絶対忘れない。

テーマ:

そんな大したことじゃないんだけど。


何かを思い出せそうで思い出せないとき、

必死で思い出そうとすることは脳みそにいいらしい。

特に、考えに考えてやっとこさ思い出せた瞬間、

脳はものすごーく活性化するらしい。

本当かどうかわからんけれど、昔学校の先生がそう言っていました。


中学校の英語の試験の英単語の問題で「国際交流」と書けというのがあった。

当時英語は得意科目で、しかも凄く見覚えのあるはずの単語で、時間中さんざんねばったんだけど思い出せなかった。

脳は活性化したけれど思い出せそうで思い出せなかったことがあまりに悔しかったので、「international exchange」という単語は絶対忘れないことにした。


今日も一つ試験を受けてきた。筆記試験:SPIみたいなのと、一般常識。

一般常識に国語があった。


作者を問う問題。

・「老人と海」

・「菜の花や月は東に日は西に」

・「柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺」


常識問題なんだけど。。。出てこない。

おかしいおかしい。


ロシア人の作家の名前を片っ端から並べても出てこない出てこない。

国語便覧の菜の花と月の写真は浮かぶのに出てこない出てこない。

「針やはらかに春雨ぞ降る」は出てくるのに出てこない出てこない出てこない。


高校時代、国語便覧は娯楽でした。

すみずみまで読んで楽しんでました。

nanoの「なの」は「菜の花」のナノなのに。

「菜の花や」は大好きな句だったのにー。


出てこなかった。


帰りに本屋に駆け込んで岩波文庫の棚の前で崩れ落ちました。がっくり。

脳の活性化とかどうでもいいからすんなり出てきて欲しかった。。。



二度と絶対忘れない。


ヘミングウェイと与謝蕪村と正岡子規。


絶対忘れない。


今夜は久しぶりに便覧読んで寝ることにする。

AD

言語化すること

テーマ:

ある企業のグループディスカッションのあと、社員の方がひとこと下さった。

それが、私にはとても必要な考え方だったので、覚え書きとして。

 

 

物事には変えられないことと、変えられることがある。

・ 変えられないこと:過去のこと、他人によってなされたこと、感情

・ 変えられること:未来のこと、自分のすること、思考

だから、

「変えられないことに囚われず、

 変えられることにエネルギーをそそぐこと。」

 

 

切り替えられない感情はどうしようもない。

だから、切り替えられる思考だけでも次へ向けて、できることをする。

 

難しいけれど・・・ひとつの「気持ちの解決の仕方」が、言葉となって具体的に提示されたことで、少し目の前が開けた気がした。

 

もやもやと考えていることや抽象的に感じていたことがはっきりと言葉にされると、すっきりするものだなあと実感した。

 

自分でも、ひとと話しているうちに、だんだん考えがまとまってくること、あるものね。

 

だから、人の話を聴くこと人に話をすること人と話をすること、面白いし大切だし好きだ

と、あらためて思った。

 

 

うああ。。。backstreet boys。。。しみる。。。"i'll  be  the... ONE." 

AD

テーマ:

▼今日、GDがあったのだけれど、「就職活動って、海を泳いでいるようなものだ」という私の意見に共感してくれるひとがたくさんいた。

 少し嬉しかった。

・ ・ ・

 

▼海にはいろいろな表情がある。晴れた海、荒れた海、静かな海・・・

 海には波がある。自分の意思とは裏腹に、思わぬところへ流されることもある。

 海には道しるべはない。行く先は自分で決める。行く先は人それぞれ。

 

▼「走ること」とは違って、「泳ぐこと」にはたいてい目的がある(ような気がする)。

 「泳いできた」って言う時、必ず「どこで?」もついてくる。

 どこで?どんな海で?人それぞれ。

 どう泳ぐかも、人それぞれ。潜ってもいいし、ぷかーっと浮いていてもいい。がんがん泳ぐのも素敵。

 

▼ただ、海では、泳がないと溺れる。

 苦しいこともあるかもしれない。

 必死で泳ぐからこそしんどいこともある。

 でも、泳ぎながら見上げた青空に嬉しくなることも、きっとある。

 必死で泳いでこそ、自分だけの、いい海に辿り着くこともあるだろう。

▼大体こんな感じの話をみんなでしていた。

・ ・ ・

▼自分の感じたことを表現するって、難しい。

 私はよく比喩を使う。

 「奇抜だけれどよく分かる!」と言ってもらえる時も、

 「独特だけれど良く分からない・・・」と言われる時もある。

 今日の比喩は、このブログの題につけてからなんとなく考えはしていたものだけれど、いろいろな人のイメージにひたっと合いつつ、さらに膨らませることのできるものだったようで、そのことが嬉しかった。

・ ・ ・

▼ 昨日の内容を読み返して、子どもっぽい自分にあーあーと思った。

 まるで、新社会人の友人たちの背中にずるずるぶらさがって「まってーいかないでー」って駄々をこねているみたい。

 私が私の海を泳いでいるように、彼らも新しい海で泳ぎ始めただけなのにね。

 自分が泳いでいると、人が泳いでいることも冷静に対等に見られる気がする。

 人が泳いでいるのを見たとき焦るということは、自分が泳がず怠けていると心のどこかで感じているということだろうな。。。

▼どんな泳ぎ方にしろ、泳ぎ続けることに、きっと意味があるんだ。。。ぶくぶくぶく

AD

里にて

テーマ:
ただいま里帰り中。湖国近江におります。
そして、関西地区にて急遽選考が入りました。

頭の先からつま先までどっぷりリラックスモードだったので、スーツなどない。あーらー



高校時代の友に一式貸してもらうことになりました。

里帰り前に頼んだので、靴まで持ってきてくれると。

深く感謝。
これからは坂本方面に向けて般若心経唱えてから寝ることにする。

東京に戻る前に選考があってよかったー。
結果はどうあろうが、私はトリ人間コンテストを応援し続けることにします。
よっ トリ人間! いいぞびわ湖!

・・・

限りなく独り言です。
だって気管支がぜーぜー言っていて集中力が続かないのだもの。
しかも、犯人は花粉だ疑惑。
花粉症でのどが痛いなんて、そんなことがあっていいのでしょうか。
わたしはかなしい。
がんばって治すって言いたいけれど、。。。domybest。
あああああ。遅くなってしまった。自己嫌悪。

・・・切り替えて。

自己PR講座、第3回目。

3回終えて、感じたことは。

本当に、人に見てもらうことって、大事!

私は、残念ながら、1回目終了後から3回目開講までの20日間までのあいだに、それができませんでした。

第2回目で、たくさんのひとにアドバイスをもらったのに。

活かしきれなかった。

もちろん、自分では練り直した。
考えて、アドバイスを見直し、チェックしたのだけれど。。。

やっぱりひとりよがり!

悔しいです。

講座で、「謙虚さが大事」ということをいつか聞きました。
自分の中で、謙虚さとは、アドバイスをきちんと受け止めること、聞く耳を持つこと だと解釈していました。
でも、それだけではないのだと、今回思った。

もらったアドバイスの内容に納得したならば、実行することも、謙虚さ。

うまくいえないけれど、
助言をもらって、ああそうなんだ、と受け止めるのも、もちろん謙虚さ。
でも、ああそうなんだ、だけでは、なんのために助言を求めたのか。
より良くしようと思って助言を求め、相手はそれに乗って助言をくれる。
ならば、その助言を有効に使った時点で、はじめて目的は達成される。

アドバイスに対するの謙虚さは、実行することではないのかな。

そして、もっと早く、もっと沢山の人に、自分から、助言を求めていれば、このことにももっと早く気付けたのではないかと思った。

ずっと、私がやってたことは、うわべだけのことでした。。。

気づくの遅いよ私!!!!!!!

学びました。
本当に、ありがとうございました・・・。

溺れる者のワラ掴みエントリーになってしまった。
もっと、読んでくださる人のタメになる話は次回ちゃんとまとめます。
もうしわけない。

久しぶり面接

テーマ:
今日は、某放送局の面接でした。

1年目の職探しの、最後の面接から約8ヶ月。
久しぶりなあまり、ものすごく緊張しました。
とても2年目とは思えない初々しさ。。。いやいやまさか成長していないなんてそんなことありませんありえませんたぶんきっといやぜったいないはずです。

3分~5分くらいの面接でしたが、とても和やかな雰囲気の中、穏やかに話を聞いてもらいました。

そして、面接の最後、ありがとうございましたって言おうと息を吸った瞬間、
私は、「ひとつだけアドバイスをするね」と、とても優しい目で引き止められました。

「話をするとき、落ち着いて、順を追って、短い文章で言うようすると、伝わるよ。」

・・・

うれしかったです。
気をつけて、直します。

でも、はずかしかった。

去年1年間私は何をやってたんだー。。。

もともと私は話が長い。
長いというか、話しているうちにあれもこれもと広がっていくので
最後にまとまりきらなくなる。

わかっていたから、直すように練習してきたはずなのに!
去年の職探しノートにも今年の職探しノートにも、そこここで赤ペンチェック済みだよ・・・
話は簡潔に!って。

心の準備が不十分だったかな。
少し緊張しすぎ+浮き足立ちすぎていたように思います。

面接マスターへの道のりは長い。
ああああーあと、あと、絵が浮かぶ、体温が伝わるもの

これも講座で興味深く聴いた点。

下の 2.もう一歩踏み込んだ具体性 とおんなじことではありますが。
私のは、兎に角もう一歩ももう二歩も、具体性が足りなかった。

実際に、どういう状況で何をどうしてみたのかを書くと、自然とわかりよいものになる。

そうだよね、自分がどういうことをを知らせたいものね。
一般的な言葉にしてしまったら、誰がなにやっても同じ表現になりますものね。・・・


そうすると、 1.成果がわかりにくい というのも、具体性に含まれるのかな?
あれ?具体性+エピソード選びの見直しか。


成果の分かりやすいエピソードを選び直し(もしくは既存のエピソードの中の成果を見直し)、自分が実際にやってみた例をはっきり書き出し、(3.)見易さをもっと考える


...よ、よさそう...
旅行の計画立ててちょっとすでに旅行した気分になったときと同じ感覚。

いやいや、先にやるべきは、下で書いた大きな改善点の見直しですけれどね。



最後になったけれど、講座参加者の皆様へ。

三十人三十色のダメ出し、嬉しかったです。
ダメ出しには、なるほど、とやる気をもらい、
ほめ言葉はなんだか染みました。
自分のダメ出しの下手さには、なんだかなあ、勉強不足を再認識してしまった。
へなちょこですが、精一杯いいダメ出しをしたいと思っています。
次回もどうぞよろしく。お互い頑張りましょうね。
12月10日。自己PR講座の二回目。

約30人の方々に、自分のPRのダメ出しをもらいました。
その中で感じたこと。

1.成果がわかりにくい。
2.もう一歩踏み込んだ具体性が必要。
3.見易さをもっと考える必要も。



さらにさらに、大きな見直し点が、ひとつ。


※見出しと、内容があっていないのではないか?ということ
「~な人間です。」と言いつつ、選んだエピソードがそれをサポートしていないみたい。


人に興味を持ってもらえそうなエピソード選ぶ。
        ↓
エピソードの中の、どういう自分を知ってもらいたいか。

これを、
そのエピソードの中で、やったこと。
そのエピソードの中で、やったことの原動力/動機は?
そのエピソードの中で、感じたこと。

などなどいろんな角度から、再検討する必要性があるようです。



ちなみに、参考として見せてもらったPR例には、

~だから................................................《昔はこんな人間だった》  
 ↓                     ・
○○した                   ・
 ↓                    ↓
××を学んだ......................................《こうなった》
 ↓
それを生かしてコレをした 

こんな成果があった
 ↓工夫(××が生きた)
 ↓
これからこうしていきたい

という道のりが、わかりやすく書かれていた。
読みながら一度でこのメモができたくらい、わかりやすかった。
ここのところ、就職活動といってもインターネット上でエントリーをするとか結果を見るとかが多くて、実際には動いていません。
学校も冬学期が始まったことだし、身体も動かそうよ私。


今、自己PRを考えている。

去年の就職活動開始からちょうど一年。
その間に様々な自己PRを作った、使った。
書くたびに成長させていったつもりではある。

でもそれは、
なんとなく、言葉を直す。
なんとなく、数字を足す。
なんとなく、構成を変える。

なんとなく、じゃあ だめじゃんね...。
自己PRのためだけに机に向かい、きちんと練ったことは一度もない。
一年前のエントリーシートと今のものを比べても、それほど進歩はない気がする。
これは問題だ。


改善すべき点はたくさんある。
1.内容がしぼり切れていない
2.具体的な数字がない
3.説明にも具体性がない
4.説明の足りない部分が多い
 など。
また思い出したら増やすけれど、とりあえずこれだけある。

この、できていないこと、
すごく、当たり前のことで、
ものすごく、前から忠告されてきたことで、
ものすごく沢山の、本やサイトで目にした注意点ではありませんか。

・・・どこ見てたんだ私。

そういうわけで、
ずっと横目で見てそのまま流してきた大事な作業を、いまやっと始めています。


この間、自己PR講座で聴いてなるほど、と思ったのは、

・「成果を出したこと」が含まれるものを作る
  (チームで、自分の強みを生かして成果を出したものが良い...)
・志望動機につながるものを作る
・3つの候補から1つのPRを選ぶ形で厳選する
 ということ。

そのことを念頭において「PRの素」を選び、
上の改善点を頭において文章を練り直すべし。べし。

そしてそして、
面接官の視点からのダメ出しをもらうこと。

苦手なんだけど。やるべし。べしべし。

一週間前の講座の話を今頃書いてしまった。。。
次回の講座は10日。(明日じゃありませんか!)
今度こそは、その日のうちに感じたことを書きます。


(講座についてもっと知りたい方がいらっしゃれば、
コメントをいただければ説明いたします。
どう紹介すればいいのかちょっと分からなくて。ごめんなさい。)