ただきました。 ご紹介いたします。 ・ほめること=「感謝」することと思いました  日々人の良いところを、見るように心がけたいと思います   ・久しぶりに、人の良い点を見つける視点をたくさん持つ  自分になるには?ということをまとめるのに、よい機会となりました  たくさんのヒントをもらいましたので、今日の帰りから、  「人の良い点を見る」ということを実践していきたいと思います   ・フレンドリーで、明るい雰囲気   ・仕事だけでなく、プライベート(家族)に生かしていきたいです   ・考えたこともないようないろいろな意見を聞くことができました   ・責任者として、現場の志気を上げられるように、頑張りたいと思います   ・ほめるということは、人とかかわる上で、欠かせないことだと思います   ・山岡さんの話やグループディスカッションで得たことは、今後の  私生活でも生かして、人生を楽しんでいこうと思いました   ・余裕を持ち、イライラしないように、がんばります   ・多様な意見を聞けて、参考になりました   ・異業種が集まっているので、おもしろかったです   ・実生活に、すぐに生かしていきます   ・自分で気づいていなかった部分が見えた   ・管理者として入ることもあるので、その時の作業者を  褒められるようになりたい   ・実生活の面でも、意識して実行し、よりよい人間関係を  築くことを、若い人たちの育成に役立てたい ぜひ、5月以降の弊社・勉強会にも、 ご友人、お知り合いの方々をお誘いの上、 ご参加くださいますよう、よろしくお願いいたします。   いつもながら、「このために来た!」 と、言わせるくらい、おいしいお料理とお酒。 中華料理の高記さんで、講師を囲んで懇親会。

      2
      テーマ:
  • 29 Apr
    • 5月勉強会は、「『香り風景』をプロデュースする」

          たまたまつけていたラジオから、 「香り」「におい」という言葉が聞こえてきました。   そのお話は、「香り」が人にリラックスや 癒しを与えることができ、   「香り」で、庭園やショップ、オフィス、 そして、街の環境を創り出すことができる という画期的なお話でした。 まさに、目からウロコでした。   普段、悪臭との戦いで、不快なにおいを相手にしている 弊社にとって、 まさに、全く逆のお仕事です。   快適な空間を、「におい」「香り」でお創りになっておられる。 本当に素敵なことだと思いました。 ということで、小泉様のご講演が実現いたしました。 ■日時:5月26日(金) 18:30~20:00 ■テーマ:「香り風景」をプロデュースする ■講師 小泉 祐貴子(こいずみ ゆきこ)様 香り風景デザイナー 株式会社セントスケープ・デザインスタジオ 代表取締役   ■場所 新宿区・曙橋・会議室 新宿区片町1-31-1 第3田中ビル3階   ■参加費 500円(ワンコイン)   ■お申し込み 添付の申込書にご記入の上、 FAX(03-6380-6370)でお申し込みください。

      1
      テーマ:
  • 17 Apr
    • 継続は力なり

        おかげさまで、創業してから、8年目となります。       2014年12月に、株式会社設立に伴い、 2015年からはじめました 「業務研修会」は、 通算 9回、69人が参加   「勉強会」は、 通算 14回、118人が参加   社内資格である 「臭気処理士」 20人 「臭気処理管理者」7人   継続して開催してきた理由は、 やはり、 「人」「ひと」「ヒト」 ひとが大事 そのように痛感しています。   そして、 ①まじめにコツコツ ②取れるまでやる ③一現場一溶剤   施工3原則と呼んで、 初心を忘れることのないように、 しています。

      2
      テーマ:
  • 16 Apr
    • 幕末の儒学者 佐藤一斎の言葉/老いて学べば、則ち、死して、朽ちず

              幕末の儒学者 佐藤一斎の言葉   「少くして学べば、則ち、壮にしてなすことあり。 壮にして学べば、則ち、老いて衰えず。」   若いときに学べば、 大人になって、何かをなすことができ、 大人になっても学びをやめなければ、 衰えることがない。     という意味です。     そして、続きます。   「老いて学べば、則ち、 死して、朽ちず。」   老人になっても学びを続ければ、 後世に何かを残す人になる。     という意味です。   (PRESIDENT 2017.5.1号/P.68~69より)

      テーマ:
  • 15 Apr
    • 業務研修会を行いました<その3>

      業務研修会を行いました。   「においあてゲーム」と称して、 身近なにおいや悪臭について、 かぎ当てるというものです。           嗅覚は、脳に直接働きかけます。 脳にあるにおいの記憶と、実際にかいでいるにおいを結びつけます。   経験のない経験のないにおいの場合、 においを感じるが、何かわからない、 という感覚になります。         今回は、10種類。 さくら、ゆず、ひのき、グレープフルーツ、 といった、自然にある におい   そして、 しょうゆ、マヨネーズ、コーヒー、油、 といった、普段、料理で使う調味料   ほか、お香、シンナーなど、 ちょっと強めのにおい   においと記憶を結びつけるということからか、 年齢が高い順で、正解率が高い傾向がありました。 若い方は、においがわかるが、 なにかを言い当てられなかったケースが多々ありました。   非常に興味深いゲームでした。   今後も、嗅覚を鍛える練習に取り入れていきたいと思います。

      1
      テーマ:
  • 14 Apr
    • 4月20日(木)心学塾 開催します <残席あります>

      ■「心学塾」とは?             心の学問と書いて、「心学塾」としました。       宗教でも哲学でもありません。       どうやって儲けるか?、どうやって成功するか?、どうやってお金を増やすか?     など、ハウツーものが大はやりですが、もとは何千年も前から言われている     「真理」なのではないでしょうか?     すでに先人たちが「人生の答え」を教えてくれていることに素直になり、 人として大切なことを歴史に学ぶ機会になればということで、隔月開催しています。   ■講師は、山岡正義様です。 山岡様は、東京商工会議所に長くお勤めになられ、 在職中、1万人もの経営者と会ってこられました。 そして行き着いたのが「石田梅岩」という商人の教えだったということです。 そして、江戸時代の知恵が現代に生きることに気付かれて、 全国各地で講演活動をされています。 ※「石田梅岩」(ウイキペディアより)     ■次回の「心学塾」 ・4月20日(木) 18:30~20:30 ・テーマは、「ほめる」 ・会場:新宿曙橋・会議室 ※お申込み後、ご案内いたします。 ・参加費:500円(ワンコイン) ※全額、講師著書の学校寄贈に充当させていただきます。   ■テーマ:「ほめる」 他人の長所を見つけてほめるというのは、欠点を見つけて指摘するより、 むずかしいことのように感じます。   わざとらしいほめ言葉や、下心が見え隠れしながら、ほめられるのも 心地よくないですね。 このような気持ちは、ひねくれた感じ方ですが、私だけでしょうか?   「ほめ殺し」という言葉もありますが、上手に「ほめること」とはどういうことなのか? 「ほめる」ことについて、一緒に考える機会としたい思います。   「ほめる」ということについて、普段深く考える機会がないことと思いますが、 一緒に考える機会としたいと思い、テーマに取り上げました。   「人として大切なこと」を歴史に学びませんか? ご参加をお待ちしております。

      テーマ:
    • 業務研修会を行いました<その2>

      業務研修会を行いました。   今回のテーマは、 「禁煙化タバコ臭消臭作業」です。   ホテルでの作業で、喫煙客室のタバコ臭を消臭して、 禁煙室として、販売をするためには、 部屋の隅々、天井、カベ、空調機、空気清浄機、バスルーム、 さらに、ベッド、ふとん、まくら、カーテン、 廊下の天井、カベに至るまで、 しっかりと、タバコ臭を除去するという消臭作業です。   実務について、 実演と動画、 そして、チェックリスト、 さらには、グループ討議により、 より完成度の高い作業を目指します。                        

      テーマ:

プロフィール

臭気判定士 村井 敏夫

性別:
男性
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
★ホテルでの消臭実績 25,762室(2017年3月現在) ★においは奥の深い世界です。 ...

続きを見る >

読者になる

AD
におい専門のプロ集団が、「におい」のお困りごとの解決に取り組んでいます。
詳しくは、ホームページをご覧ください。



AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。