光触媒職人・臭気判定士・村井敏夫

ホテルのにおい悪臭対策専門
全国87か所、24,853室 導入・利用中
モットーは「たくさん売るより、きちんと売る」
「におい・汚れでお困り事」などがございましたら、お気軽にご連絡ください。
日本消臭抗菌予防株式会社 03-6380-6371 まで

アメーバ におい・汚れ・菌・ウイルス対策の最新情報を、お知らせしています。


■「においが取れない」のは、必ず原因があります
原因究明から対策提案、消臭作業の実施まで、トータルでご対応しています
消臭方法は、人や環境にやさしい安全エコな「光触媒」という化学技術を活用しています

日本消臭抗菌予防株式会社 代表取締役 村井 敏夫
ホームページ:www.yobo.co.jp
TEL:03-6380-6871
お気軽にご連絡ください。

テーマ:

5月勉強会の講師は、

NHK「プロフェッショナル・仕事の流儀」に出演され、「清掃はやさしさ」など著者でもある

世界一清潔な空港・羽田空港のビルクリーニング技能清掃士、

新津春子さん。

新津さんのパワーの原動力は、「家族の強い絆」でした。

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

光触媒・職人・臭気判定士 村井です。

 

毎月、業務に関わることや、人生の知恵、生きるヒントをテーマにして、

定員10人の寺子屋形式で、勉強会を開催しています。

 

今回は、スペシャル版です。

先日、「5月勉強会」を開催いたしました。

 

講師は、NHKプロフェッショナルに出演、「世界一清潔な空港の清掃人」「清掃はやさしさ」などの著者、新津春子さんです。

 

 

 

前回のつづき

 

1987年、中国残留孤児のお父さんの決意で、一家全員で渡日。

夢の国・ニッポンに来て、17歳の新津さんが直面したのは、

家族が食べるために働くことでした。

 

見つけた仕事は、たまたま見かけた「清掃」。

言葉が通じなくても体を動かす仕事なら何とかなる。

 

お弁当は、ビスケット、ゆで卵、パンの耳。

 

新津さんは、当時を振り返って、こうお話しされました。

「辛かったけど、あのころが、一番幸せな時間でした。

凹んでも、家族一緒に仕事ができたから。

日本に来て、いつもワクワクしていたから、疲れた、なんて感じませんでした。」

 

少し余裕ができ、新津さんは、都立高校へ編入します。

ここで待ち受けていたのは、「中国人」と言われてイジメにあいます。

 

イスの上に、押しピンが並べられていました。

そこで新津さんが起こした行動は。

なんと、その押しピンを、先生の机の上に並べました。

しかし、先生は、その行動に無反応でした。

 

複雑な気持ながら、強い気持ちを持てました。

その強さは、以前、中国で小学生のとき、「日本人」と言っていじめられました。

その時、中国人の親戚のおじさんにこう諭されました。

「自分が悪いことをしてないのに、いじめられて、家に逃げて帰るのは、おかしくないですか?」

 

そして、いじめがなくなりました。

 

高校を卒業し、音響機器会社へ就職。

卒業したら就職しないといけないから、入社したものの、

3年たったら、仕事を全部マスターできてしまい、目標を失ってしまいます。

 

そんな時、「運命を変えた1枚のポスター」。

「東京都立品川職業訓練校・入校生募集」

 

「ビルクリーニング管理」という文字に、これだとひらめきました。

 

就職しないといけないから入社した会社を辞めて、

職業訓練校に入学。

 

次回へ続く。

AD
いいね!(0)  |  コメント(1)  |  リブログ(1)

テーマ:

光触媒・職人・臭気判定士 村井です。

 

毎月、業務に関わることや、人生の知恵、生きるヒントをテーマにして、

定員10人の寺子屋形式で、勉強会を開催しています。

 

今回は、スペシャル版です。

先日、東京都内のホテルバンケットルームで、参加者25人(司会・講師含む)で、

「5月勉強会」を開催いたしました。

 

(前列:右から4人目:新津春子さん、左隣り:村井、左から3人目:日本空港テクノ 生沼 深志様)

 

講師は、NHKプロフェッショナルに出演、「世界一清潔な空港の清掃人」「清掃はやさしさ」などの著者、新津春子さんです。

 

 

新津さんは、中国瀋陽生まれ。お父さんが戦後中国に取り残された中国残留孤児、お母さんは中国人という家庭に育ちました。

おじいちゃんが立派な軍人、中国の大地の中で、幼少期、青年期を送りました。

日本人であることで、いじめられるつらい経験もありました。

 

その後、一家にとって、大きな転機となったのは、お父さんが、日本へ帰国を決意。

1987年、そのころ、日本はバブル絶頂期。

そんな繁栄の中、新しい新天地を求めて、ワクワク、外国、夢の国・ニッポンへ。

 

ワクワク、楽しかったのは、到着して、わずかの時間。

最初は、ホテル住まいでしたが、貯金はすぐなくなり、

一家で仕事を探すことに。

「仕事下さい!」という紙を持って仕事を探しました。

 

そんな中、「清掃」という漢字が目に飛び込んできました。

言葉がダメで身体を動かす仕事なら何とかなる。

家族全員で一緒に働くことができる仕事は清掃しかない。

 

お弁当は、ビスケットとゆで卵やパンの耳。

 

そんな赤貧の生活も、家族一緒に、働くことで頑張っていけました。

 

しかし、中国人であるお母さんは複雑な心境でした。

7人兄弟の長女で、両親・兄弟を中国において、離れ離れになってしまい、

さびしい気持ちは隠せません。

新津さんは、日本に来て、お母さんが泣いていた姿を忘れることができません。

 

講演の途中で、涙ぐむ新津さん。

 

しかし、この家族全員で頑張る気持ち

この時の気持ちこそが、

新津さんのパワーの源、生きる力となります。

 

次回へ続きます。

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。