大分。

テーマ:

私の祖父は九州男児。

話す言葉はなんだか強くてあたたかい(たまに荒っぽいけど)感じのする福岡の言葉。

高校の修学旅行先は長崎(と佐賀)。

大学生の母も歩いたらしい、坂道の多い町の形や色彩に、なぜか物凄い勢いで迫ってくる懐かしさを感じた。


そんなわけで、なにかと九州は私の心をくすぐる存在です。


下にもちょびと書きましたが、先月大分に行きました。

どんなところだろうと胸躍らせて行きました。

すると、これまたなんだろうよく知っているような感覚のする場所でした。

ただ、どこかにかならず“南だ!”という匂いが漂っているのを感じました。


サークルの友人の出身高校を見つけ出しました。

東京での顔しか知らないひとが、ここで育ったんだなあと思うと、なんとも不思議な。

さっきすれ違ったひととも、出会ったことがあるのかもしれないだとか、考えてみたり。


大分のおばちゃん、親切。

道に迷ってるスーツ姿の学生が不憫だったみたいで、駅のみどりの窓口の前まで送り届けて下さいました。

さらに旅のお供にパンまで頂いた。

よほど路頭に迷って野垂れ死にしそうに見えたらしい。

確かに、面接大失敗に疲労がのっかって行き倒れ寸前だったんだけども。。。


でも、行き倒れ寸前のよろよろの目にも、特急「ソニック」は格好よかった。

ハンサムでおしゃれで余裕のあるあの風貌! また乗りたい!! 

トラックがロボットに変身して戦うアニメみたいに、立ち上がりそうな顔をしていた一両目。

小学生の時好きだったあれ、なんて名前のアニメだったろうか。

後輩に教えてもらったけどわすれたな。


ものすごく支離滅裂ですが、九州のイメージの中に、新しく「大分」カテゴリが登場しました。

なんだか忘れたくないのでばらばら書きました。


なぜこんなに九州関連に惹かれるんだろう。

意識しては無いけれど、、、やはり、なのでしょうか。

そんなことって、あるのだろうか。単なる興味か。。

AD